大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

教員情報

飯室 聡

飯室 聡
(いいむろ さとし)教授

医学研究科 公衆衛生学専攻
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

東京大学医学部保健学科および医学科卒業。
同大学院医学系研究科内科学専攻卒業。
東京大学医学部附属病院、大宮赤十字病院、北里大学病院循環器内科勤務の後、東京大学大学院医学系研究科生物統計学教室助教、東京大学医学部附属病院臨床研究支援センター助教、東京女子医科大学先端生命医科学研究所准教授、帝京大学臨床研究センター教授。
2019年4月より国際医療福祉大学未来研究支援センター副センター長。
2020年4月より同大学院医学研究科公衆衛生学専攻を兼任。

学位

博士(医学)(東京大学)

専門分野

疫学研究、研究データ品質管理、循環器病学

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/bachgavotto2267


<代表論文>
1. Iimuro S, Ohashi Y, Fujita R, Daida H, Shimokawa H, Kimura T, Nagai R et al. High-Dose Versus Low-Dose Pitavastatin in Japanese Patients With Stable Coronary Artery Disease (REAL-CAD): A Randomized Superiority Trial. Circulation. 2018 May 8;137(19):1997-2009.
2. Iimuro S, Ohashi Y, Hishida A; Chronic Kidney Disease Japan Cohort Study Group. Clinical correlates of ambulatory BP monitoring among patients with CKD. Clin J Am Soc Nephrol. 2013 May;8(5):721-30.
3. Iimuro S, Ohashi Y, Hishida A; Chronic Kidney Disease Japan Cohort Study Group. Hyperbaric area index calculated from ABPM elucidates the condition of CKD patients: the CKD-JAC study. Clin Exp Nephrol. 2015 Feb;19(1):114-24.
4. Iimuro S, Ohashi Y, Hishida A; Chronic Kidney Disease Japan Cohort Study Group. Analysis of 2897 hospitalization events for patients with chronic kidney disease: results from CKD-JAC study. Clin Exp Nephrol. 2019 Apr 9.
5. Iimuro S, Ohashi Y, Ito H; Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Study Group. Dietary pattern and mortality in Japanese elderly patients with type 2 diabetes mellitus: does a vegetable- and fish-rich diet improve mortality? An explanatory study.Geriatr Gerontol Int. 2012 Apr;12 Suppl 1:59-67.
6. Iimuro S, Nagai R et al. Angiogenic effects of adrenomedullin in ischemia and tumor growth. Circ Res. 2004 Aug 20;95(4):415-23.

連絡先

  • <入試に関するお問い合わせ>
  • E-mail:
    sph@iuhw.ac.jp(事務局宛メールアドレス)

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )