大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 大熊 由紀子

教員情報

大熊 由紀子

大熊 由紀子
(おおくま ゆきこ)教授

医療福祉経営専攻 医療福祉ジャーナリズム分野
所属キャンパス:東京赤坂キャンパス

略歴

東京大学教養学部で科学史・科学哲学を専攻。卒業後、朝日新聞社に入社。社会部記者、科学部記者、科学部次長等を経て、1984年から17年間論説委員として医療・福祉・科学分野の社説を担当。(朝日新聞社医療福祉担当論説委員、大阪大学大学院人間科学研究科教授、日本福祉大学客員教授、佛教大学社会福祉学部客員教授、東京大学医学部非常勤講師、東京医科歯科大学非常勤講師を歴任)。

学位

教養学士

専門分野

医療福祉ジャーナリズム論
ボランティア人間科学
医療福祉国際比較論
医療福祉倫理学

担当科目

医療福祉ジャーナリズム特論
現場に学ぶ医療福祉倫理

研究指導テーマ

「自宅での安らかな死を実現する制度の提案」
「医療事故が起きないためのシステムを日本で構築するために」
「尊厳ある認知症ケアの具体的な方策」
「日本の現場とデンマークの地域包括ケアを比較して提言する」
etc.大学院生が取り組もうとしている幅広いテーマを全面的に支援してきました。

大学院入学希望者に望むこと

人々の幸せのために社会に向かって提言したい、知らせたいという明確なテーマと情熱をもっていること。多角的、多面的な掘り下げた調査、インタビューによって真実に迫る努力をいとわないこと。

自身の研究テーマ

福祉と医療、現場と政策のあいだに横たわっている文化や人脈の壁を超えて、人々をつなぎ、すべての人が誇りをもって暮らせる社会をつくりあげること。そのために、著書、研究論文だけでなく、18ヶ国6000人をつなぐネットワークをつくり、ホームページ(http://www.yuki-enishi.com/) 、フェイスブックなどの新しいメディアも活用する方法を試行しています。

研究業績

<著書>
『「寝たきり老人」のいる国いない国-真の豊かさへの挑戦』(ぶどう社) 31刷
『福祉が変わる医療が変わる~日本を変えようとした70の社説+α』(ぶどう社)8刷
『恋するようにボランティアを-優しき挑戦者たち』(ぶどう社)4刷
『患者の声を医療に生かす』(医学書院)4刷
『誇り・味方・居場所~私の社会保障論』(ライフサポート社)3刷
『物語・介護保険~いのちの尊厳のための70のドラマ~』(岩波書店)6刷

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )