大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 松本 明美

教員情報

松本 明美

松本 明美
(まつもと あけみ)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 大田原キャンパス

略歴

<学歴>
筑波大学医療技術短期大学看護学科 卒業
明星大学人文学部心理・教育学科 卒業
東北福祉大学大学院総合福祉学研究科社会福祉学専攻 修了
国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科医療福祉学分野 修了
<職歴>
国立国際医療センター、宇都宮済生会病院他で看護師として勤務
その後、専門学校、足利短期大学、群馬医療福祉大学の教員を経て現在に至る
<資格>
看護師、救急救命士、社会福祉士、介護支援専門員、介護予防指導士、介護予防運動指導員、シナプソロジーインストラクター等

学位

修士(社会福祉学)
博士(医療福祉学)

専門分野

高齢者看護学領域
医療福祉学領域

担当科目

老年看護学講義Ⅰ
老年看護学講義Ⅱ
老年看護学演習(修士)Ⅱ
老年看護学研究指導(修士)Ⅲ
老年看護学研究指導(修士)Ⅳ

研究指導テーマ

認知症高齢者看護と人権に関する研究
医療と福祉の連携に関する研究

大学院入学希望者に望むこと

「高齢者が好きになる」、「私たちも笑顔になれる」そんな看護を一緒に学習していきましょう。

自身の研究テーマ

①認知症高齢者のケア
②介護予防
③介護者支援

研究業績

<論文・著書等>

  • 松本明美,橋本知子.看護師の仕事と在宅介護の両立・継続に関する支援の検討―在宅介護の経験のある看護師の実態調査から―.看護展望2月号.メジカルフレンド社,2018:75-85
  • 松本明美,赤石三佐代,橋本幹子(原著).看護師の仕事と在宅介護の両立・継続に関する研究―仕事と介護の両立のアンビバレンスを焦点に―.ヘルスサイエンス研究 2017;21(1) :3-14
  • 田代和子,松本明美(報告).在宅認知症高齢者が語ったデイサービス利用の意味.日本認知症ケア学会誌,2017;16(2):507-517
  • 松本明美,田代和子.認知症による攻撃的行動への看護師としての対応.臨床老年看護11,12月号.日総研出版 2016;23(6):11-17
  • 田代和子,松本明美,長谷川佑子(総説):スウェーデンと日本の認知症ケアに対する医療・福祉の現状と課題-スウェーデン視察研修を通した二国間の比較-.淑徳大学看護栄養学部紀要. 2016;Vol8:21-31
  • 松本明美(報告):スウェーデンの高齢者保健医療福祉サービスの現状―視察研修からの日本の高齢者介護を検討する―.ヘルスサイエンス研究. 2015;17(1):41-46
  • 松本明美,橋本幹子(原著).疾患をもつ一人暮らし高齢者の生活に関する研究―生活不安の要因及び生活の継続性の検討―.ヘルスサイエンス研究. 2013;17(1):21-28
  • 赤石三佐代、松本明美(原著).身体に障害を持ちながら在宅で生活する高齢者のニーズ―満足感を向上するための介入の問題点―.ヘルスサイエンス研究. 2012;16(1):37-42
  • 松本明美,赤石三佐代,橋本知子(原著).疾患をもつ昼間独居高齢者の介護に関する研究(その1)―就労介護者の思いと在宅生活に影響を与えるもの―.ヘルスサイエンス研究. 2012;16(1):31-36
  • 松本明美,赤石三佐代(原著).BPSDを表出する認知症高齢者の看護-攻撃的行動に対する看護師の捉え方とケア-.ヘルスサイエンス研究.2011;15(1): 33-38
  • 松本明美(原著):認知症高齢者の身体拘束と人権尊重のあり方-介護保険施設の看護職・介護職の調査からの検討-:ヘルスサイエンス研究.2011; 13(1):31-36
  • 松本明美.認知症高齢者に対するイメージの縦断的調査と認知症高齢者看護観の形成. 足利短期大学紀要.2010;30(1):73-80
  • 松本明美(原著).看護学生の高齢者とのコミュニケーション-コミュニケーションを促す手段として回想法を活用して-.ヘルスサイエンス研究.2011;33-38
  • 松本明美,橋本知子.老年看護学実習における技術演習に関する実習前・後指導の有効性について.足利短期大学紀要.2009;30(1):73-80
  • 松本明美(原著).認知症高齢者の人権尊重とは―介護保険施設の看護職の意識調査からの考察―.第40回日本看護学会論文集(老年看護).2009;75-77

<学会発表>

  • Akemi Matsumoto ,Mikiko Hashimoto ,Shiho Gouhara . Care prevention program using cable TV in Japan―Promotion prevention activities to prevent nursing care using cable television―.21st East Asian Forum of Nursing Scholars & 11th International Nursing Conferences.seoul, 2018.1.11
  • Akemi Matsumoto ,Tomoko Hashimoto ,Kazuko Tashiro.Supporting Nurses to Realize the Balance between Work and Home Family Care and to Continue Working.the 13th International Family Nursing Conference.Pamplona, Spain, 2017.6.16
  • Kazuko Tashiro,Akemi Matsumoto .Factors in continued long-term home-based care for the elderly suffering serious dementia in Japan.the 13th International Family Nursing Conference.Pamplona, Spain, 2017.6.16
  • 松本明美,橋本幹子,橋本知子他.地域ケーブルテレビ活用による介護予防の普及活動の効果.第37回日本看護科学学会学術集会(示説):2017
  • 松本明美,橋本知子,橋本幹子ら:在宅生活する認知症の人の自己決定支援―個人回想法活用による自分史作成の試み―.第17回認知症ケア学会大会(示説):2016

<外部資金獲得状況>

  • 「地域ケーブルテレビ活用による見守り介護予防の実証とアプリケーションサービスの構築」科学研究費助成事業 基盤C 獲得(研究代表者)  研究期間: 平成27年~29年

連絡先

  • TEL:0287-24-3590
  • E-mail:
    a-matsumoto@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )