大学について

本学へのご支援をお考えの皆様へ

よくあるご質問

Q
寄付の特典はありますか?
A
ご寄付は広く教育・医療に還元させていただきます。特定の学生の処遇、患者様の治療に影響するものではありません。
Q
学生の保護者(患者の家族)ですが、学生名(患者名)で寄付した方がよいのですか?
A
どちらでも構いません。
なお、寄付金領収書は入金時の名義人に発行し、他の名義では発行することはできません。税務上の優遇措置を受けるときは、確定申告をされる方と寄付金領収書の宛名が一致している必要がありますのでご注意ください。
Q
募集期間はありますか?
A
募集期間はありません。教育充実基金、医療充実基金とも随時受け付けております。
Q
クレジットカードを利用できますか?または口座振替は利用できますか?
A
申し訳ありませんが、クレジットカードでのご寄付および口座振替はお取り扱いしておりません。
Q
ネットバンキングは利用できますか?
A
はい。受け付けております。ご寄付の手続きをご参照ください。
Q
学術図書を寄付したいのですが、どのようにすればよいですか?
A
物品によるご寄付をお考えのときは、寄付金お問い合わせ窓口にご相談ください。なお、受け入れ可能かの調査のためお時間をいただくことがございます。
Q
寄付金は指定したとおりに使用されるのですか?
A
はい。ご寄付いただいたときに指定されました用途に使用いたします。
Q
寄付金領収書はいつ届きますか?
A
お振込後3週間程度でお届けします。ただし、年末年始、ゴールデンウィークをはさみますと、遅れることもあります。
1か月以上経過しても寄付金領収書が届かない場合は、お手数ですが寄付金お問い合わせ窓口までご連絡ください。
Q
寄付金領収書を失くしました。再発行してもらえるのでしょうか?
A
ご寄付いただいた基金名、ご芳名、入金日を寄付金お問い合わせ窓口までご連絡いただければ、1回に限り再発行致します。なお、再発行した領収書には「再発行」と表示されます。
Q
複数回に分けて寄付をしたのですが、領収書は1枚にまとめてもらえますか?
A
ご寄付の都度、寄付金領収書を発行致します。
優遇税制を受けるための手続きを教えてください。
お住まいを所管する税務署に確定申告を行うことにより、優遇税制を受けることができます。
申告期間は、寄付した日の翌年の2月中旬から3月中旬までとなります。
申告にあたっては、下記の(1)及び(2)又は(3)を添付する必要があります。
(1) 国際医療福祉大学が発行した寄付金領収書 
(2) 税額控除に係る証明書(写) 
(3) 特定公益増進法人証明書(写)
住民税の税額控除もこの確定申告で一緒に手続きができます。
詳しくはお近くの税務署にお尋ねください。
Q
受配者指定寄付金制度を利用することはできますか?
A
日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団」という。)を通じて、寄付者が指定した学校法人に寄付していただく制度です。寄付した金額の全額を当該事業年度の損金に算入することができます。損金算入処理には事業団への手続きと事業団発行の「寄付金受領書」が必要となりますが、事業団への諸手続は本学で行います。
受配者指定寄付をご希望されるときは、寄付金お問い合わせ窓口にご相談ください。