大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 加藤 康幸

教員情報

加藤 康幸

加藤 康幸
(かとう やすゆき)教授

医学研究科 公衆衛生学専攻
所属キャンパス: 成田キャンパス

略歴

千葉大学医学部医学科卒業
Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health Master of Public Health

前国立国際医療研究センター国際感染症対策室医長
厚生科学審議会専門委員、国際緊急援助隊感染症対策チーム作業部会員
東北大学大学院医学系研究科・富山大学医学部非常勤講師

日本内科学会総合内科専門医、日本感染症学会専門医・指導医、日本臨床寄生虫学会評議員

学位

公衆衛生学修士(専門職)

専門分野

感染症内科学、熱帯医学、旅行医学、感染制御学

担当科目

感染症学、国際感染症学

大学院入学希望者に望むこと

感染症対策は疫学、微生物学、臨床医学、感染制御学、文化人類学などの多様な視点から取り組むことが求められています。将来、医療や公衆衛生の実務家として、皆さんが活躍できるように指導します。すでにこの分野で仕事をしている方に限らず、医療系以外の経歴をお持ちの方も歓迎します。

自身の研究テーマ

熱帯感染症の予防・診断・治療、高病原性感染症の制御、感染症対策史

研究業績

<代表論文>

  1. 1. Nakamura-Uchiyama F, Katanami Y, Kikuchi T, Takaya S, Kutsuna S, Kobayashi T, Mizuno Y, Hasegawa T, Koga M, Yoshimura Y, Hasegawa C, Kato Y, Kimura M, Maruyama H. Retrospective observational study of the use of artemether-lumefantrine in the treatment of malaria in Japan. Travel Med Infect Dis 2018;22:40-45
  2. 2. Rojek A, Carson G, Kato Y, Horby PW, Leblebicioglu H. Viral hemorrhagic fevers. In: Cohen J, Powderly WG, Opal SM (eds). Infectious Diseases 4th ed.: Elsevier, 1110-1118, 2017
  3. 3. Toyokawa T, Hori N, Kato Y. Preparedness at Japan’s hospitals designated for patients with highly infectious diseases. Health Secur 2017;15:97-103
  4. 4. Matono T, Kato Y, Morita M, Izumiya H, Yamamoto K, Kutsuna S, et al. Case series of imported enteric fever at a referral center in Tokyo, Japan: Antibiotic susceptibility and risk factors for relapse. Am J Trop Med Hyg 2016;95:19-25
  5. 5. Brett-Major DM, Jacob ST, Jacquerioz FA, Risi GF, Fischer WA 2nd, Kato Y, et al. Being ready to treat Ebola virus disease patients. Am J Trop Med Hyg 2015;92:233-237

連絡先

  • <入試に関するお問い合わせ>
  • TEL:03-5574-3900(代表)
  • E-mail:
    sph@iuhw.ac.jp(事務局宛メールアドレス)

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )