大学院のご案内

臨床心理学専攻(修士課程)

臨床心理学専攻

臨床心理学専攻の特色

本学は、国際医療福祉大学三田病院、熱海病院をはじめとした附属病院や、新宿けやき園などの福祉施設をもち、保健・医療・福祉・教育分野で将来指導的な役割を担う高度医療福祉専門職を育成すためのユニークな教育研究を展開しています。
臨床心理学専攻もその中にあり、国際医療福祉大学大学院赤坂心理相談室での実習に加え、附属病院での精神科実習、福祉施設や教育施設など、さまざまな提携施設で実習を行います。実習を通じて、高度な専門性と学術性、学際性、豊かな人間性の備わった、現場で貢献できる公認心理師・臨床心理士を育てたいと考えています。
保健・医療・福祉の専門職の人や、心理系の学部・学科卒業生、一般の大学の卒業生、一般の職業経験のある社会人など、幅広い分野から、国際的視野に立って、保健・医療・福祉などさまざまな分野の人々と協働する公認心理師・臨床心理士を目指す学生を募集します。
なお、臨床心理学専攻は2018年3月に移転する赤坂見附駅に隣接する東京赤坂キャンパスが受講キャンパスとなります。

主な指導教員とそれぞれの専門分野

専攻主任の亀口憲治教授は、家族療法や家族心理学、臨床心理システム論を専門とし、不登校や子育て支援のネットワークシステム作りも促進しています。その他、教員の専門領域は、来談者中心療法、子育て支援、司法領域での人間の犯罪心理、老年期精神医学、高齢者臨床、特別支援教育を含む学校臨床、被害者心理、グリーフケアなど多彩な領域に及び、すべての年齢段階における諸問題に対応できる体制が整っています。専任教員 11人、非常勤講師 6人、計 17人の臨床経験豊富で高い研究指導能力をもつ教員で構成されています。

日本臨床心理士資格認定協会第1種大学院に指定されています。

臨床心理学専攻は公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会から第1種大学院の指定を受けています。 平成8年度の資格審査規定の改正に伴い、臨床心理士資格試験を受験するには公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の指定を受けた大学院修士課程(博士前期課程)の修了が必須となりました。(医師、諸外国において大学院を修了した者を除く)。

大学院指定制について、詳しくは財団法人日本臨床心理士資格認定協会のホームページをご覧ください。

公認心理師の資格取得に対応するためのカリキュラムを整備しています。

公認心理師の受験資格には、大学学部での所定の科目を履修していることも条件になりますので、詳細は以下のリンクで各自ご確認ください。本学の大学院の科目履修のみでは受験資格は得られません。

公認心理師については、詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

臨床心理学専攻主任 亀口 憲治

九州大学大学院博士課程単位修得退学、1980年フルブライト研究員(ニューヨーク州立大学)、1995年福岡教育大学教授、1998年東京大学大学院教育学研究科教授、2002年東京大学総長補佐、2004年東京大学学生相談所長、2008年東京大学学生相談ネットワーク本部特任教授、2011年国際医療福祉大学大学院教授、東京大学名誉教授、放送大学客員教授。専攻は臨床心理学(教育心理学博士、臨床心理士、家族心理士)。元国際家族心理学会会長、一般社団法人 家族心理士・家族相談士資格認定協会理事長、家族心理臨床研修センター長

担当教員 ※太字は研究指導教員
  • 氏名
  • 主な研究指導内容
亀口 憲治

家族関係査定、夫婦療法、家族システム、協働

鹿島 晴雄

職場の精神保健
認知症の症状への対処と介護者の精神保健
高次脳機能障害の支援

青木 万里

大学生の発達支援、成人女性の自己形成

和田 秀樹

高齢者の心理療法的アプローチ

飯長 喜一郎

パーソン・センタード・セラピー(PCT)、親子関係、子育て支援、パーソナリティの発達

岡本 淳子

臨床心理的成長と発達、教育相談臨床、子どもと家族の心理臨床

小野寺 敦志

高齢者臨床,心理アセスメント,家族支援に関するテーマ

小畠 秀吾

犯罪・非行、攻撃性、衝動制御障害とその類縁障害

波田野 茂幸

学校における臨床心理学的援助について
児童・思春期の心理的世界と心理療法について

白井 明美

喪失体験・死別体験を有する人への心理療法・思春期青年期の心理療法・犯罪被害者支援

山川 誠司

ストレスマネジメント

専門科目 (平成30年開講予定(修士1年の受講可能科目))
  • 保健医療分野に関する理論と支援の展開(精神医学特論)
  • 福祉分野に関する理論と支援の展開(障害者(児)心理学特論)
  • 教育分野に関する理論と支援の展開(学校臨床心理学特論)
  • 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開(犯罪心理学特論)
  • 産業・労働分野に関する理論と支援の展開
  • 心理的アセスメントに関する理論と実践(心理査定演習Ⅰ)
  • 心理支援に関する理論と実践(臨床心理面接特論Ⅰ)
  • 家族関係・集団・地域社会における心理的援助に関する理論と実践(家族心理学特論)
  • 心の健康教育に関する理論と実践
  • 心理実践実習Ⅰ(M1学外施設)
  • 心理実践実習Ⅱ(M2学外施設)
  • 心理実践実習Ⅲ(学内相談室)
  • 心理実践実習Ⅳ(チームアプローチ)
  • 心理実践実習Ⅴ(臨床心理実習 Ⅰ(総合CF))
  • 臨床心理面接特論 Ⅱ
  • 臨床心理学特論 Ⅰ
  • 臨床心理学特論 Ⅱ
  • 臨床心理基礎実習Ⅰ(RP,総合CF)
  • 臨床心理基礎実習 Ⅱ(個人、集団SPV)
  • 臨床心理実習 Ⅱ(個人、集団SPV)
  • 臨床心理査定演習Ⅱ
  • 心理学研究法特論Ⅰ(質的研究法)
  • 心理学研究法特論Ⅱ(量的研究法)
  • 臨床心理学研究法特論
  • 人格心理学特論(自己心理学)
  • 教育心理学特論
  • 発達心理学特論
  • 老年心理学特論
  • 神経生理学特論
  • 精神薬理学特論
  • グループアプローチ特論
  • 心理療法特論Ⅰ(心理療法の過程)
  • 心理療法特論Ⅱ(認知行動療法)
  • 投映法特論
  • 詳細は、事前相談時および入学後に各研究指導教員にご相談ください。

お問い合わせ・連絡先

国際医療福祉大学大学院
東京赤坂キャンパス事務局

  • 〒107-8402
     東京都港区赤坂4-1-26
  • TEL.03-5574-3900(代表)
     FAX.03-5574-3901
  • E-mail:
    kkenji@iuhw.ac.jp(亀口)

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程臨床心理学分野について」とお問い合わせください。