助産学分野

修士課程博士課程
パンフレットを見る

助産師は、正常出産介助や子育て支援など、女性の生涯にわたる健康支援の専門職です。本学は開学以来、学部において助産師育成を行い、大学院「看護学分野」において助産師の研究者・教育者を育成してまいりました。

本学では、時代のニーズに対応し、2006年度より大学院保健医療学専攻に「助産学分野」を開設しました。2015年度には9期生が終了し、既に100名を超える修士(助産学)をもつ人材を輩出しています。「助産学分野」では、助産学に特化したカリキュラムを充実し、女性及び子ども・家族の健康課題について、健康を阻害する原因追求、健康の回復および増進に関する研究と高度実践力の育成をめざします。助産師国家資格取得希望者には学部教育よりも充実した助産師教育を行い、助産師有資格者には、これまでの研究者・教育者育成(修士論文コース)に加えて、新たに有資格者実践コースを設け、修了生は既にバースセンター開設者として活躍しています。

助産学分野(福岡)
平成25年4月、福岡キャンパスに助産学分野(福岡)をオープンしました。「実践コースを福岡で学びたい」といったニーズに応え、助産師の夢の実現を応援します。
助産学分野責任者
黒田 緑
日本赤十字中央女子短期大学、日本赤十字社産院助産婦学校、東洋大学社会学研究科福祉社会システム専攻修了。日赤医療センター、北里大学病院での臨床経験の後、北里大学看護学部、旭川医科大学の看護教育、助産師教育および大学院教育を経て、平成27年度より本学教授。
基本を重視した助産師教育、また、有資格者実践コースでは臨床経験を生かした研究指導を実施。助産師教育、出産の文化、母乳育児などのテーマを専門とする。
定員:20名
修業年限:2年
取得できる学位・資格:修士(助産学)、助産師国家試験受験資格(実践(資格取得)コース)、家族計画実地指導員

助産学領域

実践(資格取得)コース
国家試験受験資格取得のためのコース 正常出産介助または女性の健康支援における高度実践者の育成 30単位+国家試験受験科目29単位の履修

実践(有資格者)コース
有資格者のスキルアップのためのコース 正常出産介助または女性の健康支援における高度実践者の育成 30単位の履修と課題研究

修士論文コース
研究のためのコース 研究者・教育者の育成 30単位の履修と修士論文作成

実習施設


国際医療福祉大学の附属・関連施設
国際医療福祉大学病院(栃木県那須塩原市)、 国際医療福祉大学塩谷病院(栃木県矢板市)、 国際医療福祉大学熱海病院(静岡県熱海市)、 山王病院(東京都港区)、福岡山王病院(福岡県福岡市)、高木病院(福岡県大川市)他

その他の施設
那須赤十字病院(栃木県大田原市)、医療法人帯経会さくら産院(栃木県さくら市)、 天貴会大野医院(栃木県鹿沼市)、独立行政法人大牟田市立病院(福岡県大牟田市)他

出産介助実習施設
バースあおば(神奈川県横浜市)、ファン助産院(東京都杉並区)、助産施設ママと赤ちゃんの家(栃木県那須塩原市)、みやした助産院(神奈川県横浜市)、矢島助産院(東京都国分寺市)、山本助産院(神奈川県横浜市)、みどり助産院(神奈川県横浜市)、しぶや助産院(福岡県遠賀郡岡垣町)、めぐみ助産院(福岡県柳川市)、かもめ助産院(神奈川県横須賀市)

母乳育児支援実習施設
ビバマンマ柳澤助産所(東京都江東区)

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
黒田 緑 父親や妊婦の自己効力感
母娘関係と妊婦の自己効力感
思春期教育
助産師教育
陳 霞芬 医療福祉の国際協力、途上国の医療福祉制度
途上国の医療福祉制度
在日外国人就労者の保健医療福祉問題
森越 美香 周産期ケア
親役割取得課程・育児支援

講義等担当教員:沼澤 広子

担当教員(福岡) ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
篠﨑 克子 周産期ケア
多様な分娩体位
女性主体の自然出産
佐藤 香代 助産ケア
ウイメンズヘルス
性教育

講義等担当教員: 江島 峰子、神薗 洋子

専門科目

  • 助産学特論 I(リプロダクティブヘルス/ライツ)
  • 助産学特論 II(ウィメンズヘルス)
  • 助産学特論 III(助産診断学)
  • 助産学特論 IV(助産技術学)
  • 助産学特論 V(周産期ハイリスクケア論)
  • 助産学特論 VI(母乳育児/子育て支援論)
  • 助産学特論 VII(地域母子保健診断学)
  • 助産学特論 VIII(助産マネージメント論)
  • 助産学特論 IX(母性看護学/助産学教育論
  • 助産学特論 X(国際母子保健活動論)
  • 助産学演習 I(リプロダクティブヘルス/ライツ)
  • 助産学演習 II(ウィメンズヘルス)
  • 助産学演習 III(助産診断学)
  • 助産学演習 IV(助産技術学)
  • 助産学演習 V(周産期ハイリスクケア論)
  • 助産学演習 VI(母乳育児/子育て支援論)
  • 助産学演習 VII(地域母子保健診断学)
  • 助産学演習 VIII(助産マネージメント論)
  • 助産学演習 IX(母性看護学/助産学教育論)
  • 助産学演習 X(国際母子保健活動論)
  • 助産学実習 I(分娩介助実習)
  • 助産学実習 II(助産所・海外実習分娩介助実習)
  • 助産学特別研究 I(研究計画書作成)
  • 助産学特別研究 II(研究論文作成)
  • 助産学特別研究 助産学課題研究

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 助産学分野
〒324-8501 栃木県大田原市北金丸2600-1
TEL.0287-24-3000(代表)
分野責任者 黒田緑 TEL.0287-24-3147(直通)
E-mail: kurodam@iuhw.ac.jp
その他 研究指導教員(森越)まで
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程助産学分野について」とお問い合わせください。

助産学分野(福岡)についてのお問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 福岡キャンパス
〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-6-40 福岡国際医療福祉学院7階
TEL.092-407-0434
E-mail: fukucamp@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程助産学分野について」とお問い合わせください。