トップページ > コースのご案内 > 認定看護管理者教育課程「セカンドレベル」
コースのご案内
認定看護管理者教育課程「セカンドレベル」

国際医療福祉大学看護生涯学習センターでは、2007年9月から認定看護管理者教育課程「セカンドレベル」を開講しました。 認定看護管理者教育は、公益社団法人日本看護協会が看護管理者の質の向上を目的としたもので、当センターは日本看護協会の認定看護管理者教育機関の認定をうけて、教育を実施しています。 本課程を修了すると「認定看護管理者教育課程セカンドレベル修了証書」とともに、学校教育法第105条の規定に基づくプログラムであることを示した「履修証明書」を交付いたします。

平成30(2018)年度「セカンドレベル」研修受講開始にあたって

看護生涯学習センター長 坪倉 繁美

平成30(2018)年「セカンドレベル」研修の開講式を9月21日(金)に行い、60名の受講者をお迎えいたしました。

本センターでの研修は、金曜日と土曜日の開講であり、足掛け6か月を要します。受講者からは、職場を連続して長期に離れることもなく、また学んだことをすぐさま現場でトライヤルできるメリットがあり、本センターで学ぶことを決心したという方々が多かったです。

60名の受講者は、所属する施設の設置主体も国公立、医療法人、その他の法人等と多様であり、施設の規模においても小規模から大規模の病院、介護施設と多種多様なミッションを背負う立場での参加です。セカンドレベルを受講する皆さんの覚悟は、医療を取り巻く状況が劇的に変化する中で、第一線の看護管理を担う者としては、患者さんの命と暮らしを守るための管理の在り方と役割を確とつかみたいというものです。それぞれの場で豊かにマネジメントができるようになりたいという思いが共鳴し合い、集まった者が互いに刺激し合うという学びの場が成立していることは、大変喜ばしいことです。

皆さんの熱い期待に応えるように、また実りある研修になりますようにと後押ししたいと考えています。

開催期間

2019年9月6日(金)~2020年2月29日(土)のうち35日間、金・土曜日主体

定員

60名

場所

国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス

教育目的

看護管理者として基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を習得する。

到達目標

  1. 組織理念と看護部門の理念の整合性を図りながら担当部署の目標を設定し、達成に向けた看護管理過程を展開できる。
  2. 保健・医療・福祉サービスを提供するための質管理ができる。

教育内容と時間数

教科目名 時間数
ヘルスケアシステム論 Ⅱ 15時間
組織管理 Ⅱ 30時間
人材管理 Ⅱ 45時間
資源管理 Ⅱ 15時間
質管理 Ⅱ 30時間
統合演習 Ⅱ 45時間
180時間

(日本看護協会 認定看護管理者カリキュラム基準による)

受講申込受付期間

2019年5月7日(火)~2019年5月31日(金)消印有効

受講要件

  1. 日本国の看護師の免許を有する者
  2. 看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上ある者
  3. 認定看護管理者教育課程ファーストレベルを修了している者。または看護部長相当の役職にある者、もしくは副看護部長相当の役職に1年以上就いている者

受講申込書類

提出書類は全てA4サイズに揃えてください。

  1. 看護師免許の写し
  2. 平成30年度認定看護管理者教育課程セカンドレベル受講申込書(様式2)
  3. 小論文
    「自部署における看護管理上の課題とその取組みについて」自職位の立場で述べなさい。
    1,000 字程度
  4. 受講決定通知の返信用に封筒を準備ください。
    返信用封筒(長形3号)に住所・氏名を明記し、512円(一般書留用)の切手貼付したもの

費用

出願料: 10,000円(税込)

受講料: 235,000円(税込)(レポート審査、修了判定料含)

修了要件

次の1. 2. の要件をともに満たすこと

  1. 各教科目の所定時間数の各5分の4以上の出席
  2. 各教科目の担当講師がA~Dの4段階(A:80点以上、B:79~70点、C:69~60点、D:59点以下)で評価し、C以上を合格とする。

小論文の作成規定

  1. Wordソフトを使用する。
  2. 用紙は、A4用紙1枚とし、縦置き、横書きで作成する。
  3. 書式は、一行40字で作成する(所属施設名、職位、氏名は字数から除く)。
  4. 余白は、左2.5cm、上下1.0㎝以上とする。
  5. フォントは11ポイント、数字・英字は半角、書体はMS明朝体とする。
  6. 表紙は不要である。所属施設、職位、氏名、テーマを明記する。
【記載例】  A4縦置き

認定看護管理者教育課程セカンドレベル

             所属施設
             氏名
テーマ「               」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(改行の際は1文字あける)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (文字数○○字)

小論文の評価基準

  1. 論文テーマ
    (1)テーマにそった内容である。
    (2)自己の課題が明確である。
    (3)看護管理者の視点で述べている。
  2. 課題への取り組み
    (1)現状把握及び分析が適切である。
    (2)具体的な方策を述べている。
  3. 論旨の一貫性
    (1)課題と方策に一貫性がある。
    (2)専門用語や概念の解釈が適切である。
  4. 表現力
    (1)誤字脱字がない。
    (2)文章表現が適切である。
    (3)倫理的配慮の記述が適切である。
    (4)規定にそって記述されている。

受講申込方法

  1. 受講申込書類を申込期間中に郵送にて申し込みください。
  2. 施設内複数名の申込の場合、各所定用紙および、返信用封筒は個人ごとに同封願います。
  3. 申込書類は、国際医療福祉大学看護生涯学習センターホームページ「募集要項」からダウンロードできます。
  4. 出願料の振り込みは、出願者本人氏名としてください。振り込み手数料は、ご負担ください。
  5. 出願料振込金の領収証(原本、コピー不可)は、申込書の裏に添付してください。
  6. 振り込みが確認できない場合は、申し込みは受理できません。
  7. 提出書類は記載内容を確認の上、申込期間中に郵便物の送達経過がわかる「一般書留」にて申し込みください。

受講料の支払い方法

受講料の振込先と振込期日は、受講決定通知書に記載いたします。
尚、出願料、受講料の返還はいたしません。

受講申込書類送付先・問い合わせ先

〒107-8402
東京都港区赤坂4-1-26 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス 7階
国際医療福祉大学看護生涯学習センター 認定看護管理者教育課程担当
TEL:03‐5574‐3835 FAX:03‐5574‐3836
認定看護管理者教育課程ファーストレベル 認定看護管理者教育課程セカンドレベル 認定看護管理者教育課程サードレベル
受講者からの声

〒107-8402
東京都港区赤坂4-1-26
国際医療福祉大学
東京赤坂キャンパス
看護生涯学習センター
TEL: 03‐5574‐3835(直通)
FAX: 03‐5574‐3836
Email: kango-center@iuhw.ac.jp