大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 和田 秀樹

教員情報

和田 秀樹

和田 秀樹
(わだ ひでき)特任教授

臨床心理学専攻
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

1960年大阪市生まれ。1985年東京大学医学部卒業
東京大学医学部付属病院精神神経科、老人科、神経内科にて研修、国立水戸病院神経内科および救命救急センターレジデント
1988年、浴風会病院精神科医師
1991年東京大学医学部付属病院精神神経科助手
1991年、アメリカ、カール・メニンガー精神医学校国際フェロー
1994年、浴風会病院精神科医師
1998年1月から現在 川崎幸病院精神科顧問      
1998年4月より現在 一橋大学経済学部非常勤講師(現代経済学、医療経済学)
1999年4月より2001年12月 東北大学医学部非常勤講師(老年内科)
2004年8月より 国際医療福祉大学教授(精神医学、臨床心理学)
2006年4月より 国際医療福祉大学大学院教授(医療ジャーナリズム分野)
2007年4月より 国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)
2007年4月より 一橋大学国際・公共政策大学院特任教授(2009年3月まで)
2010年4月より 和田秀樹こころと体のクリニック院長

学位

医学博士

専門分野

精神分析学(自己心理学)
老年精神医学
森田療法
1989年7月 日本神経学会認定医
2001年4月 臨床心理士
2002年11月 日本精神分析学会認定精神療法医
2004年4月 日本内科学会認定内科医
2009年 日本精神神経学会 精神科専門医

担当科目

臨床心理面接特論Ⅱ、臨床心理学概論、臨床心理実習、臨床心理基礎実習、人格心理学特論、老年心理学特論

研究指導テーマ

精神分析的、森田療法的精神療法、老年精神医学、老年心理学

大学院入学希望者に望むこと

なるべく好奇心旺盛なほうがいいですね。

自身の研究テーマ

高齢者への多面的(医学的、心理学的、社会的)アプローチ
自己心理学と森田療法の融合

研究業績

The loss and restration of the sense of self in an alien culture. Progress in Self Psychology vol.14 1998; 107-123
Amantadine and pneumonia. The Lancet 1999; vol.353, p.1157
外傷性精神障害の精神病理と治療 精神神経学雑誌102巻第4号(2000)335-354頁
Risk factors of aspiration pneumonia in Alzheimer's disease patients. Gerontology 2001; 47 271-276
The applicability of Self Psychology to psychotherapy with the elderly. Progress in Self psychology vol 19 2003; 331-343  

『痛快!心理学』(集英社文庫)
『<自己愛>と<依存>の精神分析』『壊れた心をどう治すか』(PHP新書)
『75歳現役社会論 老年医学をもとに』(日本放送出版協会)
『自己愛の構造』(講談社選書メチエ)
『家族がボケる前に読む本』(廣済堂健康人新書)
『定年後の勉強法』(ちくま新書)
『人生を狂わせずに親の「老い」とつき合う』(講談社+α新書)


<翻訳書>
『「あいだ」の空間――精神分析の第三主体』(トーマス・オグデン著、新評論)
『トラウマの精神分析』(ロバート・ストロロウ著、岩崎学術出版社)

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )