医療福祉学分野

修士課程博士課程

地域包括ケアの時代の保健医療・福祉専門職のスキルアップのために

保健医療を学びたい福祉職、福祉を学びたい保健医療職のために力量向上のための充実した学習機会を提供します。

福祉専門職の視野を広げ実践力を向上させる
今日の福祉は従来の児童、障害、高齢、低所得などの対象別福祉の範囲を超えて、広く拡大をしている。今日の福祉は社会福祉法の規定にもみられるように、地域での支援を基調としながら、医療、看護、所得保障、介護、教育、就労などの社会サービス関連分野との連携が求められている。そして生活支援を中心とする福祉サービスの提供とマネジメント、権利擁護など、支援を必要する人びとが地域での自立した生活が営めるよう支援を行う専門能力の向上と確立が社会の要請である。
さらに、福祉介護サービスを事業として実施するための経営管理能力も求められるようになっている。医療福祉学分野はこのような動向をふまえ、本学の特徴である医療・看護等の分野との連携を生かした福祉専門職の養成とスキルアップをめざすとともに、医療福祉経営分野との連携により、福祉・介護サービスの経営管理能力の涵養が可能なカリキュラムによって、これらかの福祉人材に期待される社会のニーズに応えることを狙いとしている。

福祉を学びたい保健医療専門職のために
さちに、保健医療の専門職にとっても生活支援をはじめとする福祉への理解が必要になっている。医療福祉学分野は、福祉・介護・医療等の領域で働く福祉専門職や生活支援につい関心のある保健医療職などの専門職を主たる対象とし、その他のこの分野を学ぼうとする多様な人々を受け入れることとする。

修業年限: 2年
取得できる学位・資格: 修士(医療福祉学)

修士課程の具体的な内容

  1. 福祉職の業務の多様化と高度化に鑑み、横断的な学習を促進する。
  2. カリキュラム構成を明示する。
    医療福祉学分野基幹科目を分野固有の科目群として設定し、その上に大学院開講科目を福祉専門職の学習ニーズを勘案し体系的に配したカリキュラムを明示。
  3. 医療福祉学分野の教育のコンセプトを明確化し、6つの柱として提示する。
    (1) 保健医療福祉の連携力涵養。
    (2) 福祉介護事業経営力の育成。
    (3) 対人支援技法の強化。
    (4) 第一線の福祉実践を熟知し実践力を強化。
    (5) 社会サービスの制度に精通。
    (6) 情報発信力の強化。

履修上の特長

  1. 青山一丁目に立地した利便性のあるキャンパスと夜間開講による学習の容易さ。
  2. 大田原、福岡、熊本、小田原等のキャンパスで、遠隔授業を採用し、また、インターネット授業、ビデオ・オン・デマンドなどの活用により、遠隔学習によってどこからでも容易に学習できる体制で教育と研究指導を実施する。
  3. 実務経験豊かな第一線の教授による、最先端、最新の講義内容と乃木坂スクールの活用による多面的な学習機会の提供。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
小嶋 章吾 ①ソーシャルワーク(Social Work)
②医療ソーシャルワーク(Social Work in Health Care)
③ソーシャルケア(Social Care)
④多職種連携教育(IPE=Interprofessional Education)
⑤質的研究法(Qualitative Method)
小林 雅彦 地域福祉に関わる事項、権利擁護に関わる事項
下泉 秀夫 身体障害、知的障害、発達障害、重症心身障害、児童虐待
松永 千惠子 障害者の地域生活支援、地域移行、脱施設化、グループホーム
林 和美 地域支援ネットワーク・ケアマネジメント・介護支援専門員

専門科目

  • 医療福祉学 I(医療・福祉・介護論)・II(患者学入門)
  • 福祉実践各論
  • 医療福祉システム特論(地域包括ケアシステム論)
  • 福祉住環境論
  • 医療福祉実践特論
  • 医療ソーシャルワーク論
  • 精神保健ソーシャルワーク論
  • 対人援助技法(新規開設予定)
  • 障害学
  • 医療福祉学研究指導[修士] I(研究計画作成)・II(研究方法指導)・III(研究実施手法指導)・IV(論文作成指導)

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622