医療福祉学研究科

医療福祉学研究科には、『保健医療学専攻 [修士課程・博士課程]』 『医療福祉経営専攻 [修士課程]』 『臨床心理学専攻 [修士課程]』の3つの専攻があります。

保健医療学専攻

保健医療学分野におけるより高度な専門家(研究者、教育者、高度専門職業人)の育成は現代社会の重要な課題となっています。この課題に取り組むべく、看護職、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、診療放射線技師といったコメディカル専門職の研究能力の育成を図るとともに、自領域を超えた視野を持ち連携を図る力を育成しています。また時代の新たな需要に応え、ナースプラクティショナー、生殖補助医療胚培養士、助産師などの高度専門職育成を行っています。

博士課程では、研究者の養成を目的とし、各分野において第一線で活躍している教員による、徹底した研究指導がマンツーマンで行われています。平成16年来、多くの博士課程修了生を出しましたが、修了後すぐに他大学の教員になったり、国内外においてそれぞれの分野で指導的な役割を果たす、など、優秀な人材を輩出しています。

修士課程
入学定員 100名
取得学位 修士(保健医療学)、修士(看護学)、修士(助産学)
修了要件 2年以上在学して、所定の単位(30単位以上*)を取得し、学位論文の審査と最終試験に合格すること
* 専攻・コースによって、卒業に必要な単位数は異なります。
* 学位論文審査に代えて課題研究を行う分野・コースもあります。
博士課程
入学定員 50名
取得学位 博士(保健医療学)、博士(看護学)、博士(助産学)、博士(医療福祉経営学)、博士(医療福祉学)、博士(診療情報管理学)、博士(医療福祉心理学)、博士(医療福祉ジャーナリズム学)
修了要件 3年以上在学して、12単位以上必要科目を取得し、学位論文の審査と最終試験に合格すること
医療福祉経営専攻

医療と福祉を結合させ、それをさまざまな角度から学ぶことで、つねに時代の要請に応えられる深い学識と能力をもつ人材を送り出すことが本専攻の目的です。現場の実践に、事業の経営管理に、あるいはジャーナリズムとして、改めて医療福祉をとらえ直し自己研鑽を図ろうとする多くの社会人学生が学びそして巣立っています。

修士課程
入学定員 50名
取得学位 修士(医療福祉)、修士(診療情報管理学)、修士(医療ビジネス経営学)、修士(医療福祉管理学)
修了要件 2年以上在学して、所定の単位(30単位以上*)を取得し、学位論文の審査と最終試験に合格すること
* 専攻・コースによって、卒業に必要な単位数は異なります。
* 学位論文審査に代えて課題研究を行う分野・コースもあります。
臨床心理学専攻

本専攻では、研究者や教育者はもとより、本学の特色である他分野の専門職と協働して医療福祉に貢献でき、そして現代社会のニーズに応えることのできる高度専門職業人としての臨床心理士を育成します。このため、本専攻では医療福祉の専門職で臨床心理士をめざす人や心理系の学部学科卒業生はもちろん、一般の大学の卒業生、一般の職業経験のある社会人で臨床心理士をめざす人も対象としています。

修士課程
入学定員 25名
取得学位 修士(臨床心理学)
修了要件 2年以上在学して、32単位以上必要科目を取得し、学位論文の審査と最終試験に合格すること

共通科目

医療福祉学研究科修士課程で学ぶ学生のために、多数の「共通科目」が準備され、選択履修ができるようになっています。これらは学部教育の教養科目に相当するもので、学際的な知識の涵養と専門的研究の下地づくりのために設けられているものです。

分野一覧

看護学分野 修士課程博士課程
特定行為看護師養成分野 修士課程
助産学分野 修士課程博士課程
理学療法学分野 修士課程博士課程
作業療法学分野 修士課程博士課程
言語聴覚分野 修士課程博士課程
視機能療法学分野 修士課程博士課程
福祉支援工学分野 修士課程博士課程
リハビリテーション学分野 修士課程博士課程
放射線・情報科学分野 修士課程博士課程
生殖補助医療胚培養分野 修士課程博士課程
医療福祉教育・管理分野 修士課程
臨床検査学分野 修士課程博士課程
医療経営管理分野/医療福祉経営学分野 修士課程博士課程
診療情報アナリスト養成分野/診療情報管理・分析学分野 修士課程博士課程
医療福祉国際協力学分野 修士課程博士課程
先進的ケア・ネットワーク開発研究分野 修士課程博士課程
医療福祉学分野 修士課程博士課程
医療福祉ジャーナリズム分野 修士課程博士課程
臨床心理学専攻/医療福祉心理学分野 修士課程博士課程
 
研究科・分野のご案内