大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 仲田 栄子

教員情報

仲田 栄子

仲田 栄子
(なかた えいこ)准教授

保健医療学専攻 放射線・情報科学分野
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

新潟大学遺伝子実験施設 (非常勤技術補佐員)
The University of Texas MD ANDERSON CANCER CENTER Experimental Radiation Oncology 研究留学
東北大学COE研究員(RA)
東北大学先進医工学研究機構(助教)
東北大学医学部保健学科(助教)
東北大学大学院医学系研究科保健学専攻(助教)
山形大学医学部(非常勤講師)
法務省 法務技官

学位

茨城大学、東北大学医療技術短期大学 学士(理学)、準学士
茨城大学大学院理学研究科 修士(理学)
東北大学大学院医学系研究科 博士(医学)

専門分野

放射線生物・放射化学分野

担当科目

保健物理学・放射線防護学講義
医用画像学演習[修士]Ⅰ・Ⅱ
医用画像学研究指導[修士]Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
放射線治療学講義[博士]
放射線治療学演習[博士]
放射線治療学研究指導[博士]Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

研究指導テーマ

①超音波診断装置を用いた病態発見システムの構築
②自然放射線の年間変動に関する研究
③細胞の放射線増感作用に関する研究

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/e-nakata


【著書】
診療放射線技師 マスター・テキスト・下巻『放射線治療に必要な放射線生物学』2008 ISBN978-4-7583-0686-7 メディカルビュー社

【特許】
発明の名称:体内埋め込み型リアルタイム式マイクロ線量計装置ならびに測定方法 特願:2004-188332 特開:2006-010516  出願日 2004.6.25 出願者:山田章吾、石井慶造、菊池洋平、仲田栄子 特許取得:特許第3950977号 2007年5月11日

【論文 英文】
Uma Raju,Eiko Nakata, Peiying Yang, et al. In vitro enhancement of tumor cell radiosensitivity by selective inhibitor of cyclooxygenase-2 enzyme: Mechanistic Considerations. Int.J. Radiation Oncology Biol Phys. 54.3.886-894 2002
Raju U, Nakata E, Mason KA, et al. Flavopiridol,a Cyclin-dependent Kinase Inhibitor, Enhances Radiosensitivity of Ovarian Carcinoma Cells. CancerReserch.Jun15:63(12):3236-3267.2003
Eiko Nakata, Kathryn A. Mason, et al, Potentiation of tumor response to radiation or chemoradiation by selective cyclooxygenase-2 enzyme inhibitors. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2004 Feb 1;58(2):369-75. Eiko Nakata, Nancy Hunter, Kathy Mason, et al, C225 antiepidermal growth factor receptor antibody enhances the efficacy of docetaxel chemoradiotherapy. Int. J. Radiation Oncology Biol. Phys.,59:4.1163-1173, 2004
Uma Raju, Hisanori Ariga, Klaus Dittmann, et al. Inhibition of DNA repair as a mechanism of enhanced radiatesponse of head and neck carcinoma cells by a selective cyclooxygenase-2 inhibitor, Celecoxib. Int. J. Radiation Oncology Biol. Phys.,63:2.520-528, 2005
Eiko Nakata, Masakazu Fukushima, Yoshihiro Takai, et al, S-1, an oral fluoropyrimidine, enhances radiation response of DLD-1/FU huan colon cancer xenografts resistant to 5-FU. Oncology Reports 16: 465-471, 2006. 他

【論文 邦文】
山田章吾、仲田 栄子、高井良尋. 他 放射線治療におけるリアルタイム式体内埋め込み型放射線測定システムの開発INNERVISION 20(8): 32, 2005.
仲田 栄子 -平成17年度 放射線影響協会奨励賞 御園生賞 -多剤併用科学放射線療法の治療効果に関する研究 東北医誌118:79-80, 2006
仲田 栄子、四竈樹男、神崎壽夫、他 放射線治療事故防止のための体内埋め込み型リアルタイム式無線マイクロ線量計の開発. 医学物理 27;174-175, 2007
仲田 栄子、高井良尋、小川芳弘 他 ヒト大腸癌株(DLD/1)においてCapecitabine(Xeloda)と2-methoxyestadiol(2-ME2, Panzem)を用いた化学放射線療法が及ぼす抗腫瘍効果についての基礎的検討.  放射線生物研究 45(1), 88-95, 2010 他

【総説】
仲田 栄子.分子標的薬剤と放射線を用いた新しい癌治療についての基礎的研究 東北大学医学部保健学科紀要 第13巻 第2号, 176-177, 2004
仲田 栄子、高井良尋、Luka Milas,山田章吾.分子標的治療薬を用いた化学放射線療法への期待~in vivo, in vitroでのpreclinical experiment 放射線生物研究 40(1), 2005, 26-43
仲田 栄子 平成17年度 放射線影響協会奨励賞御園生賞研究の概要 ~多剤併用科学放射線療法の治療効果に関する研究 放影協ニュース 48, 2006
仲田 栄子、高井良尋、根本建二、他 分子標的薬剤による増感-selective COX-2 inhibitor 癌の臨床 第52巻 第1号 47-51 2006
亀岡淳一、塩飽仁、町田好男、他. 東北大学保健学科の授業改善への取り組み―学生による授業評価とFaculty Developmentの実施を中心として― 東北大学医学部保健学科紀要 第20巻 第2号 69-80 2011年 他

【学会】 E.Nakata; Raju,Uma; Hunter,Nancy; et al,. C225 anti-EGFR (epidermal growth factor reseptor)antibody enhances the efficacy of docetaxel chemoradiotherapy. American Society for Therapeutic Radiation and Oncology(ASTRO) .Oct.19-23, 2003. Salt Lake City
Eiko Nakata, Masakazu Fukushima, Yoshihiro Takai, et al.. Synergistic Antitumor Effects of S-1, a derivative of 5-FU, in Combination with Radiation on a 5-FU Resistant Human Colon Cancer Xenograft. American Association of Cancer Research (AACR) Mar. 27-31, 2004. Orange County Convention Center, Orlando Florida
Eiko Nakata, Theresa LaVallee, Yoshihiro Takai,et al. The combination of 5-flurouracil (5-FU) and 2-methoxyestradiol enhance the antitumor activity of radiation in vivo in a murine colon cancer model. American Association of Cancer Research (AACR).96th Annual Meeting. Apr. 16-20, 2005. Anaheim
Eiko Nakata, Masakazu Fukushima, Yoshihiro Takai, et al.Enhancement of antitumor effects in vivo by the combination therapy with S-1, Oxaliplatin and XRT on a 5-FU resistant human colon cancer xenografts. American Association of Cancer Research (AACR).Apr. 1-5, 2006. Washington, DC
鈴木光昭、山下(仲田)栄子、永井鑑、小川俊治 DWIBS(ドィブス)検査~3.0T MRIでできること~ 第66回日本矯正医学会 10/24-25, 2019 東京 他

【講演】
仲田 栄子.分子標的薬剤を使ったChemoradiotherapyのPreclinical experiment ~ EGFR antibody 、 COX-2 inhibitorと放射線併用の抗腫瘍効果、メカニズムについて
仲田 栄子 (招待講演)放射線と抗癌剤の併用療法に関する生物学的研究. 放射線がん治療の向上に資する生物学的研究専門部会 京都大学原子炉実験所専門研究会 10/17-10/18, 2009. 京都大学原子炉実験所
仲田 栄子、高井良尋、根本建二、山田章吾. 分子標的薬剤による増感 第35回放射線による制癌シンポジウム~基礎と臨床との対話~7/15, 2005. 東京 他

【競争的研究資金】
基盤研究(C) 体内埋め込み型無線式リアルタイムマイクロ線量計の開発-放射線治療事故防止への応用3,800千円 2007/04/01-2010/03/31
新学術領域研究(研究課題提案型) 電気刺激による腫瘍血流制御を応用した新癌治療法の開発-放射線・化学療法との併用 26,020千円 2009/04/01-2012/03/31

【外部研究資金】
5-FU Prodrug Capecitabineと血管新生阻害剤Panzemを併用させた化学放射療法における抗腫瘍効果の基礎検討 Entremed,INC (U.S.A)$10,500 2004年8月採択
ヒト大腸癌株DLD-1(5-FU感受性株)およびDLD-1(5-FU抵抗性株)に対するS-1/XRT併用療法の検討 大鵬薬品工業株式会社 5,000千円 2004年8月 採択
ヒト大腸癌株DLD-1(5-FU感受性株)およびDLD-1(5-FU抵抗性株)に対するS-1/XRT併用療法の検討 大鵬薬品工業株式会社 3,000千円 2005/10/01-2007/09/30
癌の放射線治療に於ける増感剤の基礎的検討 大鵬薬品工業株式会社 5,000千円 2007/09/01-2009/08/31

【受賞歴】
第10回放射線影響協会奨励賞(御園生賞)2006.3.17 『多剤併用化学放射線療法の治療効果に関する研究』
Young Investigator Award 東北大学21世紀COE 2007.1.7-9 『Implantable Real Time Micro Dosimeter System』

連絡先

  • E-mail:
    e-nakata@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )