放射線・情報科学分野

修士課程博士課程
パンフレットを見る

目覚しい進歩を続けている医用診断機器および放射線治療機器の基礎技術の修得、診断・治療に係る基礎研究、臨床上で問題となる問題の解決のための研究、新方式の開発などに取り組むため、医用画像学領域と放射線治療学領域の2つの領域を設けている。また、他分野との連携を含む幅広い領域をカバーする。

放射線・情報科学分野責任者
内藏 啓幸
東京大学卒。(株)東芝、東芝メディカルシステムズ(株)でCTをはじめとする画像診断装置、医療情報システムの研究開発に従事。
CT開発部長、統括技師長、取締役上席常務などを歴任。
修業年限: 3年
取得できる学位・資格:博士(保健医療学)

医用画像学領域

X線・CT・核医学・MRI・超音波に関する基礎をさらに深く学ぶとともに、

  1. 新技術/新機能開発のための基礎研究
  2. 画質/性能評価
  3. 画像処理
  4. 臨床応用上の問題解決

などをテーマとして研究を行う。
また、特定のモダリティに限定しない医用画像にかかわるテーマも研究対象とする。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
内藏 啓幸 ①X線CT装置全般
②画像診断装置のユーザーインターフェースの研究
勝俣 健一郎 X線CT装置の機能、性能の評価、研究、開発に関わるもの
縄野 繁 臨床に直結した画像診断学と撮影理論の習得
西木 雅行 X線診断装置全般、X線画像の画質評価(MTF, NPS, DQE)、
X線画像のディジタル画像処理
細貝 良行 ①人工ルビーを使用した線量計に関する研究
②PET、SPECT装置に関する研究
③MRI、PET、SPECTを使用した脳機能画像に関する研究
樋口 清孝 死亡時画像診断(Ai)における画像所見の検討
死亡時画像診断(Ai)における撮影条件の検討
非浸潤性乳管癌における超音波エラストグラフィ所見の検討
室井 健三 MRIをテーマとした研究の臨床面からの指導
X線CTを用いた頸椎の3次元計測

専門科目

  • 医用画像学講義[博士]
  • 医用画像学演習[博士]
  • 医用画像学研究指導[博士]  I(調査・計画)・II(データ収集・分析)・III(論文作成)

放射線治療学領域

放射線治療に関する専門的知識をさらに深く学ぶとともに、放射線治療に必要な放射線計測、モンテカルロ法によるシミュレーションと評価、治療効果および評価、放射線管理などに関する基礎研究、および新しい手法の研究開発をテーマとして研究を行う。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
橋本 光康 放射線治療の医学物理学に関する研究全般
戸矢 和仁 放射線治療・放射線腫瘍学・小線源治療

専門科目

  • 放射線治療学講義[博士]
  • 放射線治療学演習[博士]
  • 放射線治療学研究指導[博士]  I(調査・計画)・II(データ収集・分析)・III(論文作成)

平成24年度から始まった、文部科学省の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」事業に本大学院も参画しており、平成25年度から本博士課程にがんプロコースが設置されます。詳しくは「がんプロフェショナル養成基盤推進プラン」を参照のこと。

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622
または、TEL.0287-24-3000 (代表) FAX.0287-24-3191(大田原キャンパス)
E-mail: hasimoto@iuhw.ac.jp(橋本)
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「博士課程放射線・情報科学分野について」とお問い合わせください。