トップページ > コースのご案内 > 認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」
コースのご案内
認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」

国際医療福祉大学看護生涯学習センターでは、2006年6月から認定看護管理者教育課程「ファーストレベル」を開講しました。認定看護管理者教育は、公益社団法人日本看護協会が看護管理者の質の向上を目的としたもので、当センターは日本看護協会の認定看護管理者教育機関の認定をうけて、教育を実施しています。本課程を修了すると「認定看護管理者教育課程ファーストレベル修了証書」とともに、学校教育法の第105条の規定に基づくプログラムであることを示した「履修証明書」を交付いたします。

平成30(2018)年度「ファーストレベル」研修受講開始にあたって

看護生涯学習センター長 坪倉 繁美

平成30(2018)年「ファーストレベル」研修の開講式を5月11日(金)に行い、新たに80名の受講者をお迎えいたしました。

本センターでの研修は、金曜日と土曜日の開講であり、足掛け5か月を要します。そのため受講者からは、職場を連続して長期に離れることもなく、また学んだことをすぐさま現場でトライヤルできるメリットを想定して本センターで学ぶことを決心したという感想が多かったです。

80名の受講者は、年齢も20歳代から50歳代、所属する施設の設置主体は国公立、医療法人、学校法人、その他の法人等、また施設の種類も病院をはじめ診療所、訪問看護ステーション、老人保健施設等、多種多様なバックグランドを持つ仲間であり同志であると実感し、互いに刺激しあい学びあうことについての期待もおおいに膨らんだようであります。

受講の契機になった事柄は、師長や主任などの役職にすえられながら看護管理について暗中模索している者、看護部長や上司から直接勧められた者、看護管理に興味を持ちマネジメントの職につきたいと思う者などであったが、一様に、地域において医療・看護の使命を果たしながら施設を良くしたい、それにはスタッフの質を上げ、働く環境を良くしたいなど、管理者としてのポジティブな思いが表明され、互いの意見を聞きながら奮い立つ気持ちになりました。

研修開始冒頭には「論理性」をもって管理者として説得・交渉にあたる力を身につけてほしいこと、「論理的な思考」を磨いてほしいことを申し上げた。

管理者として新たな挑戦を試みようとすると、周囲の期待と障壁の中で迷いが生じるだろう。それはコンフリクトやジレンマとなって自己の中でのせめぎあいが起きることも想定される。また挑戦するプロセスにおいてはいくつもの判断が必要となる。判断・決定するには、バランス感覚が必要である。バランス感覚は良きリーダー、尊敬されるリーダーの資質でもある。いずれの局面においても、論理性、論理的に考えることが重要である。感情的にならずバランス感覚を持って筋道を立てて周囲を説得・交渉することのためにも「論理性」、「論理的な思考」に一層の磨きをかけてほしいことを述べた。

高齢化に備え、看護や保健医療福祉の環境やシステムも目まぐるしく変化するにつけ、施設の立ち位置や看護のあり様も刻々と変化する時期、この「ファーストレベル」研修が看護管理者にとって有意義な研修となることを切に祈ります。

開催期間

2019年5月10日(金)~2019年7月27日(土)のうち22日間、金・土曜日主体、8月31日(土)

定員

80名

場所

国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス

教育目的

看護専門職として必要な管理に関する基本的な知識・技術・態度を習得する。

到達目標

  1. ヘルスケアシステムの構造と現状を理解できる。
  2. 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析できる。
  3. 看護管理者の役割と活動を理解し、これからの看護管理者のあり方を考察できる。

教育内容と時間数

教科目名 時間数
ヘルスケアシステム論 Ⅰ 15時間
組織管理論 Ⅰ 15時間
人材管理 Ⅰ 30時間
資源管理 Ⅰ 15時間
質管理 Ⅰ 15時間
統合演習 Ⅰ 15時間
105時間

(日本看護協会 認定看護管理者カリキュラム基準による)

受講申込受付期間

募集期間は終了しました。

受講要件

  1. 日本国の看護師の免許を有する者
  2. 看護師の資格取得後、実務経験が通算5年以上ある者
  3. 管理的業務に関心のある者

受講申込書類

提出書類は全てA4サイズに揃えてください。

  1. 看護師免許の写し
  2. 2019年度認定看護管理者教育課程ファーストレベル受講申込書(様式1)
  3. 小論文
    「自部署における看護管理上の課題について」述べなさい。800字程度
  4. 受講決定通知の返信用に封筒を準備ください。
    返信用封筒(長形3号)に住所・氏名を明記し、512円(一般書留用)の切手貼付したもの

費用

出願料: 10,000円(税込)

受講料: 195,000円(税込)(レポート審査、修了判定料含)

修了要件

次の1. 2. の要件をともに満たすこと

  1. 各教科目の所定時間数の各5分の4以上の出席
  2. 各教科目の担当講師がA~Dの4段階(A:80点以上、B:79~70点、C:69~60点、D:59点以下)で評価し、C以上を合格とする。

小論文の作成規定

  1. Wordソフトを使用する。
  2. 用紙は、A4用紙1枚とし、縦置き、横書きで作成する。
  3. 書式は、一行40字で作成する(所属施設名、職位、氏名は字数から除く)。
  4. 余白は、左2.5cm、上下1.0cm以上とする。
  5. フォントは11ポイント、数字・英字は半角、書体はMS明朝体とする。
  6. 表紙は不要である。所属施設、職位、氏名、テーマを明記する。
【記載例】  A4縦置き

認定看護管理者教育課程ファーストレベル


             所属施設
             氏名
テーマ「               」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(改行の際は1文字あける)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          (文字数○○字)

小論文の評価基準

  1. 論文テーマ
    (1)テーマにそった内容である。
    (2)自己の課題が明確である。
    (3)看護管理の視点で述べている。
  2. 課題への取り組み
    (1)現状把握及び分析が適切である。
    (2)具体的な方策を述べている。
  3. 論旨の一貫性
    (1)課題と方策に一貫性がある。
    (2)専門用語や概念の解釈が適切である。
  4. 表現力
    (1)誤字脱字がない。
    (2)文章表現が適切である。
    (3)倫理的配慮の記述が適切である。
    (4)規定にそって記述されている。

受講申込方法

  1. 受講申込書類を申込期間中に郵送にてお申し込みください。
  2. 施設内複数名の申込の場合、各所定用紙および、返信用封筒は個人ごとに同封願います。
  3. 申込書類は、国際医療福祉大学看護生涯学習センターホームページ「募集要項」からダウンロードできます。
  4. 出願料の振り込みは、出願者本人氏名としてください。振り込み手数料は、ご負担ください。
  5. 出願料振込金の領収証(原本、コピー不可)は、申込書の裏に添付してください。
  6. 振り込みが確認できない場合は、申し込みは受理できません。
  7. 提出書類は記載内容を確認の上、申込期間中に郵便物の送達経過がわかる「一般書留」で申し込みください。

受講料の支払い方法

受講料の振込先と振込期日は、受講決定通知書に記載いたします。
尚、出願料、受講料の返還はいたしません。

受講申込書類送付先・問い合わせ先

〒107-8402
東京都港区赤坂4-1-26 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス 7階
国際医療福祉大学看護生涯学習センター 認定看護管理者教育課程担当
TEL:03‐5574‐3835 FAX:03‐5574‐3836
認定看護管理者教育課程ファーストレベル 認定看護管理者教育課程セカンドレベル 認定看護管理者教育課程サードレベル
保健師助産師看護師実習指導者講習会
受講者からの声

〒107-8402
東京都港区赤坂4-1-26
国際医療福祉大学
東京赤坂キャンパス
看護生涯学習センター
TEL: 03‐5574‐3835(直通)
FAX: 03‐5574‐3836
Email: kango-center@iuhw.ac.jp