大学について

HOME > 大学について > 教育研究上の目的 > カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

本学は、「人間中心の大学」「社会に開かれた大学」「国際性を目指した大学」という理念のもと、「共に生きる社会」を実現するため、幅広い教養科目を基礎におき、また専門分野に関する科目については体系的に構成するカリキュラムとなっている。以下に本学のカリキュラム体系を示す。

1)
幅広い教養や視野、国際センスを備えた豊かな人間性を養うための総合教育科目
2)
有益なコミュニケーション能力、関連職種との連携能力及び課題解決能力を身につけた専門職業人を育成するための専門基礎教育科目
3)
保健医療福祉のプロフェッショナルになるための専門知識及び技術を身につけ、専門職業人として社会に貢献できる人材を育成するための専門教育科目

学科のカリキュラムポリシー

1)
看護学科(保健医療学部/成田看護学部/小田原保健医療学部/福岡看護学部)
1.
看護師・保健師として必要な豊かな人間性とアイデンティティを育成する。
2.
人間の健康に寄与する専門職として、看護の本質を追究する学修に主体的かつ創造的に取り組む姿勢を育成する。
3.
ヒューマンケアの専門職として必要不可欠なスキルを修得し、保健医療福祉分野におけるチーム医療において協働できる能力を育成する。
4.
物事の本質をみつめ、幅広く学問を探究し、論理的に思考できる能力を育成する。
5.
科学的な根拠に基づく判断力と、問題解決ができる基礎的な看護実践能力を育成する。
6.
国内外の健康課題を理解し、国際的な視野で問題解決を図る能力を育成する。
2)
理学療法学科(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部)
1.
理学療法士の専門的な知識・技術を有し、利用者中心の理学療法を提供できる専門職を育成する。
2.
コミュニケーション能力、関連職種との連携能力と課題解決能力を育成する。
3.
様々な国の人々と連携、協働し、国際貢献ができる人材を育成する。
4.
常に向上心を持ち、生涯教育など自己研鑚できる理学療法士を育成する。
3)
作業療法学科(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部)
1.
作業療法士として、自己を認識し、冷静に他者を思う豊かな想像力を身につけた人材を育成する。
2.
人々のこれまでの生活や価値観を大切にし、社会生活を支える人材を育成する。
3.
従来の病院、施設に留まらず、人々の地域生活を支えるための専門知識・技術を備えた人材を育成する。
4.
保健・医療・福祉の発展に寄与するため、人々の個別性に着目しながら科学的・創造的探究ができる人材を育成する。
5.
異文化を柔軟に理解し、国際貢献できる人材を育成する。
4)
言語聴覚学科(保健医療学部/成田保健医療学部/福岡保健医療学部)
1.
言語聴覚士として、高度な専門的知識・技能を有し、適切な言語聴覚臨床を提供できる人材を育成する。
2.
大学院教育・生涯教育を視野に、常に向上心を持って自己研鑽できる人材を育成する。
3.
臨床家としての人間性を深め続けられる言語聴覚士を育成する。
4.
価値観の多様性を受容しグローバルな視野を持って国際的に活躍できる人材を育成する。
5)
視機能療法学科(保健医療学部)
1.
視能訓練士として、探究心と科学的洞察力を育成する。
2.
幅広い最新の知識を身につけ国際性豊かな人材を育成する。
3.
全人的視点を有しチームケアを実践できる人材を育成する。
4.
即戦力を有したプロフェッショナルを育成する。
5.
多様な学生に即した教育を行い、専門性の高い人材を育成する。
6)
放射線・情報科学科(保健医療学部)
1.
診療放射線技師として必要となる豊かな人間性を備えた人材を育成する。
2.
基礎教育を重視し、自ら思考し判断できる能力を備えた人材を育成する。
3.
放射線に関する専門性に加え、医療情報に関する知識、技術を兼ね備えた人材を育成する。
7)
医療福祉・マネジメント学科(医療福祉学部)
1.
社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、診療情報管理士、その他保健医療福祉分野で働く者として必要とされる基礎的素養、コミュニケーション能力を身につけた人材を育成する。
2.
各人が希望する分野で必要とされる高度な専門的知識・技能を持った人材を育成する。
3.
保健医療福祉分野において他の職種と連携しながら活躍できる人材を育成する。
8)
薬学科(薬学部)
1.
「くすり」の専門家としての専門的な知識や技能の修得にとどまらず、多様な学問領域に関心を持ち、使命感、倫理観、責任感、思いやりの心などの豊かな人間性を持つ人材を育成する。
2.
真理や科学の本質を追究するものの考え方の基本を修得し、学問を創造的に追究するとともに、将来役立つ知識と技能と態度をバランスよく身につけ、自ら考えて判断できる問題解決能力を持った人材を育成する。
3.
現在または近い将来の地域医療の問題、地域社会のニーズを捉えることができ、さらに、視野を広げて国際的な医療問題についても考えることができ、様々な国の人々と連携、協働できる素地を持った人材を育成する。
9)
医学検査学科(成田保健医療学部/福岡保健医療学部)
1.
臨床検査技師として必要な基礎的知識・専門的技術を身につけた、高度医療に対応する人材を育成する。
2.
医療における臨床検査の重要性と使命を知り、倫理観やチーム医療の重要性を理解した人材を育成する。
3.
国際的に通用する表現力、問題解決力、コミュニケーション力を身につけた人材を育成する。
10)
心理学科(赤坂心理・医療福祉マネジメント学部)
1.
広い教養と寛容な精神を兼ね備えると同時に、専門職としての職業倫理を有し、己の行動を律することができるようになる講義や演習を行う。
2.
医療機関、福祉施設での心理支援の重要性を理解し、個人・家族・集団・社会の各レベルを対象とする心のケア(生物・心理・社会モデル)に必要な知識・技術の修得に必要な講義や実習を行う。
3.
職種間・地域連携などの知識を学ぶ機会を提供する。
11)
医療マネジメント学科(赤坂心理・医療福祉マネジメント学部)
1.
広い教養と寛容な精神を兼ね備えると同時に、専門職としての職業倫理を有し、己の行動を律することができるようになる講義や演習を行う。
2.
医療機関、医療関連産業、行政などの運営に寄与し、組織の運営、変革を含むマネジメントの重要性を理解し、また所属する組織の変革を支える人材になるために必要な医療・経営・情報処理などの知識・技術の修得に必要な講義や実習を行う。
3.
多種類の資格取得を支援する講義を行う。
4.
人工知能・医療ビッグデータ処理などの新しい情報処理知識を学ぶための講義を行う。
5.
職種間・地域連携などの知識を学ぶ機会を提供する。
12)
医学科(医学部)
1.
医療プロフェッショナリズムの講義を専門教育と並行して行い、医師として必要なコミュニケーション、患者を大切にする姿勢等を学び、医学・医療に求められる高い倫理観の醸成を図る。
2.
大多数科目での英語による授業を実施すると共に、国際医療保健学、海外臨床実習等を必修とし、留学生と共に学ぶことで、国際感覚や英語による診療や議論ができる能力を身につけ、将来国際的に活躍できる医師を養成する。
3.
医学・医療に必要な、充実したリベラルアーツの講義を通じて、幅広い教養と感性を磨く。
4.
基礎医学と臨床医学を統合して教え、少人数教育を多用し、情報の批判的吟味、問題解決能力の強化を図る。
5.
充実したシミュレーション教育や診療参加型臨床実習等を通じて、知識・技術・態度のバランスのとれた、高い総合臨床能力を養成する。
6.
職種の異なる医療従事者がお互いの専門性を発揮するために、関連職種連携教育を通じて各職種の役割を理解させる。

入学者選抜方針

1)
AO入試
1.
高等学校において基礎学力をしっかりと身に付けていること。
2.
高等学校において勉学以外の課外活動などにも積極的に取り組んでいること。
3.
コミュニケーション能力に優れ、医療福祉の専門職を目指すにあたり適性を備えていること。また入学後も継続的に学習を続けていくことができること。
4.
本学入学への強い意志および、卒業後は医療福祉専門職として活躍する強い意志を持っていること。
2)
高校推薦入試
1.
高等学校において全般的な基礎学力をしっかりと身に付けていること。
2.
学習意欲とコミュニケーション能力に優れ、医療福祉の専門職を目指すにあたり適性を備えていること。また入学後も継続的に学習を続けていくことができること。
3.
本学入学への強い意志および、卒業後は医療福祉専門職として活躍する強い意志を持っていること。
3)
特待奨学生特別選抜入試
1.
各学部学科が指定する試験科目について、高等学校で学ぶ内容に関する確かな学力を身に付けていること。特に保健医療学部、成田看護学部、成田保健医療学部、小田原保健医療学部、福岡看護学部、福岡保健医療学部の志望者においては英語の学力を、保健医療学部のうち放射線・情報科学科の志望者においては英語に加えて数学または理科の学力を、医療福祉学部の志望者においては英語または国語の学力を、薬学部の志望者においては英語および化学の学力を十分に身に付けていること。
2.
医療福祉専門職として必要とされるコミュニケーション能力を有していること。
4)
一般入試
1.
各学部学科が指定する試験科目について、高等学校で学ぶ基礎的内容を十分に理解し身に付けていること。特に保健医療学部、成田看護学部、成田保健医療学部、小田原保健医療学部、福岡看護学部、福岡保健医療学部の志望者においては英語の学力を、保健医療学部のうち放射線・情報科学科の志望者においては英語に加えて数学または理科の学力を、医療福祉学部の志望者においては英語または国語の学力を、薬学部の志望者においては英語および化学の学力を十分に身に付けていること。
2.
. 医療福祉専門職として必要とされるコミュニケーション能力を有していること。
5)
大学入試センター試験利用入試
1.
各学部学科が指定する試験科目について、高等学校で学ぶ基礎的内容を十分に理解し身に付けていること。特に保健医療学部、成田看護学部、成田保健医療学部、小田原保健医療学部、福岡看護学部、福岡保健医療学部の志望者においては英語の学力を、保健医療学部のうち放射線・情報科学科の志望者においては英語に加えて数学または理科の学力を、医療福祉学部の志望者においては英語または国語の学力を、薬学部の志望者においては英語および化学の学力を十分に身に付けていること。
6)
社会人特別選抜入試
1.
社会人として広い教養を身に付けており、論理的な思考・表現ができること。
2.
入学後に他の学生の指導的立場となり得る資質を持っていること。
3.
コミュニケーション能力に優れ、医療福祉の専門職を目指すにあたり適性を備えていること。また入学後も継続的に学習を続けていくことができること。
本学入学への強い意志および、卒業後は医療福祉専門職として活躍する強い意志を持っていること。
4.
薬学部志望者においては英語および化学の学力を十分に身に付けていること。
7)
帰国生徒特別選抜入試
1.
高等学校までに学んでおくべき全般的な基礎学力をしっかりと身に付けていること。
2.
国際的感覚に優れ、「国際性を目指した大学」を基本理念の一つとする本学において、入学後に他の学生の模範となり得る資質を持っていること。
3.
コミュニケーション能力に優れ、医療福祉の専門職を目指すにあたり適性を備えていること。また入学後も継続的に学習を続けていくことができること。
本学入学への強い意志および、卒業後は医療福祉専門職として活躍する強い意志を持っていること。
8)
留学生特別選抜入試
1.
入学後の学修と将来の資格取得において支障がないレベルの、日本語能力を身に付けていること。
2.
コミュニケーション能力に優れ、医療福祉の専門職を目指すにあたり適性を備えていること。また入学後も継続的に学習を続けていくことができること。
卒業後は、母国あるいは国際社会において医療福祉専門職として活躍する強い意志を持っていること。