大学院のご案内

在校生のメッセージ/時間割例(修士課程)

保健医療学専攻 
生殖補助医療胚培養分野

在校生のメッセージ

私は遠方から通学をしていますが、受講する講義を土曜日に集中して選択しているため、仕事との両立が成り立っています。
また、本大学院ではe-ラーニング等で受講できる講義もあるため、仕事や学会などで講義に出席できなかった場合にも後で受講できることができ、大変助かっています。
社会人が多く在学している大学院ですので、講義の日程や時間帯が上手く調整されており、職場にあまり負担をかけずに通学することができると思います。
職場の理解と自分のやる気さえあれば、本大学院での学業と仕事の両立は十分可能であると思います。

生殖補助医療胚培養分野

修士課程 (平成26年入学)

H.H さん

東京青山キャンパス所属

  • (資格) 生殖補助医療胚培養士
  • (勤務先)クリニック勤務
H.Hさんの修士課程 1年前期の時間割

※横にスクロールしてご覧いただけます。

1時限目

9:00~10:30

2時限目

10:40~12:10

3時限目

13:00~14:30

4時限目

14:40~16:10

医療経済評価概論
(共通科目)
ケアマネジメント論【修士】
(専門選択科目)

※横にスクロールしてご覧いただけます。

5時限目

16:20~17:50

6時限目

18:00~19:30

7時限目

19:45~21:15

生殖補助医療
胚培養臨床系講義Ⅰ
(専門必修科目)
生殖補助医療
胚培養基礎系講義Ⅰ
(専門必修科目)

お問い合わせ・連絡先

国際医療福祉大学大学院
東京赤坂キャンパス事務局

  • 〒107-8402
     東京都港区赤坂4-1-26
  • TEL.03-5574-3900(代表)
     FAX.03-5574-3901
  • E-mail:
    tokyo.s.c@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程生殖補助医療胚培養分野について」とお問い合わせください。