大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 水戸部 優太

教員情報

水戸部 優太

水戸部 優太
(みとべ ゆうた)講師

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

<学歴>
新潟医療福祉大学 医療技術学部 看護学科卒業 看護学(学士)(2010.3)
Tennessee Tech University FLS international(2013.4-2014.3)
新潟大学大学院 保健学研究科 博士前期課程 保健学(修士)(2015.4-2017.3)
新潟大学大学院 保健学研究科 博士後期課程 保健学(博士)(2017.4-2020.3)

<職歴>
北里大学病院 救命救急センター/ICU・CCU(2010.4-2013.3)
新潟医療福祉大学 健康科学部看護学科 助手(2014.4-2018.3)
帝京大学 医療技術学部 看護学科 助教(2018.4-2020.3)
国際医療福祉大学大学院 周麻酔期看護学領域 (2020.4~)

学位

保健学博士(新潟大学)

専門分野

集中治療看護学、周麻酔期看護学

担当科目

高度実践臨床病態生理学
麻酔支援看護に関する科目講義(修士)Ⅰ
麻酔支援看護に関する科目講義(修士)Ⅲ
麻酔支援看護に関する科目演習(修士)Ⅱ
麻酔支援看護実習(通期)
麻酔支援看護に関する科目講義(修士)Ⅱ
麻酔支援看護に関する科目演習(修士)Ⅰ
麻酔支援看護に関する科目演習(修士)Ⅲ

研究指導テーマ

①周手術期における栄養評価
②周手術期における体温評価
③周手術期における運動機能評価

大学院入学希望者に望むこと

周麻酔期看護に関する探究心を持ち、学習や研究で得られた成果を臨床でいかしていただきたい。 関心がある方は気軽に連絡ください。

自身の研究テーマ

・集中治療を受ける患者の腹部CT画像を用いた研究
・吸入器デバイスにおける微生物汚染に関する研究
・がんサバイバーの運動に関する研究
・肝疾患患者のサルコペニアに関する研究

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/y.mitobe


【論文】 
1)Optimal Skeletal Muscle Mass Index Cut-Off Values for Presarcopenia Evaluated by Computed Tomography against Dual-Energy X-ray Absorptiometry in Patients with Chronic Liver Disease Kazuki Ohashi, Toru Ishikawa, Asami Hoshii, Tamaki Hokari, Hirohito Noguchi, Mitsuyuki Suzuki, Hiroshi Hirosawa, Michitaka Imai, Yuta Mitobe, Toshiaki YoshidaJournal of Clinical Medicine 10(7) 1419 - 1419 2021年4月1日
2)Effect of levocarnitine administration in patients with chronic liver disease Kazuki Ohashi, Toru Ishikawa, Asami Hoshii, Tamaki Hokari, Mitsuyuki Suzuki, Hirohito Noguchi, Hiroshi Hirosawa, Fujiko Koyama, Miki Kobayashi, Shiori Hirosawa, Kaede Sugiyama, Yuta Mitobe, Toshiaki Yoshida.Experimental and Therapeutic Medicine 20(5) 1 - 1 2020年9月16日
3)Skeletal Muscle Index at Intensive Care Unit Admission Is a Predictor of Intensive Care Unit-Acquired Weakness in Patients With Sepsis.Mitobe Y,Morishita S,Ohashi K,Sakai S,Uchiyama M,Abeywickrama H,Yamada E,Kikuchi Y,Nitta M,Honda T,Endoh H,Kimura S,Sakano S,Koyama YJournal of clinical medicine research 11(12) 834-841 2019年12月
4)Efficacy of Physical Activity in Prevention of Muscle Weakness in Patients With Chronic Liver Disease.Ohashi K,Ishikawa T,Hoshii A,Hokari T,Suzuki M,Mitobe Y,Yamada E,Abeywickrama HM,Kikuchi Y,Noguchi H,Hirosawa H,Koyama Y.Journal of clinical medicine research 11(10) 711-719 2019年10月
5)Differences in Balance Function Between Cancer Survivors and Healthy Subjects: A Pilot Study.Morishita S,Mitobe Y,Tsubaki A,Aoki O,Fu JB,Onishi H,Tsuji T.Integrative cancer therapies 17(4) 1144-1149 2018年12月
6)Relationship Between Sarcopenia and Both Physical Activity and Lifestyle in Patients With Chronic Liver Disease.Ohashi K,Ishikawa T,Hoshi A,Suzuki M,Mitobe Y,Yamada E,Abeywickrama HM,Seki N,Koyama C,Aoki H,Koyama Y.Journal of clinical medicine research 10(12) 920-927 2018年12月
7)Micronutrient Status in Sri Lanka: A Review.Abeywickrama HM,Koyama Y,Uchiyama M,Shimizu U,Iwasa Y,Yamada E,Ohashi K,Mitobe Y.Nutrients 10(11) 2018年10月
8)Cancer survivors exhibit a different relationship between muscle strength and health‐related quality of life/fatigue compared to healthy subjects. S. Morishita,A. Tsubaki,J.B. Fu,Yuta Mitobe,H. Onishi,T. Tsuji. 2018年3月.
9)Evaluation of the effectiveness of the early introduction of mild mobilization performed by nurses on the recovery of critically ill patients.水戸部 優太.新潟大学大学院保健学研究科博士前期課程論文 2017年3月
10)Effect of the early introduction of mild mobilization performed by nurses on the recovery of patients in the intensive care unit. Yuta Mitobe,Yu Koyama,Hagiko Aoki,Utako Shimizu,Yoshiyuki Muramatsu,Chikayo Koyama,Sayuri Sakai,Yuka Iwasa,Jun Kikunaga,Megumi Taguchi,Masakazu Nitta,Hiroshi Endoh,Masaki Kitajima,Shinichiro Morishita. 6(12) 2016年1月

連絡先

  • TEL:03-5574-3903
  • E-mail:
    yuta.mitobe@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )