特定行為看護師養成分野

修士課程
パンフレットを見る

本学は、保健師助産師看護師法に基づく特定行為に係る看護師を養成する指定研修機関として、厚生労働大臣から指定されました。本学では、厚生労働省令に規定された、21区分38行為すべての特定行為について研修を受けることができます。超高齢社会を迎えたわが国では、これからの医療福祉を担う「チーム医療・チームケア」のキーパーソンとして、特定行為を行える看護師の活躍が期待されています。
特定行為看護師養成分野(旧:ナースプラクティショナー養成分野)では、看護学の臨床を基礎に、問診や身体診察などフィジカルアセスメントにより病態生理を考えた研修医レベルの疾患管理が可能となるような臨床医学の知識を学びます。さらにシミュレーションモデルやエコーなどを積極的に取り入れた演習や、模擬患者様に対してのOSCE(客観的臨床能力試験)によって技能の確認を行って、必要な検査や投薬内容の検討ができるようになったのちに、国際医療福祉大学三田病院(東京都)、国際医療福祉大学病院(栃木県)、国際医療福祉大熱海病院(静岡県)を中心とする実習病院で医師・看護師をはじめとするスタッフと連携した臨床実習を行います。また全21区分の特定行為についてのみならず、専門性に偏らない高度な知識・技能を持つ人材を育成するため、実習で経験した症例を中心に修士論文をまとめます。
なお、本分野は社会人入学制度を採用し1年次は木曜、金曜、土曜を主として開講しており、週半分は職場に勤務しながら通学することが可能です。

 

大学院長 特定行為看護師養成分野責任者
天野 隆弘
国際医療福祉大学大学院長、国際医療福祉大学副学長。山王メディカルセンター名誉院長。慶應義塾大学卒、医学博士。元慶應義塾大学医学部教授・医学教育統轄センター長、元財団法人慶應健康センター(人間ドック施設)センター長・理事、前国際医療福祉大学塩谷病院副院長、慶應義塾大学医学部客員教授。
定員: 20名
就業期間: 2年
取得できる資格: 修士号(保健医療学)、全21区分の特定行為研修修了証、NP養成課程修了認定証

特定行為看護師養成領域

本学では、シミュレーションやエコーをはじめとした「医学モデル」を基盤とした教育を目指しており、医学の基礎知識を習得した上で、疾病管理を行なう実践能力を養うための演習や実習に重点を置いています。
看護師の特定行為の研修については、本学は厚生労働省のモデル事業時から参加し、これまで35名以上の修了生を世に送り出してまいりました。多くの修了生が、身につけた高度な技能をもとに医療の現場で活躍しています。

特定行為研修を受ける上で基盤となる、基礎臨床に関する医学教育は、21区分38行為すべての特定行為について学ぶという本学課程の特徴から、慢性期・急性期どちらの医療もまんべんなく学ぶカリキュラムとなっています。また、これらの医学教育科目は単元ごとに臨床経験豊富な専門医が講義、演習、実習指導を行います。

充実した教員スタッフ
国際医療福祉大学のグループ病院をはじめとした、疾患に熟知した多彩で高度な専門性を有した医師・講師陣が当分野の講義、演習、実習指導にあたり、多方面からの指導が受けられる充実した教育環境を整えています。実習では、実習病院の指導医によるマンツーマンの指導を基本とし、疾病管理の実践能力を養います。 国際医療福祉大学大学院では、医療福祉の総合大学として保健・医療・福祉分野の多彩な共通科目を開講しています。特定行為研修のみでは得られない、大学院修士教育にふさわしい学びを得ることができます。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
天野 隆弘 臨床入門、総括的指導
小堀 浩幸 高血圧症、腎臓疾患の診断と治療
栗田 康生 シミュレータ等を用いた病態生理の診断と疾病管理
川村 真由美 成人看護学(急性期・慢性期)、基礎看護学、家族看護、災害看護、患者・家族のQOL向上に関する研究
小町 美由紀 クリティカルケア・周術期およびプライマリケア
佐藤 哲夫 呼吸器疾患の診断と治療
重政 朝彦 虚血性心疾患の診断と治療
佐藤 敦久 腎臓、高血圧、内分泌疾患(特に副腎疾患)
小山 一憲 糖尿病、内分泌疾患の理解と治療
堀江 義則 病態の把握と治療方針の理解、臨床診断・治療方針の決定の実践と達成、腹部超音波の指導
武田 英孝 神経診断学、疾患各論
山田 佳彦 糖尿病、高脂血症、高血圧症などの生活習慣病
林 和 呼吸器外科(肺がん、縦隔腫瘍、気胸)、化学療法、緩和療法

出願資格と選考方法

受験資格: 通算5年以上の臨床経験を持つ看護師。(ただし就学にあたり職場との調整ができ、2年次の臨床実習中は休職することが前提となる。なお専門学校卒の方も出願可能)
選考方法:上記の条件を満たす者に対して書類審査、筆記試験、小論文および面接試験(ただし応募前に分野担当教員と事前面談が必要)

※詳細は最新の「大学院学生募集要項」を必ず熟読すること。入学資格審査については大学本校入試課のほうへご照会ください。

専門科目

  • 臨床薬理学特論
  • 臨床解剖学特論、臨床病態生理学特論
  • 診断学入門、総合診断学
  • フィジカルアセスメント
  • ナースプラクティショナー論
  • 疾病管理学 I(共通)、IIA,IIB(プライマリケア)、ⅢA,ⅢB(クリティカル・周術期)
  • 臨床栄養学/運動療法学
  • 診察診断学演習
  • 臨床薬理学演習
  • 医療プロフェッショナリズム論
  • 感染制御学特論
  • NP実践看護理論
  • ナースプラクティショナー研究法
  • ナースプラクティショナー課題研究

臨床実習

  • 疾病管理実習Ⅰ(共通)
  • 疾病管理実習Ⅱ(プライマリケア)
  • 疾病管理実習Ⅲ(クリティカル・周術期)

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622
E-mail: kurita-yasuo@iuhw.ac.jp(栗田康生)
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程特定行為看護師養成分野について」とお問い合わせください。