各センターのご案内

基礎医学研究センター

大田原キャンパス 教員紹介

職位 氏名
センター長・教授 山下 勝幸
教授 黒澤 美枝子
教授 島田 直樹
教授 飯島 典生
教授 相馬 義郎
研究助手 山口 剛史

成田キャンパス 教員紹介

職位 氏名
センター長・教授 潮見 隆之
教授 三宅 克也
教授 中江 淳
教授 松野 義晴
教授 村瀬 真一
講師 林 真理子
助教 佐藤 可野


大田原キャンパス 教員プロフィール

山下 勝幸 教授 基礎医学研究センター・センター長

学位・学歴
東京大学卒業
筑波大学大学院修士
東京大学大学院博士
医学博士
職歴
岡崎国立共同研究機構生理学研究所 助手
Max-Planck脳研究所神経解剖学部門 客員研究員
大阪大学医学部生理学第二講座 助手・講師・助教授
奈良県立医科大学生理学第一講座 教授
担当科目
生理学(言語聴覚学科)、生体機能論 I (看護学科)、生理学 I (視機能療法学科・理学療法学科・作業療法学科)、生理学 II (視機能療法学科)、生体機能論 II (看護学科)、生理学実習(理学療法学科・作業療法学科)、生理学(放射線・情報科学科)、生命薬科学特別研究(薬科学研究科修士課程)、医療・生命薬学特別研究(薬学研究科博士課程)
教育研究分野領域
神経生理学
研究テーマ
イオンチャネル・受容体による神経軸索伸長方向の制御
研究実績
  1. Yamashita, M. (2018) Electric fields guide axons through Ca2+ binding to integrin β1 subunit. Journal of Physiological Sciences, 68: S111.
  2. Yamashita, M. (2017) Neural stem cells of the neuroepithelium direct newborn neurons’ axons electrically: Galvanotropism precedes chemotropism. Stem Cell Research and Regenerative Medicine, 1: 1-2.
  3. Yamashita, M. (2017) Electric axon guidance in embryonic retina: Involvement of integrins. Journal of Neurology and Neurophysiology, 8(1): 39.
  4. Yamashita, M. (2017) Integrins mediate electric axon guidance. Journal of Physiological Sciences, 67: S119.
  5. Yamashita, M. (2016) Epithelial sodium channels (ENaC) produce extracellular positive DC potentials in the retinal neuroepithelium. Data in Brief, 6: 253-256.
  6. Yamashita, M. (2015) Weak electric fields serve as guidance cues that direct retinal ganglion cell axons in vitro. Biochemistry and Biophysics Reports, 4: 83-88.
  7. Yamashita, M. (2015) Electrophysiological recordings from neuroepithelial stem cells. Methods in Molecular Biology, Springer Protocols, 1212: 195-200.
  8. Yamashita, M. (2013) Electric axon guidance in embryonic retina: Galvanotropism revisited. Biochem. Biophys. Res. Commun., 431: 280-283.
  9. Yamashita, M. (2013) From neuroepithelial cells to neurons: Changes in the physiological properties of neuroepithelial stem cells. Arch. Biochem. Biophys., 534: 64-70.
その他
日本生理学会評議員(平成5年~現在)、日本生理学会理事(近畿地区常任幹事、平成18~22年)、日本生理学会学術研究委員会委員(平成24年~現在)、日本神経科学学会(平成4年~現在)、北米神経科学学会(平成6年~現在)

黒澤 美枝子 教授

学位・学歴
お茶の水女子大学卒業
お茶の水女子大学大学院修士
北海道大学大学院博士
医学博士
担当科目
生理学、臨床生理学、解剖生理学、生理学実習
教育研究分野領域
自律神経生理学、脳神経科学
研究テーマ
体性感覚刺激と自律神経機能、体性感覚刺激と脳神経伝達機能、情動と自律神経機能
研究実績
著書:
  • 黒澤美枝子,内臓―内臓反射,In自律神経機能検査 第5版,30-34,日本自律神経学会編,文光堂,2015.
  • 黒澤美枝子,自律神経系,In標準生理学,第8版,386-410,小澤瀞司,福田康一郎監修,医学書院, 2014.
  • 黒澤美枝子,長谷川薫.コメディカルのための専門基礎分野テキスト生理学,中外医学社,第3版,2014.
原著:
  • Tokunaga R, Shimoju R, Shibata H, Kurosawa M,Somatosensory regulation of serotonin release in the central nucleus of the amygdala is mediated via corticotropin releasing factor and gamma-aminobutyric acid in the dorsal raphe nucleus, Journal of Physiological Sciences in press
  • Tokunaga R, Shimoju R, Takagi N, Shibata H, Kurosawa M,Serotonin release in the central nucleus of the amygdala in response to noxious and innocuous cutaneous stimulation in anesthetized rats, Journal of Physiological Sciences, 66: 307-314, 2016.
  • 下重里江,徳永亮太,黒澤美枝子,コルチコトロピン放出因子受容体遮断薬の脳室内投与がピンチ刺激時の動脈圧・心拍数反応におよぼす影響,53: 305-311, 2016.
  • 今井 樹,下重里江,徳永亮太,黒澤美枝子,ラットの腹部皮膚触刺激時の動脈圧・心拍数低下反応における自律神経性機序,自律神経,53: 253-259, 2016.
  • Hori M, Shimoju R, Tokunaga R, Ohkubo M, Miyabe S, Ohnishi J, Murakami K, Kurosawa M,Tickling increases dopamine release in the nucleus accumbens and 50 kHz ultrasonic vocalizations in adolescent rats. NeuroReport, 24(5):241-245, 2013.
  • Suzuki Y, Ichinomiya S, Kurosawa M, Matsuda J, Ogawa S, Iida M, Kubo T, Tabe M, Itoh M, Higaki K, Nanba E, Ohno K, Therapeutic chaperone effect of N-octyl 4-epi-β-valienamine on murine G(M1)-gangliosidosis, Mol Genet Metab,106:92-8, 2012.
  • Maruyama K, Shimoju R, Ohkubo M, Maruyama H, Kurosawa M, Tactile skin stimulation increases dopamine release in the nucleus accumbens in rats, The Journal of Physiological Sciences, 62:259-266, 2012.
総説:
  • 黒澤美枝子、下重里江、徳永亮太、自律機能ならびに情動と関わる脳内神経伝達物質放出におよぼす体性感覚刺激の影響、理学療法学,42: 661-662, 2015.
  • 黒澤美枝子、下重里江、鍼灸の自律神経への影響、Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery 31:1053-1057,2015.
  • 黒澤美枝子、体性感覚刺激と自律神経機能、自律神経52:18-23, 2015.
  • 黒澤美枝子、下重里江、自律神経系の構成要素とその薬理学,Clinical Neuroscience,32(12): 1341-1344, 2014.
その他
所属学会:
日本生理学会、日本自律神経学会、日本神経科学会、International Society for Autonomic
Neuroscience 教育業績:修士並びに博士課程の院生と卒研生(薬学科と理学療法学科)を指導しています。

島田 直樹 教授

学位・学歴
慶應義塾大学卒業
慶應義塾大学大学院博士課程修了
博士(医学)
医師
担当科目
公衆衛生学、疫学・保健医療統計学、統計学、医薬品の情報学(分担)、機能障害論Ⅱ(分担)
教育研究分野領域
公衆衛生学、疫学、医学統計
研究テーマ
指定難病の疫学(特に血液疾患)、医学統計コンサルテーション
研究実績
著書:
  • 島田直樹.第1編 第3章 人口統計と公衆衛生.佐々木明子,井原一成(編集).公衆衛生学 第4版(新体系 看護学全書 健康支援と社会保障制度②).東京:株式会社メヂカルフレンド社,2016(12):83-110.
  • 島田直樹.I III 3 傷病統計.高島豊,櫻井裕(編著).エッセンシャル社会・環境と健康 第2版第9刷.東京:医歯薬出版株式会社,2017(1):53-62..
  • 島田直樹.II III 5 骨・関節疾患.高島豊,櫻井裕(編著).エッセンシャル社会・環境と健康 第2版第9刷.東京:医歯薬出版株式会社,2017(1):173-178.
原著:
  • 山崎恭子,島田直樹,下司映一,後藤澄子.酸化LDLと生活習慣および精神健康度との関連.日本未病システム学会雑誌 2012(6);18(2):95-98.
  • 苅部智恵子,佐藤啓造,丸茂瑠佳,丸茂明美,藤城雅也,若林紋,入戸野晋,米山裕子,岡部万喜,黒瀬直樹,島田直樹.終末期医療における自己決定権と生活の質について -安楽死・尊厳死に関する医学生・理系学生の意識差をもとに-.昭和医学会雑誌 2012(6);72(3):349-358.
  • Kokaze A, Ishikawa M, Matsunaga N, Karita K, Yoshida M, Shimada N, Ohtsu T, Shirasawa T, Ochiai H, Satoh M, Hashimoto M, Hoshino H, Takashima Y. Mitochondrial DNA 5178 C/A polymorphism influences the effects of habitual smoking on the risk of dyslipidemia in middle-aged Japanese men. Lipids in Health and Disease 2012(8);11(1):97.
  • Shirasawa T, Ochiai H, Nishimura R, Morimoto A, Shimada N, Ohtsu T, Hoshino H, Tajima N, Kokaze A. Secular trends in blood pressure among Japanese schoolchildren: A population-based annual survey from 1994 to 2010. Journal of Epidemiology 2012(9);22(5):448-453..
  • Kokaze A, Ishikawa M, Matsunaga N, Karita K, Yoshida M, Shimada N, Ohtsu T, Shirasawa T, Ochiai H, Hoshino H, Takashima Y. Combined effect of mitochondrial DNA 5178 C/A polymorphism and alcohol consumption on estimated glomerular filtration rate in male Japanese health check-up examinees: a cross-sectional study. BMC Nephrology 2013(2);14:35.
その他
資格:
日本医師会認定産業医 社会医学系専門医協会認定社会医学系指導医

所属学会:
日本健康学会(理事、編集委員長)、日本産業衛生学会(代議員、関東地方会幹事)、日本衛生学会(評議員)、日本ストレス学会(評議員)、厚生労働統計協会(「厚生の指標」査読委員)、日本高次脳機能障害学会(機関誌編集委員会委員(統計査読))、日本公衆衛生学会、日本疫学会、日本医療・病院管理学会、日本禁煙推進医師歯科医師連盟

飯島 典生 教授

学位・学歴
東北大学理学部 卒業
東北大学大学院理学研究科 博士前期課程修了
東北大学大学院理学研究科 博士後期課程修了
博士(理学)
担当科目
解剖学、解剖学I、解剖学実習、解剖学実習I、II、生体形態論
教育研究分野領域
神経解剖学、神経内分泌学
研究テーマ
ニューロンのin vivoイメージング、全身麻酔の作用メカニズム、概日リズムと疾患
研究実績
  1. Iijima N, Matsumoto K, Miyamoto S, Takumi K, Ueta Y, Ozawa H. Development of an Imaging System for In Vivo Real-Time Monitoring of Neuronal Activity in Deep Brain of Free-Moving Rats. Histochem Cell Biol. 27th May 2017 on line DOI 10.1007/s00418-017-1576-2
  2. Nagamoto S, Iijima N, Ishii H, Takumi K, Higo S, Aikawa S, Anzai M, Matsuo I, Nakagawa S, Takashima N, Shigeyoshi Y, Sakamoto A, Ozawa H. Establishment of an in vitro cell line experimental system for the study of inhalational anesthetic mechanisms. Neurosci Lett. 2016 620:163-8.
  3. Iijima N, Takumi K, Matsumoto K, Ozawa H. Visualization of Kisspeptin Binding to Rat Hypothalamic Neurons. Acta Histochem Cytochem. 2015 Dec 25;48(6):179-84.
  4. Matsuo I, Iijima N, Takumi K, Higo S, Aikawa S, Anzai M, Ishii H, Sakamoto A, Ozawa H. Characterization of sevoflurane effects on Per2 expression using ex vivo bioluminescence imaging of the suprachiasmatic nucleus in transgenic rats. Neurosci Res. 2016 107:30-7.
  5. Mori K, Iijima N, Higo S, Aikawa S, Matsuo I, Takumi K, Sakamoto A, Ozawa H. Epigenetic suppression of mouse Per2 expression in the suprachiasmatic nucleus by the inhalational anesthetic, sevoflurane. PLoS One. 2014 ;9:e87319.
  6. Anzai M, Iijima N, Higo S, Takumi K, Matsuo I, Mori K, Ohe Y, Kadota K, Akimoto T, Sakamoto A, Ozawa H. Direct and specific effect of sevoflurane anesthesia on rat Per2 expression in the suprachiasmatic nucleus. PLoS One. 2013;8:e59454.
特許
特開2016-123368 ガス作用実験法及びシステム。
出願者:学校法人日本医科大学、株式会社東海ヒット、発明者:飯島典生
メッセージ
2017年4月より本学基礎医学研究センターに着任しました。私は脳の中を顕微鏡で観る、見つける、画像から定量する実験をしてまいりました形態学者です。まずは脳スライスからのex vivoイメージング、直接に動物の脳内を観察するin vivoイメージングをあらたに組み立てようとしています。新規のシステムを手作りすることに興味をお持ちの先生方、学生諸君のご連絡をお待ちします。ちなみに私は体育会系です。

相馬 義郎 教授

学位・学歴
大阪医科大学卒業
大阪医科大学大学院博士課程修了
博士(医学)
医師
担当科目
生物学、薬物治療学III(分担)、臨床検査医学実習
教育研究分野領域
膜輸送生理学、イオンチャネルの分子生理・薬理学
研究テーマ
CFTRチャネルの分子生理・薬理学
研究実績
著書:
  • Sohma Y*, Hwang TC. Cystic fibrosis and the CFTR anion channel. In: Zheng & Trudeau (eds), Handbook of Ion Channels, CRC Press Taylor & Francis Books Inc, Oxford, UK, pp 627 648, 2015
総説:
  • Sohma Y*, Yu YC, Hwang TC. Curcumin and Genistein: the combined effects on disease-associated CFTR mutants and their clinical implications. Current Pharmaceutical Design 2013; 19(19):3521-3528
原著:
  • Lin WY, Sohma Y, Hwang TC*. Synergistic Potentiation of Cystic Fibrosis Transmembrane Conductance Regulator Gating by Two Chemically Distinct Potentiators, Ivacaftor (VX-770) and 5-Nitro-2-(3-Phenylpropylamino) Benzoate. Molecular Pharmacology 2016 90(3):275-85
  • Yu YC, Sohma Y, Hwang TC*. On the mechanism of gating defects caused by the R117H mutation in CFTR. Journal of Physiology 2016 594(12):3227-44
  • Furukawa-Hagiya T, Yoshida N, Chiba S, Hayashi T, Furuta T, Sohma Y, Sakurai M*. Water- meditated forces between the nucleotide binding domains generate the power stroke in an ABC transporter. Chemical Physics Letters2014; 616-617:165-170
  • Guo JH, Chen H, Ruan YC, Zhang XL, Zhang XH, Fok KL, Tsang LL, Yu MK, Huang WQ, Sun X, Chung YW, Jiang X, Sohma Y, Chan HC*. Glucose-induced electrical activities and insulin secretion in pancreatic islet β-cells are modulated by CFTR. Nature Communication 2014; 15;5:4420
  • Yu YC, Sohma Y*, Takimoto S, Miyauchi T, Yasui M. Direct Visualization and Quantitative Analysis of Water Diffusion in Complex Biological Tissues using CARS Microscopy. Scientific Reports 2013; 3:2745
  • Jih KY, Sohma Y, Hwang TC* (2012) Non-integral stoichiometry in CFTR gating revealed by a pore-lining mutation. Journal of General Physiology140:347 359
  • Furukawa-Hagiya T, Furuta T, Chiba S, Sohma Y, Sakurai M* (2013) The power stroke driven by ATP binding in CFTR as studied by molecular dynamics simulations. Journal of Physical Chemistry B 117: 83 93
  • Yang Y, Sohma Y, Nourian Z, Ella SR, Li M, Stupica A, Korthuis RJ, Davis MJ, Braun AP, Hill M* (2013) Mechanisms underlying regional differences in the Ca2+ sensitivity of BKCa current in arteriolar smooth muscle. Journal of Physiology 591:1277 1293
  • Hayasaki H, Sohma Y*, Kanbara K, Otsuki Y* Heterogeneous GABAB receptor mediated pathways are involved in the local GABAergic system of the rat trigeminal ganglion: Possible involvement of KCTD proteins. Neuroscience 2012; 218:344 358
  • Yu YC, Miki H, Nakamura Y, Hanyuda A, Matsuzaki Y, Abe Y, Yasui M, Tanaka K, Hwang TC, Bompadre SB, Sohma Y*. Curcumin and genistein additively potentiate G551D-CFTR. Journal of Cystic Fibrosis 2011; 10:243 252
その他
学会会員:日本生理学会(評議員・編集広報委員会委員)、日本薬理学会 日本生物物理学会、英国生理学会 北米生物物理学会、Society for General Physiologists

山口 剛史 助手

学位・学歴
姫路工業大学卒業
兵庫県立大学大学院修士
兵庫県立大学大学院博士
理学博士
教育研究分野領域
発生学、分子生物学、水圏生命科学
研究テーマ
モデル生物を用いた免疫寛容の制御メカニズムの探索
研究実績
  • Yamaguchi T., Kataoka K., Watanabe K., Orii H. Restriction of the Xenopus DEADSouth mRNA to the primordial germ cells is ensured by multiple mechanisms. Mechanisms of Development, 131, 15-23, 2014.
  • Yamaguchi T., Taguchi A., Watanabe K., Orii H. Germes is involved in translocation of germ plasm during development of Xenopus primordial germ cells. The International Journal of Developmental Biology, 57, 439-443, 2013.
  • Yamaguchi T., Taguchi A., Watanabe K., Orii H. DEADSouth protein localizes to germ plasm and is required for the development of primordial germ cells in Xenopus laevis. Biology Open, 2, 191-199, 2013.
  • Orii H., Yamaguchi T., Watanabe K. (2013) Single-step cloning of a hybridoma producing a monoclonal antibody against a target protein. Analytical Biochemistry, 434, 52-53, 2013.
  • Elinson R.P., Sabo M., Fisher C., Yamaguchi T., Orii H., Nath K. Germ plasm in Eleutherodactylus coqui, a direct developing frog with large eggs. EvoDevo, 2, 20-30, 2011.
  • Kataoka K, Yamaguchi T., Orii H, Tazaki A., Watanabe K, Mochii M. Visualization of the Xenopus primordial germ cells using a green fluorescent protein controlled by cis elements of the 3’ untranslated region of the DEADSouth gene. Mechanisms of Development, 123, 746-760, 2006.
連絡先
yamaguchi@iuhw.ac.jp


成田キャンパス 教員プロフィール

潮見 隆之 教授 基礎医学研究センター・センター長

学位・学歴
慶應義塾大学医学部
慶應義塾大学大学院博士(医学)
職歴・学歴
前New York University Research Scientist
元Columbia University Associate Research Scientist
元慶應義塾大学医学部助手(病理学)
日本病理学会認定病理専門医研修指導医・病理専門医、日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
研究テーマ
呼吸器疾患における細胞外基質代謝
研究実績
  1. D'Armiento J, Shiomi T, Marks S, Geraghty P, Sankarasharma D, Chada K. Mesenchymal Tumorigenesis Driven by TSC2 Haploinsufficiency Requires HMGA2 and Is Independent of mTOR Pathway Activation. Cancer Res. 2016; 76(4): 844-854
  2. Carver PI, Anguiano V, D'Armiento J and Shiomi T. Mmp1a and Mmp1b Are Not Functional Orthologs to Human MMP1 in Cigarette Smoke-induced Lung Disease. Exp Toxicol Pathol. 2015; 67(2):153-159.
  3. Shiomi T, Sklepkiewicz P, Bodine PVN and D'Armiento J. SFRP1 Maintains the Pluripotential State of Bronchial Alveolar Stem Cells and Regulates Proliferation Post Injury. FASEB J. 2014; 28(12):5242-5249.
  4. Elkington P, Shiomi T, Breen R, Nuttall RK, Ugarte-Gil CA, Walker NF, Saraiva L, Pedersen B, Mauri F, Lipman M, Edwards DR, Robertson BD, D'Armiento J, Friedland JS. MMP-1 drives immunopathology in human tuberculosis and transgenic mice. J Clin Invest. 2011; 121(5):1827 1833.
  5. Shiomi T, Inoki I, Kataoka F, Ohtsuka T, Hashimoto G, Nemori R, Okada Y. Pericellular activation of proMMP-7 (promatrilysin-1) through interaction with CD151. Lab Invest. 2005; 85 (12):1489-1506.
メッセージ
現在の最先端医療の基盤となっている知識・技術は、少し前の基礎医学研究から生まれました。本センターにおける研究活動を通じ、近い将来のさらに進化した医療の元を生み育てていきましょう。
連絡先
TEL: 0476-20-7701
FAX: 0476-20-7702

三宅 克也 教授

学位・学歴
1987年 新潟大学農学部卒業
1989年 新潟大学大学院農学研究科修士課程修了
2000年 博士(医学)(福島県立医科大学)
職歴
福島県立医科大学医学部解剖学第2講座(助手)
米国ハーバード大学医学部解剖学・細胞生物講座(研究員)
米国ジョージア州立医科大学細胞生物・解剖学講座(博士研究員)
米国ジョージア州立医科大学・分子医学遺伝学研究所(Assistant Professor)
細胞形態機能解析センター(Co-Director)
香川大学医学部組織細胞生物学講座(准教授)
国際医療福祉大学・基礎医学研究センター副センター長(教授)
日本ディスファーリノパシー患者会顧問
所属学会:日本解剖学会(評議員),日本顕微鏡学会,日本細胞生物学会,米国細胞生物学会
研究テーマ
細胞膜修復のメカニズム
研究実績
  1. 三宅克也,市川厚,Harvard大学名誉教授Dr.Susumu Ito,解剖学雑誌,91(1 2),p.1-4, 2016.
  2. Miyake, K., T. Tanaka, P.L.McNeil*, Disruption-Induced Mucus Secretion: Repair and Protection, PLoS Biology, 4(9):e276, 2006.
  3. Bansal, D., K.Miyake, S.S.Vogel, S.Groh, C.C.Chen, R.Williamson, P.L.McNeil, K.P.Campbell, Defective Membrane Repair in Dysferlin-Deficient Muscular Dystrophy, nature, 423(no.6936),168-172, 2003.
  4. McNeil, P.L*, K. Miyake, S.S.Vogel, The endomembrane requirement for cell surface repair, Proc Natl Acad Sci U S A.,100(8):4592-7, 2003.
  5. Miyake, K. and P.L.McNeil*, Vesicle Accumulation and Exocytosis at Sites of Plasma Membrane Disruption, J. Cell Biol., 131(6)2:1737-1745, 1995.
メッセージ
多光子レーザー顕微鏡や電子顕微鏡を使って細胞膜修復に関する研究をしています.共同研究大歓迎です.
連絡先
TEL: 0476-20-7730
E-mail: kats5050@iuhw.ac.jp

松野 義晴 教授

学位・学歴
1988年 国際武道大学体育学部卒業
1991年 千葉大学大学院教育学研究科修士課程修了(教育学)
2004年 千葉大学大学院医学薬学府博士課程修了(医学)(短縮終了)
職歴
1994年 千葉大医学部 文部技官・文部科学技官・専門職員
2004年 千葉大学大学院 医学研究院 助手・助教
2006年 東京医科大学 人体構造学講座 客員講師(現在に至る)
2008年 千葉大学環境健康フィールド科学センター 講師【医学研究院 兼務】
2011年 千葉大学予防医学センター 准教授【医学研究院 兼務】
2016年 国際医療福祉大学 基礎医学研究センター 教授(現在に至る)
2016年 千葉大学 客員教授 (現在に至る)
所属学会
日本解剖学会
研究テーマ
  1. 基礎と臨床を統合する解剖学教育法に関する研究
  2. 解剖実習指導による教育効果に関する研究
  3. 解剖実習中に蒸散するホルムアルデヒドに関する研究
研究実績

Levels of formaldehyde vapor released from embalmed cadavers in each dissection stage
Sugata Y, Miyaso H, Odaka Y, Komiyama M, Sakamoto N, Mori C and Matsuno Y(Corresponding author).
Environ Sci Pollut Res Int. Published Online DOI: 10.1007/s11356-016-6744-82016 6 May 2016

Interpretation of multi-detector computed tomography images before dissection may allow detection of vascular anomalies: A postmortem study of anomalous origin of the right subclavian artery and the right vertebral artery
Sakamoto N, Miyaso H, Komiyama M, Sugata Y, Suzuki T, Kohno T, Iwase H, Hayakawa M, Inokuchi G, Mori C and Matsuno Y(Corresponding author).
Anatomical Science International 87(4) : 238-244, 2012

Attitudes of healthcare students on gross anatomy laboratory sessions
Kawashiro Y, Anahara R, Kohno T, Mori C and Matsuno Y (Corresponding author).
Anatomical Sciences Education 2(6) : 273-279, 2009

Formaldehyde exposure in a gross anatomy laboratory
-personal exposure level is higher than indoor concentration-
Ohmichi K, Komiyama M, Matsuno Y, Takanashi Y, Miyamoto H, Kadota T, Maekawa M, Toyama Y, Tatsugi Y, Kohno T, Ohmichi M and Mori C.
Environ Sci Pollut Res Int. 13(2) : 120-124, 2006

Effect of neonatal exposure to diethylstilbestrol on testicular gene expression in adult mouse: comprehensive analysis with cDNA subtraction method
Matsuno Y, Adachi T, Koh K-B, Fukata H,Sugimura A, Sakurai K, Shibayama T, Iguchi T, Komiyama M and Mori C.
Int. J. Androl. 27(2) : 115-122, 2004

メッセージ
講義・実習を通して培われた"知識"という情報を正しく脳内にインプットし、その知識を基に適切な対応となるアウトプットを本学の学生の皆様に期待しています。そのためには、日々の努力の積み重ねが肝要です。応援します。頑張りましょう!

林 真理子 講師

学位・学歴
1991年 東京大学理学部生物化学科卒業
1993年 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程修了
1997年 東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻課程博士(理学)
職歴
1996年 理化学研究所 基礎特別研究員
1997年 米国コールドスプリングハーバー研究所 Postdoctoral Fellow
2000年 米国マサチューセッツ工科大学  Senior Postdoctoral Associate
2009年 慶応義塾大学医学部 助教
2016年 国際医療福祉大学 基礎医学研究センター講師
所属学会
日本薬理学会、日本神経化学会(評議員)
研究テーマ
神経細胞・グリア細胞の相互作用とシナプス機能の成熟
研究実績

A Temporary Gating of Actin Remodeling during Synaptic Plasticity Consists of the Interplay between the Kinase and Structural Functions of CaMKII.
Kim K, Lakhanpal G, Lu HE, Khan M, Suzuki A, Hayashi MK, Narayanan R, Luyben TT, Matsuda T, Nagai T, Blanpied TA, Hayashi Y, Okamoto K.
Neuron. 2015 Aug 19;87(4):813-26

The transmembrane transporter domain of glutamate transporters is a process tip localizer.
Hayashi MK, Yasui M.
Sci Rep. 2015 Mar 12;5:9032.

Expression and localization of aquaporin-4 in sensory ganglia.
Kato J, Takai Y, Hayashi MK, Kato Y, Tanaka M, Sohma Y, Abe Y, Yasui M.
Biochem Biophys Res Commun. 2014 Sep 5;451(4):562-7.

A general anaesthetic propofol inhibits aquaporin-4 in the presence of Zn2 .
Kato J, Hayashi MK, Aizu S, Yukutake Y, Takeda J, Yasui M.
Biochem J. 2013 Sep 1;454(2):275-82.
The postsynaptic density proteins Homer and Shank form a polymeric network structure.

Hayashi MK, Tang C, Verpelli C, Narayanan R, Stearns MH, Xu RM, Li H, Sala C, Hayashi Y.
Cell. 2009 Apr 3;137(1):159-71

メッセージ
大学で初めて本格的に生物学を学ぶ皆さんにも、人体の巧妙な仕組みについて興味を持って学べる授業を心がけています。