大学院のご案内

研究科・分野のご案内 GRADUATE SCHOOL / FIELD

薬学研究科 
医療・生命薬学専攻(4年制)

現代医療では、その高度化、専門分化に伴い、医療チームによる学際的・統合的医療の実践が必要とされてきており、その中で、より専門性の高い薬剤師の育成が求められてきています。さらに、医療での問題点を抽出して研究に進展させ、問題を解決する能力を身に付けた薬剤師が必要とされています。この様な今日的要請に応えるべく、高度な臨床能力と研究能力を習得した専門薬剤師と薬学研究者の育成を目的に、6年制薬学部教育を基盤とした大学院 薬学研究科 医療・生命薬学専攻(博士課程)を開設しました。

この大学院 薬学研究科 博士課程は、特に、がん・感染症・精神神経疾患等の薬物治療において、豊富な知識と技術、そしてこれらの領域において高度な研究能力を兼ね備えた専門性の高い人材を育成します。さらに、社会人のニーズにも応えたカリキュラム構成をとり、社会人学生の要望に応える大学院ともなっております。

薬物治療学に精通した高度な臨床薬剤師・薬学研究者の育成を目指す

本専攻は、医療薬学、生命薬学の分野における高度な専門的知識と技術を有し、幅広い医療関連分野で活躍しうる、薬物治療学に精通した人材を育成します。特に、がん・感染症・精神神経疾患等の薬物治療において、高度な知識と技術、さらにはその領域に関する研究能力を備えた専門性の高い薬剤師(がん専門薬剤師・がん指導薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、感染制御専門薬剤師等)や研究者、またこれら人材の指導・教育に携わることができる人材の育成を目標としています。

薬学研究科長、医療・生命薬学専攻主任 三浦 裕也

東北大学大学院薬学研究科後期課程修了。薬学博士。アステラス製薬(旧山之内製薬)にて開発研究に従事、5-HT3拮抗剤開発者、主席研究員、創薬代謝研究室長。その後、日本血液製剤機構(旧、日本赤十字社血漿分画センター)技術開発部長を歴任。青森大学薬学部教授、学科長、学部長を経て、21年度に本学着任。専門は、薬物動態、生体薬物分析および社会薬学。

研究指導担当 専任教員および研究内容
  • 氏名
  • 主な研究指導内容
三浦 裕也

社会薬学、薬学教育

白石 昌彦

DNAメチル化による転写制御機構

八木 秀樹

①リゾリン脂質によるリンパ球移動機構の解明
②複数回膜貫通膜たんぱく質に対する新規モノクローナル抗体の作製とその機能の探索
③がん転移機構の解明とその阻害薬の探索

山田 治美

抗がん薬・感染症治療薬の薬剤適正使用に関する調査および実験的研究

池田 俊也

①医療技術・薬剤の経済評価
②薬剤疫学

猪股 浩平

・多機能性キラル合成素子の開発と医薬化学への応用
・不斉有機触媒を用いる多元的立体制御反応の開発

倉本 敬二

①先発・後発輸液製剤の物理化学的性質の比較研究
②輸液に混合する注射薬の配合変化に関する研究

島田 直樹

①臨床調査個人票を利用した指定難病の疫学研究
②臨床疫学

相馬 義郎

①チャネル病の分子病態生理学・治療学
②細胞病態生理のコンピュータシミュレーション

武田 弘志

辻 稔

ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略開発に関する研究

中村 裕義

生体情報の解析による薬物治療の最適化に関する研究

西村 和洋

①ポリアミンと相互作用する生体分子の生理機能に関する研究
②ポリアミンによる細胞増殖及び分化の制御機構に関する研究

西村 信弘

①薬物体内動態の個体間変動要因のメカニズムに関する基礎的研究
②薬剤耐性菌および抗菌薬使用に関する疫学解析
③薬剤の適正使用推進を指向した調査研究

松浦 能行

三浦 隆史

神経変性疾患発症メカニズムの構造生物学的研究

山本 直樹

加藤 芳徳

①抗体工学を活用する抗体医薬品シーズの探索
②中耳炎の発症・再発に及ぼす影響因子の探索
③医薬品適正使用に関する調査および実験的研究

佐藤 忠章

アロマセラピーの科学的解明に向けた基礎研究

清水 貴壽

環境因子の細胞への影響とその作用機構に関する研究

長沼 美代子

環境因子の細胞への影響とその作用機構に関する研究

宮川 和也

①ストレス適応に関与する脳内機構の解明
②ストレス性精神疾患に対する新規薬物療法の開発
③妊娠期ストレスが子の精神発達に及ぼす影響と治療戦略の構築

浜田 俊幸

①体内時計研究 老化研究:時間・年齢により発症する疾患発症機構解明と治療薬開発研究
②In vivo イメージング研究:イメージング技術を用いて自由行動しているマウス・ラットの複数組織の遺伝子発現を同時に長期間追跡定量するシステム開発

藤井 幹雄

①速効型ビタミンB2の開発に関する研究
②医薬品生産における石油に代わる天然資源の探索
③薬学における化学教育の在り方

前澤 佳代子

①吸入療法に関する多角的研究
②薬物治療における問題解決とPharmaceutical Care実践のための研究

入学定員・修業年限・取得できる学位

入学定員:5名
修業年限:4年
取得できる学位:博士(薬学)

特徴

高度な薬物治療を学ぶことができる専門科目を配置
がんや精神疾患、感染症、循環器疾患を始めとする種々の疾病に関する薬物療法について学ぶことができます。 たとえば、がんについては免疫学、疫学、病理学、分子生物学等の基盤的知識を習得した上で、がん薬物療法を中心として、集約的治療や外科的治療、緩和医療、精神腫瘍学(サイコオンコロジー)等の最新のがん治療を包括的に理解することができます。

社会人でも学びやすい環境
原則として講義は限られた曜日の夜間と土曜日に集中しており、働きながら学ぶ環境が整っています。

附属病院等の充実
附属病院等での臨床実習を通じて、個々の患者の疾病に対応した特色ある薬物療法を学ぶことができます。

期待される将来の進路

高度専門的な臨床薬剤師として、医療機関や保険薬局等で指導的な薬剤師として活躍

医療機関や企業等に勤務しながら本研究科を修了する者については、当該勤務先でのキャリアアップ

薬系大学等の教育機関や企業等における研究者や教育者として勤務

本学附属病院や関連病院における指導的薬剤師として勤務

授業科目紹介

臨床病院特別研修

臨床病院特別研修では、個々の患者さんの疾病に対応した薬物療法を臨床を通じて学び、疾病や薬物療法について総合的及び具体的に理解できるようになることを目指しています。

医療・生命薬学特別研究

医療・生命薬学特別研究では、医療薬学及び生命薬学分野における高度な研究能力の養成を主眼に、研究姿勢や倫理感とともに、研究に必要な知識・技術及び論文作成の能力の育成を目指しています。

研究施設と設備

核磁気共鳴装置や共焦点レーザー蛍光顕微鏡を始めとして、医療薬学及び生命薬学分野における高度な研究教育活動を実現するための様々な設備が整備されています。

共焦点レーザー蛍光顕微鏡

試料内の焦点のあった像のみを鮮明に観察できる蛍光顕微鏡。組織や細胞の三次元的な構造を解析するための装置です。

核磁気共鳴装置(NMR)

有機化合物-天然有機化合物の分子構造分析を行う装置。

先端漢方医薬学教育研究センター

薬物治療において、西洋医学だけではなく東洋医学にも精通した薬剤師を育成できる、漢方薬学専門の研究機関「先端漢方医薬学教育研究センター」があります。薬物治療の現場では、東洋薬が西洋薬の限界や欠点を補うことから、両方を併用することの有効性が注目されており、同センターにより、西洋薬学と東洋薬学の融合による新たな薬学研究の基盤構築を図ります。

資料請求

入学願書等請求の資料請求フォームはこちら

ダウンロード

自己点検・評価

お問い合わせ・連絡先

国際医療福祉大学大学院
東京赤坂キャンパス事務局

  • 〒107-8402
     東京都港区赤坂4-1-26
  • TEL.03-5574-3900(代表)
     FAX.03-5574-3901
  • E-mail:
    tokyo.s.c@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )