大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 前新 直志

教員情報

前新 直志

前新 直志
(まえあら なおし)教授

保健医療学専攻 言語聴覚分野
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

・兵庫教育大学大学院学校教育研究科障害児教育講座(修士)修了
・新潟大学大学院医歯学総合研究科顎顔面機能学分野(博士)修了
・新潟大学歯学部附属病院第二口腔外科言語治療室
・日本音声言語医学会評議員
・日本吃音・流暢性障害学会プログラム委員長

学位

博士(歯学)新潟大学

専門分野

・吃音・流暢性障害
・小児構音障害

担当科目

・発声発語・嚥下障害学講義(修士)Ⅰ・Ⅱ
・発声発語・嚥下障害学演習(修士)Ⅰ・Ⅱ
・発声発語・嚥下障害学研究指導(修士)Ⅰ~Ⅳ

研究指導テーマ

・発話流暢性障害の基礎と臨床に関する研究
・他疾患を重複する流暢性障害の基礎的研究

大学院入学希望者に望むこと

・健康管理
・「話す」という行動を“当たり前”の現象と思わずに、サイエンスとしての観点と知的好奇心をもって向き合って下さい。

自身の研究テーマ

・他疾患を併発する吃音症への支援方法に関する研究
・側音化構音出現時における舌後方舌縁部の構音圧に関する基礎的研究
・歪み音(異常構音)に対する効果的な治療技法に関する研究

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0064351


  • 標準言語聴覚障害学 言語聴覚障害学概論 第2版(分担);医学書院(2019)
  • 標準言語聴覚障害学 発声発語障害学 第2版(分担);医学書院(2018)
  • クラタリング早口言語症 特徴・診断・治療の最新知見(分担);学苑社(2018)
  • Self-cognition of children who stutter coexistent with developmental disorders and significance of therapeutic intervention(2019)
  • Treatment approach for two children with coexisting stuttering and articulation/phonological and developmental disorder(2018)
  • 小児吃音症への効果的な治療介入法の検証(2018)
  • 発達障害の疑いがある吃音幼児へのリッカムプログラム適用効果(2018)
  • 側音化構音出現時における舌側面の動態メカニズム(2018)

連絡先

  • TEL:0287-24-3058
  • E-mail:
    maeara@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )