各センターのご案内

HOME > 各センターのご案内 > 基礎医学研究センター

基礎医学研究センター

センター長のご挨拶

山下 勝幸 
基礎医学研究センター長 教授

東京大学卒業、筑波大学大学院修士、東京大学大学院博士、医学博士
、日本生理学会評議員(平成5年~現在)、日本生理学会理事(近畿地区常任幹事、平成18~22年)、日本生理学会学術研究委員会委員(平成24年~現在)、日本神経科学学会(平成4年~現在)、北米神経科学学会(平成6年~現在)

大田原キャンパスの基礎医学研究センターでは、本センターに所属する教員、薬学部教員、大学院生、卒業研究学生、及び、国際医療福祉大学病院・国際医療福祉大学塩谷病院の医師が、L棟内の実験施設を利用して研究に励んでおります。近年、当施設の利用者が増加しており、本センターは大田原キャンパスにおける基礎医学研究の中心的存在としてその重要性を増しつつあります。平成29年度はL棟4階に組織学研究室が整備され、新たな研究テーマが開始されています。限られたスペースではありますが、利用者にとって研究しやすい環境と設備の維持に、職員一同で努めてまいりたいと思います。本センターは、細胞・組織・動物を実験対象とした基礎研究を主眼としており、現在実施されている研究テーマは多岐にわたっております。その中から将来、臨床や創薬、新規な医療技術の開発に繋がる成果も生まれつつあります。基礎研究と応用研究の関係は常に、
"Dem Anwenden muss das Erkennen vorausgehen"
"Insight must precede application" (Max Planck)

であります。この言葉は、基礎研究の重要性を的確に表現したものであり、基礎研究に携わる者として、この言葉の意義と責務を念頭に置き、毎日の研究活動に励んでゆきたいと思います。

基礎医学研究センター・センター長
 山下 勝幸

基礎医学研究センターについて

■基礎医学研究施設の管理運営

L棟2階の基礎医学研究施設には、専門領域の研究室として、分子生物学研究室、機能研究室、形態研究室があり、基礎医学研究センターの各管理責任者が常駐し、この領域における教育と研究の指導にあたっております。各研究室のホームページで、管理責任者は研究室に常備されている研究機器と現在行われている研究内容、及び、どのような研究に対応し、指導できるかを明らかにしております。また、共同研究室として、動物室、細胞培養室、遺伝子組み換え(P2)施設を完備しており、遺伝子改変マウスや細胞をはじめとした、遺伝子組み換え実験と研究に対応できる環境を整えつつあります。

各研究室のご紹介

■機能学研究室

機能研究室は、黒澤と山下が管理をしています。機能研究室では、麻酔下の小動物(ラットなど)を対象として、各種自律機能(血圧、心拍数、組織血流、自律神経活動など)を測定することが可能です。麻酔下で血液を採取し血糖値の経時的変化を見ることや、各種薬物の自律神経機能におよぼす影響について検討することもできます。現在、本研究室では主に、皮膚や骨格筋に機械的刺激や温度刺激、電気刺激を加えた際の自律機能変化とそのメカニズムを明らかにする研究を行っています。これは各種リハビリテ―ションが自律機能におよぼす影響についての基礎研究になります。

■形態学研究室

形態学研究室は、飯島、山口が管理をしています。この研究室では形態学的な手法(免疫組織化学、in situ hybridization、脳組織培養、動物の行動測定)によって研究を進めることが出来ます。研究室の設備としては、細胞・組織の調整・固定からパラフィン切片や凍結切片の作製・染色が可能であり、研究室に設置された正立蛍光顕微鏡、倒立位相差顕微鏡、倒立蛍光顕微鏡(微分干渉、カルシウム・イメージング)で、観察・画像取得が可能です。その他、共焦点レーザー顕微鏡顕微鏡(Olympus: FV1200)、DNAシークエンサー、実体顕微鏡、バーチャルスライドシステム、フローサイトメーター、分光光度計、インキュベーターを備え、実験動物のマイクロサージェリーや、化学反応実験も可能です。

■分子生物学研究室

分子生物学研究室は山口が管理をしています。フローサイトメーター、セルソーター、ナノドロップ、マイクロプレートリーダー、PCRサーマルサイクラー、Step One PlusリアルタイムPCRシステム、ImageQuant LAS4000mini、振とう培養器 、冷却/卓上高速遠心機などが設置され、各種実験・研究に対応できる環境が整っています。


■臨床連携研究室 (再生生殖幹細胞研究室、蛍光顕微鏡室、分子病理解析室、遺伝子解析室)

臨床連携研究室は、島田が管理しています。 主として、動物実験で得られた各種検体やヒト検体(臓器・組織等)の病理組織学的検討を目的とした施設です。蛍光免疫組織染色等の手法を用いて、疾患の分子病理学的解明や予防・治療評価判定に使用しています。また、昨今、注目されているRNA機能研究等にも対応しうる施設構築を目指しています。


■組織学研究室

組織学研究室は、飯島、山口が管理をしております。この研究室では、ティッシュチョッパー、マイクロスライサー、クリーンベンチ、インキュベーターを備え、スライス組織の作製および組織培養を行うことが可能です。また、ハイブリオーブン、振とう機などin situ hybridizationを行うための関連機器を揃えつつあります。最近、ルシフェラーゼ発光をCCDカメラによって測定することで一細胞レベルの発光測定が可能なex vivoイメージングシステム、培養細胞、培養組織全体の発光を長時間に渡り測定可能な長時間リアルタイム発光計測システム(AB-2550 クロノスDio)も導入し、発光測定系を用いた実験を行うことが可能となりました。

■細胞培養研究室

センター施設には、小さいながらも細胞培養室があり、CO2インキュベーターとクリーンベンチと顕微鏡が設置されており、ライン化された細胞の培養だけでなく、神経細胞などプライマリー細胞の培養が可能です。また、隣接のP2施設には、クリーンベンチとCO2インキュベーターとオートクレーブを設置しており、必要なP2実験がおこなえる体制を整えています。培養室とP2施設の管理は山口が行っています。

■動物飼育室

動物室には、平成25年6月に新たに飼育エリア入退準備室が設置されました。 ラット、マウスの短期的研究のための短期飼育エリアと遺伝子組換えマウスなど系統維持と長期的研究のための長期飼育エリアが配置され、湿度・温度管理と換気調節がなされています。また、簡単な手術や測定をおこなうための処置室とケージ洗浄室から構成されています。 年に一度、教育・研究に供された動物に感謝と哀悼の意を表し、動物慰霊祭を行っています。