大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 北島 栄二

教員情報

北島 栄二

北島 栄二
(きたじま えいじ)教授

保健医療学専攻 作業療法学分野
所属キャンパス: 大川キャンパス

略歴

<学歴>
長崎大学 医療技術短期大学部 作業療法科 卒業、佐賀大学大学院 医学研究科 医科学専攻 修士課程 修了、長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 博士課程 修了
<職歴>
作業療法士。臨床、教育、介護実習普及センター専門相談員を経て、厚生労働省福祉用具・住宅改修指導官として勤務。その後、国際医療福祉大学准教授を経て、H24年3月から長崎大学産学官連携戦略本部准教授として、斜面地の移動困難者を支援する機器開発に従事。H28年4月から現職(H30年4月から長崎大学客員教授)。

学位

博士(医学)長崎大学

専門分野

作業療法学

研究指導テーマ

①福祉用具の利用満足度
②医療と介護の連携における福祉用具提供のあり方
③福祉用具利用効果の検証

自身の研究テーマ

福祉用具の利用満足度
住環境整備の実態
産学連携による福祉用具の開発
医療と介護の連携における福祉用具提供のあり方
介護ロボットのニーズ・シーズ調査ならびに介護技術開発支援
文科省科研費 基盤研究(C)(平成30年度~平成32年度)「シルバーカーから歩行車への変更が要介護高齢者の身体活動量に及ぼす効果」
文科省科研費 基盤研究(C)(平成27年度~平成29年度)「高齢者施設における歩行補助具の使用実態と満足度に関する調査研究」
(一社)日本作業療法士協会、平成29年度介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル事業(厚生労働省委託事業)
公益財団法人LIXIL住生活財団 2014年度 調査研究助成「高齢者の階段昇降を支援する電動手すりの開発」
公益財団法人LIXIL住生活財団 2016年度 調査研究助成「産学官連携による高齢者の階段昇降を支援する電動手すりの開発」

研究業績

<学会発表>
  • Eiji Kitajima ,et.al, Comparison of the Balance Ability of the Elderly Using Walkers/Shopping Carts and Outpatient Care Facilities ,The 1st Asia Pacific Occupational Therapy Symposium (APOTS 2017,October 20th -22nd, 2017 in Taoyuan)
  • 北島栄二:第51回 日本作業療法学会,「高齢者の階段昇降を支援する電動手すりの開発-斜面市街地の住民参加の効果検証と反復設計-」,2017.9.22
  • 北島栄二,第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会(WFOT Congress 2014),斜面市街地の外出を支援する階段道昇降アシスト手すりの開発,2014.06.20
<論文>
  • Actual use of and satisfaction with rollators and ‘shopping carts’ among frail elderly Japanese people who use day-service facilities,Disability and Rehabilitation: Assistive Technology,Published online: 06 Apr 2016
<著書>
  • 生活環境学テキスト (シンプル理学療法学・作業療法学シリーズ),細田 多穂 (監修),北島 栄二 他 (編集),南江堂

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )