大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 平野 大輔

教員情報

平野 大輔

平野 大輔
(ひらの だいすけ)講師

保健医療学専攻 作業療法学分野
所属キャンパス: 小田原キャンパス

略歴

教育歴
国際医療福祉大学保健学部作業療法学科 学士(作業療法学)
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科 修士(保健医療学)
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科 博士(保健医療学)
職歴
国際医療福祉リハビリテーションセンターなす療育園 作業療法士
国際医療福祉大学小田原保健医療学部作業療法学科 助教

学位

博士(保健医療学)国際医療福祉大学
修士(保健医療学)国際医療福祉大学
学士(作業療法学)国際医療福祉大学

専門分野

小児の作業療法
重症心身障害児・者の療育
機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いた脳機能計測

担当科目

作業療法研究の動向
作業活動分析学講義[修士]Ⅰ(基礎)
作業活動分析学講義[修士]Ⅱ(応用)
作業活動分析学演習[修士]Ⅰ(基礎)
作業活動分析学演習[修士]Ⅱ(応用)
作業活動支援学講義[修士]Ⅰ(原著購読基礎)
作業活動支援学講義[修士]Ⅱ(原著購読応用)
作業活動支援学演習[修士]Ⅰ(グループ演習基礎)
作業活動支援学演習[修士]Ⅱ(グループ演習応用)
作業活動分析学講義(博士)
作業活動分析学演習(博士)
作業活動支援学講義(博士)
作業活動支援学演習(博士)

研究指導テーマ

重症心身障害児・者の療育に関する研究
機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いた研究
作業活動の治療的意味・効果に関する研究

大学院入学希望者に望むこと

臨床に役立つ研究を行っていきたいと考えております。

自身の研究テーマ

重症心身障害児・者の療育に関する研究
機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いた研究
作業活動の治療的意味・効果に関する研究

研究業績

Huang F, Hirano D, Taniguchi T.: A comparison of the cortical activation in an added-purpose task versus a single-purpose task for upper limbs: A near-infrared spectroscopy study. Journal of Physical Therapy Science 27 (12), 3891-3894, 2015.
Monden Y, Dan I, Nagashima M, Dan H, Uga M, Ikeda T, Tsuzuki D, Kyutoku Y, Gunji Y, Hirano D, Taniguchi T, Shimoizumi H, Watanabe E, Yamagata T.: Individual classification of ADHD children by right prefrontal hemodynamic responses during a go/no-go task as assessed by fNIRS. NeuroImage: Clinical 9, 1-12, 2015.
Hirano D, Minagawa C, Umehara S, Hayashi K, Onose Y, Sekimori H, Taniguchi T, Komachi Y, Shimoizumi H, Niida T.: Processes and effects of correction with eyeglasses in a child with severe motor and intellectual disabilities: A case report. Clinical Case Reports and Reviews 1(8), 179-181, 2015.
Hirano D, Taniguchi T.: Application of eye-tracker to individuals with Rett syndrome: A systematic review. International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation 3(4), 1000292, 2015.
Hirano D, Hayashi K, Onose Y, Ishii M, Miyauchi M, Sekimori H, Taniguchi T, Shimoizumi H, Niida T.: Fixation duration changes in Rett syndrome after habilitation intervention. International Journal of Physical Medicine & Rehabilitation 3(3), 1000271, 2015.

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )