大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 小畠 秀吾

教員情報

小畠 秀吾

小畠 秀吾
(おばた しゅうご)准教授

臨床心理学専攻
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

平成7年に筑波大学医学専門学群卒業し、医籍登録。同年に筑波大学大学院博士課程医学研究科に入学し、一般精神臨床を研修するとともに、精神保健学、司法精神医学の研究と実践に従事。平成11年に同大学院修了し、博士号取得。平成12年より筑波大学社会医学系助手、平成15年より東京医科歯科大学難治疾患研究所助教授として、主に司法精神医学の研究に携わった。平成19年より現職。平成18年、日本犯罪学会学術奨励賞受賞。

学位

博士(医学)

専門分野

司法精神医学、精神保健学、精神病理学

担当科目

犯罪心理学特論、精神保健学・社会精神医学特論 ほか

研究指導テーマ

犯罪・非行、攻撃性、衝動制御障害とその類縁障害

大学院入学希望者に望むこと

自分で研究テーマを探し立案する自主性と、実情に合わせて研究計画を修正できる柔軟さとのバランス。何より、自分の研究に愛着を持ってください。

自身の研究テーマ

衝動性と犯罪

研究業績

小畠秀吾、橋爪きょう子、和田久美子ほか:刑事責任能力に関するアンケート調査.精神神経学雑誌107:437-455, 2005.
小畠秀吾:盗みと窃盗癖. 臨床精神医学34: 149-157, 2005.
小畠秀吾:虐待の後遺症-特に性犯罪者における被虐待体験を中心に-.トラウマティックストレス6: 43-49, 2008.
小畠秀吾、北原舞:放火癖―診断、アセスメント、治療-. 精神科治療学27: 723-729, 2012..

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )