各センターのご案内

HOME > 各センターのご案内 > 国際交流センター > 教員紹介

国際交流センター

大田原キャンパス 教員紹介

職位 氏名
教授 陳 霞芬
准教授 福井 譲
助教 五十嵐 小優粒
助教 梅木 俊輔

成田キャンパス 教員紹介

職位 氏名
教授 赤津 晴子

陳 霞芬 教授

学位・学歴
医学博士
教育研究分野領域
病院管理学、公衆衛生学、国際保健学
研究テーマ
在日外国人勤務者の職業性ストレス、途上国の保健医療福祉
研究実績
著書:若月俊一と農村医学
訳書:日本《らい予防法》廃除の歴史
論文:チーム構成員の貢献度からみたチーム医療のあり方に関する研究 等

福井 譲 准教授

学位・学歴
岐阜経済大学 卒業
広島大学大学院国際協力研究科 修士(学術)
広島大学大学院国際協力研究科 博士(学術)
担当科目
コリア語、日本近現代史、発表・討論(留学生科目)
教育研究分野領域
朝鮮近現代史、在日朝鮮人史
研究テーマ
植民地期における渡航管理政策、朝鮮総督府の逓信政策(特に簡易生命保険制度について)
研究実績
  • 「韓国から見たフクシマと「核」-震災報道と原発への再認識-」,高橋伸夫編『アジアにおける「核」と私たち』慶應義塾大学出版,2014年3月.
  • 『在日朝鮮人警察関係資料(在日朝鮮人資料叢書7,全3巻)』緑蔭書房,2013年5月.
  • 「逓信政策による農村支配の一形態‐「簡易生命保険模範部落」を中心に‐」,松田利彦・陳姃湲編『地域社会から見る帝国日本と植民地』,思文閣出版,2013年3月.
  • 「在住朝鮮人の「身元調査」について‐岩井警察署『朝鮮人関係綴』をもとに‐」,在日朝鮮人運動史研究会編『在日朝鮮人史研究』第40号,2010年10月.
  • 「韓国と核‐「持ち込み核兵器」と核技術利用の現代史‐」,吉村慎太郎編『核拡散問題とアジア-「核抑止論」を超えて-』国際書院,2009年7月.
  • 「朝鮮総督府の逓信官僚とその政策観‐朝鮮簡保制度の施行を中心に‐」,松田利彦・やまだあつし編『日本の朝鮮・台湾支配と植民地官僚』思文閣出版,2009年3月.
メッセージ
知的関心はその人を成長させ,魅力的な存在へと変えるものです。
皆さんの「知の世界」をぜひ広げてください。そのためにこちらで助力できることがあれば,いつでも歓迎します。
連絡先
TEL: (研究室)0287-24-3062 (内)2662
FAX: 0287-24-3191
E-mail: senohatch@iuhw.ac.jp

五十嵐 小優粒 助教

学位・学歴
大阪外国語大学卒業
大阪大学大学院修士(言語文化学)
<職歴>
国際交流基金短期専門家派遣 テヘラン大学客員講師
神戸国際語言学院 常勤講師
ダイワアカデミー 常勤講師
担当科目
<別科>
日本語Ⅰ~Ⅳ
文章表現
口頭表現
日本語演習
日本事情
<学部>
医療福祉専門漢字
医療福祉専門語彙
発表・討論Ⅰ
発表・討論Ⅱ
教育研究分野領域
対照言語学、ペルシア語学
研究テーマ
ペルシア語のヴォイス
研究実績
<著書>
『みんなの日本語 初級』Ⅰ・Ⅱ ペルシア語語彙訳
スリーエーネットワーク(共著)
<カリキュラム・教案>
厚生労働省委託事業 大原学園グループ全国就労支援センター 外国人就労・定着支援研修「日本語資格準備コースN2」「日本語資格準備コースN3」のカリキュラム及び教案
メッセージ
教えてもらえるのを待つばかりでは、得た知識を応用できません。自ら知りたい・分かろうとする姿勢が自分を成長させます。そのサポートを全力でします。
連絡先
TEL:0287-24-3040
FAX:0287-24-3140
E-mail:susanak@iuhw.ac.jp

梅木 俊輔 助教

学位・学歴
学士(文学)桃山学院大学卒業
修士(文学)東北大学
博士(文学)東北大学
担当科目
<別科>
日本語Ⅰ
総合日本語Ⅰ
日本語演習ⅠA
日本語演習ⅠB
日本語演習ⅢA
日本語演習ⅢB
日本語演習ⅣA
日本語演習ⅣB
文章表現B
口頭表現B
読解C
<学部>
医療福祉専門漢字(留学生)
作文・読解Ⅰ(入門)(留学生)
作文・読解Ⅱ(応用)(留学生)
文法・語彙Ⅱ(応用)(留学生)
文法・語彙Ⅲ(完成)(留学生)
作文・読解Ⅲ(完成)(留学生)
教育研究分野領域
日本語教育、社会言語学、異文化コミュニケーション
研究テーマ
複言語環境の相互行為分析(特に、協働に伴うコミュニケーション調整について)
研究実績
『聞き返し発話の解釈に関する認知語用論的考察』, 梅木俊輔, 日中言語文化出版社, 2019年3月発行予定.
Tohoku University Survival Japanese., 島崎薫, 渡部留美, 梅木俊輔, バックレイ厚子, 三島敦子, 東北大学出版会, 2017年12月.
梅木俊輔, 「調整コミュニケーションのリソースとしての多様性―国際共修授業における取り組みをもとに―」, 『第26回小出記念日本語教育研究会予稿集』, pp. 18-19, 2017年7月.
梅木俊輔, 「聞き手の発話解釈に感動詞が関与する程度差について―暗示的意味を中心に―」, 『文化』, 77巻3・4号, pp. 35-52, 2014年3月.
梅木俊輔, 「感動詞への「と」の付加をめぐる語用論的意味に関する覚書」, 『言語科学論集』, 17巻, pp. 73-84, 2013年12月.
「外国人接触時の調整コミュニケーションにおけるコミュニケーション機能別位相の解明」, 科学研究費補助金若手研究(平成30年度~平成31年度, 研究代表者:梅木俊輔).
メッセージ
日頃から自分の知的関心を人に話してみるよう心掛けることをおすすめします。
大学の学業だけでなく、社会に出てからも、言葉にし、伝えた経験の積み重ねは必ず役に立ちます。
連絡先
TEL:0287-24-3040
FAX:0287-24-3140
E-mail:s.umeki@iuhw.ac.jp

赤津 晴子 教授

学位・学歴
聖心女子大学卒(文学部)
上智大学大学院修士(理学)
米国ハーバード大学公衆衛生大学院修士(理学)
米国ブラウン大学メディカルスクール大学院博士(医学)
職歴・学会
ハーバード大学、ブラウン大学を経てアメリカで医師免許取得。ピッツバーグ大学とスタンフォード大学で診療と医学教育に携わる。
前スタンフォード大学医学部准教授。
前スタンフォード大学病院内分泌内科外来長
前スタンフォード大学甲状腺癌メディカルディレクター

米国ベストドクター賞、トップドクター賞受賞

「アメリカの医学教育」(日本評論社)等の著書が日本人学生に大きな影響を与えた。
2017年4月より現職(※医学教育統括センター長H29.4~)。
専門分野
医学教育
研究テーマ
アクティブラーニング、参加型臨床実習、統合型カリキュラム、甲状腺癌
研究実績
  • •**Niemeier L, **Akatsu H, (The first two authors contributed equally to this article) Song C, Carty S, Hodak S, Yip L, Ferris R, Tseng G, Seethala R, LeBeau S, Stang M, Coyne C, Johnson J, Stewart A, Nikiforov Y. A Combined Molecular-Pathologic Score Improves Risk Stratification of Thyroid Papillary Microcarcinoma. Cancer. 2012;118 (8):2069-2077. (first published on line August 31, 2011.)
  • Akatsu H, Ewing S, Stefanick M, Fink H, Stone KL, Barrett-Connor E, Mehra R, Ancoli-Israel S, Redline S, Hoffman A. Association Between Thyroid Function and Objective and Subjective Sleep Quality in Older Men: The Osteoporotic Fractures in Men (MrOs) Study. Endocr Pract. 2014;20 (6): 576-586.
  • 「進路多様校における中国系ニューカマー生徒の進路意識と進路選択 -支援活動を通じての変容過程」、『教育社会学研究』第80集、2007年5月
  • Kamaya A, Lewis GH, Liu Y, Akatsu H, Kong C, Desser TS. Atypia of Undetermined Significance and Follicular Lesions of Undetermined Significance: Sonographic Assessment for Prediction of the Final Diagnosis. J Ultrasound Med. 2015;34:767-774.
  • Brenna K, Holsinger C, Dosiou C, Sunwoo J, Akatsu H, Haile R, Gevaert O. Development of Prognostic Signatures for Intermediate-risk Papillary Thyroid Cancer. BMC Cancer. 2016; 16:736.
メッセージ
グローバルに活躍できる医師に不可欠なコミュニケーション能力に加え、最先端の知識や情報を獲得、吟味、選択、統合する能力、そしてあくまでも患者さんのニーズを第一に考える奉仕の精神を6年間で磨いていただきます。先入観を捨て、オープンマインドで新しいカルチャーとチャレンジに飛び込んでください。