大学について

HOME > 大学について > 教育研究上の目的 > ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学は、保健医療福祉の分野において高い知識と優れた技能と人間性を併せ備えた社会の要請に応え得る有為な専門職業人を育成することを目的としており、各学科において、人材の育成に関する目標を定めている。その実現のために、総合教育と専門教育に重点を置いた体系的なカリキュラムを構築し、学生に明示する成績評価基準に沿って厳格な成績評価を行う。卒業要件を満たす所定の単位を修得した者に対して、卒業を認定し、学位を授与する。

IUHW-DP1:専門職業人としての社会的責務と倫理観
専門職業人を目指す者として、社会的責務と倫理観を根幹とした幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、一人の人間として豊かな心を身につけることができる。

IUHW-DP2:保健・医療・福祉への貢献とコミュニケーション能力
保健・医療・福祉への貢献のため、専門領域へつながる基礎的な学力を養い、多職種を理解し、専門領域を超えて問題を探究する姿勢とコミュニケーション能力を身につけることができる。

IUHW-DP3:専門的な知識と技能を活用する能力
各学科における目的に沿った専門分野を極め、専門職に必要とされる高度な専門的知識や技術を身につけることができる。

IUHW-DP4:創造的な問題解決力と生涯学習力
様々な状況において備えた高度な専門的知識や技術力を統合して創造的な問題解決に取り組み、自身の更なる発展のため、生涯学習を行うことの重要性を知り、新しい知識を追求(研究活動)する方法を身につけることができる。

本学では、上記の全学ディプロマ・ポリシーを基盤に、各学科の専門性を考慮したディプロマ・ポリシーを学科ごとに設定している。

各学科のディプロマ・ポリシー

1)【看護学科】(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部)

看護学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:看護専門職を目指す者として、社会的責務と倫理観を根幹とした幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、一人の人間として豊かな心を身につけている。

DP2:看護学の基礎となる学問を理解する専門職業人としての基盤力を養い、関連職種の機能を理解し、看護の対象となる人々の利益のために連携を図ることのできるコミュニケーション力を身につけている。

DP3:個人、家族、組織、地域社会における人々の健康課題を査定し、基本的な看護実践を行うための知識・技術・態度を身につけている。

DP4:看護を必要とする様々な事象について論理的かつ多面的に理解し、自らの考えを表現し、行動する資質と能力を身につけている。

DP5:未知の事象に対し、専門的知識や技術力を統合して創造的に課題解決に取組むための専門職業人としての基盤力と探究力を身につけている。

DP6:看護専門職を目指す者として、責務を果たすために、必要な自己研鑽を重ねることの意義を理解し、自己開発の方法を身につけている。

2)【理学療法学科】(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部)

理学療法学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:理学療法士を目指す者として、建学の精神である「共に生きる社会」の実現を目指し、幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、社会的責務と倫理観を身につけている。

DP2:理学療法士を目指す者として、理学療法を提供するために必要な基礎的な知識を身につけている。

DP3:理学療法士を目指す者として、基礎的な学力を養い、多様性を受け入れ、適切なマナーと円滑なコミュニケーションによって豊かな対人関係を築き、他者への共感的態度を身につけている。

DP4:理学療法士を目指す者として、備えた基礎的知識を理学療法場面に当てはめて客観的・科学的に分析でき、基礎的な理学療法技術を身につけている。

DP5:理学療法士を目指す者として、様々な状況において備えた高度な専門的知識や技術力を統合して、的確な判断に基づく問題解決能力を身につけている。

DP6:理学療法士を目指す者として、効果的な多職種連携のために、自職種および他職種を理解し、チームの一員としての役割が果たせる。

DP7:理学療法士を目指す者として、自身の更なる発展のため、生涯学習を行うことの重要性を認識し、理学療法分野における新しい知識を追求する方法(研究活動)を身につけている。

3)【作業療法学科】(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部)

作業療法学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:作業療法士を目指す者として、建学の精神である「共に生きる社会」の実現を目指し、幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、社会的責務と倫理観を身につけている。

DP2:作業療法士を目指す者として、基礎的学力を養い、関連職種の機能を理解し連携を図ることの出来るコミュニケーション力を身につけている。

DP3:作業療法士を目指す者として、作業療法実践に必要な他者への共感的態度および自己の治療的応用(Therapeutic Use of Self)を身につけている。

DP4:作業療法士を目指す者として、人々の生活機能を客観的・科学的に分析でき、作業療法を実践するために必要な専門的知識・技術を身につけている。

DP5:作業療法士を目指す者として、様々な状況において高度な専門的知識や技術を統合し創造的に課題解決に取り組む力を身につけている。

DP6:作業療法士を目指す者として、国内外問わず自らの活躍の場を模索し、生涯学習を行うことの重要性を認識し、科学的・創造的な探究心を持って作業療法分野の発展に向けて新しい知識を追求(研究活動)する方法を身につけている。

4)【言語聴覚学科】(保健医療学部/成田保健医療学部/福岡保健医療学部)

言語聴覚学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:言語聴覚士を目指す者として、社会的責務と倫理観を基盤とした幅広い教養と豊かな人間性を身につけている。

DP2:言語聴覚士を目指す者として、国際化社会に対応できるグローバルな感覚と視点を身につけている。

DP3:言語聴覚士を目指す者として、言語聴覚障害学の基盤となる知識・技能を修得し、科学的・論理的思考力を身につけている。

DP4:言語聴覚士を目指す者として、多岐にわたる言語聴覚障害に対応可能な専門的知識と臨床技能を修得し、体系的に実践する力を身につけている。

DP5:言語聴覚士を目指す者として、高いコミュニケーションスキルを有し、「対象者中心の臨床」を実践する力を身につけている。

DP6:言語聴覚士を目指す者として、他職種の専門性を理解したうえで協働・連携し、チームの一員として貢献する力を身につけている。

DP7:言語聴覚士を目指す者として、自らの専門性について主体的に探究し、資質向上のために生涯にわたって努力し続けることの重要性を認識し、新しい知識を追求(研究活動)する方法を身につけている。

5)【視機能療法学科】(保健医療学部)

視機能療法学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:建学の精神「共に生きる社会」の実現を目指すことに共感し、医療専門職としての倫理観を身につけている。

DP2:視能訓練士を目指す者として、視覚科学および眼科医療に必要となる基本的な知識を身につけ理解している。

DP3:視能訓練士を目指す者として、グローバルな視点を持ち、保健・医療・福祉について世界の情勢を広く理解している。

DP4:視能訓練士を目指す者として、視機能の評価および治療に必要となる知識と技術を身につけている。

DP5:視能訓練士を目指す者として、倫理観を持ち、他職種との連携を通して視能訓練士の役割を理解し実践できる。

DP6:視能訓練士を目指す者として、備えた知識や情報を科学的観点から分析し的確に判断することができる。

DP7:視能訓練士を目指す者として、向上心を持ち生涯学習の重要性を理解するとともに、新しい知識の追求(研究活動)に対して関心と意欲を持っている。

6)-①【放射線・情報科学科】(保健医療学部)

放射線・情報科学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:診療放射線技師を目指す者として、使命感・倫理観・責任感・思いやりの心などの豊かな人間性を修得している。

DP2:診療放射線技師を目指す者として必要な医学、医療、理工学および情報科学の基礎知識を有し、様々な事象を理解できる能力を修得している。

DP3:診療放射線技師を目指す者として必要な診療に係る専門知識と技術を有し、さらに情報科学の技術を駆使して臨床的に推論できる能力を修得している。

DP4:診療放射線技師を目指す者として必要な放射線を取り扱う上での安全管理や医療全般における安全管理に係る知識を有し、実践できる能力を修得している。

DP5:診療放射線技師を目指す者として、チーム医療を担うという価値を自覚し、他職種との連携が図れる能力を修得している。

DP6:診療放射線技師を目指す者として、診療行為や医療情報の適切な運用が自然に実践できる能力を修得している。

DP7:診療放射線技師を目指す者として、常に知的探究心を有し、問題解決できる能力を修得している。

6)-②【放射線・情報科学科】(成田保健医療学部)

DP1:使命感・倫理観・責任感・思いやりの心などの豊かな人間性を修得することができる。

DP2:診療放射線技師の専門知識・技能の修得に加え、真理や本質を追究するものの考え方、学び方の基本を修得することができる。

DP3:情報技術に関する体系化された基礎知識を修得し、医療情報システム化の推進役となることができる。

7)【医学検査学科】(成田保健医療学部/福岡保健医療学部)

医学検査学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:臨床検査技師を目指す者として、広い教養と生命の尊重を基盤とした豊かな人間性を身につけ、人間理解、国際的感覚を養い、医療関連分野での倫理的側面を理解した医療従事者として行動できる。

DP2:臨床検査における基本的知識および技術を修得し、専門医療職の立場のみならず患者の立場に立って、他者を思いやり、自らの考えを表現できる。

DP3:チーム医療に積極的に参画できる幅広い教養を身につけ、自職種の専門性に誇りを持って他職種を理解し、調整・連携の役割を果たすための適切な他部門とのコミュニケーション能力を身につけている。

DP4:臨床検査の正確かつ高精度な検査情報を提供するために必要な基礎的な知識および技術を身につけている。

DP5:臨床検査に必要な専門的な知識および技術と実践能力を身につけ、検査データを総合的に解析する力を培い、臨床診断に寄与する検査能力を身につけている。

DP6:問題解決に対する柔軟な応用力や想像力を身につけ、社会に貢献できる新たな技術や機器開発に取り組む基礎的能力を身につけている。

DP7:医療の高度化に対応し、各自の実践の中から研究の課題を発見し、それを新しい知識の追求(研究活動)に発展させることができる。

8)【医療福祉・マネジメント学科】(医療福祉学部)

医療福祉・マネジメント学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として、幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、「共に生きる社会」を実現するための社会的責任観、倫理観を身につけている。

DP2:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として必要な医学、社会福祉学、経営学等の基礎知識を身につけている。

DP3:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として、対人支援と業務の遂行に係る専門知識と技術を養い、様々な人との適切な人間関係を構築することができる。

DP4:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として、科学的知識に基づいた技術を身につけ、その技術を用いた適切な支援や業務の遂行を行うことができる。

DP5:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として、自職種と他職種を理解し、多職種連携による効果的な支援と業務の遂行を行うことができる。

DP6:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として、身につけた知識や技術を統合的に用い、様々な状況に応じた効果的な支援と業務の遂行を行うことができる。

DP7:医療福祉の現場に従事する社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・診療情報管理士・医療事務職等を目指す者として、生涯学習の重要性を知り、よりよい支援や業務を遂行するために、新しい知識の追求や技術の研鑽に努める意欲や能力を培う。

9)医療マネジメント学科(赤坂心理・医療福祉マネジメント学部)

DP1:専門職としての職業倫理を有し、己の行動を律することができる。

DP2:医療機関、医療関連産業、行政などの運営に寄与し、また所属する組織の変革を支える人材になるために必要な医療・経営・情報処理などの知識・技術を修得し、活用することができる。

DP3:広い教養と寛容な精神を兼ね備え、医療福祉チームの中で有機的な職種間連携を図ることができる。

DP4:組織の運営、変革を含むマネジメントの重要性を理解し、その実施に寄与することができる。

DP5:医療のICT化に要求される「専門性」と地域包括ケアの時代に要求される「連携のセンス」を身に付け、活用することができる。

10)-①【薬学科】(薬学部)

薬学科では所定の単位を修得し、次に掲げる学科の特性を考慮した学科ディプロマ・ポリシーを達成した学生に学位を授与する。

DP1:薬学に関する基礎および専門的な知識・技能をバランスよく有している。

DP2:問題の発見から解決までの一連のプロセスの中で、必要な情報を収集し、科学的根拠に基づき論理的に考え行動できる。

DP3:医療人を目指す者として、人間理解、国際的感覚を養い、相手に寄り添ったコミュニケーションを実施できる。

DP4:薬剤師を目指す者として、使命感・倫理観・責任感を養い、他職種との連携を通して薬剤師の役割を理解、実践できる。

DP5:保健・医療・福祉について、日本にとどまらず世界の情勢を広く理解し、地域に貢献する姿勢と実践能力を有している。

DP6:医療の担い手を目指す者として、幅広い教養と豊かな人間性を育み、生涯にわたって自他ともに研鑽しあえる姿勢および意欲を有している。

DP7:生命科学的知識および研究マインドを基に、薬物療法を実践する能力を有している。

10)-②薬学科(福岡薬学部)

DP1:医療の領域にとどまらず、社会生活の基本である「ひと」としての基本姿勢(人間性)を養うために、他者を理解し、多方面に関心を持ち、実行し、自己分析・評価することができる。

DP2:科学的思考力を持った「くすり」の専門職をめざして、基礎薬学・衛生薬学・医療薬学・社会薬学などの知識を身につけ、反復学修し、それを活用(応用)できる。

DP3:講義を通して知識を、実習を通して技能を、薬剤師を意識し続けることで態度を修得し、知識・技能・態度のバランスを保ちながら、自己研鑽できる。

DP4:医療全体(チーム医療、地域医療など)を理解することができ、他職種を理解することができ、あらゆる活動において積極的に協働できる。

11)心理学科(赤坂心理・医療福祉マネジメント学部)

DP1:多様な現実場面で実践するために必要とされる心理学の専門的知識及び技術を修得している。

DP2:心理実践で必要とされる対人場面におけるコミュニケーション能力の基盤が形成できている。

DP3:医療・福祉・教育・産業・司法矯正等における、多職種連携での心理職独自の役割を理解している。

DP4:対人援助を目的とする心理実践で必要とされる共感的・協働的能力を修得している。

12)医学科(医学部)

DP1:医師としての使命感・倫理観など医療プロフェッショナリズムを備え、患者中心の医療を実践できる。

DP2:医療の国際化に対応した幅広い知識と高いコミュニケーション能力を持ち、海外の医療現場で活躍できる。

DP3:広い教養と寛容な精神を兼ね備えたうえで、医学・医療に必要なサイエンスとアートを修得し、科学的思考力を基に質の高い医療を実践できる。

DP4:医療現場の多職種と協調・連携できる能力および、各職種の役割や責任体制に関する知識を身につけ、将来、医療チームの中核的な役割を担うことができる。