新着情報


さまざまな専門職が連携し、在宅生活をサポートします。

にしなすの総合在宅ケアセンタは、栃木県県北地域における通所サービス・訪問サービスの拠点施設として開設された総合的な在宅サービスセンターです。

隣接する国際医療福祉大学病院と介護老人保健施設マロニエ苑との相互協力関係の下、居宅介護支援事業者、訪問看護ステーション、通所介護、通所リハビリテーションを運営しています。両施設の協力により、万全のサポート体制の中で介護サービスをご提供しています。

スタッフ体制

当センターには、それぞれの分野で経験豊富な専門職がいます。
リハビリテーションスタッフには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など、生活支援スタッフには、介護支援専門員、社会福祉士、生活相談員、介護福祉士、介護職員、看護師などがいます。
それぞれの専門職が連携し、チームとして皆様の在宅生活をサポートします。

リハビリテーションスタッフ

理学療法士

身体機能、基本動作(立つ、歩くなど)や生活の様子を確認します。そのうえで、運動プログラムを個々人にあわせて作成し、実施するお手伝いをします。

作業療法士

日常生活動作の練習や様々な活動を通して自分らしく生活するお手伝いをします。

言語聴覚士

言葉が出やすくなる練習や飲み込みの練習をします。

生活支援スタッフ

介護職員

入浴・排泄・食事の介助や一日を楽しく過ごせるお手伝いをします。

看護師

皆さまが安心して過ごせるよう体調管理を行っています。

生活相談員

生活相談やサービス調整を行います。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

皆様からの相談を受け、ケアプランを作成し、介護サービス事業者との連絡、調整等を行います。