大学院のご案内

研究科・分野のご案内 GRADUATE SCHOOL / FIELD

薬科学研究科 生命薬科学専攻

医療現場と密接に連携し、一般社会や地域社会の今日的要請に応え得る高度専門職業人としての薬剤師を養成します。

薬学はライフサイエンスを基盤として、生命や健康について化学的、生物学的あるいは物理学的に研究する総合的な応用科学であります。そして、これらの研究により得られた新しい知識や技術などの成果をもって人類の健康、福祉に貢献することを目的とした学問です。また、医療の現場では、薬剤師にはチーム医療への参画はもとより、特定の領域・分野において、より専門的な知識・技術・経験が求められています。この様な今日的要請に応えるべく、本大学院薬科学研究科は、高いリサーチマインドや臨床能力を身につけた広範な薬学的専門知識を有する薬学研究者および専門薬剤師の育成を目指しています。そのため、「生命薬学」・「臨床薬学」の2つの分野を設置し、それぞれの分野に合った特色ある高度教育を実施いたします。さらに、社会人のニーズにも応えたカリキュラム構成をとり、向学心のある社会人学生の要望に応える大学院ともなっております。

薬科学研究科長 渡邊 敏子

千葉大学薬学部薬学科卒業、同大学院薬学研究科修士課程修了。博士(薬学)。薬剤師。東邦大学薬学部助手、千葉大学薬学部・同大学院薬学研究院助教授、ドレスデン工科大学(ドイツ)博士研究員を経て本学着任。本学薬学部教授・本学大学院薬学研究科および薬科学研究科教授。2015年4月より薬学科長。専門は有機化学、医薬化学。

薬科学研究科 生命薬科学専攻主任 山田 治美

東京大学大学院薬学系研究科生命薬学専攻博士課程修了。博士(薬学)。東京大学医科学研究所附属病院薬剤部、フランス 国立ビシャ・クロウド‐ベルナルド病院(Hopital Bichat-Claude Bernard)寄生虫研究室研究員を経て、2006年より、国際医療福祉大学薬学部就任。

研究指導担当 専任教員および研究内容
  • 氏名
  • 主な研究指導内容
武田 弘志

ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略開発に関する研究

渡邊 敏子

新規医薬品開発を指向したベンズインドール系化合物の合成研究

山田 治美

抗がん薬・感染症治療薬の薬剤適正使用に関する調査および実験的研究

浅野 哲

化学物質の安全性評価とその毒性機序の解明。
疾患の分子病理学的な病態機序の解明。

天野 託

精神神経疾患及び慢性疼痛の病態機能解析と新規治療薬開発

池田 俊也

臨床判断分析モデルを用いた生活習慣病治療薬の経済的価値の算出に関する研究

笠原 忠

免疫・アレルギー学、サイトカインなどの実験指導、臨床開発など

黒澤 美枝子

体性感覚刺激による自律機能変化とその神経機序の解明
体性感覚刺激と脳内神経伝達機能
脊髄損傷と自律神経反応

島田 直樹

臨床調査個人票を利用した難病の疫学研究

白石 昌彦

DNAメチル化による転写制御

角南 明彦

イオンチャネルの構造と機能の解明および創薬への応用

中村 裕義

生体情報の解析による薬物治療の最適化に関する研究

三浦 隆史

神経変性疾患発症メカニズムの構造生物学的研究

百瀬 泰行

薬物治療に関する問題解決のための多角的研究-問題解決能力の育成とPharmaceutical Careと医療連携の実践-

八木 秀樹

リゾリン脂質によるリンパ球移動機構の解明
複数回膜貫通膜たんぱく質に対する新規モノクローナル抗体の作製とその機能の探索
がん転移機構の解明とその阻害薬の探索

山下 勝幸

神経回路形成におけるイオンチャンネル・受容体の機能的役割に関する研究

清水 貴壽

環境因子の細胞への影響とその作用機構に関する研究

辻 稔

ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略開発に関する研究

藤井 幹雄

補酵素の立体配座に基づく酵素分類と酵素選択性を持つ化合物の創生
酵素反応を利用した医薬品の合成研究

前澤 佳代子

薬物治療に関する問題解決、エビデンスに基づく薬物適正使用、
およびPharmaceutical Careと医療連携実践のための研究

加藤 英明

アルコールおよび薬物依存に関与する病態解析・薬物治療法の開発

分野・キャンパス・時間帯

医療薬学分野

医療における薬学の役割は近年大きく変革をとげており、専門薬剤師制度、地域医療、スキルミックスなど、患者さんを中心とした医療薬学の重要性が高まっています。また、薬学部6年制が始まり、臨床教育を受けた薬剤師が今後世の中に出てきます。医療薬学分野は、臨床薬学を中心に、医療薬学の分野における研究能力の養成とともに、高度専門技術の実践や研究開発を担う人材を育成します。本分野には、臨床薬学領域、がん薬物療法学領域の2領域があり、それぞれ病院・薬局における専門性の高い薬剤師、臨床試験のエキスパートおよびがん薬物療法に精通した薬剤師を育成します。また、学会発表や論文の作成を通じて、プレゼンテーション能力を身につける指導を行います。

<臨床薬学領域>

臨床の現場では、先端医療や緩和医療をはじめ、地域医療、医療のスキルミックスなど、大きな変革が起きています。この最新の知見をまなび、現場で実践しうる能力を持った専門性の高い薬剤師が求められています。臨床薬学領域では、臨床における問題解決能力を有することで、病院における薬剤師業務に精通し、患者を中心としたチーム医療に貢献できる薬剤師や、保険薬局における薬剤師業務に精通し、地域医療を牽引しうる薬剤師を育成します。本領域では、病院や薬局での実習を通じて臨床の問題点を抽出し、その解析や解決法を実践的に学ぶことができます。

<がん薬物療法学領域>

質の高いがん医療を展開できる医療専門職としての薬剤師の育成を目指しています。日本病院薬剤師会認定の「がん薬物療法認定薬剤師」認定を目標としています。また、日本医療薬学会認定の専門薬剤師取得に必須の論文作成や学会発表に必要な、臨床研究の考え方や研究計画の立案・実践を、研究指導を通じて学ぶことができます。

生命薬学分野

生命薬学分野は、薬学研究における最先端の知見を学び、さらにライフサイエンスの広い分野に対応する高度の研究を実施し、医薬品開発に携わる研究者・技術者の養成や、薬学・環境行政を担う人材、さらには教育者の育成を行う。

入学定員・修業年限・取得できる学位

入学定員:5名(予定)
修業年限:2年
取得できる学位:修士(薬科学)

授業の方法

教室での対面授業のほか、科目、受講キャンパスにより、テレビ会議システムにによる同時双方向遠隔授業を実施。さらに、一部の科目で、ビデオ・オン・デマンド方式で授業を実施する。

実務実習は学内外の実習施設で実施する。

※実習科目は、臨床薬剤師の経験年数等により免除される場合があり、確認が必要です。

集中講義・集中実習は、夏期・冬期に大田原キャンパス等で週末・休日等を活用して実施する。

期待される将来の進路

研究志向の強い学生については、本学や他大学の薬学部教員や製薬企業の研究所、研究開発担当部門への就職、および博士課程への進学。

医療機関や製薬企業等に勤務しながら本研究科を修了する者については、当該勤務先でのキャリアアップ。 本学附属病院や本学関連病院へ薬剤師として勤務。

本研究科の位置する栃木県周辺の東北南部、北関東ではなお薬剤師需要は強く、医療機関、薬局への就職。

授業科目※数字は単位

Ⅰ. 共通科目

  • 人体病理学研究法 1
  • 統計学 2
  • 統計学入門 2
  • 実例から学ぶ統計解析入門 2
  • 臨床遺伝学概論 2
  • 脳障害の生物学 2
  • 疫学概論 2
  • 臨床心理学概論 2
  • 社会福祉概論 2
  • 医療経済評価概論 2
  • 医療福祉情報学入門 2

Ⅱ.薬学基礎科目

  • 臨床医学特論Ⅰ(内科系) 1
  • 臨床医学特論Ⅱ(外科系) 1
  • 薬理学特論 1
  • 薬物治療学特論 2
  • ゲノム分子生物学特論 1
  • 生命薬科学総合演習Ⅰ(基礎系) 2
  • 生命薬科学総合演習Ⅱ(臨床系) 2
  • 生命分析化学特論 1
  • 分子細胞応用学特論 2

Ⅲ がん薬物療法学関連科目

  • がんの基礎薬学 1
  • 基礎腫瘍学 1
  • がんの薬物療法学 1
  • 臨床腫瘍学Ⅰ(基礎) 1
  • 臨床腫瘍学Ⅱ(応用) 2
  • 緩和薬理学 1
  • 臨床薬物動態学特論Ⅰ(基礎) 1
  • 臨床薬物動態学特論Ⅱ(応用) 1
  • がん薬物療法学特別実習 1
  • がん薬物療法学特別実習 1
  • がん薬物療法認定薬剤師実習 6

Ⅳ.実務実習科目

  • 臨床病院実務実習Ⅰ(長期) 10
  • 臨床保険薬局実務実習 10
  • 臨床病院実務実習Ⅱ(中期) 6

Ⅴ.研究指導科目

  • 生命薬科学特別研究 10
授業科目紹介

がん薬物療法学特別実習

抗がん薬注射剤混合調製実習においては、実際の抗がん剤をもちいて、抗がん剤ミキシングの実際を学ぶことができます。抗がん剤調製のために必要かつ適切な溶液の選択と調製後の薬剤の安定性や抗がん剤の適切な投与経路を薬剤調製実習を通じて身に着けることができます。

また、各種がん薬物療法におけるレジメンをもとに、がん薬物療法の安全確保や、薬剤管理指導業務に関して、各自の症例に基づきPBL(Problem Based Learning:問題基盤型学習)形式で演習することができます。

TDM特別実習

TDM特別実習では、実際に抗がん剤やがん薬物療法時に汎用される抗生物質、免疫抑制剤薬物血中濃度を測定し、得られた測定値から、薬物血中濃度の判定やデータの解析および投与量設計に加え、HPLC法による薬物濃度測定法も学びます。

がん薬物療法認定薬剤師実習

臨床病院実務実習

特別研究

資料請求

入学願書等請求の資料請求フォームはこちら

ダウンロード

お問い合わせ・連絡先

国際医療福祉大学大学院
大田原キャンパス薬学事務室

  • 〒324-8501 栃木県大田原市北金丸2600-1
  • TEL.0287-24-3481(代表)
     FAX.0287-24-3521
  • E-mail:
    hami515@iuhw.ac.jp(山田)

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )
「修士課程薬科学研究科について」とお問い合わせください。