看護学分野

修士課程博士課程
パンフレットを見る

看護学分野は、看護学の基礎教育を修了した学生が各自のもつ学問的な関心を土台とし追究課題を定め、それを科学的に探究する過程を学べるように組み立てられています。 学生には、教員や文献資料などのさまざまな資源を主体的に活用し、看護の専門性を高めるための探究の道を自ら拓くことが期待されます。看護学は実践の科学であるといわれているように、看護の実践から追究課題を見いだし、看護の実践の質を高めることに貢献することが一義的に重要です。

本課程では、このような観点から、看護の科学的探究と看護実践との関係がいろいろな角度から議論されます。そのための教育課程は、『看護管理・政策学領域』『看護実践基礎・援助学領域』『感染管理・感染看護学領域』『看護教育学領域』『リプロダクティブヘルス看護学領域』『小児看護学領域』『成人看護学領域』『老年看護学領域』『精神看護学領域』『在宅看護学領域』『公衆衛生看護学領域』で構成されています。

看護学分野責任者
荒木田 美香子
小田原保健医療学部看護学科長。
聖路加看護大学衛生看護学部卒業後、東京都管工業健康保険組合(保健師)、済生会向島病院(看護師)、お茶の水女子大学附属中学校(養護教諭)で勤務後、筑波大学体育研究科健康教育学に進学、修了後、ソニー株式会社(保健師)、東京学芸大学附属中学校(養護教諭)、浜松医科大学(地域看護学助教授→教授)、大阪大学医学系研究科保健学専攻(総合ヘルスプロモーション科学・教授)を経て、2008年より国際医療福祉大学小田原保健医療学部教授。
2011年より学科長、2014年より大学院看護学分野責任者に就任。
修業年限: 2年
取得できる学位・資格: 修士(看護学)

看護管理・政策学領域

保健医療福祉機関における看護管理の基本となる諸理論を学び、看護実践者からの体験を抽象化し、あるいは理論を具体化する作業を授業の運営の中で行うことにより、看護管理の実践者にふさわしい教育内容とした。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
鈴木 英子 ①多職種連携に関する研究
②退院支援に関する研究
③訪問看護ステーションの管理に関する研究
坪倉 繁美 ①人材の確保・定着
②看護行政・政策
③看護教育と看護教師教育
原田 広枝 ①次世代リーダーの育成
②キャリア開発・現任教育
③生涯学習者の成長支援
④新人看護師の職場適応
岡﨑 美智子 看護教育学,看護管理・政策学,看護ケアリング
看護技術の根拠および評価に関する指導
崎浜 智子 ①感染看護学
②成人学習/高度実践看護師教育
③医療関連感染の疫学
④医療関連感染の予防と管理
⑤医療の質/安全の保証と改善
磯野 真穂 ナラティブ、ライフストーリー、エスノグラフィー、患者の視点、医療者の暗黙知など、医療人類学的視座を用いた質的研究

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 看護管理・政策学講義[修士] I(看護管理概論)・II(看護管理の評価と開発)
  • 看護管理・政策学演習[修士] I(文献講読)・II(研究プロセス評価)
  • 看護管理・政策学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

看護実践基礎・援助学領域

看護現象の理解を深めるために、看護実践の基盤となる諸看護理論を理解し、理論と実践のつながりを、自らの看護実践を通して探求する。さらに文献検討を重ねて研究の基盤を確かなものにする。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
只浦 寛子 ①感覚運動看護学
②看護疫学
③リハビリテーション看護
④看護理論実践応用
樽井 正義 ①医療倫理、看護倫理の諸課題
②感染症に関わる倫理的課題
③国際保健にかかわる倫理的諸課題
野村 明美 ①看護技術に関する研究
②移動動作支援技術に関する研究
③看護教育学に関する研究
④ブラジル日系高齢者の健康支援活動に関する研究

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 看護実践基礎・援助学講義[修士] I(看護理論)・II(人間行動理論)
  • 看護実践基礎・援助学演習[修士] I(論文クリティーク)・II(調査方法演習)
  • 看護援助学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

感染管理・感染看護学領域

感染管理・感染看護に関連する理論を発展させ、科学的方法を用いて課題の探究を行い、研究者として必要な知識・技術を習得する。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
崎浜 智子 ① 感染看護学
② 感染管理・感染看護学教育
③ 医療関連感染の疫学
④ 医療関連感染の予防と管理
⑤ 医療の質/安全の保証と改善
賽吉 佐知子  

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 感染管理・感染看護学講義[修士] I(基礎理論と予防技術)・II(感染症診療の基礎)
  • 感染管理・感染看護学演習[修士] I(臨床疫学とEBCP)・II(疫学的分析手法)
  • 感染管理・感染看護学研究指導[修士]I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

リプロダクティブヘルス看護学領域

女性の生涯発達の視点から、女性・子ども・家族の健康を実現するために必要な理論・最新の知見、技術を学び、課題を探究するための研究手法を修得する。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
衣川 さえ子 ①リプロダクティブヘルス看護
②親の教育・学習支援
③助産技術の教育
木戸 久美子 ①リプロダクティブヘルスケア
②障がい児・者性教育、周産期支援
③プレコンセプションヘルスケア
④母性看護学・助産学教育教授法
小野 智佐子 ①助産師の実践能力に関する研究
②育児の主体性獲得への支援
③母親がエンパワメントをもたらす援助に関する 研究
堀金 幸栄  

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • リプロダクティブヘルス看護学講義[修士] I(看護学の基礎)・II(看護実践の探究)
  • リプロダクティブヘルス看護学演習[修士] I(研究手法)・II(看護実践のエビデンス)
  • リプロダクティブヘルス看護学研究指導[修士]I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

小児看護学領域

子どもと家族の心身の健康問題や健やかな育成への支援に、有効な理論や知見を学習し小児看護の課題を探究する研究手法を修得する。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
世良 喜子 ①子どものヘルスプロモーション
②障害児と家族の看護
③小児看護師に関する研究
④看護学教育

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 小児看護学講義[修士] I(発達)・II(ストレス・コーピング)
  • 小児看護学演習[修士] I(研究法、分析法)・II(事例分析)
  • 小児看護学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

成人看護学領域

成人期にある対象に生じる様々な看護課題を解決するため、発達課題及び健康レベルの視点から臨床現場に生かす総合的研究能力を身につけ、実践的支援方法を習得する。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
糸井 裕子 ①健康行動とストレス(自律神経)に関する研究
②がん患者の退院支援に関する研究
③看護介入と評価に関する研究
④成人看護学系に関する研究
新藤 悦子 ①がん患者の療養体験に関する研究
②慢性期看護に関する研究
③がん患者の家族支援に関する研究
④看護師の実践知に関する研究
只浦 寛子 ①感覚運動看護学
②看護疫学
③リハビリテーション看護
④看護理論実践応用
茶園 美香 ①緩和ケアに関する研究
②終末期ケアに関する研究
③がん患者家族の具リーフワークに関する研究
花田 妙子 ①新人看護師の教育プログラム、指導方法
②学内演習、臨地実習指導
③看護における教育機能(自己管理の指導)
大原 裕子  
山本 真弓 ①成人看護学領域
②がん・終末期・移植・先端医療に関する看護
③形態機能学・サーモジーに関する研究
④看護倫理教育に関する研究
菊池 有紀  
久保 美紀  
松田有子  
山本佳代子  

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 成人看護学講義[修士] I(基礎理論)・II(看護実践の探求)
  • 成人看護学演習[修士] I(看護実践のエビデンス)・II(研究方法演習)
  • 成人看護学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

老年看護学領域

高齢者を身体的・精神心理的・社会的側面と発達的側面からとらえ、総合的にアセスメントする能力と、支援課題を明らかにするための研究方法を習得する。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
只浦 寛子 ①感覚運動看護学
②看護疫学
③リハビリテーション看護
④看護理論実践応用
松本 明美 ①認知症高齢者のケアに関する研究
②在宅高齢者の家族介護に関する研究
③高齢者の生活に関する研究
山下 香枝子 ①高齢者の死生観について
②看取りにおける看護師の役割認識について
③前立腺全摘出後の尿失禁への対応について
吉村 惠美子 ①老年看護アセスメント
②病院における老年看護教育プログラムの開発
③臨床実習指導
④看護師のキャリア開発
⑤看護カウンセリング
須佐 公子 ①高齢者のターミナルケア
②高齢者家族の介護体験、家族ケア
③医療・福祉従事者のストレス、バーンアウト
溝部 昌子 ①血管障害患者の看護(血管看護)
②高齢者の身体診察、機能評価、体力測定(老年看護)
③ダイアログ手法を用いた問題解決技法(看護管理)
④看護師の文化能力、外国人に対する看護(国際看護)

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 老年看護学講義[修士] I(理論と方法)・II(アセスメント・支援方法)
  • 老年看護学演習[修士] I(サポートシステム)・II(制度と施策)・III(理論と方法の実践)・IV(認知症)
  • 老年看護学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)
  • 老年看護学実習[修士]

看護教育学領域

看護教育学の基礎的理解を深め、専門領域に関する課題について文献検討を行い自己の研究課題を明確にする。さらに、研究計画に基づき看護教育方法や看護教育評価等を実証研究し看護基礎教育・継続教育の向上に努める。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
蔵谷 範子 ①学生、教師の成長に関すること
②看護教育に関すること
③基礎看護学に関すること
荒木田 美香子 ①地域看護システム
②産業保健/看護
③学校保健/看護
④健康教育・保健指導の評価
⑤地域・職域・学校保健連携
佐藤 みつ子 ①看護教育(教育方法、カリキュラム、看護学実 習指導)に関する研究
②看護学生の行動、心理に関する研究
③看護師のキャリア開発に関する研究
世良 喜子 ①子どものヘルスプロモーション
②障害児と家族の看護
③小児看護師に関する研究
④看護学教育
坪倉 繁美 ①人材の確保・定着
②看護行政・政策
③看護教育と看護教師教育
長尾 嘉子 ①慢性疾患をもつ子どもに関する研究
②心身障碍をもつ子どもへの支援
③看護学教育に関する研究
岡﨑 美智子 看護教育学,看護管理・政策学,看護ケアリング
看護技術の根拠および評価に関する指導
崎浜 智子 ①感染看護学
②成人学習/高度実践看護師教育
③医療関連感染の疫学
④医療関連感染の予防と管理
⑤医療の質/安全の保証と改善
山本 真弓 ①成人看護学領域
②がん・終末期・移植・先端医療に関する看護
③形態機能学・サーモジーに関する研究
④看護倫理教育に関する研究

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論

精神看護学領域

心の健康問題に関連する理論および最新の知見、方法論を学習し、精神保健看護の質向上と、今日の課題解決に関する研究手法を習得する。

専門看護師(CNS)教育併設。
専門看護師(CNS)コースの詳細は、事前相談時によく確認すること。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
相澤 和美 ①精神障がい者の在宅支援
②精神科訪問看護
③リカバリー
④多職種連携
⑤精神科看護に関連する事
白石 裕子 ①うつ病のための認知行動療法の有効性の研究
②精神科訪問看護師のための認知行動療法研修プログラムの開発 ③統合失調症の認知機能障害研究
鈴木 英子 ①多職種連携に関する研究
②退院支援に関する研究
③訪問看護ステーションの管理に関する研究
宮城 純子 ①精神障害者の社会復帰に関連する研究
②依存(アルコール・薬物)症に関連する研究
③司法精神医療に関連する研究
④長期入院者の退院支援に関連する研究
藤田 京子 ①思春期・災害とメンタルヘルス
②精神科リハビリテーション・精神看護・ケアリング
③病棟文化に関する研究

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 精神看護学講義[修士] I(治療的介入技法)・II(精神保健医療福祉制度)
  • 精神看護学演習[修士]I(精神健康状態評価方法)・II(精神看護理論)・III(リハビリテーション精神看護)・IV(治療的介入の実践)
  • 精神看護学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)
  • 精神看護学実習[修士]

在宅看護学領域

在宅ケアの質を保証するために国内外のシステムを理解し、知識・技術・ケアプログラム・資源活用と開発等の発展への課題を探究する研究手法と実践的支援方法を習得する。

専門看護師(CNS)教育併設。
専門看護師(CNS)コースの詳細は、事前相談時によく確認すること。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
今村 桃子 ①地域・在宅ケアシステム
②訪問看護・在宅ケアマネジメント
③労働者の健康・産業看護管理
王 麗華 ①多職種連携に関する研究
②退院支援に関する研究
③訪問看護ステーションの管理に関する研究
谷山 牧 ①経済的困窮が健康管理に及ぼす影響
②路上生活者の健康問題
③在宅ケア継続への関連要因
④健康向上へ向けた行動変容
山口 みどり ①在宅ケア
②在宅看護技術教育
山下 留理子  

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 在宅看護学講義[修士] I(アセスメントと問題解決)・II(チームケアマネジメント)
  • 在宅看護学演習[修士] I(ケア方法)・II(在宅ケア管理)・III(終末期のケア評価)・IV自立支援のケア評価)
  • 在宅看護学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)
  • 在宅看護学実習[修士]

公衆衛生看護学領域

公衆衛生看護学講義、演習、研究指導などを通して、地域・産業・学校において、対象者が自ら健康的な支援を選択できるようなコミュニティのシステムを支援する方法を修得する。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
荒木田 美香子 ①地域看護システム
②産業保健/看護
③学校保健/看護
④健康教育・保健指導の評価
⑤地域・職域・学校保健連携
青柳 美樹 ①産業保健
②母子保健
③メンタルヘルス
王 麗華 ①多職種連携に関する研究
②退院支援に関する研究
③訪問看護ステーションの管理に関する研究
洲崎 好香 ①組織的ストレスに着目した産業保健活動
②食などの日常行動を通じた地域を対象とした健康 増進活動
③自治体や医療機関との連携による地域保健活動
鳥本 靖子 ①高齢期の生活と備え
②介護と家族介護者支援に関する研究
③健康と社会経済的要因の検討
藤田 千春 ①発達障害児の保護者支援
②慢性疾患患児の QOL
③小児保健

専門科目

  • 看護学研究法
  • 看護コンサルテーション論
  • 看護教育論
  • 看護クォリティマネジメント論
  • 地域看護学講義[修士] I(地域看護の対象とプロセス)・II(支援の施策化)
  • 地域看護学演習[修士] I(支援技術)・II(評価について)
  • 地域看護学研究指導[修士] I(文献検索とクリティーク)・II(研究デザイン)・III(データ収集と分析)・IV(論文作成)

周麻酔期看護学領域

近年、手術症例の高齢化が加速してきており、手術のリスクだけでなく、基礎疾患の存在によるリスクがあるなど、医療の高度化が進んでいます。このため、チーム医療の観点から、麻酔科医と協力して麻酔管理ができる看護師のニーズが高まっています。本領域では、麻酔管理ができる人材育成を目的とし、術後ケアまで含めた全身管理、麻酔管理に必要な知識・技術の修得をめざします。

担当教員 ※太字は研究指導教員

氏名 主な研究指導内容
松田 有子 周術期看護

専門科目

  • 麻酔支援看護に関する科目講義Ⅰ~Ⅲ
  • 麻酔支援看護に関する科目演習Ⅰ~Ⅲ
  • 麻酔支援看護実習
  • 麻酔支援看護に関する課題研究

お問い合わせ・連絡先
国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス事務局
〒107-0062 東京都港区南青山1-3-3 青山一丁目タワー4・5階
TEL.03-6406-8621(代表) FAX.03-6406-8622
E-mail: eikosuzuki@iuhw.ac.jp(鈴木)
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程看護学分野について」とお問い合わせください。