視機能療法学分野

修士課程博士課程
パンフレットを見る
現在、学術振興会科学研究補助金基盤研究B『多職種連携による発達障害児の視機能及び眼球運動評価法の確立と普及』の採択を受け、研究を展開中です。

外界からの感覚情報の80%以上は眼を通じて視覚から得られ、視覚は認知機能や判断などの高次脳機能とも密接に関連し、日常生活を支える上で非常に重要な役割を演じています。視覚を司る視機能は視力・視野・色覚・両眼視(立体視)といった基本的要素に加え、眼球光学系の特性や瞳孔・調節系、眼球運動系の働きによって成立しており、一般眼科学を中心に神経眼科学・視能矯正学・視覚心理学・視覚生理学など多岐にわたる領域を含みます。

本分野では視機能の基礎的側面や発達・加齢・疾患に伴う視覚障害の臨床的側面に関する研究を通じて、探究心や思考力を養うとともに実践的な研究技法を修得します。近年の眼科医療技術の目覚ましい進歩・高齢化社会・リハビリテーションの重要性を考え合わせ、眼科領域のみならず視覚に関連する幅広い領域で活躍できる高度な知識と応用性を有する専門家・教育者・研究者を目指す人材を養成する。

視機能療法学分野責任者
新井田 孝裕
視機能療法学科長。北里大学大学院にて神経眼科を専攻。医学博士。バージニア州立医科大学に留学し視覚生理学を学ぶ。その後、東芝林間病院眼科医長等を歴任、前北里大学医療衛生学部(視機能療法学専攻)助教授。現在、NHK放送技術研究所客員研究員(立体映像部門) 厚生労働省班会議:IT眼症と環境因子研究班、日本神経眼科学会評議員としても活躍。
修業年限:2年
取得できる学位・資格:修士(保健医療学)

視機能療法学領域

上記の分野についての説明に沿った内容で、講義・演習・研究指導を展開し、各学生の研究テーマに応じて修士論文及び研究指導を行う。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
新井田 孝裕 【1】眼優位性(利き目)の強さが視機能に及ぼす影響
【2】様々な障害を有する小児の客観的視機能評価に関する研究
【3】瞬目運動(まばたき)の生理機能と情動や視覚注意の影響
高野 雅彦 【1】眼科手術における眼球の光学的変化に関する研究
【2】屈折異常と黄斑形態の臨床的研究
【3】老視と瞳孔運動に関する臨床的研究
原 直人 【1】ICT環境における近見反応の臨床応用
【2】眼自律神経によるストレス評価
【3】スポーツと視覚
藤山 由紀子 【1】先天眼振に関する研究
【2】視能矯正学に関する研究
伊藤 美沙絵 【1】老視矯正法に関する(基礎・臨床)研究
【2】眼優位性(利き目)に関する研究
【3】眼球光学特性に関する研究
内山 仁志 【1】発達性読み書き障害、自閉症の視機能評価と脳機能画像解析
【2】視能矯正学に関する研究
四之宮 佑馬 【1】衝動性眼球運動の潜時に関する基礎的・臨床的研究
【2】生理光学に関する研究
望月 浩志 【1】瞳孔の動態に関する研究
【2】視能矯正学に関する研究
向野 和雄  
早川 友恵  
佐伯 めぐみ  

専門科目

  • 視機能療法学講義[修士] I(基礎)・II(応用)
  • 視機能療法学演習[修士] I(基礎)・II(応用)
  • 視機能療法学研究指導[修士] I(研究計画作成)・II(データ収集)・III(データ分析)・IV(論文作成)

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622
E-mail: u1104@iuhw.ac.jp(内山)
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程視機能療法学分野について」とお問い合わせください。