リハビリテーション学分野

修士課程博士課程

リハビリテーション学分野に関連する研究分野は様々な領域の学問を網羅しており、関連する学科・専攻も理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、視機能療法学はその医学的・基礎的科学は言うに及ばず、看護学や薬学、放射線・情報科学、医療経営管理学、医療福祉学ともリハビリテーションの研究においても密な関係を有している分野である。

さらに関連する科学として、生活支援工学(医療・福祉関連工学)やリハビリテーションスポーツなどの広範な研究領域の課題を対象としている。博士課程の研究も多様な課題に対応している分野である。

博士課程では、自立した研究者の育成を目指し、研究の発想から研究方法、展開へと研究者としての実力の育成を行っている。その中ではリハビリテーションの責任ある実務者として高度な知識と実践力を身につけ、自身で研究の創生を行い、研究手順・手法を構成し、まとまった研究結果の統合を形成する実力を習得することを目標にしている。そのことによりリハビリテーション関連学問でのリーダーとして、リハビリテーション専門職、関連有識者の高い知性と適した素養を身につけることを目標にし、研究者の育成ができるようにつなげている。

副大学院長 リハビリテーション学分野責任者
赤居 正美
国際医療福祉大学副大学院長。埼玉医科大学講師、帝京大学助教授、筑波技術短期大学教授を経て、東大病院リハビリテーション部副部長、国立障害者リハビリテーションセンター病院長、2014年4月より本大学院教授、2015年2月より副大学院長。
修業年限:3年
取得できる学位・資格:博士(保健医療学)

リハビリテーション学領域

リハビリテーション学領域は 理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、視機能療法学などリハビリテーション学を基本とする専門領域すべてに関連する課題、さらに医学的な課題や専門領域の境界領域に及ぶ課題を取り扱っている。

  1. 高次脳機能障害のリハビリテーション関連
  2. 小児(障害児療育)のリハビリテーション関連
  3. ロコモティブ・シンドローム、リウマチなど運動器疾患のリハビリテーション関連
  4. 心臓リハビリテーション関連
  5. 内部障害のリハビリテーション関連
  6. リハビリテーション医療を中心にした医療・福祉の連携関連
  7. 高齢者・障害者スポーツ
  8. 車椅子・装具など福祉用具関連
  9. リハビリテーション医療の質的評価関連
  10. 社会的リハビリテーション関連

などに関する研究課題がテーマの例である。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
赤居 正美 脊髄可塑性、不動化と廃用性変化、関節拘縮、義肢・装具、歩行解析・生体力学
前田 眞治 高次脳機能障害学、脳卒中のリハビリテーション、関節リウマチのリハビリテーション
金出 英夫 血管緊張に関する基礎的研究、心筋代謝に関する基礎的研究
高血圧性心臓病、虚血性心臓病の予防と治療
後藤 純信 電磁気生理学的手法を用いた高次脳機能障害のメカニズム解明
視覚・聴覚認知障害に対する治療法・リハビリテーション法の開発
運動機能障害のメカニズム解明と新たなリハビリテーションの開発, 他
草野 修輔 (1) 障害者スポーツ,(2) 障害者の体力,(3) 脊髄損傷者のリハビリテーション 他
熊谷浩一郎 循環動態に関する研究
心臓電気生理に関する基礎的・臨床的研究
不整脈の原因と治療に関する基礎的・臨床的研究
高嶋 幸男 1) 脳の障害と可塑性 2) 脳の発達と脳障害のメカニズム・評価
大西五三男  

専門科目

  • リハビリテーション学講義[博士]
  • リハビリテーション学演習[博士]
  • リハビリテーション学研究指導[博士] I(データ収集)・II(データ分析)・III(論文作成)

博士課程の講義・演習の開講形態は、指導教員によって異なります。
詳細は、事前相談時および入学後に各研究指導教員にご相談ください。

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622
E-mail: mm@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程リハビリテーション学分野について」とお問い合わせください。