診療情報管理・分析学分野

修士課程博士課程
パンフレットを見る
当分野では、2008年度の開講以来毎年"質の高い医療提供のために"という基本姿勢を主軸において以下のような講演会を開いております。
・2008年度:「日韓米における、がん登録と診療情報の活用」
・2009年度:「病院で活躍する診療情報管理士」
・2010年度:「DPCで医療の質をどこまで測れるか」
・2011年度:「電子カルテの活用はどこまで進んでいるか」
・2012年度:「円滑な地域医療福祉連携を目指した診療情報の活用」
・2013年度:「診療情報管理士の役割と将来像-医師事務作業補助業務へどう対応していくか」

国際医療福祉大学大学院博士課程に、2010年、「診療情報管理・分析学分野」を開設しました。修士課程(診療情報アナリスト養成分野)では、主に診療情報管理経験者を対象として、診療情報の管理と分析・活用の実務を中心にした教育を進めていますが、更に研究を進めたい方に門戸を開きました。

診療情報を病院経営や医療の質向上に役立つように分析・評価し、それを病院管理者に提示するとともに、病院経営の改善を提案していくには、診療記録の書き方、診療情報管理に関する知識、DPC(診断群分類)など、診療報酬に関する知識、情報処理に関する知識、医業収支の考え方、財務諸表の作り方などの病院経営の知識と技術が必要です。

しかし、現在、このように多岐に亘る分野を統一した学問体系はなく、全て手探りの状態です。そこで、ここでは、診療情報管理分析を通して、上述した学問の体系化を図り、更に、医療の質の維持という高いモラルと、医療費の体系、経営管理手法の知識、および情報処理技術を身につけた人材の育成者を創出することを目標としています。

診療情報管理・分析学分野責任者
山本 康弘
大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科博士課程修了、博士(医療福祉経営学)。
専門は病院管理学、診療情報管理学、医療経営学(診療情報管理士指導者)。
国立医療・病院管理研究所 病院管理専攻科修了。
国立病院および民間病院など官民2つの経営主体による病院実務経験を有する。
2005年国際医療福祉大学医療福祉学部医療経営管理学科専任講師、 2010年同 医療福祉・マネジメント学科 教授、診療情報管理コース主任、2012年同 医療マネジメント分野長、 大学院医療福祉学研究科 診療情報アナリスト養成分野(修士課程)、 診療情報管理・分析学分野(博士課程)分野責任者。
(現職)栃木県県北健康福祉センター協議会委員、日本診療情報管理学会評議員、日本診療情報管理士会評議員・総務委員、日本医療・病院管理学会評議員、日本医療経営学会評議員。
修業年限: 3年
取得できる学位・資格: 博士(診療情報管理学)

診療情報管理・分析学領域

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
山本康弘  
斎藤 恵一 ① DPCなどの医療データの分析
② 医療関連調査データの分析

専門科目

  • 診療情報管理・分析学講義[博士]
  • 診療情報管理・分析学演習[博士]
  • 診療情報管理・分析学研究指導[博士] I(データ収集)・II(分析)・III(論文作成)

博士課程の講義・演習の開講形態は、指導教員によって大きく異なります。
詳細は、事前相談時および入学後に各研究指導教員にご相談ください。

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622
E-mail: analyst@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「博士課程診療情報管理・分析学分野について」とお問い合わせください。