大学について

HOME > 大学について > 教育研究上の目的 > カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学は、「人間中心の大学」「社会に開かれた大学」「国際性を目指した大学」という理念のもと、「共に生きる社会」を実現するため、幅広い教養科目を基礎におき、専門分野に関する科目については体系的に構成する、総合教育と専門教育に重点を置いたカリキュラムとなっている。以下に本学のカリキュラム体系を示す。

IUHW-CP1:
幅広い教養や視野、国際センス、思考力を備えた豊かな人間性を養うための総合教育科目

IUHW-CP2:
有益なコミュニケーション能力、関連職種との連携能力および問題解決能力を身につけた専門職業人を育成するための専門基礎科目

IUHW-CP3:
保健医療福祉のプロフェッショナルになるための専門知識および技術、さらに新しい知識を探究する方法を身につけた専門職業人として、社会に貢献できる人材を育成するための専門科目

本学では、上記のカリキュラム体系を基盤に、4つの学士力である「知識、理解」「総合的な学習経験と創造的志向」「汎用的技能」「態度、志向性」を柱とするカリキュラム・ポリシーを学科ごとに設定している。また、各学科では教育目標を学生が達成できるよう、カリキュラム・ポリシーに則り教育課程を編成・実施する。

学科カリキュラム・ポリシー:CP/教育目標:SBO

1)看護学科(保健医療学部/成田看護学部/小田原保健医療学部)

看護学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
看護専門職者としての基盤となる社会的責務と倫理観を根幹とした幅広い教養、豊かな感性、人間理解、国際的感覚を養い、一人の人間として豊かな心を身につけるための科目を設定する。

CP2:
看護学の基礎となる学問を理解する専門職業人としての基盤力を養い、関連職種の機能を理解し、看護の対象となる人々の利益のために連携を図ることのできるコミュニケーション力を身につけるための科目を設定する。

CP3:
個人、家族、組織、地域社会における人々の健康課題を査定し、基本的な看護実践を行うための知識・技術・態度を身につけるための科目、および、看護を必要とする様々な事象について論理的かつ多面的に理解し、自らの考えを表現し、行動する資質と能力を身につけるための科目を設定する。

CP4:
未知の事象に対し、専門的知識や技術力を統合して創造的に課題解決に取組むための基盤力と探究力を身につけるための科目、および、看護専門職者としての責務を果たすために、必要な自己研鑽を重ねることの意義を理解し、自己開発の方法を身につけるための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:幅広い教養と豊かな感性を培い、人間を理解するための基盤力、語学力を高める。
CP2:人間と環境を理解するための諸科学を学び、看護学に応用するための基盤を固める。
CP3:個人や家族の健康状態を査定し、健康課題を解決するための看護の視点を身につける。
CP4:自らの学修課題を認識し、自らを動機づけ、主体的な学修活動を行うことができる。

<2年次(SBOs2)>
CP1:豊かな教養を持ち、グローバルな視点で考える力、異文化を理解する力、国際的な感覚を身につける。
CP2:保健医療福祉関連職の機能や社会の仕組みを理解し、看護に活用するための基盤を固める。
CP3:必要な看護を査定、計画、実践、評価し改善を行うための基礎的知識・技術・態度を身につける。
CP4:演習や実習に主体的に取組むことができ、看護専門職者としての自己研鑽力の基盤ができている。

<3年次(SBOs3)>
CP1:多様性を理解し、自らの考えをもち、論理的かつ建設的に思考する力を身につける。
CP2:保健医療福祉関連職の機能や社会の仕組みに関する知識を看護に応用することができる。
CP3:必要な看護を行うための知識・技術・態度を実習で具体的に行うことができる。
CP4:看護に関する未知の事象への興味関心を表現でき、探究活動を開始することができる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:看護専門職者の社会的責務を認識し、倫理観に基づいた看護を行う基盤を固める。
CP2:対象を中心とした保健医療福祉を行うための看護の知識・技術・態度、関連職種と連携を図ることのできるコミュニケーション力を身につける。
CP3:複雑な健康課題、組織や地域社会の健康関連課題を論理的かつ多面的に理解し、看護するための知識・技術・態度を身につける。
CP4:看護研究を行うための基本的な知識・技術・態度を身につける。

2)理学療法学科(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部)

理学療法学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
理学療法や関連領域の基礎的・専門的な知識・技術を有し、他文化・異文化を問わない態度で人類の健康を理解できる理学療法士を育成するための科目を設定する。

CP2:
獲得した知識・技術・態度をもとに問題点を的確に把握し、病態に応じた適切な理学療法評価・治療を提供できる理学療法士を育成するための科目を設定する。

CP3:
理学療法の過程で得た情報を定量的・論理的に分析し、適切なコミュニケーション手段を用いて他者と共有し、チームを構築して問題解決にあたることのできる理学療法士を育成するための科目を設定する。

CP4:
常に向上心を持って自己研鑽に努め、修得した知識や技術を関連職種を含めたチーム内で共有しながらリーダーシップを発揮し、専門職業人としての高い倫理観を有した、社会から求められる理学療法士を育成するための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:保健医療福祉に関する基本的知識や異文化に関する知識を修得する。
CP2:保健医療福祉に関する基本的知識を修得し、理学療法とのかかわりを理解する。
CP3:理学療法に必要な論理的思考を養い、コミュニケーションスキルを身につける。
CP4:多様な学問領域に関心を持ち、主体的な学びを通して、使命感、倫理観、責任感、思いやりの心などの豊かな人間性を獲得する。

<2年次(SBOs2)>
CP1:保健医療福祉や異文化に関する発展的な基礎知識を修得する。
CP2:病態に応じた理学療法検査手技を正確に実施できる。
CP3:データと情報を収集し、適切に管理できる。
CP4:他者と協働し、チームの一員として貢献できる。

<3年次(SBOs3)>
CP1:理学療法専門分野および関連領域における基礎的な知識を修得する。
CP2:病態に応じた理学療法評価を正確に実施し、一連の治療プログラムを想定できる。
CP3:収集した情報を基に、障害像の統合と解釈ができる。
CP4:理学療法の発展的な基礎知識を修得し、専門職業人としての倫理観を養い、関連する職種間との連携に貢献できる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:理学療法専門分野および関連領域における知識を修得し、それらを臨床応用できる能力を獲得する。
CP2:適切な評価を選択・実施できる。また、評価結果から医学的根拠に基づいた一連の治療プログラムを立案し、治療の実施および再評価することができる。
CP3:臨床的な疑問点を探究し、その解決を図るための研究デザインや研究チームを構築することができる。また、計画に基づいた研究の実施および結果の臨床応用について検討することができる。
CP4:理学療法における応用的・発展的な知識を修得し、関連職種へ情報提供および共有することができる。

3)作業療法学科(保健医療学部/成田保健医療学部/小田原保健医療学部/福岡保健医療学部)

作業療法学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
作業療法分野の基礎知識を体系的に理解するとともに、多様な背景を持つ人々の生活や価値観を大切にし、社会生活を支える作業療法士を育成するための科目を設定する。

CP2:
獲得した知識・技能・態度等を総合的に利用し、保健・医療・福祉の発展に寄与するため、人々の個別性に着目しながら科学的・創造的探究ができる作業療法士を育成するための科目を設定する。

CP3:
多様な人々と協働していくために必要なコミュニケーションスキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を社会の中で汎用的に活用できる作業療法士を育成するための科目を設定する。

CP4:
常に向上心を持って自己研鑽できる専門職業人としての高い倫理観を有し、人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重できる作業療法士を育成するための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:作業療法を含む保健医療福祉領域とその関連領域に関する基本的知識を修得する。
CP2:人々や社会とのかかわりにおける作業療法の役割を理解する。
CP3:作業療法学生として大学生活を送るにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:大学生として保健医療福祉領域の学修を進めるにあたって必要な態度・志向性を身につける。

<2年次(SBOs2)>
CP1:作業療法専門分野および関連領域における基礎的知識を修得する。
CP2:生活機能に応じた作業療法のかかわりを理解できる。
CP3:作業療法分野の専門教育を深めるにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:作業療法学生として専門教育を深めるにあたって必要な態度・志向性を身につける。

<3年次(SBOs3)>
CP1:作業療法専門分野および関連領域における応用的な知識を修得する。
CP2:生活機能に応じた作業療法評価を実施できる。
CP3:作業療法学生として臨床場面に参加するにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:作業療法学生として臨床場面に参加するにあたって必要な態度・志向性を身につける。

<4年次(SBOs4)>
CP1:作業療法専門分野およびその関連領域における発展的な知識を修得する。
CP2:生活機能に応じた作業療法による治療・訓練・支援を提供できる。
CP3:作業療法士として職業生活を始めるにあたって必要な汎用的技能を身につける。
CP4:作業療法士として職業生活を始めるにあたって必要な態度・志向性を身につける。

4)言語聴覚学科(保健医療学部/成田保健医療学部/福岡保健医療学部)

言語聴覚学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
言語聴覚療法の基盤となる基礎的な知識・技能を有する人材を育成するための科目を設定する。

CP2:
高度な専門的知識・技能を有し、適切な言語聴覚療法を提供できる人材を育成するための科目を設定する。

CP3:
臨床思考力・技能を高めるとともに人間性を養い、チーム医療・チームケアの一員として活動できる人材を育成するための科目を設定する。

CP4:
大学院教育・生涯教育を視野に、常に向上心を持って自己研鑽できる専門職業人としての高い倫理観を有した人材を育成するための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:社会人・医療人としての基礎学力と多文化・異文化理解を含む教養を身につける。
CP2:保健医療福祉における言語聴覚療法の位置づけを理解し、言語聴覚士の役割を説明できる。
CP3:言語聴覚士の職務と社会での役割を理解し、基本的なコミュニケーションスキルを身につけることができる。
CP4:多様な学問領域や社会問題に関心を持ち、主体的な学びを通し、豊かな人間性を獲得することができる。

<2年次(SBOs2)>
CP1:言語聴覚士に必要な保健医療福祉や多文化・異文化に関する知識を修得する。
CP2:言語聴覚臨床の流れを理解し、各種言語聴覚障害の原因・症状・発生メカニズムに関する基本的知識や論理的思考力を獲得する。
CP3:情報収集の手法について学び、データの適切な管理とまとめ方を身につけることができる。
CP4:チーム医療・チームケアの基礎を理解し、他者と協力する態度や姿勢を身につける。

<3年次(SBOs3)>
CP1:言語聴覚障害領域および関連領域における基礎的知識を修得する。
CP2:各種言語聴覚障害の評価・診断および代表的な訓練・指導に関する知識や技能を修得できる。
CP3:言語聴覚障害および関連領域から収集した情報を統合し、論理的に解釈できる。
CP4:言語聴覚士に必要とされる高い倫理観と探究心を身につけることができる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:言語聴覚障害領域および関連領域における専門的知識を修得し、それらを臨床応用できる能力を獲得する。
CP2:言語聴覚療法に関する知識や技能を統合し、代表的な言語聴覚障害の評価・診断および訓練・指導を実施することができる。
CP3:リサーチマインドを持ち、科学的な根拠に基づく臨床の概念や研究のプロセスに関する基礎知識を修得することができる。
CP4:チーム医療の中で対象者中心の臨床を実践するために、生涯にわたって学ぶ姿勢を身につける。

5)視機能療法学科(保健医療学部)

視機能療法学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
視機能療法や関連領域の基礎的・専門的な知識・技術を有し、他文化・異文化を問わない態度で人類の健康を理解できる視能訓練士を育成するための科目を設定する。

CP2:
獲得した知識・技術・態度をもとに問題点を的確に把握し、病態に応じた適切な視機能評価と視能訓練計画を立案できる視能訓練士を育成するための科目を設定する。

CP3:
視機能評価の過程で得た情報を定量的・論理的に分析し、適切なコミュニケーション手段を用いて他者と共有し、チームを構築して問題解決にあたることのできる視能訓練士を育成するための科目を設定する。

CP4:
常に向上心を持って自己研鑽に努め、修得した知識や技術を関連職種を含めたチーム内で共有しながらリーダーシップを発揮し、専門職業人としての高い倫理観を有した、社会から求められる視能訓練士を育成するための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:保健医療福祉に関する基本的知識や異文化に関する知識を修得する。
CP2:保健医療福祉に関する基本的知識と視機能療法学のかかわりを理解する。
CP3:視機能療法に必要な論理的思考を養い、コミュニケーション能力を高める。
CP4:主体的で自律性を持った学修スタイルに転換し、学修方法や学生生活の自己管理方法など基礎能力を高める。

<2年次(SBOs2)>
CP1:保健医療福祉や異文化に関する発展的知識を修得する。
CP2:病態に応じた視能検査手技を正確に実施できる。
CP3:データと情報を適切に収集し、管理することができる。
CP4:他職種と協働し、チームの一員として貢献できる。

<3年次(SBOs3)>
CP1:視機能療法専門分野および関連領域における基礎的な知識を修得する。
CP2:病態に応じた視機能検査を正確に実施し、適切な視能矯正プログラムを計画できる。
CP3:収集した情報を基に、障害像の統合と解釈ができる。
CP4:視機能療法の発展的な専門知識を修得し、関連する職種間との連携に貢献できる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:視機能療法専門分野および関連領域における知識の修得と、それらを臨床応用できる能力を獲得する。
CP2:医学的根拠に基づいた視機能検査および視能矯正プログラムを立案し評価をすることができる。
CP3:臨床的な疑問点を解決するための応用的洞察力を涵養し、リサーチマインドを形成する。
CP4:視機能療法における応用的・発展的な知識を修得し、関連職種へ情報提供および共有することができる。

6-① 放射線・情報科学科(保健医療学部)

放射線・情報科学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
診療放射線技師教育における基礎および専門分野の知識を体系的に理解するとともに、多文化・異文化に関する知識、人類の文化・社会と自然に関する知識を養うための科目を設定する。

CP2:
診療放射線技師教育における獲得した知識・技能・態度等を総合的に利用し、自らが立てた新たな課題にそれらを適用し、その課題を解決する能力を養うための科目を設定する。

CP3:
診療放射線技師教育における臨床的技能としてのコミュニケーションスキル、数量的スキル、情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力を養うための科目を設定する。

CP4:
診療放射線技師教育における医療従事者としての自己管理力、チームワーク、リーダーシップ、倫理観、社会的責任感、生涯学習力を養うための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:診療放射線技師に必要な教養や基礎知識を修得できる。
CP2:基礎知識を利用して課題を解決する能力を修得できる。
CP3:診療放射線技師に必要な臨床的技能を学ぶための基礎を修得できる。
CP4:診療放射線技師を目指す学生としての豊かな人間性、医療福祉の幅広い知識を修得できる。

<2年次(SBOs2)>
CP1:診療放射線技師に必要な基礎知識に加え専門知識を修得できる。
CP2:専門知識を利用して課題を解決する基礎的な技術と能力を修得できる。
CP3:診療放射線技師に必要な臨床的基礎技術と能力を修得できる。
CP4:診療放射線技師だけでなく医療福祉における他職種の役割を理解できる。

<3年次(SBOs3)>
CP1:診療放射線技師に必要な専門的で実践的な知識を修得できる。
CP2:専門知識を利用して課題を解決する実践的な技術と能力を修得できる。
CP3:診療放射線技師に必要な臨床的技能を実践できる。
CP4:医療福祉における職種間のチームワーク、リーダーシップを理解できる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:診療放射線技師としてさらに専門性の高い知識を修得する。
CP2:専門知識を利用して課題を安全に解決し、高度な管理を実践する能力を修得できる。
CP3:診療放射線技師としてさらに高度な技能を実践できる。
CP4:診療放射線技師として発展し続ける能力、職種間連携を実践できる能力を修得できる。

6-② 放射線・情報科学科(成田保健医療学部)

CP1:診療放射線技師として必要となる豊かな人間性を備えた人材を育成する。

CP2:基礎教育を重視し、自ら思考し判断できる能力を備えた人材を育成する。

CP3:放射線に関する専門性に加え、医療情報に関する知識、技術を兼ね備えた人材を育成する。

7)医学検査学科(成田保健医療学部/福岡保健医療学部)

医学検査学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
臨床検査関連領域の基礎的・専門的な知識・技術を有し、他文化・異文化を問わない態度で人類の健康を理解できる臨床検査技師を育成するための科目を設定する。

CP2:
獲得した知識・技術・態度をもとに問題点を的確に把握し、適切な病態評価を行うための検査方法の選択や正確な検査データを提供できる臨床検査技師を育成するための科目を設定する。

CP3:
臨床検査の過程で得た情報をエビデンスに基づき定量的・論理的に分析し、適切なコミュニケーション手段を用いて他者と共有すると共に、他部門とのチームを構築して問題解決にあたることのできる臨床検査技師を育成するための科目を設定する。

CP4:
生涯にわたって探究心を持って学び続ける能力と姿勢を身につけ、修得した知識や技術を関連職種を含めたチーム内で共有しながらリーダーシップを発揮し、専門職業人としての高い倫理観を有した、社会から求められる臨床検査技師を育成するための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:保健医療福祉に関する基本的知識や異文化に関する知識を修得する。
CP2:保健医療福祉に関する基本的知識を修得し、臨床検査とのかかわりを理解する。
CP3:臨床検査に必要な論理的思考を養い、コミュニケーションスキルを身につける。
CP4:多様な学問領域に関心を持ち、主体的な学びを通して、使命感、倫理観、責任感、思いやりの心などの豊かな人間性を獲得する。

<2年次(SBOs2)>
CP1:臨床検査専門分野および関連領域における基礎的な知識を修得する。
CP2:臨床検査に関する応用的知識を修得する。
CP3:臨床検査データと情報を収集し、他部門とチームを構築して問題解決ができる。
CP4:他者と協働し、チームの一員として貢献できる。

<3年次(SBOs3)>
CP1:臨床検査専門分野における専門的な知識や技術を修得する。
CP2:臨床検査に関する応用的知識を修得すると共に、実践的な実習を行う。
CP3:各臨床検査データの重要性を理解し、臨床の場に適用して、統合できる知識と技術を身につける。
CP4:臨床検査の発展的な基礎知識を修得し、専門職業人としての倫理観を養い、関連する職種間との連携に貢献できる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:基本的な実践技術および施設における検査部門の運営法などを学ぶ。
CP2:専門分野の研究に取り組むとともに臨床検査特論で臨床検査全体について再点検を行う。
CP3:臨床的な疑問点を探究し、その解決を図るための研究デザインや研究チームを構築することができる。また、計画に基づいた研究の実施および結果の臨床応用について検討することができる。
CP4:臨床検査技術を発展させるための知識や技術を修得し、臨床検査の発展に貢献できる能力を備える。

8)医療福祉・マネジメント学科(医療福祉学部)

医療福祉・マネジメント学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
社会福祉学、医療経営管理学および関連諸科学の基礎および専門的知識・技術を体系的に学び、適切かつ効果的な支援および業務のあり方について理解するための科目を設定する。

CP2:
社会福祉学、医療経営管理学および関連諸科学の知識・技術・専門職としての価値観を総合的に活用し、課題に応じた創造的な支援や業務の遂行を行うことのできる能力を養うための科目を設定する。

CP3:
社会福祉学、医療経営管理学および関連諸科学の知識・技術を用いて、総合的な医療福祉の支援を多職種と連携して行うことのできるコミュニケーション能力や応用力を養うための科目を設定する。

CP4:
社会福祉および医療経営管理の専門従事者として高い倫理観と向上心を持ち、多様な人々と協働する力、主体的に問題を解決する力、社会的責任感を養うための科目を設定する。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1:社会福祉および医療経営管理の従事者に必要な基礎的教養や知識を修得する。
CP2:基礎的な知識を応用して、具体的な課題を解決する方法を考えることができる。
CP3:社会福祉および医療経営管理の従事者に必要な論理的思考、コミュニケーション能力を修得する。
CP4:社会福祉および医療経営管理の専門職を志す学生として、高い倫理観と責任感、豊かな人間性を自ら主体的に学ぶことができる。

<2年次(SBOs2)>
CP1:社会福祉および医療経営管理の従事者に必要な基礎的な専門知識・技術を修得する。
CP2:基礎的な専門知識・技術を応用して、具体的な課題を解決する基礎的な技術と能力を修得する。
CP3:社会福祉および医療経営管理の従事者に必要な基礎的な課題分析力・解決力を修得する。
CP4:他の専門分野にも関心を持ち学びの幅を広げるとともに、他者と積極的に関わり協働する姿勢を持つことができる。

<3年次(SBOs3)>
CP1:社会福祉および医療経営管理の従事者の専門的知識・技術の実践的な活用方法を修得する。
CP2:専門知識・技術を応用して、具体的な課題を解決する実践的な技術と能力を修得する。
CP3:社会福祉および医療経営管理の専門知識・技術を用い、多職種と連携して具体的な解決策を検討できる。
CP4:関連職種との連携の中で、リーダーシップを発揮し、自職種の役割や責務を果たすことができる。

<4年次(SBOs4)>
CP1:社会福祉および医療経営管理の従事者としてより高い専門的知識・技術を自ら学び、修得する。
CP2:専門知識・技術を応用して、課題に応じた具体的な解決策を自ら創造し、実践できる。
CP3:社会福祉および医療経営管理の専門知識・技術を用い、多職種と連携して具体的な解決策を検討しかつ実践することができる。
CP4:社会福祉および医療経営管理の専門知識・技術を応用し、多様な人々と協働しつつ、創造的な実践を展開することができる。

9)医療マネジメント学科(赤坂心理・医療福祉マネジメント学部)

CP1:広い教養と寛容な精神を兼ね備えると同時に、専門職としての職業倫理を有し、己の行動を律することができるようになる講義や演習を行う。

CP2:医療機関、医療関連産業、行政などの運営に寄与し、組織の運営、変革を含むマネジメントの重要性を理解し、また所属する組織の変革を支える人材になるために必要な医療・経営・情報処理などの知識・技術の修得に必要な講義や実習を行う。

CP3:多種類の資格取得を支援する講義を行う。

CP4:人工知能・医療ビッグデータ処理などの新しい情報処理知識を学ぶための講義を行う。

CP5:職種間・地域連携などの知識を学ぶ機会を提供する。

10-①)薬学科(薬学部)

薬学科では教育目標を学生が達成できるよう、次の方針に則り教育課程を編成・実施する。

CP1:
a.薬学の専門家として必要な知識・技能を修得するために、講義、演習、実習を相互に関連付けて科目を配置する。
b.薬物治療の実践的能力を高めるために、知識・技能を統合した能動的学修を実施する。

CP2:
a.問題発見から解決する能力および科学的根拠に基づいた論理的思考力を養うために、問題解決型学修 (PBL) をはじめとする能動的学修を講義、演習、実習で実施する。また、参加型実践的科目として卒業研究を配置する。
b.薬剤師として臨床での総合的実践能力を身につけるために、参加体験型学修である実務実習を行う。

CP3:
a.医療人としてのコミュニケーション能力を養成するために、ロールプレイを含む参加型実習を行う。
b.薬剤師の役割を理解するために、他職種との連携教育を実施する。

CP4:
a.薬剤師としての使命感・倫理観・責任感および豊かな人間性を涵養するために、スモールグループディスカッション (SGD)等を含めた講義、演習、体験実習を配置する。
b.国際的な感覚を養うために、世界の保健福祉事情に触れ、語学能力を高める機会を設ける。
c.生涯にわたり自ら研鑽できる医療の担い手になるために、ポートフォリオを用いた形成的自己評価の機会を設ける。

学業の成績は、授業参加態度、試験成績評価、レポート評価、課題達成状況などシラバスに記載される到達目標の学修到達度を評価して判断する。

(教育目標)
<1年次(SBOs1)>
CP1-a:薬学で必要となる基礎科目(化学系・物理系・生物系)の知識・技能を修得するとともに、問題発見から解決のプロセスに関する知識を修得する。
CP2-a:薬学で必要となる基礎科目(化学系・物理系・生物系)の知識・技能を修得するとともに、問題発見から解決のプロセスに関する知識を修得する。
CP3-a:社会人・医療人としてのコミュニケーションに関する知識を修得する。
CP3-b:薬剤師を含む医療職の職能を理解するとともに、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。
CP4-a:薬剤師を含む医療職の職能を理解するとともに、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。
CP4-a:総合教育科目(人間系、社会系、自然・情報系、総合系)を通して幅広い教養を身につけ、豊かな人間性を育む。
CP4-b:外国語を学修するとともに、海外の保健福祉事情に触れる。

<2年次(SBOs2)>
CP1-a:基礎薬学科目の知識・技能を広く修得するとともに、衛生薬学・医療薬学科目の知識・技能を修得する。
CP2-a:与えられた課題に関するデータを能動的に収集・分析・考察する能力を修得する。
CP3-a:コミュニケーション実習を通してコミュニケーションスキルの基礎を修得する。
CP3-b:他職種の中での薬剤師の役割を理解する。
CP4-b:語学能力を高め、医療英語を修得する。

<3年次(SBOs3)>
CP1-a:衛生薬学・医療薬学科目の知識・技能を広く修得する。
CP2-a:与えられた課題に関するデータを能動的に収集・分析・考察する能力を修得する。
CP3-a:医療コミュニケーションを修得するとともに、多職種の中での薬剤師の役割を実践することで専門領域を超えて問題を探究する姿勢を身につけ、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。
CP3-b:医療コミュニケーションを修得するとともに、多職種の中での薬剤師の役割を実践することで専門領域を超えて問題を探究する姿勢を身につけ、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。
CP4-a:医療コミュニケーションを修得するとともに、多職種の中での薬剤師の役割を実践することで専門領域を超えて問題を探究する姿勢を身につけ、薬剤師としての使命感・倫理観・責任感を培う。
CP4-a:組換えDNA・動物実験教育訓練を通して実習および卒業研究で必要となる研究倫理を理解する。
CP4-b:海外の保健福祉事情を知る。

<4年次(SBOs4)>
CP1-a:基礎薬学、衛生薬学、医療薬学を関連付けて修得する。
CP1-b:4年次までに修得した知識、技能を活用し、薬物治療を適切に評価する。
CP2-a:自ら問題を発見し、解決に必要となるデータを能動的に収集・分析・考察する能力を修得する。
CP4-a:研究倫理講習を通して卒業研究で必要となる研究倫理への理解を深める。

<5年次(SBOs5)>
CP1-b:実務実習(病院・薬局)を通して薬剤師(実習生)として使命感・倫理観・責任感をもって行動するとともに、臨床で必要となる実践的能力を身につける。
CP2-a:卒業研究を通して科学的根拠に基づいて課題を発見したり、問題点を解決する能力を修得する。
CP2-b:実務実習(病院・薬局)を通して薬剤師(実習生)として使命感・倫理観・責任感をもって行動するとともに、臨床で必要となる実践的能力を身につける。
CP3-a:英語による医療コミュニケーションを実践する。
CP4-a:実務実習(病院・薬局)を通して薬剤師(実習生)として使命感・倫理観・責任感をもって行動するとともに、臨床で必要となる実践的能力を身につける。
CP4-b:英語による医療コミュニケーションを実践する。

<6年次(SBOs6)>
CP1-a:薬学に関する全ての知識を統合し、患者に対する適切な薬物治療を選択・実践できる応用力を修得する。
CP1-b:薬学に関する全ての知識を統合し、患者に対する適切な薬物治療を選択・実践できる応用力を修得する。
CP2-a:卒業研究を通して科学的根拠に基づいて課題を発見したり、問題点を解決する能力を修得する。
CP2-a:卒業研究発表および実務実習報告会などを通して取り組んだ問題、課題などを薬学的知見および科学的根拠に基づいてまとめ、プレゼンテーションする能力を修得する。
CP4-a:学内での講義・演習・実習および実務実習(病院・薬局)で養った薬剤師としての倫理観・責任感・使命感を総合的に身につける。

10-②)薬学科(福岡薬学部)

CP1:くすり」の専門家としての専門的な知識や技能の修得にとどまらず、多様な学問領域に関心を持ち、使命感、倫理観、責任感、思いやりの心などの豊かな人間性を持つ人材を育成する。

CP2:真理や科学の本質を追究するものの考え方の基本を修得し、学問を創造的に追究するとともに、将来役立つ知識と技能と態度をバランスよく身につけ、自ら考えて判断できる問題解決能力を持った人材を育成する。

CP3:現在または近い将来の地域医療の問題、地域社会のニーズを捉えることができ、さらに、視野を広げて国際的な医療問題についても考えることができ、様々な国の人々と連携、協働できる素地を持った人材を育成する。

11)心理学科(赤坂心理・医療福祉マネジメント学部)

CP1:広い教養と寛容な精神を兼ね備えると同時に、専門職としての職業倫理を有し、己の行動を律することができるようになる講義や演習を行う。

CP2:医療機関、福祉施設での心理支援の重要性を理解し、個人・家族・集団・社会の各レベルを対象とする心のケア(生物・心理・社会モデル)に必要な知識・技術の修得に必要な講義や実習を行う。

CP3:職種間・地域連携などの知識を学ぶ機会を提供する。

12<医学科>(医学部)

CP1:医療プロフェッショナリズムの講義を専門教育と並行して行い、医師として必要なコミュニケーション、患者を大切にする姿勢等を学び、医学・医療に求められる高い倫理観の醸成を図る。

CP2:大多数科目での英語による授業を実施すると共に、国際医療保健学、海外臨床実習等を必修とし、留学生と共に学ぶことで、国際感覚や英語による診療や議論ができる能力を身につけ、将来国際的に活躍できる医師を養成する。

CP3:医学・医療に必要な、充実したリベラルアーツの講義を通じて、幅広い教養と感性を磨く。

CP4:基礎医学と臨床医学を統合して教え、少人数教育を多用し、情報の批判的吟味、問題解決能力の強化を図る。

CP5:充実したシミュレーション教育や診療参加型臨床実習等を通じて、知識・技術・態度のバランスのとれた、高い総合臨床能力を養成する。

CP6:職種の異なる医療従事者がお互いの専門性を発揮するために、関連職種連携教育を通じて各職種の役割を理解させる。