大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 石川 幸伸

教員情報

石川 幸伸

石川 幸伸
(いしかわ ゆきのぶ)准教授

保健医療学専攻 言語聴覚分野
所属キャンパス: 大川キャンパス

略歴

【学歴】
国際医療福祉大学保健学部言語聴覚学科 卒業(2004)
国際医療福祉大学大学院 修士課程 修了(2006)
国際医療福祉大学大学院 博士課程 修了(2013)

【職歴】
国際医療福祉大学 にしなすの総合在宅ケアセンター(2004.5~2006.3)
国際医療福祉大学三田病院(2006.4~2014.3)
国際医療福祉大学 福岡保健医療学部(2014.4~)

学位

博士(保健医療学)国際医療福祉大学

専門分野

失語症
高次脳機能障害学
音声障害

自身の研究テーマ

失語症における言語性保続に関する研究
失語症における語産生に関する研究
無喉頭音声に関する研究
無喉頭者の日常生活に関する研究

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/ishikawa19811011


【論文】
A Questionnaire to Assess Phonation and Problems in Daily Living for Provox (R) Voice Prosthesis Users in Japan. Ishikawa Yukinobu, Yanagi Yukiko, Suzuki, Michi Konomi Ujimoto ,INDIAN JOURNAL OF OTOLARYNGOLOGY AND HEAD & NECK SURGERY 2020年1月
A questionnaire to assess olfactory rehabilitation for laryngectomized patients (Provox voice prosthesis users) in Japan. Ishikawa Y, Yanagi Y, Suzuki M, Konomi U. Auris, nasus, larynx 45(5) 1080 - 1085 2018年10月
失語症患者における言語性保続の発生に関係する要因の検討.高次脳機能研究2015;35(3)325-331(日本高次脳機能障害学会 第19回長谷川賞 受賞論文)

【競争的資金等の研究課題】
喉頭がん、下咽頭がんにより喉頭摘出術を受けた患者に対する嗅覚向上プログラムの開発 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究 2019-
日本科学協会 海外発表促進助成 2005年
【Yukinobu ISHIKAWA, Yukiko YANAGI et al,:Relation between verbal perseveration and naming ability in aphasia. Asia Pacific Conference of Speech, Language and Hearing in Gangzou.(Best Presentation Award受賞)】

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )