病める人も、障害を持つ人も、健常な人も、互いを認め合って暮らせる、「共に生きる社会」の実現を目指す、これが本学の建学の精神です。次世代を担う高校生のみなさんにも、私たちのこの想いについて一緒に考えていただくきっかけになればと、本学では毎年、高校生作文コンテストを開催しています。

高校生作文コンテスト募集要項

応募資格 高校生(高校、またはそれに準ずる学校の生徒。個人の執筆に限ります)
応募方法 400字(20字×20行)詰め原稿用紙を使用して、本文は1,200字~1,600字。日本語で、このコンテストのために新たに書きおろしたものに限ります。応募は、1人1点まで。なお、 応募作品の最初に題名を記載してください。原稿用紙は、以下からダウンロードできます。

個人で応募する場合
本コンテスト所定の「作品応募シート」に必要事項を記入のうえ、作品と同封して封書でお送りください。「作品応募シート」は、以下からダウンロードしてください。
作品応募シート ダウンロード
学校・クラス単位など団体で応募する場合
「団体用作品送付シート」に必要事項を記入のうえ、応募作品それぞれに、本コンテスト所定の「作品応募シート」を添付し、まとめてお送りください。「団体用作品送付シート」は以下からダウンロードしてください。
団体用作品送付シート ダウンロード
最優秀賞 1点  賞状・盾・副
(賞金5万円、ベトナム医療福祉体験ツアー)
優秀賞 2点  賞状・盾・副賞
(賞金3万円、ベトナム医療福祉体験ツアー)
佳作 2点  賞状・盾・副賞
(賞金2万円、ベトナム医療福祉体験ツアー)
入選 5点  賞状・盾
学校賞 5校程度  賞状・盾・副賞
(図書カード3万円分)

※個人賞を受賞した方が本学を受験する際、入学検定料を免除します。

発表 11月下旬、毎日新聞紙上、本学ホームページにて
(入賞者にはコンテスト主催者から直接連絡します。)
審査委員

大友 邦 国際医療福祉大学学長(審査委員長)

松谷 有希雄 国際医療福祉大学副学長

新井田 孝裕 国際医療福祉大学副学長

川上 和久 国際医療福祉大学教授

赤津 晴子 国際医療福祉大学教授

荒木田 美香子 国際医療福祉大学教授

冠木 雅夫 毎日新聞社客員編集委員

元村 有希子 毎日新聞社編集局編集委員
表彰式 最優秀賞、優秀賞、佳作受賞者と、学校賞関係者をご招待のうえ、11月30日(土)、国際医療福祉大学東京赤坂キャンパスで表彰式を行う予定です。
留意事項

※入賞者の作文・氏名・学校名・学年は、毎日新聞紙上や本学ホームページ、作品集などで公表します。公表を希望しない場合は、入賞を取り消す場合があります。

※原稿の文字が極端に薄い場合や、乱雑で判読が難しい場合は審査の対象外とします。

※応募作品は返却しません。

※作品は個人での執筆、自作、未発表のものに限ります。

※類似作品が見つかった場合は、自作の場合であっても審査の対象外とし、入賞を取り消す場合があります。

※入賞作品の著作権は主催者に帰属します。

※入賞作品の公表・使用にあたっては、作品の趣旨を損なわない範囲で一部修正する場合があります。

※応募者の個人情報は、本コンテストの用途のみに使用します。

ベトナム医療福祉体験ツアー

最優秀賞、優秀賞、佳作に選ばれた5名の方は、2020年3月(予定)に、ベトナムにある
本学提携医療機関などで、医療福祉分野の見学や研修を体験していただく、医療福祉体験ツアーにご招待します。

過去の作文コンテスト

高校生作文コンテスト応募・問い合わせ先
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17千代田会館5階毎日企画サービス
『共に生きる社会』めざして 高校生作文コンテスト 事務局TEL:03-6265-6816
(土・日・祝日をのぞく10時~17時)