大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 藤田 郁代

教員情報

藤田 郁代

藤田 郁代
(ふじた いくよ)教授

保健医療学専攻 言語聴覚分野、医療福祉教育・管理分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

広島大学文学部卒業。東京大学医学博士。
国立身体障害者リハビリテーションセンター付属学院言語聴覚学科修了。
国立身体障害者リハビリテーションセンター病院・言語聴覚士、同学院言語聴覚学科・講師を経て、本学言語聴覚学科教授、本学大学院教授。
日本高次脳機能障害学会理事・第36回学会長、日本神経心理学会名誉会員、日本音声言語医学会顧問、日本言語聴覚士協会前会長、「言語聴覚研究」編集委員長などを務める。専門は、言語聴覚障害学、神経心理学、高次脳機能障害学。

学位

博士(医学) 東京大学

専門分野

言語聴覚障害学
失語症学、高次脳機能障害学、発達神経心理学

担当科目

言語聴覚障害学講義(修士)Ⅰ・Ⅱ
言語聴覚障害学演習(修士)Ⅰ・Ⅱ
言語聴覚障害学研究指導(修士)Ⅰ~Ⅳ
言語障害学講義(博士)
言語障害学演習(博士)
言語障害学研究指導(博士)Ⅰ~Ⅲ

研究指導テーマ

①失語症の病態と回復に関する研究
②認知症・高次脳機能障害の病態とリハビリテーションに関する研究
③健常高齢者の認知・コミュニケーションに関する研究
④小児の認知・言語に関する発達神経心理学的研究
⑤言語聴覚士の養成教育に関する研究

大学院入学希望者に望むこと

臨床における疑問や課題を科学的に探究する研究技能を身につけましょう。

自身の研究テーマ

  • 失語症の語彙・統語機能の病態と回復メカニズム 
  • 認知症の言語・コミュニケーションの問題への対応
  • パーキンソン病などの神経運動障害の高次脳機能
  • 言語聴覚士養成教育の理論と技法

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0207647


最近の論文
藤田郁代:失語症における統語理解障害から見た言葉の仕組み.神経心理学、32(2):144-154,2016
藤田郁代:進行性失語の評価と介入.音声言語医学(印刷中)
佐藤妙子藤田郁代、橋本律夫:アルツハイマー病患者における呼称能力の検討.言語聴覚研究、61~67,2016
石川幸伸、藤田郁代:失語症患者における言語性保続の発生に関係する要因の検討.高次脳機能研究、35(3);325-331,2015
藤田郁代:統語障害-日本語の失文法-、高次脳機能研究.33(1):1~11,2013
藤田郁代:失語症言語治療のパラダイムシフト.神経心理学、28(1):8~16,2012
小森則代、藤田郁代、橋本律夫:筋萎縮側索硬化症における言語障害-書字機能の検討.神経心理学、28(3):215~222.2012
藤田郁代:言語聴覚士教育における臨床教育の現状と課題.言語聴覚研究、8(3):8~16,2011
藤田郁代:Wernicke領域の障害と左右差. Clinical Neuroscience,29(6):681~683,2011
秦若菜、藤田郁代:Wernicke失語症例における格助詞と動詞の接尾辞の処理.高次脳機能研究、31(2):430~438,2011
Ihara H & Fujita I: On the production of irrelevant argument structure in agrammatism. Brain & Language,84:273~285,2003

最近の著作
藤田郁代(編・著):標準言語聴覚障害学;失語症学.医学書院、2015
藤田郁代(編・著):標準言語聴覚障害学;高次脳機能障害学.医学書院、2015
藤田郁代(編・著):標準言語聴覚障害学;言語聴覚学外学概論.医学書院、2009
藤田郁代:統語機能の評価と訓練、図解言語聴覚療法技術ガイド.266~270,2015

検査作成
藤田郁代:「新版 失語症構文検査」 千葉テンスとセンター、2016年6月
藤田郁代:「新版 構文検査-小児版-」 千葉テストセンター、2016年6月
藤田郁代、物井寿子、奥平菜穂子、他:失語症語彙検査.エスコアール、2000年9月

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )