トップページ > センターのご案内 > ごあいさつ

ごあいさつ

センター長あいさつ

坪倉 繁美

国際医療福祉大学看護生涯学習センターは、平成17(2005)年に設立された看護分野のキャリアップや人材育成などの看護者を生涯にわたって学習支援する教育機関です。平成18(2006)年からは、日本看護協会認定看護管理者教育機関としての認定を受け、「ファーストレベル」を開講しました。現在は毎年「ファーストレベル」「セカンドレベル」「サードレベル」の3課程を開講しており、管理者として活躍できるエキスパートを多く輩出してきた実績を持ちます。現在、認定看護管理者は全国65教育機関で開講されていますが、中でも毎年3課程欠かさず継続して教育している機関は、本センターを含めて9か所あります。このように本センターは、管理者教育の積み重ねを経て充実した教育機関となってまいりました。

本センターの講師陣は、看護管理に造詣が深い講師を選んでいます。外部講師、併設している大学、大学院、研究所、病院、福祉施設など幅広い分野からの講師の協力を得ながら、講義や演習を行っています。管理者として学問的、実践面、両面から学べるようになっています。

また、多くの人材を送り出した実績と修了者の希望により、定期的に修了者向けの講演会やフォローアップの研修も行っています。この研修は、管理者としての研修を終えただけではなく、定期的に共に学んだ仲間と交流しながら、知的にも精神的にもより強いエネルギーを蓄えて現場に帰れることができるようにと企画しています。

受講者は、受講前から抱えていた戸惑いや困難な課題に対しても、保健医療の動向、経営、組織などについての講義や演習を通して、実践を再学習・再構築する機会となり、修了時には看護者としての新たな気概や覚悟が見いだせたなどの感想も多く聞かれます。

看護者ゆえに興せる保健医療の変革や改良は、社会システムにとっても重要な源泉であります。患者や家族にとっても、地域にとっても、看護者は貴重な人材であり、活力源であります。そのような社会からの期待を感じ得たという弾んだ修了者の姿に接するにつけ、実践者が変革を求めて段階的に学ぶ意義を実感する次第です。 今、看護の専門職として活躍している皆様の受講をお待ちしております。

平成30(2018)年4月吉日
国際医療福祉大学 看護生涯学習センター
センター長 坪倉 繁美

看護生涯学習センターの沿革

2005年
看護の質の向上および看護分野の人材育成、キャリアアップ支援を目的に設立
2006年6月
日本看護協会認定看護管理者教育機関としての認定を受け認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」開講
2007年9月
認定看護管理者教育課程「セカンドトレベル」開講
2009年4月
認定看護管理者教育課程「サードレベル」開講
2016年1月
認定看護管理者教育機関認定更新制度の導入に伴い、教育機関としての認定審査を受審し、3課程とも認定更新

事業内容

【看護管理者教育の充実】

認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」「セカンドレベル」「サードレベル」(年1回開催)

  • 詳細は当ホームページ「コースのご案内」「募集要項」をご参照ください。
  • 認定看護管理者教育課程を修了すると「修了証書」とともに、2014年度から学校教育法第105の規定に基づくプログラムであることを示した「履修証明書」を交付しております。

認定看護管理者教育課程修了者フォローアップ研修(年1回開催)

  • 認定看護管理者教育課程の3課程修了者を対象に、修了翌年度に開催しています。
  • 研修後の看護管理を振り返り、看護管理者の資質と意欲の向上および新しい知見を得ることを目的に開催しています。

看護生涯学習センター職員

坪倉 繁美 (センター長)
齋藤 訓子 (教育研修部長)
田村 立子 (教員)
志田 祐子 (教員)
中村 くに子 (教員)
小山 洋子 (事務職員)

認定看護管理者教育課程ファーストレベル 認定看護管理者教育課程セカンドレベル 認定看護管理者教育課程サードレベル

〒107-8402
東京都港区赤坂4-1-26
国際医療福祉大学
東京赤坂キャンパス
看護生涯学習センター
TEL: 03‐5574‐3835(直通)
FAX: 03‐5574‐3836
Email: kango-center@iuhw.ac.jp