ディプロマ・ポリシー

大学院教育の達成目標

国際医療福祉大学は、「人間中心の大学」、「社会に開かれた大学」、「国際性を目指した大学」という 3つの基本理念と、この理念を実現するための7つの教育理念(人格形成、専門性、学際性、情報科学技術、国際性、自由な発想、新しい大学運営)とを掲げ、病む人も、障害のある人も、元気な人も、互いに互いを尊敬しあいながら「共に生きる社会」の実現を目指した教育を行っている。

国際医療福祉大学大学院(以下「本大学院 」という。)は、上記の基本理念と教育理念を踏まえながら、学校教育法が大学院の目的として「高度の専門性が求められる職業についてそれを担うための深い学識と卓越した能力を培うこと」及び「学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめること」の2つを掲げていることを念頭に置いて、保健医療福祉分野において、特に国際性を身につけた指導的な専門人を養成することを目指している。

本学の大学院教育は、以上の趣旨を踏まえ、主として国際性を備えた指導的立場に立つ高度の専門職業人の養成を目指すものであり、また、学生の要望と能力に応じて研究者の養成を行う場合があることを考慮することとしている。このため、本学のディグリー取得に当たっては、上記の目標が達成されているかどうかを確認することを基本目標とする。

本大学院教育を通じて次のことが達成できたかどうかを確認する。


(医療福祉学研究科のディプロマ・ポリシー)

(1)国際医療福祉大学の基本理念と教育理念とを充分に理解し、専門職業人として「共に生きる社会」の実現に貢献する強い意志を涵養できたか。

(2)大学院で自分が何をしたいかを明確に自覚できたか。

(3)実践家又は教育・研究者としての自立性を確立できたか。

(4)志望分野が特定の要件を要求する場合、それを満たしているか。

なお、各分野を通じた具体的な共通方針として次の諸要素を勘案する。

 1)学生に対し学位取得に必要な指導を行うことは大学院の使命であることを認識すること。このため、分野ごとの実情に応じて、学位取得率の目標などその使命を達成するための到達目標を検討すること。

 2)入学を受け入れた学生の基礎学力を担保することは、大学院の責務であることを認識すること。このため、入学資格審査の運用方針の検証や入学者の学カの保障に関する方針などを、分野ごとの実情に応じて検討し、その成果を確認すること。

 3)博士号の取得に際しては、原則として査読者つきの学術誌への投稿を義務づけるか、それに相当する基準について検討を進めること。

 4)高度の専門職業人の養成にあたっての学位の審査については、研究者養成の場合に要求される学術論文(の一部)に代えて、実務経験から得られた知見の集積、実際の職業活動に活用される制作物等によって評価できることとすること。


(薬学研究科のディプロマ・ポリシー)

(1)3年以上在籍して研究指導を受け、薬学研究科が教育理念・教育目標に沿って設定した授業・研究科目を履修して、32単位以上を修得し、かつ独創的研究に基づく博士論文を提出し、所定の試験に合格することで、学位が取得できる。

(2)医療薬学、生命薬学の分野における高度な専門知識と技術を有し、幅広い医療関連分野で活躍しうる、薬物治療学に精通した人材であることが、学位授与の要件である。

(3)特に、がん・感染症・精神神経疾患などの薬物治療において、高度な知識と技術さらにはその領域に関する研究能力を備えた専門性の高い薬剤師(がん専門薬剤師、がん指導薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師、感染制御専門薬剤師等)や研究者であること。またこれら人材の指導・教育に携わることができる人材であることが、学位授与の要件である。


(薬科学研究科のディプロマ・ポリシー)

(1)生命薬学分野では、2年以上在籍して研究指導を受け、生命薬学分野の教育方針に沿って設定した授業科目(実習を含む)を履修して30単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し、所定の試験に合格することで、学位が取得できる。

(2)医療薬学分野 がん薬物療法学領域では、2年以上在籍して研究指導を受け、がん薬物療法学領域の教育方針に沿って設定した授業科目(実習を含む)を履修して30単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し、所定の試験に合格することで、学位が取得できる。

(3)医療薬学分野 臨床薬学領域では、2年以上在籍して研究指導を受け、臨床薬学領域の教育方針に沿って設定した授業科目(実習を含む)を履修して30単位以上を修得し、かつ修士論文を提出し、所定の試験に合格することで、学位が取得できる。

(4)薬科学研究科修士課程では、基礎薬学、生命薬学、薬理学、ゲノム分子生物学、創薬などの分野における探求能力、研究能力の習得、または臨床薬学、医療薬学分野の研究能力、実践能力を習得することで、学位が取得できる。