医療薬学

百瀬 泰行(ももせ やすゆき)

薬学部長・教授

● 研究テーマ:薬物治療に関する問題解決のための多角的研究
【略歴】

昭和薬科大学卒業
信州大学医学研究科医学系専攻大学院博士(分子薬理学)
長野県薬剤師会検査科
昭和伊南総合病院薬剤部 主任
信州大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長

学会活動

日本医療薬学会代議員
日本医療薬学会 認定薬剤師制度委員会委員
日本医療薬学会 薬物療法専門薬剤師研修委員会委員長
日本病院薬剤師会 将来計画委員
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 保険委員
日本薬学会会員
日本アレルギー学会会員

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/momose

(著書)
  • 薬剤師のための疾患別薬物療法 X 編集:日本医療薬学会 南江堂
  • 〜泌尿器科医のための〜前立腺肥大症に伴う排尿障害Q&A 先端医学社
  • 臨床調剤学 改訂第3版 エルゼビア・ジャパン
  • 薬剤管理指導のためのプロブレムリスト作成の手引き・疾患編 喘息.

    監修:日本病院薬剤師会 編集:学術委員会第3小委員会 じほう
  • 吸入ステロイド薬−服薬指導のためのQ&A− 編集:大森栄 フジメディカ

    ル出版
(論文)
  • Differentiation of Monkey Embryonic Stem Cells into Hepatocytes and mRNA Expression of Cytochrome P450 Enzymes Responsible for Drug Metabolism : Comparison of Embryoid Body Formation Conditions and Matrices. Biol Pharm Bull. 32(4) : 619-626, 2009.
  • COPD治療における高齢者の吸入器使用実態と吸入指導の影響に関する検討. アレルギー・免疫 15:366-372, 2008.
  • Expression ofcytochromeP450 and transcription factors during in vitro differentiation of mouse embryonic stem cells into hepatocytes. Drug Metabol Pharmacokin 23:188–195,2008.
  • 患者の肺機能測定によるフルタイド®の吸入回数の評価.医療薬学 29: 155-158, 2003.
  • 医薬品安全管理へ向けた薬・薬連携の実践―院外処方せんへの情報付加の試み—.日病薬誌 41:1139-1142, 2005.
【高校生へのメッセージ】

近年の医療は、医療に携わる様々な職種の人たちが協調しながら患者さんの治療に携わるチーム医療が行われています。そんな医療の中で、薬物治療はほとんどの患者さんに行われています。薬を安全かつ有効に使うための薬剤師の役割はチーム医療の中でとても重要です。薬に興味のある皆さん、医療に興味のある皆さん、チーム医療の実習も充実した本学で一緒に薬学の勉強をしてみませんか。

分子生物学

白石 昌彦(しらいし まさひこ)

薬学部薬学科長・教授/大学院薬科学研究科教授

● 研究テーマ:DNAメチル化による転写制御機構
【略歴】

大阪大学卒業、大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程修了、薬学博士(北海道大学)
国立がんセンター研究所腫瘍遺伝子研究部研究員、同研究部室長、国立がんセンター研究所DNAメチル化とゲノム機能プロジェクト・プロジェクトリーダーを経て現職。

【研究業績】

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/read0160883


  1. Shiraishi, M., Noguchi, M., Shimosato, Y. and Sekiya, T. (1989) Amplification of protooncogenes in surgical specimens of human lung carcinomas. Cancer Res.,49, 6474–6479.
  2. Shiraishi, M., Lerman, L. S. and Sekiya, T. (1995) Preferential isolation of DNA fragments associated with CpG islands. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,92, 4229–4233.
  3. Shiraishi, M., Oates, A. J., Xu, L., Hosoda, F., Ohki, M., Alitalo, T., Lerman, L. S. and Sekiya, T. (1998) The isolation of CpG islands from human chromosomal regions 11q13 and Xp22 by segregation of partly melted molecules. Nucleic Acids Res.,26, 5544–5550.
  4. Shiraishi, M., Chuu, Y. H. and Sekiya, T. (1999) Isolation of DNA fragments associated with methylated CpG islands in human adenocarcinomas of the lung using a methylated DNA binding column and denaturing gradient gel electrophoresis. Proc. Natl. Acad. Sci. USA,96, 2913–2918.
  5. Shiraishi, M., Sekiguchi, A., Terry, M. J., Oates, A. J., Miyamoto, Y., Chuu, Y. H., Munakata, M. and Sekiya, T. (2002) A comprehensive catalog of CpG islands methylated in human lung adenocarcinomas for the identification of tumor suppressor genes. Oncogene, 21, 3804–3813.
  6. Koizume, S., Tachibana, K., Sekiya, T., Hirohashi, S. and Shiraishi, M. (2002) Heterogeneity in the modification and involvement of chromatin components of the CpG island of the silenced human CDH1 gene in cancer cells. Nucleic Acids Res., 30, 4770–4780.
  7. Hayatsu, H., Negishi, K. and Shiraishi, M. (2004) DNA methylation analysis: Speedup of bisulfite-mediated deamination of cytosine in the genomic sequencing procedure. Proc. Jpn. Acad., 80(B), 189–194.
  8. Tachibana, K., Takeda, K. and Shiraishi, M. (2004) 5-Aza-2’-deoxycytidine reactivates the CDH1 gene without influencing methylation of the entire CpG island or histone modification in a human cancer cell line. Proc. Jpn. Acad., 80(B), 342–348.
  9. Shiraishi, M. and Hayatsu, H. (2004) High-speed conversion of cytosine to uracil in bisulfite genomic sequencing analysis of DNA methylation. DNA Res., 11, 409–415.
  10. Ishimaru, N., Fukuchi, M., Hirai, A., Chiba, Y., Tamura, T., Takahashi, N., Tabuchi, A., Tsuda, M., and Shiraishi, M. (2010) Differential regulation of BDNF and NT-3 genes by trichostatin A and 5-aza-2’-deoxycytidine in Neuro-2a cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 394, 173–177.
【高校生へのメッセージ】

国際医療福祉大学薬学部は新しい学部です。君たちが真っ白なキャンバスに、自由に大きな絵を描けるところです。伝統を作っていくのは君たちです。医療現場で役立つ薬剤師になってもらうために、先生たちはみんなを全力でバックアップします。
また、この薬学部では、学生と先生がとても仲がいいです。勉強のこと、生活のことなど先生と自由に話ができます。さあ、ここ大田原でみんなと一緒に薬剤師を目指そう。そして夢を実現させようよ。

衛生化学

浅野 哲(あさの さとし)

薬学部教授

● 研究テーマ:
化学物質の安全性評価とその毒性機序の解明。
分子病理学的手法を用いた各種疾患の病態機序の解明。
【略歴】

富山医科薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程を修了。医学博士(横浜市大・大学院医学研究科)。帝人株式会社で医薬品の安全性研究に従事。米国国立環境衛生科学研究所(NIEHS)分子腫瘍学研究室研究員,グラクソ・スミスクライン樺}波研究所(病理・バイオマーカー),製造販売後調査部を経て現職。
JSTP認定毒性病理専門家,内閣府食品安全委員会専門委員・幹事,中央環境審議会(環境省)土壌農薬部会専門委員,経済産業省化学物質審議会臨時委員。

【学会活動】

日本毒性病理学会評議員,日本癌学会会員,日本病理学会会員,日本トキシコロジー学会会員,米国毒性病理学会会員,米国トキシコロジー学会会員,米国組織細胞化学会評議員,など

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/iuhw_asano


著書

  1. 「衛生化学詳解(第二版) 上下」(京都廣川書店。2016,共著)
  2. 「保健医療福祉のための臨床推論」(朝倉書店。2016,共著)
論文
  1. Influence on lipid metabolism by a water-soluble extract from culture medium of Ganoderma lucidum mycelia in the liver of type 2 diabetic mice. New Food Industry, 58:5-12, 2016
  2. Histological detection of mmcp-4 expressing cells by in situ RT-PCR method. Shimane journal of medical science, 33:31-38, 2016.
  3. Allergic diseases and the use of anti-allergic drugs and supplements among university students. J International University of Health and Welfare, 21:54-68, 2016.
  4. Abnormalities in the metabolism of fatty acids and triacylglycerols in the liver of the Goto-Kakizaki rat, a model for non-obese type 2 diabetes. Lipids, 51:955-971, 2016.
  5. Indoor environments of residences of college students living alone. J International University of Health and Welfare, 20:48-58, 2015.
  6. Pollution caused by Ashio Copper Mine and its effects on environmentand human health. J International University of Health and Welfare, 20:59-69, 2015.
  7. Chronic treatment with a water-soluble extract from the culture medium of Ganoderma lucidum mycelia (MAK) prevents apoptosis and necroptosis in hypoxia/ischemia-induced injury of type 2 diabetic mouse brain. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, Epub Apr 6, 2015.
  8. Influence of a water-soluble extract from culture Medium of Ganoderma lucidum mycelia (WER) on carbohydrate metabolism in the liver of type 2 diabetic mice. Jpn J Complementary Alternative Med, 11:57-66, 2014.
  9. Increased Lipid Synthesis and Decreased b-Oxidation in the Liver of SHR/NDmcr-cp (cp/cp) Rats, an Animal Model of Metabolic Syndrome. Lipids, 48:1115-1134, 2013. 19Sec14l3 is specifically expressed in mouse airway ciliated cells. Inflammation, 35(2):702-12, 2012.
  10. Inverse relationship between Sec14l3 mRNA/protein expression and allergic airway inflammation. Eur J Pharmacol, 616: 293-300, 2009.
  11. Immunolocarisation of Farnesoid X Receptor (FXR) in Mouse Tissues Using Tissue Microarray. Acta Histochemica. , 110: 86-93, 2008.
  12. Antioxidant properties of a water-soluble extract from culture medium of Ganoderma lucidum (Rei-shi) mycelia and antidiabetic effects in streptozotocin - treated mice. J Complementary Alternative Med, 5:209-218, 2008.
  13. Combination therapy with fluticasone propionate (FlunaseR) nasal solution and cetirizine hydrochloride (ZyrtecR) in seasonal allergic rhinitis patients. Allergology & Immunology, 15:202-218, 2008.
  14. Adipose mitochondrial biogenesis is suppressed in db/db & high-fat diet-fed mice and improved by rosiglitazone. Diabetes, 56:1751-1760, 2007.
など
【高校生へのメッセージ】

科学の進歩とともに病気の本質が次々と解明され,今まで治らなかった病気が、優れた治療法や薬の開発で少しずつ克服されています。一方で,好ましくない副作用が発現して,患者さんを苦しめることもあります。医療現場において薬剤師の責任と周囲からの期待はますます増加しています。医薬品の良い作用と悪い作用をしっかりと理解して,患者さんを守っていく必要があります。
雄大な那須連山の麓にある大学という絶好のロケーションのもと,医療の現場で人類の健康と幸せに多大な貢献ができる薬剤師になれるよう,全力で皆さんとともに学んでいきたいと思います。

薬物治療学

天野 託(あまの たく)

薬学部教授

● 研究テーマ:精神神経疾患及び慢性疼痛の病態機能解析と新規治療薬開発
【略歴】
関西医科大学卒業後、広島大学医学部助手、ミシガン大学精神保健研究所ポスドク研究員、広島大学大学院講師、安田女子大学薬学部准教授などを経て現職。医学博士(広島大学)。専門は中枢神経精神薬理学、精神医学。
【学会活動】
日本薬理学会学術評議員、日本アルコール・薬物医学会評議員/編集委員、日本神経精神薬理学会会員、日本薬学会会員、日本精神神経学会会員、日本神経科学会会員、日本臨床薬理学会会員
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/19631010


  1. The effect of lamotrigine on Na(v)1.4 voltage-gated sodium channels. Nakatani Y, Masuko H, Amano T. J Pharmacol Sci. 2013. 123:203-206.
  2. Corticosterone Suppresses the Proliferation of RAW264.7 Macrophage Cells via Glucocorticoid, But Not Mineralocorticoid, Receptor. Nakatani Y, Amano T, Takeda H. Biol. Pharm. Bull. 36: 592-601 (2013)
  3. Corticosterone suppresses the proliferation of BV2 microglia cells via glucocorticoid, but not mineralocorticoid receptor. Nakatani Y, Amano T, Tsuji M, Takeda H. Life Sci. 22: 761-770 (2012)
【高校生へのメッセージ】
「薬物治療学」、「疾病と病態生理学」を担当します。大きな夢を持ってください。そしてそれに向かって、色々なことに興味を持ち、挑戦し、失敗を恐れずに粘り強く努力してみてください。必ず夢は叶えられます。また、いい友人を見つけてください。大学での友は一生の友です。医療の担い手の一員、チーム医療の一員として、専門的な知識と人間性を備えた高度な薬剤師をめざしましょう。

医療薬学

倉本 敬二(くらもと けいじ)

薬学部教授

● 研究テーマ:
先発・後発輸液製剤の物理化学的性質の比較研究
輸液に混合する注射薬の配合変化に関する研究
【略歴】
星薬科大学卒業
博士(医学)山形大学
ゼリア新薬工業株式会社中央研究所薬理研究室
吾妻病院 薬剤師
医療法人 舟山病院 薬剤科 主任
奥羽大学 薬学部 講師、同 准教授
奥羽大学歯学部附属病院 薬局長 兼任
東京薬科大学 薬学部 薬学実務実習教育センター 特任教授

日本静脈経腸栄養学会代議員、日本注射薬臨床情報学会監事、日本医療薬学会認定薬剤師、同指導薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、介護支援専門員、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/kk02293733


【主な著書】
注射薬配合変化予測の実際(医薬ジャーナル社)1997
薬剤師が関わる輸液療法のポイント(医薬ジャーナル社)2004
栄養サポートチームQ&A(じほう)2007
Q&Aで学ぶ栄養療法と薬学管理(南山堂)2008
医療材料の選び方・使い方(じほう)2010
ワンステップアップ静脈栄養(医歯薬出版)2010
老年薬学プラクティス(南江堂)2011
処方設計にチャレンジ:これでわかる静脈栄養法(じほう)2011
図表でわかる栄養療法 - 基礎から学ぶ臨床 -(じほう)2013
薬剤師に役立つ医療安全管理の考え方〜病院・薬局に活かせる新しい取り組み〜(医薬ジャーナル社)2013
まるごとわかる栄養療法(臨床の疑問に根拠をもって答えられる!)(じほう)2017
【教科書】
コンパス医薬品情報学-理論と演習-(南江堂)
薬学輸液療法(京都廣川書店)
【主な論文】
武井佐和子,大原宏司,戸張裕子,勝山壮,倉本敬二:先発・後発輸液製剤の物理化学的性質に関する検討(第2報),日本注射薬臨床情報学会誌6,25-35:2017
倉本敬二,鈴木貴子,波多江崇,東海林徹:輸液製剤の後発品切替時のリスクマネジメント-Fischer液を例に-,医薬品相互作用研究 36:13-17,2013
倉本敬二,遠田則夫,古川雅弘,東海林徹,仲川義人:ポリエチレンボトル注射剤に対する光パルス照射を利用した新滅菌法の効果,日本病院薬剤師会雑誌44:237-240,2008
勝山壮,倉本敬二,浜田節男,東海林徹,仲川義人:静脈内投与された不溶性微粒子の体内分布, 医療薬学,33:510-514,2007
Kuramoto K,Shoji T,Takahashi S,Nakagawa Y:Usefulness of the Final Filter of the IV Infusion Set in Intravenous Administration of Drugs-Contamination of Injection Preparation by Insoluble Microparticles and Its Causes-, YAKUGAKU ZASSHI,126:289-295,2006
Kuramoto K,Shoji T,Takahashi S,Nakagawa Y:Problem related to the titratable acidity of TPN solution products and the role of the pharmacist, JJSPEN,16:61-65,2001
倉本敬二,渡辺暁子,東海林徹,仲川義人:末梢静脈栄養輸液に起因する血管痛の防止策に関する検討〜タンデム法における検討〜, 病院薬学,25:511-516,1999
倉本敬二,渡辺暁子,東海林徹,高橋修二,仲川義人:高カロリー輸液へのメイロン混合時のガス発生の問題点, 日本病院薬剤師会雑誌34:1169-1171,1998
吾妻敬二,渡辺暁子,東海林徹,仲川義人:輸液に混合する注射薬の配合変化予測法(第4報)〜臨界点pHの概念〜, 病院薬学,21:555-571,1995
【高校生へのメッセージ】
多職種連携チーム医療が求められる現在、その中で薬剤師は医薬品の責任者またリスクマネージャーとしての役割が求められています。そのニーズに応えられる薬剤師となるために、6年間友人や教員とよく混じり有意義に過ごしましょう。

創薬有機化学

栗原 正明(くりはら まさあき)

薬学部教授

● 研究テーマ:創薬を志向した分子の設計と機能化
【略歴】
東京大学薬学部卒業
東京大学大学院薬学研究科修士課程修了 修士(薬学)
東京大学大学院薬学研究科博士課程修了 博士(薬学)
国立医薬品食品衛生研究所有機化学部研究官、主任研究官、室長、有機化学部長を経て現職。
その間、米国ケンタッキー大学・化学科で博士研究員(1991-1992)。東京工業大学大学院生命理工学研究科連携講座教授(併任)(2011-2016)。平成29年度日本薬学会学術貢献賞受賞。国立医薬品食品衛生研究所名誉所員。
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0003908


  1. Eto R, Misawa T, Noguchi-Yachide T, Ohoka N, Kurihara M, Naito M, Tanaka M, Demizu Y. Design and synthesis of estrogen receptor ligands with a 4-heterocycle-4-phenylheptane skeleton. Bioorg Med Chem. 2018, 26, 30060-9.
  2. Tsuji G, Hattori T, Kato M, Hakamata W, Inoue H, Naito M, Kurihara M, Demizu Y, Shoda T. Design and synthesis of cell-permeable fluorescent nitrilotriacetic acid derivatives. Bioorg Med Chem. 2018, 26, 5494-5498.
  3. Misawa T, Tsuji G, Takahashi T, Ochiai E, Takagi KI, Horie K, Kakuda S, Takimoto-Kamimura M, Kurihara M, Demizu Y. Structural development of non-secosteroidal vitamin D receptor (VDR) ligands without any asymmetric carbon. Bioorg Med Chem. 2018, 26, 6146-6152.
  4. K. Okuhira, T. Shoda, R. Omura, N. Ohoka, T. Hattori, N. Shibata, Y. Demizu, R. Sugihara, A. Ichino, H. Kawahara, Y. Itoh, M. Ishikawa, Y. Hashimoto, M. Kurihara, S. Itoh, H. Saito, M. Naito. Targeted Degradation of Proteins Localized in Subcellular Compartments by Hybrid Small Molecules. Mol. Pharmacol., 91, 159?166, 2017
  5. H. Yamashita, T. Misawa, M. Oba, M. Tanak, M. Naito, M. Kurihara, Y. Demizu. Development of helix-stabilized cell-penetrating peptides containing cationic a,a-disubstituted amino acids as helical promoters. Bioorg. Med. Chem., 25, 1846?1851 (2017)
  6. Okitsu K, Misawa T, Shoda T, Kurihara M, Demizu Y. Development of an ON/OFF switchable fluorescent probe targeting His tag fused proteins in living cells. Bioorg Med Chem Lett. 2017, 27, 3417-3422.
  7. Misawa T, Imamura M, Ozawa Y, Haishima K, Kurihara M, Kikuchi Y, Demizu Y. Development of helix-stabilized antimicrobial peptides composed of lysine and hydrophobic α,α-disubstituted α-amino acid residues. Bioorg Med Chem Lett. 2017, 27, 3950-3953.
  8. Sugiyama T, Hasegawa G, Niikura C, Kuwata K, Imamura Y, Demizu Y, Kurihara M, Kittaka A. PNA monomers fully compatible with standard Fmoc-based solid-phase synthesis of pseudocomplementary PNA. Bioorg Med Chem Lett. 2017, 27, 3337-3341.
  9. Furukawa K, Oba M, Toyama K, Opiyo GO, Demizu Y, Kurihara M, Doi M, Tanaka M. Low pH-triggering changes in peptide secondary structures. Org Biomol Chem. 2017, 15, 6302-6305.
  10. Eto R, Oba M, Ueda A, Uku T, Doi M, Matsuo Y, Tanaka T, Demizu Y, Kurihara M, Tanaka M. Diastereomeric Right- and Left-Handed Helical Structures with Fourteen (R)-Chiral Centers. Chemistry. 2017, 23, 18120-18124.
  11. Ohoka N, Misawa T, Kurihara M, Demizu Y, Naito M. Development of a peptide-based inducer of protein degradation targeting NOTCH1. Bioorg Med Chem Lett. 2017, 27, 4985-4988.
  12. Hattori T, Okitsu K, Yamazaki N, Ohoka N, Shibata N, Misawa T, Kurihara M, Demizu Y, Naito M. Simple and efficient knockdown of His-tagged proteins by ternary molecules consisting of a His-tag ligand, a ubiquitin ligase ligand, and a cell-penetrating peptide. Bioorg Med Chem Lett. 2017, 27, 4478-4481.
  13. Shoda T, Kato M, Fujisato T, Demizu Y, Inoue H, Naito M, Kurihara M. Tamoxifen and fulvestrant hybrids showed potency as selective estrogen receptor down-regulators. Med Chem. 2017, 13:206-213.
  14. Misawa T, Tanaka K, Demizu Y, Kurihara M. Efficient synthesis of a multi-substituted diphenylmethane skeleton as a steroid mimetic. Bioorg Med Chem Lett. 2017, 27, 2590-2593.
  15. Okitsu K, Hattori T, Misawa T, Shoda T, Kurihara M, Naito M, Demizu Y. Development of a Small Hybrid Molecule That Mediates Degradation of His-Tag Fused Proteins. J Med Chem. 2017, in press
  16. Demizu Y, Okitsu K, Yamashita H, Doi M, Misawa T, Oba M, Tanaka M, Kurihara M. α-Helical Structures of Oligopeptides with an Alternating l-Leu-Aib Segment. Eur. J. Org. Chem., 2016, 2815–2820.
  17. Akiyama N, Takizawa N, Miyauchi M, Yanai H, Tateishi R, Shinzawa M, Yoshinaga R, Kurihara M, Demizu Y, Yasuda H, Yagi S, Wu G, Matsumoto M, Sakamoto R, Yoshida N, Penninger JM, Kobayashi Y, Inoue J, Akiyama T. Identification of embryonic precursor cells that differentiate into thymic epithelial cells expressing autoimmune regulator. J. Exp. Med., 2016, 213, 1441-58
  18. Yamashita H, Oba M, Misawa T, Tanaka M, Hattori T, Naito M, Kurihara M, Demizu Y. A Helix-Stabilized Cell-Penetrating Peptide as an Intracellular Delivery Tool. ChemBioChem, 2016, 17, 137 – 140
  19. Demizu Y, Ohoka N, Nagakubo T, Yamashita H, Misawa T, Okuhira K, Naito M, Kurihara M. Development of a peptide-based inducer of nuclear receptors degradation. Bioorg. Med. Chem. Lett., 2016, 26, 2655-2658.
  20. Shoda T, Kato M, Fujisato T, Misawa T, Demizu Y, Inoue H, Naito M, Kurihara M. Synthesis and evaluation of raloxifene derivatives as a selective estrogen receptor down-regulator. Bioorg. Med. Chem., 2016, 24, 2914-2919.
  21. Sugiyama T, Kuwata K, Imamura Y, Demizu Y, Kurihara M, Takano M, Kittaka A. Peptide Nucleic Acid with a Lysine Side Chain at the β-Position: Synthesis and Application for DNA Cleavage. Chem. Pharm. Bull., 2016, 64, 817-823.
  22. Demizu Y, Shibata N, Hattori T, Ohoka N, Motoi H, Misawa T, Shoda T, Naito M, Kurihara M. Development of BCR-ABL degradation inducers via the conjugation of an imatinib derivative and a cIAP1 ligand. Bioorg. Med. Chem. Lett., 2016, 26, 4865-4869.
  23. Yamashita H, Kato T, Oba M, Misawa T, Hattori T, Ohoka N, Tanaka M, Naito M, Kurihara M, Demizu Y. Development of a Cell-penetrating Peptide that Exhibits Responsive Changes in its Secondary Structure in the Cellular Environment. Sci. Rep., 2016 Sep 9;6:33003.
【高校生へのメッセージ】
薬学は多くの科学分野が結集した素晴らしい学問領域です。国家試験のための勉強はもちろん、薬学の楽しさを一緒に学びましょう。有機化学を学ぶことで、薬を分子のレベルから理解できるようになります。薬分子の構造と機能は尽きることなく私たちの創造力を刺激してくれます。薬学というワンダーランドへの扉を開けましょう。

分子薬理学

角南 明彦(すなみ あきひこ)

薬学部教授/大学院薬科学研究科教授

● 研究テーマ:イオンチャネルの構造と機能の解明および創薬への応用
【略歴】

岡山大学薬学部卒業、同大学大学院薬学研究科(修士課程)修了。薬学博士。米国シカゴ大学医学部リサーチアソーシエイト/インストラクター/ビジティングアシスタントプロフェッサー、東京医科歯科大学助教授(難治疾患研究所、臨床薬理学)、グラクソ・スミスクライン(株)筑波研究所(薬理)を経て、現職。専門は分子生理学、分子薬理学。

【学会活動】

日本生理学会評議員、日本薬理学会学術評議員、米国生物物理学会会員、米国生理学者学会会員、英国生理学会会員

【研究業績】

【主な著書】

【researchmap】
https://researchmap.jp/asunami


  1. 不整脈学(南江堂、2012、分担執筆)
  2. 疾病薬学(医学評論社、2007、分担執筆)
  3. ファーマコセラピー‐病態生理からのアプローチ‐(ブレーン出版、2007、分担翻訳)
【主な原著論文】
  1. Nakagawa, H., Munakata, T., Sunami, A.: Mexiletine block of voltage-gated sodium channels: Isoform- and state-dependent drug-pore interactions. Mol. Pharmacol. 95:236-244, 2019
  2. Kaihara, A., Sunami, A., Kurokawa, J., Furukawa, T.: A genetically encoded bioluminescent indicator for the sodium channel activity in living cells. J. Am. Chem. Soc. 131:4188-4189, 2009
  3. Makita, N., Behr, E., Shimizu, W., Horie, M., Sunami, A. et al.: The E1784K mutation in SCN5A is associated with mixed clinical phenotype of type 3 long QT syndrome. J. Clin. Invest. 118:2219-2229, 2008
  4. Sunami, A. et al.: Accessibility of mid-segment domain IV S6 residues of the voltage-gated Na channel to methanethiosulfonate reagents. J. Physiol. (London) 561:403-413, 2004
  5. Sasaki, K., Makita, N., Sunami, A. et al.; Unexpected mexiletine responses of a mutant cardiac Na channel implicate the selectivity filter as a structural determinant of antiarrhythmic drug access. Mol. Pharmacol. 66:330-336, 2004
  6. Sunami, A., Glaaser, I.W., Fozzard, H.A.: Structural and gating changes of the sodium channel induced by mutation of a residue in the upper third of IVS6, creating an external access path for local anesthetics. Mol. Pharmacol. 59:684-691, 2001
  7. Lee, P.J., Sunami, A., Fozzard, H.A.: Cardiac-specific external paths for lidocaine, defined by isoform-specific residues, accelerate recovery from use-dependent block. Circ. Res. 89:1014-1021, 2001
  8. Sunami, A., Glaaser, I.W., Fozzard, H.A.: A critical residue for isoform difference in tetrodotoxin affinity is a molecular determinant of the external access path for local anesthetics in the cardiac sodium channel. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 97:2326-2331, 2000
  9. Sunami, A., Dudley, S.C. Jr., Fozzard, H.A.: Sodium channel selectivity filter regulates antiarrhythmic drug binding. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 94:14126-14131, 1997
  10. Sunami, A., Fan, Z., Nitta, J., Hiraoka, M.: Two components of use-dependent block of Na current by disopyramide and lidocaine in guinea pig ventricular myocytes. Circ. Res. 68:653-661, 1991
【高校生へのメッセージ】

薬学を学ぶ上で幅広い知識は重要です。現在高校で習っている化学や生物学の他にも、数学や物理学など多くの科目の勉強も大切で、受験にない科目だからと手を抜かないでください。そして、薬学部に入ったら「自分はどんな薬剤師になりたいのか」問いかけて、その夢を持って一生懸命努力してください。その時に自分で考える習慣と興味を大切にしてください。私は"真の薬の専門家"になりたいと思う皆さんの力になりたいと思っています。

永倉 透記(ながくら ゆきのり)

薬学部教授

● 研究テーマ:臨床効果予見性の高い前臨床評価系の開発
【略歴】

東京理科大学薬学部卒業
千葉大学大学院薬学研究科修士課程修了
薬学博士 (千葉大学)
アステラス(旧山之内)製薬(株)究本部
カリフォルニア大学サンディエゴ校麻酔科 研究員(アステラス製薬より派遣)
青森大学薬学部 教授 を経て現職

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/nagakura_yukinori


【主な原著論文】

  1. 1. Uchida M, Kobayashi O, Yoshida M, Miwa M, Miura R, Saito H, Nagakura Y. Coexistence of alterations of gastrointestinal function and mechanical allodynia in the reserpine-induced animal model of fibromyalgia. Dig Dis Sci 64:2538―2547, 2019.
  2. 2. Nagakura Y, Ohsaka N, Azuma R, Takahashi S, Takebayashi Y, Kawasaki S, Murai S, Miwa M, Saito H. Monoamine system disruption induces functional somatic syndromes associated symptomatology in mice. Physiol Behav 190: 505-514, 2018.
  3. 3. Murai N, Sekizawa T, Gotoh T, Watabiki T, Takahashi M, Kakimoto S, Takahashi Y, Iino M, Nagakura Y. Spontaneous and evoked pain-associated behaviors in a rat model of neuropathic pain respond differently to drugs with different mechanisms of action. Pharmacol Biochem Behav 141:10-17, 2016.
  4. 4. Ishikawa G, Koya Y, Tanaka H, Nagakura Y. Long-term analgesic effect of a single dose of anti-NGF antibody on pain during motion without notable suppression of joint edema and lesion in a rat model of osteoarthritis. Osteoarthr Cartil23:925-932, 2015.
  5. <5. strong>Nagakura Y, Takahashi M, Noto T, Sekizawa T, Oe T, Yoshimi E, Tamaki K, Shimizu Y. Different pathophysiology underlying animal models of fibromyalgia and neuropathic pain: comparison of reserpine-induced myalgia and chronic constriction injury rats. Behav Brain Res 226:242-249, 2012.
  6. 6. Nagakura Y, Oe T, Aoki T, Matsuoka N. Biogenic amine depletion causes chronic muscular pain and tactile allodynia accompanied by depression: A putative animal model of fibromyalgia. Pain 146:26-33, 2009.
  7. 7. Nagakura Y, Jones TL, Malkmus SA, Sorkin L, Yaksh TL. The sensitization of a broad spectrum of sensory nerve fibers in a rat model of acute postoperative pain and its response to intrathecal pharmacotherapy. Pain 139 569-577, 2008.
  8. 8. Nagakura Y, Malkmus S, Yaksh TL. Determination of current threshold for paw withdrawal with sine-wave electrical stimulation in rats: Effect of drugs and alteration in acute inflammation. Pain 134:293-301, 2008.
  9. 9. Nagakura Y, Kakimoto S, Matsuoka N. Purinergic P2X receptor activation induces emetic responses in ferrets and Suncus murinus. Br J Pharmacol152:464-470, 2007.
  10. 10. Nagakura Y, Okada M, Kohara A, Kiso T, Toya T, Iwai A, Wanibuchi F, Yamaguchi T. Allodynia and hyperalgesia in adjuvant-induced arthritic rats: time course of progression and efficacy of analgesics. J Pharmacol Exp Ther 306:490-497, 2003.

【主な総説】

  1. 1. Nagakura Y. The need for fundamental reforms in the pain research field to develop innovative drugs. Expert Opin Drug Discov 12:39-46, 2017.
  2. 2. Nagakura Y. Challenges in drug discovery for overcoming ‘dysfunctional pain’: an emerging category of chronic pain. Expert Opin Drug Discov 10:1043-1045, 2015.
【高校生へのメッセージ】

革新的な新薬が次々と生まれ、治療が難しかった疾患も治癒や進行抑制が出来るようになってきています。将来、薬剤師として人々の健康増進に大きく貢献することを目指して、急速に進歩している薬学を学んでみませんか?

医療薬学

中村 裕義(なかむら ひろよし)

薬学部教授

● 研究テーマ:病態・生体情報の解析による薬物治療の最適化に関する研究
【略歴】

東邦大学薬学部薬学科 卒業
千葉大学 博士(薬学)

千葉大学医学部附属病院薬剤部 副薬剤部長を経て現職

【研究業績】

[1] 著 書

  1. 中村裕義 (分担執筆): T. 副作用総論2. 副作用発生に影響する諸因子. 医薬品副作用学 ?薬剤の安全使用アップデート? 第3版. 日本臨牀社. 12-17 (2019)
  2. 中村裕義 (分担執筆): part3 注射処方せんの読み方. 現場ですぐ役立つ! 処方せんの読み方. じほう. 144-160 (2016)
  3. 中村裕義, 北田光一 (分担執筆): Chapter1 抗ヒスタミン薬の種類. ファーマナビゲーターシリーズ「抗ヒスタミン薬編」. メディカルレビュー社. 24-41 (2012)
  4. 中村裕義, 北田光一 (分担執筆): 各論U. 後方支援としての薬剤部・薬局で必要なスキル&薬の知識. 3.中毒医薬品を含む薬物血中濃度測定および組織中濃度測定スキル. 3) TDMと抗菌薬投与. 薬剤師のための救命救急時のスキル&薬ハンドブック 〜その知識が命を救う〜. (佐藤 博 編). 医薬ジャーナル社. 234-237 (2011)
  5. 中村裕義, 有吉範高 (分担執筆): 10. テーラーメイド医療. B. 年齢的要因. 医薬品情報・評価学 第3版. (河嶋進, 政田幹夫, 松山賢治, 内田享弘 編). 南江堂. 147-156 (2011)
  6. 中村裕義, 北田光一 (分担執筆): 薬と疾患 T. 薬の効くプロセス 第20章 代謝 スタンダード薬学シリーズ第6巻. (青木正忠, 赤池昭紀, 入江徹美, 山元俊憲 編). 東京化学同人. 75-83 (2009)


[2] 原著論文

  1. Takachi T, Arakawa Y, Nakamura H, Watanabe T, Aoki Y, Ohshima J, Takahashi Y, Hirayama M, Miyamura T, Sugita K, Koh K, Horibe K, Ishii E, Mizutani S, Tomizawa D: Personalized pharmacokinetic targeting with busulfan in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in infants with acute lymphoblastic leukemia. Int J Hematol. 110: 355-363 (2019)
  2. Matsumoto J, Nakamura H, San N S, Sato H, Takezawa M, Kishi R, Kito Y, Sugano J, Idzuki M, Yanagisawa N, Ikeda N, Saito Y, Kato Y, Yamada H, Fujiyoshi M, Ariyoshi N: Aproposed simple screening method to clarify relative contribution of CYP3A4 and CYP3A5 to drug metabolism in vivo. Personalized medicine Universe. 8: 41-44 (2019)
  3. Shimizu K, Kato Y, Nakamura H, Yamada H: Rokumigan alleviates oxaliplatin-induced cold hypersensitivity by suppression of transient receptor potential cation channel subfamily M member 8 and subfamily A member 1: Traditional & Kampo Medicine. 6: 32-36 (2019)
  4. 清水加奈子, 加藤芳徳, 中村裕義, 山田 治美: オキサリプラチンによる急性末梢神経障害発症の危険因子の解析. 医療薬学. 44: 623-630 (2018)
  5. 藤吉正哉, 戸村幸貴, 伊藤菜美, 黒田栄美, 岩田杏子, 軽部有希子, 大橋成孝, 栗田康生, 岡部輝雄, 中村裕義: 薬剤師外来での抗血栓薬休薬指導における循環器内科医との連携. 日本病院薬剤師会雑誌. 51: 1101-1104 (2015)
  6. 宮本 仁, 鈴木貴明, 山崎伸吾, 今井千晶, 古賀ひとみ, 竹田真理子, 仲佐啓詳, 中村裕義, 有吉範高, 中世古知昭, 北田光一: 造血幹細胞移植後のシクロスポリンによる腎障害の危険因子の解析. 医療薬学. 39: 45-51 (2013)
  7. 三浦 剛, 中村裕義, 山形真一, 山崎伸吾, 仲佐啓詳, 有吉範高, 山本修一, 北田光一: FPIA法を用いた薬物モニタリングへの蛍光眼底造影剤の干渉. TDM研究. 29: 83-88 (2012)
  8. Ariyoshi N, Ohara M, Kaneko M, Afuso S, Kumamoto T, Nakamura H, Ishii I, Ishikawa T. Kitada M: Q172H replacement overcomes effects on the metabolism of cyclophosphamide and efavirenz caused by CYP2B6 variant with Arg262. Drug Metab Dispos. 39: 2045-2048 (2011)
  9. Suzuki T, Takeuchi M, Saeki H, Yamazaki S, Koga H, Abe D, Nishimura M, Nakaseko C, Nakasa H, Nakamura H, Ariyoshi N, Kitada M: Super-acute onset of tumor lysis syndrome accompanied by hypercytokinemia during treatment of Hodgkin's lymphoma with ABVD chemotherapy. Clin Ther. 32: 527-531 (2010)
  10. Yamazaki S, Nakamura H, Yamagata S, Miura G, Hattori N, Shinozaki K, Sadahiro T, Toyoda A, Nakasa H, Ariyoshi N, Oda S, Harigaya K, Kitada M: Unexpected serum level of vancomycin after oral administration in a patient with severe colitis and renal insufficiency. Int J Clin Pharmacol Ther. 47: 701-706 (2009)
  11. Nakamura H, Sato T, Okada K, Miura G, Ariyoshi N, Nakazawa K, Kitada M: Population pharmacokinetics of oral busulfan in young Japanese children before hematopoietic stem cell transplantation. Ther Drug Monit. 30: 75-83 (2008)
【高校生へのメッセージ】

薬剤師は、医薬品全般について、幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。「薬」は正しく使用すれば病気の治療や予防に貢献しますが、誤った使い方をすると逆に健康を害する場合もあります。薬剤師はその専門知識を生かし「薬」が安全かつ効果的に使用されるように、病院や薬局、製薬企業、行政関係など様々な方面で活躍しています。是非本学薬学部で薬学の専門知識を身につけて患者さんから信頼される薬剤師、医療の発展に貢献する薬剤師を目指して下さい。

西村 信弘(にしむら のぶひろ)

薬学部教授

● 薬物治療の個体差の要因およびその発生メカニズムに関する研究
● 薬剤耐性菌対策のための抗菌薬適正使用に関する研究
【略歴】

1989年:福岡大学薬学部製薬化学科卒業
2001年:福岡大学博士課程修了 博士(薬学)
1989年:九州大学病院薬剤部 研修生
1989年:島根医科大学医学部附属病院薬剤部 薬剤師
2000年:同・薬剤主任
2001年:St. Jude Children’s Research Hospital 客員研究員
2008年:島根大学医学部附属病院薬剤部 准教授・副薬剤部長
2012年:島根大学大学院医学系研究科 准教授(併任)
2016年:島根県立大学 非常勤講師

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0142589


【著書】

  1. 1. 大平明弘, 直良浩司, 西村信弘. 病気とくすり2018 基礎と実践 Expert's Guide: 黄斑症・網膜症(加齢・糖尿病). 東京: 南山堂; pp1026-1036, 2018. 3月
  2. 直良浩司, 西村信弘. 薬剤師のための感染制御マニュアル 第4版: 抗菌薬の使用上の留意点. 東京: 薬事日報社; pp178-188, 2017. 4月
  3. 村木優一,北原隆志,西村信弘 編. すべての医療機関で役立つ 抗菌薬耐性対策サーベイランス必読ガイド. じほう; 2016. 8月

【論文】

  1. Hirose M, Nishimura N, et. al. Do pharmacists have the most potential for patient safety in Japan? Learning from a 2010 nationwide survey. J Hosp Admin. 2018; 7( 3 ):40-48.
  2. Muraki Y, Yagi T, Tsuji Y, Nishimura N, et. al. Japanese antimicrobial consumption surveillance: first report on oral and parenteral antimicrobial consumption in Japan (2009-2013). J Glob Antimicrob Resist. 2016 Aug 6;7:19-23
  3. Furuta K, Adachi K, Aimi M, Shimura S, Mikami H, Nishimura N, et al. Effect of Timing of Proton Pump Inhibitor Administration on Acid Suppression. Digestion. 2016;93(2):111-20.
  4. Nakabayashi N, Hirose M, Ishihara N, Nishimura N, et. al. 40. An examination of additional medical costs due to postoperative infections in colorectal surgical patients using administrative profiling data. Shimane Journal of Medical Science. 2015;321:1-12.
  5. Ishihara N, Nishimura N, et. al. Evaluation of a pharmacokinetic pharmacodynamic approach using software to optimize the carbapenem antibiotic regimen. Int J Clin Pharmacol Ther. 2015 Jun;53(6):422-9.
  6. Karino F, Nishimura N, et, al. Nephrotoxicity induced by piperacillin?tazobactam in late elderly Japanese patients with nursing and healthcare associated pneumonia. Biol Pharm Bull. 2014;37(12):1971-6.
  7. Tamaki H, Harashima N, Hiraki M, Arichi N, Nishimura N, et. al. Bcl-2 family inhibition sensitizes human prostate cancer cells to docetaxel and promotes unexpected apoptosis under caspase-9 inhibition. Oncotarget. 2014 Nov 30;5(22):11399-412.
  8. Kumakura S, Shibata H, Isobe T, Hirose M, Ohe M, Nishimura N, et. al. Comparison of hemagglutination inhibition assay and enzyme immunoassay for determination of mumps and rubella immune status in health care personnel. J Clin Lab Anal. 2013 Sep;27(5):418-21.
  9. Kumakura S, Shibata H, Onoda K, Nishimura N, et al. Seroprevalence survey on measles, mumps, rubella and varicella antibodies in healthcare workers in Japan: sex, age, occupational-related differences and vaccine efficacy. Epidemiol Infect. 2014 Jan;142(1):12-9.
  10. Karino F, Deguchi N, Kanda H, Ohe M, Kondo K, Tada M, Kuraki T, Nishimura N, et. al. Evaluation of the efficacy and safety of biapenem against pneumonia in the elderly and a study on its pharmacokinetics. J Infect Chemother. 2013 Feb;19(1):98-102.
【高校生へのメッセージ】

医療を取り巻く現状をみると、医療技術の革新が進む一方で、高齢化問題に直面しており、地域に根ざした包括医療を安全・安心に提供することが望まれています。薬物治療の薬学的管理だけではなく、患者さんとのコミュニケーションやチーム医療で生じる臨床的疑問あるいは問題点を解決するために、問題解決型思考を身につけた薬剤師を目指しましょう。

増田 智先(ますだ さとひろ)

薬学部教授

●研究テーマ:
薬物治療における変動要因の解明に関する研究
薬物の効果・副作用のバイオマーカー探索と臨床応用に関する研究
遺伝子情報を活用した個別化薬物投与設計法の確立に関する臨床研究
薬物トランスポーターの病態生理学的役割の解明に関する研究
【略歴】
京都大学薬学部卒業
京都大学大学院薬学研究科修士課程 薬品作用制御システム専攻 (医療薬剤学)
京都大学大学院 薬学研究科 博士(薬学)
京都大学医学部附属病院 薬剤部 助手
京都大学医学部附属病院 薬剤部 講師/薬物血中濃度管理室長
米国ハーバード大学医学部/ Brigham & Women’s Hospital腎臓部門 Visiting Professor(2007年6月〜11月)
京都大学医学部附属病院 薬剤部 講師/副薬剤部長
京都大学医学部附属病院 薬剤部 准教授/副薬剤部長
九州大学病院 教授・薬剤部長
国際医療福祉大学 薬学部薬学科教授
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0057291


【主な原著論文】

  • Shigematsu T, Suetsugu K, Yamamoto N, Tsuchiya Y & Masuda S: Comparison of four commercial immunoassays used in measuring the concentration of tacrolimus in blood, and their cross-reactivity to its metabolites. Ther Drug Monit, in press.
  • Tajima S, Fu R, Shigematsu T, Noguchi H, Kaku K, Tsuchimoto A, Okabe Y & Masuda S: Urinary Human Epididymis Secretory Protein 4 as a Useful Biomarker for Subclinical Acute Rejection Three Months after Kidney Transplantation. Int J Mol Sci, 20 (19): E4699 (2019).
  • Yoneshima Y, Tanaka K, Shiraishi Y, Hata K, Watanabe H, Harada T, Otsubo K, Iwama E, Inoue H, Masuda S, Nakanishi Y & Okamoto I: Safety and efficacy of PD-1 inhibitors in non-small cell lung cancer patients positive for antinuclear antibodies. Lung Cancer, 130): 5-9 (2019).
  • Yamamoto Y, Masuda S, Nakase H, Matsuura M, Maruyama S, Hisamatsu T, Suzuki Y & Matsubara K: Influence of Pharmaceutical Formulation on the Mucosal Concentration of 5-Aminosalicylic Acid and N-Acetylmesalamine in Japanese Patients with Ulcerative Colitis. Biol Pharm Bull, 42 (1): 81-86 (2019).
  • Watanabe H, Uchida M & Masuda S: [Clinical Pharmacology Research for Promoting Individualized Cancer Chemotherapy]. Yakugaku Zasshi, 139 (6): 901-909 (2019).
  • Uchida M, Nakamura T, Watanabe H, Kato K, Miyamoto T, Akashi K & Masuda S: Usefulness of medication instruction sheets for sharing information on cancer chemotherapy within the health care team. Pharmazie, 74 (9): 566-569 (2019).
  • Tsuchiya Y, Suetsugu K, Yamamoto N, Kobayashi D, Tsuji T, Watanabe H, Egashira N & Masuda S: Simultaneous determination of plasma concentration of 12 oral molecular-targeted drugs by ultra-performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry. Jap J Ther Drug Monit,36 (3): 105-116 (2019).
  • Suetsugu K, Mori Y, Yamamoto N, Shigematsu T, Miyamoto T, Egashira N, Akashi K & Masuda S: Impact of CYP3A5, POR, and CYP2C19 Polymorphisms on Trough Concentration to Dose Ratio of Tacrolimus in Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation. Int J Mol Sci, 20 (10): W2413 (2019).
  • Zhang W, Egashira N & Masuda S: Recent Topics on The Mechanisms of Immunosuppressive Therapy-Related Neurotoxicities. Int J Mol Sci, 20 (13): E3210 (2019).
  • Saito M, Chen-Yoshikawa TF, Suetsugu K, Okabe R, Takahagi A, Masuda S & Date H: Pirfenidone alleviates lung ischemia-reperfusion injury in a rat model. J Thorac Cardiovasc Surg, 158 (1): 289-296 (2019).
  • Fukuda M, Suetsugu K, Tajima S, Katsube Y, Watanabe H, Harada N, Yoshizumi T, Egashira N, Mori M & Masuda S: Neutrophil Gelatinase-Associated Lipocalin Is Not Associated with Tacrolimus-Induced Acute Kidney Injury in Liver Transplant Patients Who Received Mycophenolate Mofetil with Delayed Introduction of Tacrolimus. Int J Mol Sci, 20 (12): E3103 (2019).
  • Fu R, Tajima S, Suetsugu K, Watanabe H, Egashira N & Masuda S: Biomarkers for individualized dosage adjustments in immunosuppressive therapy using calcineurin inhibitors after organ transplantation. Acta Pharmacol Sin, 40 (2): 151-159 (2019).
  • Brunet M, van Gelder T, Asberg A, Haufroid V, Hesselink DA, Langman L, Lemaitre F, Marquet P, Seger C, Shipkova M, Vinks A, Wallemacq P, Wieland E, Woillard JB, Barten MJ, Budde K, Colom H, Dieterlen MT, Elens L, Johnson-Davis KL, Kunicki PK, MacPhee I, Masuda S, Mathew BS, Millan O, Mizuno T, Moes DAR, Monchaud C, Noceti O, Pawinski T, Picard N, van Schaik R, Sommerer C, Vethe NT, de Winter B, Christians U & Bergan S: Therapeutic Drug Monitoring of Tacrolimus-Personalized Therapy: Second Consensus Report. Ther Drug Monit, 41 (3): 261-307 (2019).
  • Yamamoto S, Egashira N, Tsuda M & Masuda S: Riluzole prevents oxaliplatin-induced cold allodynia via inhibition of overexpression of transient receptor potential melastatin 8 in rats. J Pharmacol Sci, 138 (3): 214-217 (2018).
  • Tanioka H, Miyamoto Y, Tsuji A, Asayama M, Shiraishi T, Yuki S, Kotaka M, Makiyama A, Shimokawa M, Shimose T, Masuda S, Yamaguchi T, Komatsu Y, Saeki H, Emi Y, Baba H, Oki E & Maehara Y: Prophylactic Effect of Dexamethasone on Regorafenib-Related Fatigue and/or Malaise: A Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blind Clinical Study in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer (KSCC1402/HGCSG1402). Oncology, 94 (5): 289+296 (2018).
  • Iwasaki M, Yano I, Fukatsu S, Hashi S, Yamamoto Y, Sugimoto M, Fukudo M, Masuda S, Nakagawa S, Yonezawa A, Kaido T, Uemoto S & Matsubara K: Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Once-Daily Tacrolimus Compared With Twice-Daily Tacrolimus in the Early Stage After Living Donor Liver Transplantation. Ther Drug Monit, 40 (6): 675-681 (2018).
  • Yamamoto S, Ushio S, Egashira N, Kawashiri T, Mitsuyasu S, Higuchi H, Ozawa N, Masuguchi K, Ono Y & Masuda S: Excessive spinal glutamate transmission is involved in oxaliplatin-induced mechanical allodynia: a possibility for riluzole as a prophylactic drug. Sci Rep, 7 (1): 9661 (2017).
  • Yamada T, Kubota T, Yonezawa M, Nishio H, Kanno S, Yano T, Kobayashi D, Egashira N, Takada H, Hara T & Masuda S: Evaluation of Teicoplanin Trough Values After the Recommended Loading Dose in Children With Associated Safety Analysis. Pediatr Infect Dis J, 36 (4): 398-400 (2017).
  • Suetsugu K, Ikesue H, Miyamoto T, Shiratsuchi M, Yamamoto-Taguchi N, Tsuchiya Y, Matsukawa K, Uchida M, Watanabe H, Akashi K & Masuda S: Analysis of the variable factors influencing tacrolimus blood concentration during the switch from continuous intravenous infusion to oral administration after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Int J Hematol, 105 (3): 361-368 (2017).
  • Sakamoto Y, Yano T, Hanada Y, Takeshita A, Inagaki F, Masuda S, Matsunaga N, Koyanagi S & Ohdo S: Vancomycin induces reactive oxygen species-dependent apoptosis via mitochondrial cardiolipin peroxidation in renal tubular epithelial cells. Eur J Pharmacol, 800): 48-56 (2017).
  • Murata K, Motomura Y, Tanaka T, Kanno S, Yano T, Onimaru M, Shimoyama A, Nishio H, Sakai Y, Oh-Hora M, Hara H, Fukase K, Takada H, Masuda S, Ohga S, Yamasaki S & Hara T: Calcineurin inhibitors exacerbate coronary arteritis via the MyD88 signaling pathway in a murine model of Kawasaki disease. Clin Exp Immunol, 190 (1): 54-67 (2017).
【高校生へのメッセージ】
薬学部は、診断、治療、予防という医療のすべてで役立つ知識と技術を学べる学部です。習得した知識と技術を臨床で活用するための薬剤師という国家資格は、薬学部の卒業生のみに受験機会が与えられます。薬学で学び、薬剤師として広く社会で活躍する人がたくさん続いてくれることを期待します。

生物構造化学

三浦 隆史(みうら たかし)

薬学部教授

●研究テーマ:
神経変性疾患の発症における細胞膜の役割
銅の細胞内取り込みの分子メカニズム
【略歴】
東北大学薬学部卒業
東北大学大学院薬学研究科 修士(薬学)
東北大学大学院薬学研究科 博士(薬学)
米国ミズーリ大学研究講師、東北大学薬学部助手、講師、准教授を経て現職
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0184546


【主な原著論文】

  • “Potential role of serotonin as a biological reductant associated with copper transportation”
    Kaede Saito, Kasumi Watanabe, Risa Yanaoka, Lisa Kageyama, Takashi Miura
    J. Inorg. Biochem. 199, 110770 (2019).
  • “Examination of the association states of dehydroergosterol towards understanding the association structures of sterols in a membrane”
    Kunisato Kuroi, Masatomo Imaizumi, Takashi Miura, Takakazu Nakabayashi
    Biochem. Biophys. Res. Comm. 515, 228-233 (2019).
  • “Comparison of extracellular Cys/Trp motif between Schizosaccharomyces pombe Ctr4 and Ctr5”
    Mariko Okada, Takashi Miura, Takakazu Nakabayashi
    J. Inorg. Biochem. 169, 97-105 (2017).
  • “Acquisition of pro-oxidant activity of fALS-linked SOD1 mutants as revealed using circular dichroism and UV-resonance Raman spectroscopy”
    Nobuhiro Fujimaki, Ken Nishiya, Takashi Miura, Takakazu Nakabayashi
    Chem. Phys. 479, 5?10 (2016).
  • "Copper(I) stabilization by cysteine/tryptophan motif in the extracellular domain of Ctr4" Mariko Okada and Takashi Miura, J. Inorg. Biochem. 159, 45-49 (2016).
  • "Disperse Orange 3 as a resonance Raman probe for measuring membrane order" Yuki Numakura and Takashi Miura, FEBS Open Bio, 5, 859-863 (2015).
  • "Effect of amyloid β-peptide on the fluidity of phosphatidylcholine membranes: Uses and limitations of diphenylhexatriene fluorescence anisotropy" Masako Suzuki and Takashi Miura, Biochim. Biophys. Acta, 1848, 753-759 (2015).
  • "His-Trp Cation-π Interaction and Its Structural Role in an α-Helical Dimer of HIV-1 Vpr Protein" Takayuki Kamiyama, Takashi Miura, and Hideo Takeuchi, Biophys. Chem., 173-174, 8-14 (2013).
  • "Evidence for the Cation-π Interaction between Cu2+ and Tryptophan" Hanami Yorita, Kohei Otomo, Hirotsugu Hiramatsu, Akira Toyama, Takashi Miura, and Hideo Takeuchi, J. Am. Chem. Soc., 130, 15266-15267 (2008).
  • "Non-Electrostatic Binding and Self-Association of Amyloid β-Peptide on the Surface of Tightly Packed Phosphatidylcholine Membranes" Mayumi Yoda, Takashi Miura, and Hideo Takeuchi, Biochem. Biophys. Res. Commun., 376, 56-59 (2008).
  • "Clustered Negative Charges on the Lipid Membrane Surface Induce β-Sheet Formation of Prion Protein Fragment 106-126" Takashi Miura, Mayumi Yoda, Naoyuki Takaku, Takanori Hirose, and Hideo Takeuchi. Biochemistry, 46, 11589-11597 (2007).
  • "Copper Reduction by the Octapeptide Repeat Region of Prion Protein: pH Dependence and Implications in Cellular Copper Uptake" Takashi Miura, Satoshi Sasaki, Akira Toyama, and Hideo Takeuchi, Biochemistry, 44, 8712-8720 (2005).
  • "Copper selectively triggers β-sheet assembly of an N-terminally truncated amyloid β-peptide beginning with Glu3" T. Miura, S. Mitani, C. Takanashi & N. Mochizuki, J. Inorg. Biochem. 98, 10-14 (2004).
  • "Protonation of histidine and histidine-tryptophan interaction in the activation of the M2 ion channel from influenza A virus" A. Okada, T. Miura & H. Takeuchi, Biochemistry 40, 6053-6060 (2001).
  • "Metal binding modes of Alzheimer's amyloid β-peptide in insoluble aggregates and soluble complexes" T. Miura, K. Suzuki, N. Kohata & H. Takeuchi, Biochemistry 39, 7024-7031 (2000).

【主な総説、著書】

  • "脂質膜と金属イオンによるアミロイドβペプチドのコンホメーション制御" 三浦隆史、依田真由美、堤千裕、村山紀代子、竹内英夫、薬学雑誌 130, 495-501 (2010).
  • "Optical and vibrational spectroscopic methods" T. Miura & G. J. Thomas, Jr. Introduction to Biophysical Methods for Protein and Nucleic Acid Research (J. A. Glasel and M. P. Deutscher, Eds.) Academic Press, 261-315 (1995).
  • "Raman spectroscopy of proteins and their assemblies" T. Miura & G. J. Thomas, Jr. Subcellular Biochemistry 24, 55-99 (1995).
【高校生へのメッセージ】
薬剤師は薬の専門家として、病院や薬局のみならず製薬関連企業・研究機関・薬事行政など幅広い分野から求められています。このため、様々な分野からの要求に応えられるような知識と洞察力を身につけておけば、薬剤師になってからの自分の可能性を大きく広げることができます。若いうちに沢山のことを学び、吸収して、自己のポテンシャルを高めておきましょう。

感染症学

八木 秀樹 (やぎ ひでき)

薬学部教授

● 研究テーマ:
1.免疫担当細胞の生体内挙動を制御する分子メカニズムの解析
2.抗体作製技術を基にした新規免疫調節医薬品の創生
3.がん転移機構の解明とその阻害薬の探索

【略歴】

東北大学薬学部卒業
東北大学大学院薬学研究科 修士(薬学)
博士(薬学)東北大学
塩野義製薬株式会社 研究所
東北大学医学部 助手
近畿大学薬学部 助手、講師、准教授を経て現職

【研究業績】

    【researchmap】
    https://researchmap.jp/read0180245


    【著書】
  1. スタンダード薬学シリーズU 4 生物系薬学V 生体防御と微生物、東京化学同人、2016年

  2. 【論文】
  3. Haraguchi K, Kumamoto H, Konno K, Yagi, H, Tatano Y, Odanaka Y, Shimbara Matsubayashi S, Snoeck R, Andrei G, Synthesis of 4′-substituted 2′-deoxy-4′-thiocytidines and its evaluation for antineoplastic and antiviral activities, Tetrahedron 75: 4542-4555, 2019.
  4. Funayama, H., Tashima, I., Okada, S., Ogawa T., Yagi, H., Tada, H., Wakita R., Asada, Y., Endo, Y., Effects of Zoledronate on Local and Systemic Production of IL-1β, IL-18, and TNF-α in Mice and Augmentation by Lipopolysaccharide. Biological & Pharmaceutical Bulletin 42: 929-936, 2019.
  5. Ueda, S., Hayashi, H., Miyamoto, T., Abe, S., Hirai, K., Matsukura, K., Yagi, H., Hara, Y., Yoshida, K., Okazaki, S., Tamura, M., Abe, Y., Agatsuma, T., Niwa, S., Masuko, K., Masuko, T., Anti-tumor effects of antibodies to L-type amino-acid transporter 1 (LAT1) bound to human and monkey LAT1 with dual avidity modes. Cancer Sci., 110: 674-685, 2019.
  6. Hara, Y., Torii, R., Ueda, S., Kurimoto, E., Ueda, Eri; Okura, H., Tatano, Y., Yagi, H., Ohno, Y., Tanaka, T., Masuko, K., Masuko, T.: Inhibition of tumor formation and metastasis by a monoclonal antibody against lymphatic vessel endothelial hyaluronan receptor 1. Cancer Sci., 109: 3171-3182, 2018.
  7. Tanaka N, Jia Y, Niwa K, Imabayashi K, Tatano Y, Yagi, H, Kashiwada Y. Phloroglucinol derivatives and a chromone glucoside from the leaves of Myrtus communis. Tetrahedron. 74: 117-123, 2018.
  8. Ookura, M., Fujii, T., Yagi, H., Ogawa, T., et al., YM155 exerts potent cytotoxic activity against quiescent (G0/G1) multiple myeloma and bortezomib resistant cells via inhibition of survivin and Mcl-1. Oncotarget, 8:111535-111550, 2017.

  9. Takamura, S., H. Yagi, Y. Hakata, et al., Specific niches for lung-resident memory CD8+ T cells at the site of tissue regeneration enable CD69-independent maintenance. J. Exp. Med., 213: 3057-3073, 2016.

  10. Maeda, Y., H. Yagi, K. Takemoto, et al., S1P lyase in thymic perivascular spaces promotes egress of mature thymocytes via up-regulation of S1P receptor 1. Int Immunol, 26: 245-55. 2014.

  11. Ishimoto, T., O. Nagano, T. Yae, M. Tamada, T. Motohara, H. Oshima, M. Oshima, T. Ikeda, R. Asaba, H. Yagi, et al., CD44 variant regulates redox status in cancer cells by stabilizing the xCT subunit of system xc(-) and thereby promotes tumor growth. Cancer Cell, 19: 387-400. 2011.

  12. Yagi, H., R. Kamba, K. Chiba, et al., Immunosuppressant FTY720 inhibits thymocyte emigration. Eur J Immunol, 30: 1435-44. 2000.

  13. Yagi, H., M. Nakamura, T. Ishii, et al., Ultrastructural analysis of mouse thymocyte subpopulations. Eur J Immunol, 27: 2680-7. 1997.

  14. Yagi, H., M. Matsumoto, M. Nakamura, et al., Defect of thymocyte emigration in a T cell deficiency strain (CTS) of the mouse. J Immunol, 157: 3412-9. 1996.
  15. Nakamura, M., H. Yagi, S. Kayaba, et al., Death of germinal center B cells without DNA fragmentation. Eur J Immunol, 26: 1211-6. 1996.

  16. Yagi, H., M. Matsumoto, K. Kunimoto, J. Kawaguchi, S. Makino and M. Harada, Analysis of the roles of CD4+ and CD8+ T cells in autoimmune diabetes of NOD mice using transfer to NOD athymic nude mice. Eur J Immunol, 22: 2387-93. 1992.

【外部資金獲得】
科学研究費 基盤研究(C)(一般) 「新規リンパ管新生因子に着目したリンパ行性転移機構の解明」(平成31ー33年度)
科学研究費 基盤研究(C)(一般)「フィンゴリモドのアレルギー疾患への適用と免疫抑制を目指した抗体医薬品の開発」(平成28〜30年度)
【高校生へのメッセージ】

アレルギー、がん、感染症と多くの現代病に関わる免疫学を中心に皆さんと共に勉強したいと考えています。薬学部は最も幅広く勉強する学部です。故に、卒後薬剤師免許を取得すると、薬剤師としてだけでなく多種多様な職種から求められます。求められることは幅広い知識もですが、多くの場合問題解決能力が求められます。共に学びながら、知識のみならず実践力や問題解決能力を身に付け、求められる薬剤師になってください。

【研究室HP】

http://sites.google.com/site/immunobiologyiuhw/

臨床薬物動態学・医療薬学

山田 治美(やまだ はるみ)

薬学部教授/大学院薬科学研究科教授

● 研究テーマ:薬物による薬物代謝酵素および薬物トランスポーターへの影響に関する研究
【略歴】
東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了(薬学博士)。東京大学医科学研究所附属病院薬剤部、フランス国立ビシャ-クロウド-ベルナール病院寄生虫学研究室を経て現職。 専門は、臨床薬物動態学(特に抗HIV薬・抗マラリア薬)、医療薬学
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/2260


  • Shimizu K, Yamada H, et al., Rokumigan alleviates oxaliplatin‐induced cold hypersensitivity by suppression of transient receptor potential cation channel subfamily M member 8 and subfamily A member 1., Traditional & Kampo Medicine, 6:32?36, 2019
  • 清水加奈子,山田治美 他,オキサリプラチンによる急性末梢神経障害発症の危険因子の解析. , 医療薬学, 44: 623-630, 2018
  • Su Nwe San, Yamada H, et al., Minor contribution of CYP3A5 to the metabolism of hepatitis C protease inhibitor paritaprevir in vitro., Xenobiotica, 49:935-94, 2018
  • Su Nwe San, Yamada H, et al., Determination of sofosbuvir via a high-performance liquid chromatography method using ultraviolet detection., J IUHW, 23, 130-136, 2018
  • Tajima M, Yamada H, et al., Linezolid-Induced Thrombocytopenia Is Caused by Suppression of Platelet Production via Phosphorylation of Myosin Light Chain 2., Biol Pharm Bull., 39 : 1846-1851,2017
  • 西圭史, 山田治美 他, カテーテル関連血流感染に対する抗菌薬適正使用がその後の菌血症再発に及ぼす影響., 環境感染誌, 30:7-13,2015
  • 山西由里子,山田治美 他, がん化学療法における5-HT3受容体拮抗剤“パロノセロトン静注”の薬剤経済学的検討., 緩和医療薬学雑誌, 7:37-43,2014
  • Hirosawa I, Yamada H et al., Enantioselective disposition of clenbuterol in rats. Biopharm. Drug Dispos., 35:207-17, 2014
  • Kato Y, Yamada H. et al., Gosha-jinki-gan reduced oxaliplatin- induced hypersensitivity to cold sensation and its effect would be related to suppression of the expression of TRPM8 and TRPA1 in rats. Anticancer Drugs, 25:39-43, 2014
  • Tajima M, Yamada H, et al., Consumption of a high-fat diet during pregnancy changes the expression of cytochrome P450 in the livers of infant male mice. Biol.Pharm.Bull., 36:649-657, 2013
  • Tajima M, Yamada H, et al., Different diets cause alterations in the enteric environment and trigger changes in the expression of hepatic cytochrome P450 3A, a drug-metabolizing enzyme. Biol.Pharm.Bull., 36:624-634, 2013
  • 真野泰成,山田治美 他, 処方せんおよび文献調査からみた小児耳鼻科領域におけるマクロライド療法の実態調査―服用期間と休薬期間の関係性の解析―.,医薬品情報学, 15:71-77, 2013
  • 真野泰成,山田治美 他,   病院・薬局実務実習における緩和医療教育の実態調査とその教育効果, 日本緩和医療薬学, 6:23-28, 2013
  • Masataka Tajima, Harumi Yamada et al     Consumption of a high-fat diet during pregnancy decrease the activity of cytochrome P450 3a in the livers of offspring. Eur. J. Pharm. Sci., 47:108-116, 2012
  • 中島輝一, 山田治美 他, 外来がん患者に対する薬剤師外来の役割とその評価.医療薬学, 38:599-608, 2012
  • 加藤芳徳, 山田治美 他, 小児急性中耳炎再発防止のための治療後の抗菌薬使用およびその他関連因子の調査. 医療薬学, 39:140-147, 2013
  • 原田桂作, 山田治美 他, がん化学療法施行患者の不安・抑うつ変化に対する薬剤管理指導の評価. 日本病院薬剤師会雑誌, 4:1348-1351, 2012
【著書】
  • 薬の生体内運命改訂7版、平成28年3月、ネオメディカル
  • 個別化医療を目指した臨床薬物動態学、平成28年3月、廣川書店
【科学研究費】
  • 基盤研究(C)(一般)「臨床における白金系抗がん剤の神経障害に対する漢方薬の副作用回避に関する研究」(平成28〜30年度)
【高校生へのメッセージ】

現在、医療の現場は大きく変化しています。その中で、薬剤師の専門的な知識・技能への期待も高まっています。
私の担当する「薬物動態学」は、体の中でのくすりの運命を理解して、患者さん個人に合った安全で有効性の高い薬の投与量や投与方法を設計するための重要な科目です。また、医療系薬学実習では理論で学んだ知識を実際に実習で確認し、実務実習や将来の臨床の現場につなげるようにしましょう。

腎泌尿器科学

福ア 篤(ふくざき あつし)

薬学部教授

●研究テーマ:腎泌尿器疾患の病態解明と新規治療戦略の開発
【略歴】
東北大学医学部卒、医学博士。米国ワシントン大学留学、東北大学医学部講師、東北厚生年金病院副院長を経て現職。専門は腎泌尿器科学。
【研究業績】

【主な著書】

  • 泌尿器科手術の術前術後管理.ベッドサイド泌尿器科学, 第3版, pp. 11-17, 南江堂, 東京, 2000.
  • 多発性嚢胞腎.内科学アトラス, 第2版, 朝倉書店, 東京, 2001.
  • 閉塞性腎症.新臨床内科学, 第8版, 医学書院, 東京, 2001.

【主な論文】

  • Fukuzaki, A., Morrissey, J. and Klahr, S.: Role of glomerular eicosanoid production in the obstructed kidney. Int. Urol. Nephrol., 25(6): 525-531, 1993.
  • Fukuzaki, A., Morrissey, J. and Klahr, S.: Enhanced glomerular phospholipase activity in the obstructed kidney. Int. Urol. Nephrol., 27(6): 783-790, 1995.
  • Fukuzaki, A., Kaneto, H., Ikeda, S. and Orikasa, S.: Determining the origin of hematuria by immunocytochemical staining of erythrocytes in urine for Tamm-Horsfall protein. J. Urol., 155(1): 248-251, 1996.
  • Fukuzaki, A., Kaneto, H., Ikeda, S. and Orikasa, S.: Characterization of protein kinase C expression in human kidney. Tohoku J. Exp. Med., 178(3): 263-269, 1996.
  • Fukuzaki, A., Kaneto, H., Ishidoya, S., Ikeda, S. and Orikasa, S.: Characterization of G protein in obstructed kidneys. Int. J. Urol., 3(5): 386-391, 1996.
  • Ikeda, S., Fukuzaki, A., Kaneto, H., Ishidoya, S. and Orikasa, S.: Role of protein kinase C in cisplatin nephrotoxicity. Int. J. Urol., 6(5): 245-250, 1999.
  • Kaneto, H., Ohtani, H., Fukuzaki, A., Ishidoya, S., Takeda, A., Ogata, Y., Nagura, H., and Orikasa, S.: Increased expression of TGF-β1 but not of its receptors contributes to human obstructive nephropathy. Kidney Int., 56(6): 2137-2146, 1999.
  • Ishidoya, S., Ogata, Y., Fukuzaki, A., Kaneto, H., Takeda, A. and Orikasa, S.: Plasminogen activator inhibitor-1 and tissue-type plasminogen activator are up-regulated during unilateral ureteral obstruction in adult rats. J. Urol., 167: 1503-1507, 2002.
  • Ogata, Y., Ishidoya, S., Fukuzaki, A., Kaneto, H., Takeda, A., Ohyama, C., Orikasa, S. and Arai, Y.: Upregulated expression of transforming growth factor-beta, type IV collagen, and plasminogen activator inhibitor-1 mRNA are decreased after release of unilateral ureteral obstruction. Tohoku J. Exp. Med., 197: 159-168, 2002.
  • Yamada, S., Kohu, K., Ishii, T., Ishidoya, S., Hiramatsu, M., Kanto, S., Fukuzaki, A., Adachi, Y., Endoh, M., Moriya, T., Sasaki, H., Satake, M. and Arai, Y.: Gene expression profiling identifies a set of transcripts that are up-regulated in human testicular seminoma. DNA research, 11: 335-344, 2004.
【高校生へのメッセージ】
現代の医療は、医療に携わるすべてのスタッフによるチーム医療が主になっています。中でも薬剤師の果たす役割は大きく、悪性腫瘍や感染症、代謝疾患などの治療では、薬剤師は医療チームのかなめとして大変重要な立場にあります。
様々な臨床研究も薬剤師が主体となっておこなわれています。是非、未来に向かって、医療の分野でもイノベーションをおこしましょう。

生理学

黒澤 美枝子(くろさわ みえこ)

薬学部教授/大学院薬科学研究科教授

● 研究テーマ:体性感覚刺激による脳神経伝達機能変化と情動・自律反応相関
【略歴】

お茶の水女子大学 卒業
お茶の水女子大学 大学院修士(理学)
北海道大学大学院博士(医学)
元東京都老人総合研究所主任研究員、医学博士

【学会活動】

日本自律神経学会理事、日本生理学会評議員
【研究実績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/kurosawa-mieko


(論文)
Tokunaga R, Shimoju R, Shibata H, Kurosawa M, Somatosensory regulation of serotonin release in the central nucleus of the amygdala is mediated via corticotropin releasing factor and gamma-aminobutyric acid in the dorsal raphe nucleus, J Physiol Sci, 67, 689-698, 2017.

Tokunaga R, Shimoju R, Takagi N, Shibata H, Kurosawa M, Serotonin release in the central nucleus of the amygdala in response to noxious and innocuous cutaneous stimulation in anesthetized rats, J Physiol Sci, 66, 307-314, 2016.

Hori M, Shimoju R, Tokunaga R, Ohkubo M, Miyabe S, Ohnishi J, Murakami K, Kurosawa M,Tickling increases dopamine release in the nucleus accumbens and 50 kHz ultrasonic vocalizations in adolescent rats. NeuroReport. 24(5):241-245, 2013.

黒澤美枝子,下重里江,徳永亮太,脳内報酬系としての腹側被蓋野,神経内科学,78(2): 174-179,2013.

Hori M, Shimoju R, Tokunaga R, Ohkubo M, Miyabe S, Ohnishi J, Murakami K, Kurosawa M,Tickling increases dopamine release in the nucleus accumbens and 50 kHz ultrasonic vocalizations in adolescent rats. NeuroReport 2013; 24:241-245.

中野朋儀,下重里江,丸山仁司,黒澤美枝子,三陰交への鍼通電刺激が麻酔下ラットの動脈圧におよぼす影響―足三里刺激との比較―. 自律神経2013; 50:58-64.

黒澤美枝子,下重里江,徳永亮太,脳内報酬系としての腹側被蓋野. 神経内科学2013; 78:174-179.

Suzuki Y, Ichinomiya S, Kurosawa M, Matsuda J, Ogawa S, Iida M, Kubo T, Tabe M, Itoh M, Higaki K, Nanba E, Ohno K, Therapeutic chaperone effect of N-octyl 4-epi-β-valienamine on murine G(M1)-gangliosidosis. Mol Genet Metab 2012; 106:92-8.

Maruyama K, Shimoju R, Ohkubo M, Maruyama H, Kurosawa M, Tactile skin stimulation increases dopamine release in the nucleus accumbens in rats. Journal of Physiological Sciences 2012; 62:259-266.

黒澤美枝子,体性―自律神経反射,日本東洋医学雑誌2011; 62:466-472.

Lundeberg T and Kurosawa M (Eds), Special issue: Acupuncture from a physiological and clinical perspective. Autonomic Neuroscience 2010; 157:1-100.

Higashimura Y, Shimoju R, Maruyama H, Kurosawa M, Electro-acupuncture improves responsiveness to insulin via excitation of somatic afferent fibers in diabetic rats. Autonomic Neuroscience 2009; 150:100-103.

(著書)
「標準生理学第9版」(医学書院,2019,編著),神経内科学テキスト改訂第4版(南江堂,2017,共著),自律神経機能検査第5版(文光堂,2015,共著),
黒澤美枝子,第21章 自律神経系,標準生理学 第8版. 東京:医学書院,2014:386-410.

黒澤美枝子,長谷川薫編,コメディカルのための専門分野基礎テキスト生理学 第3版.東京:中外医学社,2012.

【高校生へのメッセージ】

私は「生理学」を担当しています。身体の働きを正常に近づけるために種々の薬が使われます。どうして薬が効くのかを知るためには、まず正常な身体の働きを知ることが大切です。それを学ぶのが生理学です。これを読んでくださっている貴方の脳はどのように働いているのでしょう? 身体の仕組みの不思議を一緒に勉強しませんか? 医療人としての一歩を踏み出したい貴方を応援します。

統計学

島田 直樹(しまだ なおき)

薬学部教授

●研究テーマ: 特定疾患(難病)の疫学(特に血液疾患)医学統計コンサルテーション
【略歴】
慶應義塾大学卒業
慶應義塾大学大学院博士課程修了
博士(医学)
医師
【研究内容】

疫学 医学統計

【研究実績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0044255


著書:
  • Ochiai H, Shimouchi A, Shimada N, Ohtsu T, Shirasawa T, Hoshino H, Kokaze A. Tuberculosis among the poor. Tanaka K, Niki Y, Kokaze A (Eds.) Current Topics of Infectious Diseases in Japan and Asia. Japan: Springer, 2010(3):95-106.
  • 杉田稔,島田直樹.疫学.小澤敬也(編集).最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 72(血液8)再生不良性貧血.大阪:最新医学社,2011(12):23-30.
  • 島田直樹.T V 3 傷病統計.高島豊,櫻井裕(編著).エッセンシャル社会・環境と健康 第2版第5刷.東京:医歯薬出版株式会社,2014(2):54-62.
  • 島田直樹.U V 5 骨・関節疾患.高島豊,櫻井裕(編著).エッセンシャル社会・環境と健康 第2版第5刷.東京:医歯薬出版株式会社,2014(2):173-177.

総説:
  • 島田直樹,白澤貴子,落合裕隆,大津忠弘,星野祐美,小風暁.小児生活習慣病予防への取り組み.昭和医学会雑誌 2010(12);70(6):446-451.

原著:
  • 山崎恭子,島田直樹,下司映一,後藤澄子.酸化LDLと生活習慣および精神健康度との関連.日本未病システム学会雑誌 2012(6);18(2):95-98.
  • 苅部智恵子,佐藤啓造,丸茂瑠佳,丸茂明美,藤城雅也,若林紋,入戸野晋,米山裕子,岡部万喜,黒瀬直樹,島田直樹.終末期医療における自己決定権と生活の質について −安楽死・尊厳死に関する医学生・理系学生の意識差をもとに−.昭和医学会雑誌 2012(6);72(3):349-358.
  • Kokaze A, Ishikawa M, Matsunaga N, Karita K, Yoshida M, Shimada N, Ohtsu T, Shirasawa T, Ochiai H, Satoh M, Hashimoto M, Hoshino H, Takashima Y. Mitochondrial DNA 5178 C/A polymorphism influences the effects of habitual smoking on the risk of dyslipidemia in middle-aged Japanese men. Lipids in Health and Disease 2012(8);11(1):97.
  • Shirasawa T, Ochiai H, Nishimura R, Morimoto A, Shimada N, Ohtsu T, Hoshino H, Tajima N, Kokaze A. Secular trends in blood pressure among Japanese schoolchildren: A population-based annual survey from 1994 to 2010. Journal of Epidemiology 2012(9);22(5):448-453.
  • Kokaze A, Ishikawa M, Matsunaga N, Karita K, Yoshida M, Shimada N, Ohtsu T, Shirasawa T, Ochiai H, Hoshino H, Takashima Y. Combined effect of mitochondrial DNA 5178 C/A polymorphism and alcohol consumption on estimated glomerular filtration rate in male Japanese health check-up examinees: a cross-sectional study. BMC Nephrology 2013(2);14:35.
【その他】
資格:
医師、博士(医学)、日本医師会認定産業医

所属学会:
日本民族衛生学会(幹事、編集委員長)、日本産業衛生学会(代議員、関東地方会幹事)、日本衛生学会(評議員)、日本ストレス学会(評議員)、日本高次脳機能障害学会(機関誌編集委員会委員(統計査読))、日本公衆衛生学会、日本疫学会、日本医療・病院管理学会、日本禁煙推進医師歯科医師連盟

教育業績:
2014年現在、学部で年間11科目の講義を担当している。また、大学院生1名(修士課程)を指導している。

衛生化学

清水 貴壽(しみず たかひさ)

薬学部准教授

● 研究テーマ:環境因子の細胞への影響とその作用機構に関する研究
【略歴】

金沢大学薬学部製薬化学科卒業、同大学大学院自然科学研究科生命科学専攻博士課程後期課程修了、薬学博士。東京理科大学薬学部助教、同大学総合研究機構講師を経て現職。専門は衛生化学、細胞生物学。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0050292


Shimizu T., Kuromi A., Takeda K. Synergistic induction of gene expression during the differentiation into mature macrophage in human myeloblastic leukemia cells treated with TPA and KH1060. Leukemia Res. 33: 803-809, 2009.

Shimizu T., Esaki L., Mizuno H. Takeda K. Granulocyte macrophage colony-stimulating factor enhances retinoic acid-induced gene expression. J. Leukoc. Biol. 80: 889-896, 2006.

Shimizu T., Okayama A., Inoue T., Takeda K. Analysis of gene expression during staurosporine-induced neuronal differentiation of human prostate cancer cells. Oncol. Rep. 14: 441-448, 2005.

Shimizu T., Sato K., Suzuki T., Tachibana K., Takeda K. Induction of plasminogen activator inhibitor-2 is associated with suppression of invasive activity in TPA-mediated differentiation of human prostate cancer cells. Biochem. Biophys. Res. Commun. 309: 267-271, 2003.

Shimizu T., Awai N., Takeda K. Complex regulation of CDKs and G1 arrest during the granulocytic differentiation of human myeloblastic leukemia ML-1 cells. Oncogene 19: 4640-4646, 2000.

Shimizu T., Takeda K. Induction of retinoic acid receptorα by Granulocyte-macrophage colony-stimulating factor in human myeloid leukemia cell lines. Cancer Res. 60: 4544-4549, 2000.
【高校生へのメッセージ】

薬学の学問分野は幅広いですが、好奇心・チャレンジ精神を旺盛にして熱中できる事を見つけてください。真剣になり、熱中している時間というのは、大変かもしれませんが、実はすごく幸せな時間だと思います。様々なことに興味を抱き、そのような時間をたくさん経験できる充実した大学生活を、本学で過ごしてみませんか。

長沼 美代子(ながぬま みよこ)

薬学部准教授

【略歴】

北里大学 薬学部 薬学科卒業
北里大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士(薬学)
東京女子医科大学病院 薬剤部
東京女子医科大学病院 薬剤部 主任
東京女子医科大学病院 治験管理室 兼任
東京女子医科大学病院 臨床研究支援センター試験コーディネーター室 室長
東京女子医科大学病院 臨床研究支援センター教育・研究室 室長
昭和大学 病薬学部病院薬剤学講座 助教
昭和大学 藤が丘病院 薬剤部
昭和薬科大学 薬学部 非常勤講師

【研究業績】

  • Effectiveness and Safety of dabigatran versus warfarin in “real-world” Japanese patients with atrial fibrillation: a single-center observational study.  Miyoko Naganuma, Tsuyoshi Shiga, Takehiko Nagao, Atsushi Suzuki, Kagari Murasaki, Nobuhisa Hagiwara  Journal of Arrhythmia. (2).107-110,2017
  • Naganuma Miyoko, Shiga Tsuyoshi, Nagao Takehiko, Maruyama Kenji, Suzuki Atsushi, Murasaki Kagari, Hagiwara Nobuhisa, Renal Function and Treatment Persistence with Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants in Japanese Patients with Atrial Fibrillation: A Single-Center Experience. Jpn J Clin Pharmacol Ther ,47(3),115-122 , 2016
  • Naganuma Miyoko, Shiga Tsuyoshi, Nagao Takehiko, Murasaki Kagari, Hagiwara Nobuhisa , Clinical Outcomes and Anticoagulant Intensity in Japanese Nonvalvular Atrial Fibrillation Patients ≧65 Years of Age with a CHADS2 Score 0-1 and Taking Warfarin. Jpn J Clin Pharmacol Ther 46 (4) , 191-197 , 2015
  • Naganuma Miyoko, Shiga Tsuyoshi, Sato Kumi, Murasaki Kagari, Hashiguchi Masayuki, Mochizuki Mayumi, Nobuhisa Hagiwara , Clinical outcome in Japanese elderly patients with non-valvular atrial fibrillation taking warfarin: a single-center observational study. Thrombosis Research 130 (1) , 21-26 , 2012
  • Naganuma Miyoko, Shiga Tsuyoshi, Kawai Akihiko, Kawarai Hirotaka, Hayashi Tetsuo, Matsuda Naoki, Fujii Emiko, Kurosawa Hiromi, Kasanuki Hiroshi : Influence of food on plasma concentration of mycophenolic acid in a heart transplant patient receiving concomitant tacrolimus. J Heart Lung Transplant , 22(9),1065-1066,2003
  • Naganuma Miyoko, Shiga Tsuyoshi, Nishikata Kaori, Tsuchiya Takanori, Kasanuki Hiroshi, Fujii Emiko.:Role of Desethylamiodarone in Anticoagulant Effect of Concurrent Amiodarone and Warfarin Therapy. J Cardiovasc Pharmacol Ther ,6(4) ,363-367, 2001.
  • 長沼 美代子 副作用早期発見プラクティカルガイド 4.利尿薬 調剤と情報25 (2)168-173,2019
  • 長沼 美代子【不整脈の薬物療法管理】病態に応じた治療のポイント 不整脈の薬学的管理 薬事55(8),1337-1342,2013
  • 長沼 美代子【症例チャートからみる薬物治療マネジメント】心不全 薬局 62(7月臨増) 17-31, 2011
  • 長沼 美代子、志賀 剛【血中薬物濃度モニタリングの実際】循環器用薬Medical Technology 36(3),262-265,2008
  • 長沼 美代子【ファーマシューティカルケアの実践】Case Study 慢性心不全 Hospha 5-9 2008
  • 長沼 美代子、志賀 剛、Naチャネルブロッカーを考える フレカイニドによる催不整脈作用 心房細動を伴った閉塞性肥大型心筋症に対する1経験例, 診断と治療 93(8) 1307-1310,2005
  • 長沼 美代子【薬剤師の目で読むカルテと検査値】心原性脳梗塞 Hospha 5-11 2004
【高校生へのメッセージ】

病院薬剤師は薬のエキスパートです。調剤のみならず、投与設計や薬剤選択の治療支援、患者さんへの指導と多岐に渡ります。自分の知識を活かしながら社会貢献もできます。特に女性は、フルタイムでもパートでも働き方にバリエーションがあり、その時々で対応が可能な職業なので、長く続けられる仕事になります。是非興味を持って下さい。

物理薬剤学

浜田 俊幸(はまだ としゆき)

薬学部准教授

● 研究テーマ:
体内時計研究 老化研究 
時間・年齢により発症する疾患発症機構解明と治療薬開発研究
【略歴】

九州大学薬学部 卒業
九州大学大学院 薬学部 薬学研究科 大学院修士(薬理学)

九州大学大学院 薬学部 薬学研究科 大学院博士(薬理学)、博士(薬学)


【職歴】
平成6年4月3日,
九州大学大学院(博士課程学生) 日本学術振興会特別研究員
平成6年 9月1日,
通商産業省 工業技術院 生命工学工業技術研究所
細胞機能研究室へ国内留学(石田直理雄 博士研究室)
平成7年8月1日,
日米交換留学生(日本代表)として
米国・バージニア大学 時間生物研究所へ短期留学
(Prof. Gene Block 研究室:現UCLA学長)
平成8年4月1日
通商産業省 工業技術院 生命工学工業技術研究所
日本科学技術特別研究員
平成11年4月1日
コロンビア大学(米国)・
日本学術振興会海外特別研究員
(米国・コロンビア大学・Prof. Rae Silver研究室)
平成13年4月1日,
コロンビア大学(米国)・
NIHポストドクトラルフェロー
(米国・コロンビア大学・Prof. Rae Silver研究室)
平成14年9月1日,
早稲田大学 人間総合研究センタ-・助手
平成15年4月1日,
経済産業省 産業技術総合研究所
年齢軸生命工学研究センター・健康インフォマティクスチーム 研究職員
平成20年4月1日,
北海道大学大学院医学研究科光バイオイメージング部門 特任講師
平成25年4月1日,
北海道大学大学院医学研究科光バイオイメージング部門 特任准教授
平成28年10月1日,
北海道大学大学院保健科学研究院・招聘教授
平成28年12月1日,
北海道大学大学院 保健科学研究院・健康イノベーションセンター・客員教授 現在に至る
平成30年 4月1日,
国際医療福祉大学 薬学部薬学科・准教授 現在に至る


【客員研究員】
北海道大学医学研究院放射線科学分野・客員研究員(現在継続中)
北海道大学保健科学研究院健康イノベーションセンター・生体分子・機能イメージング部門 客員教授(現在継続中)
博慈会・老人病研究所・客員研究員(現在継続中)
【非常勤講師】
札幌医療秘書福祉専門学校くすりアドバイザー科

平成29年4月1日~平成30年3月30日

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/circadian-1


【取得免許】
1991年(平成 3年6月 19日), 薬剤師免許取得

【原著論文】
  • HamadaT, Sutherland K, Ishikawa M, Miyamoto N, Honma S, Shirato H, Honma K-I:
    In vivo imaging of clock gene expression in multiple tissues of freely moving mice.
    Nature comm. 7:11705, 2016.
  • HamadaT, Miyakawa K, Kushige H, Shibata S, Kurachi S:
    Age-related expression analysis of mouse liver nuclear protein binding to 3'-untranslated region of Period2 gene.
    J. Physiol. Sci., 65, pp349-357, 2015.
  • HamadaT, Miyakawa K., Kushige H., Shibata S. and Kurachi S..:
    Age-related expression analysis of mouse liver nuclear protein binding to 3'-untranslated region of Period2 gene.
    Global Medical Discovery (Canada), Oct 15. 2015.
  • HamadaT, Niki T. and Ishida N:
    Role of p53 in the entrainment of mammalian circadian behavior rhythms.
    Genes to Cells, Vol.19, pp441-448, 2014.
  • HamadaT, Niki T.and Ishida N.:
    Role of p53 in the entrainment of mammalian circadian behavior rhythms.
    Global Medical Discovery (Canada), Oct 11. 2014.
  • Yoshitane H, Honma S, Imamura K, Nakajima H, Nishide S, Ono D, Kiyota H, Shinozaki N, Matsuki H, Wada N, Doi H, HamadaT, Honma K and Fukada Y:
    JNK regulates the photic response of the mammalian circadian clock.
    EMBO Report, vol.13, pp445-461, 2012.
  • HamadaT, Honma S, Honma Ken-ichi:
    Light responsiveness of clock genes Per1 and Per2 in the olfactory bulb of mice.
    Bioch Biophys Res Commun, vol.409, pp727-731, 2011.
  • HamadaT, Kurachi S, Kurachi K:
    Heterogeneous Nuclear Ribonucleoprotein A3 is the Liver Nuclear Protein Binding to Age Related Increase Element RNA of the Factor IX Gene.
    PLoS ONE,vol.5, e12971, 2010.
  • HamadaT, Shibata S:
    The role of GABAergic neuron on NMDA- and SP-induced phase delays in the suprachiasmatic nucleus neuronal activity rhythm in vitro. Neurosci Lett,vol.468, pp344-347, 2010.
  • Kriegsfeld LJ, Mei DF, Yan L, Witkovsky P, Lesauter J, HamadaT, Silver R:
    Targeted mutation of the calbindin D28K gene disrupts circadian rhythmicity and entrainment. Eur J Neurosci, vol.27, pp2907-2921, 2008
  • Iwahana E, HamadaT, Uchida A, Shibata S:
    Differential effect of lithium on the circadian oscillator in young and old hamsters. Bioch Biophys Res Commun, vol.354, pp752-756, 2007.
  • Iwahana E, Akiyama M, Miyakawa K, Uchida A, Kasahara J, Fukunaga K, HamadaT, Shibata S:
    Effect of lithium on the circadian rhythms of locomotor activity and glycogen
    synthasekinase-3 protein expression in the mouse suprachiasmatic nuclei.
    Eur J Neurosci,vol.19, pp2281-2287, 2004.

すべての業績はこちら(PDF)
【高校生へのメッセージ】

体の仕組み、疾患とその治療薬、治療法などを薬学を基盤として学んでいきます。
国際医療福祉大学独特のシステムで幅広く薬学を学ぶことができると思います。

【研修室HP】

URL: https://hamada-lab.amebaownd.com/

薬理学

相馬 義郎 (そうま よしろう)

薬学部教授/基礎医学研究センター教授

● 研究テーマ:膜輸送生理学、チャネル・トランスポーターの分子生理・薬理学

【略歴】

大阪医科大学卒業
大阪医科大学大学院博士課程修了 博士(医学)
1991年 英国ニューカッスル大学 医学部 リサーチ・アソシエイト
1993年 大阪医科大学 医学部生理学教室 助手・講師
2002年 米国ミズーリ大学 医学部 客員教授
2004年 米国ミズーリ大学 John M Dalton心臓血管研究所 研究員
2008年 慶應義塾大学医学部 薬理学教室 准教授
2017年 国際医療福祉大学 薬学部・基礎医学研究センター 教授

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0186471


【主な著書】

  1. Sohma Y*, Hwang TC. Cystic fibrosis and the CFTR anion channel. In: Zheng & Trudeau (eds), Handbook of Ion Channels, CRC Press Taylor & Francis Books Inc, Oxford, UK, pp 627 – 648, 2015

【主な総説】

  • Sohma Y*, Yu YC, Hwang TC. Curcumin and Genistein: the combined effects on disease-associated CFTR mutants and their clinical implications. Current Pharmaceutical Design 2013; 19(19):3521-3528

【主な原著論文】

  • Guo JH, Chen H, Ruan YC, Zhang XL, Zhang XH, Fok KL, Tsang LL, Yu MK, Huang WQ, Sun X, Chung YW, Jiang X, Sohma Y, Chan HC*. Glucose-induced electrical activities and insulin secretion in pancreatic islet β-cells are modulated by CFTR. Nature Communication 2014; 15;5:4420
  • Yu YC, Sohma Y*, Takimoto S, Miyauchi T, Yasui M. Direct Visualization and Quantitative Analysis of Water Diffusion in Complex Biological Tissues using CARS Microscopy. Scientific Reports 2013; 3:2745
  • Hayasaki H, Sohma Y*, Kanbara K, Otsuki Y* Heterogeneous GABAB receptor–mediated pathways are involved in the local GABAergic system of the rat trigeminal ganglion: Possible involvement of KCTD proteins. Neuroscience 2012; 218:344–358
  • Yu YC, Miki H, Nakamura Y, Hanyuda A, Matsuzaki Y, Abe Y, Yasui M, Tanaka K, Hwang TC, Bompadre SB, Sohma Y*. Curcumin and genistein additively potentiate G551D-CFTR. Journal of Cystic Fibrosis 2011; 10:243–252
  • Mio K, Ogura T, Mio M, Shimizu H, Hwang TC, Sato C*, Sohma Y*. Three- dimensional reconstruction of human cystic fibrosis transmembrane conductance regulator chloride channel revealed an ellipsoidal structure with orifices beneath the putative transmembrane domain. Journal of Biological Chemistry 2008; 283:30300–30310
【高校生へのメッセージ】

人間のからだのなかでは、膨大な数の生体分子が、複雑に相互作用しながらひとつのシステムとして働いています。薬は、病気によって乱された生体システムに、分子レベルで直接働きかけて制御することができる極めて強力な方略です。最近の1分子科学のめざましい進歩にともなって、生体分子を直接可視化できる技術も開発され、特定の分子を標的とした薬が次々に開発されてきています。この、最新の科学が直接、人類の健康に結びついていくエキサイティングな学問領域に飛び込んで来てくれることを期待しています。

薬理学

武田 弘志(たけだ ひろし)

薬学部教授

  1. ●研究テーマ:ストレス適応に関与する脳内機構の解明
    ストレス性精神疾患に対する新規治療薬候補物質の検索
【略歴】
1977年星薬科大学薬学部卒業、1982年同大学大学院薬学研究科博士課程後期修了後、米国カルフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部に留学。医学博士、薬学博士。東京医科大学医学部教授(薬理学講座)を経て、現在、国際医療福祉大学薬学部長、大学院薬学研究科長。日本薬理学会理事・研究推進委員長、日本神経精神薬理学会理事・財務委員長、日本緩和医療薬学会理事・財務委員長・編集委員長、日本ストレス学会副理事長・基本問題検討委員長等を歴任。前日本ストレス学会会長(第23回日本ストレス学会学術総会会長)、前日本緩和医療薬学会会長(第5回日本緩和医療薬学会年会会長)。
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0026591


【著書】
「疾病の成り立ちと回復の促進 薬理学 第2版」(医歯薬出版,2009,共著)
「医療薬学 最新薬理学 第8版」(廣川書店,2008,共著)
「臨床緩和医療薬学」(真興交易,2008,共著)
【論文】
Possible involvement of histone acetylation in the development of emotional resistance to stress stimuli in mice. Behavioural Brain Research 235: 318-325 (2012)
Corticosterone suppresses the proliferation of BV2 microglia cells via glucocorticoid, but not mineralocorticoid receptor. Life Science 91: 761-770 (2012)
Prenatal stress induces anxiety-like behavior together with the disruption of central serotonin neurons in mice. Neuroscience Research 70: 111-117 (2010)
Functional expression of the organic cation/carnitine transporter OCTN2 in rat astrocytes. Journal of Neurochemistry 97: 424-434 (2006)
Caffeic acid attenuates the decrease in cortical BDNF mRNA expression induced by exposure to forced swimming stress in mice. European Journal of Pharmacology 63: 401-409 (2006)
Brain 5-HT1A receptors as important mediators in the development of stress adaptation (Review). Current Neuropharmacology 1: 315-324 (2003)

辻 稔 (つじ みのる)

薬学部教授/大学院薬科学研究科教授

● 研究テーマ:ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略の開発

【略歴】

星薬科大学薬学部衛生薬学科卒業
博士(薬学)星薬科大学
博士(医学)東京医科大学
株式会社実生研筑波研究所研究員、東京医科大学医学部助手、国際医療福祉大学講師・准教授を経て現職

【学会活動】

日本薬理学会学術評議員、日本神経精神薬理学会学術評議員、日本ストレス学会学術評議員・編集委員会委員・基本問題検討委員会委員、日本緩和医療薬学会学術評議員・教育研修委員会副委員長

【受賞学術賞】

東京医科大学 佐々記念賞(平成13年)
東京医科大学 医学会 奨励賞(平成13年)
日本ストレス学会 学術奨励賞(平成17年)
第32回「漢方研究」イスクラ奨励賞(平成20年)

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0052123


  1. Tsuji M, Arai I, Miyagawa K, Miyagishi H, Saito A, Takeda K, Takeda H, Akiyama N, Saito S. Involvement of interleukin-31 receptor A in morphine-induced itching and antinociception in mice. Eur J Pain 23, 378-388, 2019. (Original article)

  2. Miyagawa K, Tsuji M, Takeda H. Role of epigenetic mechanisms in the post-traumatic stress disorder and stress resistance. In: Pinna G, Izumi T (eds) Facilitating resilience after PTSD: a translational approach. NOVA Science Publishers, pp157-176, 2018 (Book)

  3. Takeda K, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda H. Involvement of brain 5-HT7 receptors in the formation of stress adaptation in mice. J Exp Res Pharmacol 2, 21-30, 2017. (Original article)

  4. Ohno R, Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Kurokawa K, Takeda H. Yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, enhances the anxiolytic effect of fluvoxamine and reduces cortical 5-HT2A receptor expression in mice. J Ethnopharmacol 216, 89-96, 2018. (Original article)

  5. Saito A, Miyagawa K, Miyagishi H, Kurokawa K, Umeda A, Okada Y, Tsuji M, Takeda H. Possible involvement of monoamine neurons in the emotional abnormality in Kir6.2-deficient mice. Physiol Behav 188, 251-261, 2018. (Original article)

  6. Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Takeda H. Inhibitory effect of yokukansan on the decrease in the hippocampal excitatory amino acid transporter EAAT2 in stress-maladaptive mice. J Tradit Complement Med 7, 371-374, 2017. (Original article)
  7. Takeda K, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda H. 5-HT7 receptor-mediated fear conditioning and possible involvement of extracellular signal-regulated kinase. Neurosci Lett 638, 69-75, 2017. (Original article)

  8. Kato H, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda Kotaro, Takeda H. Ethanol withdrawal-induced impaired recognition is reversed by chronic exposure to stress and the acute administration of corticosterone in mice. Biol Pharm Bull 39, 1631-1637, 2016. (Original article)

  9. Nakatani Y, Amano T, Yamamoto H, Sakai N, Tsuji M, Takeda H. Yokukansan enhances the proliferation of B65 neuroblastoma. J Tradit Complement Med 6, 1-11, 2016. (Original article)

  10. Arai I, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda H, Akiyama N, Saito S. Repeated administration of IL-31 upregulates IL-31 receptor A (IL-31RA) in dorsal root ganglia and causes severe itch-associated scratching behaveour in mice. Exp Dermatol 24, 75-78, 2015. (Original article)

  11. Miyagawa K, Tsuji M, Ishii D, Takeda K, Takeda H. Prenatal stress induces vulnerability to stress together with the disruption of central serotonin neurons in mice. Behav Brain Res 277, 1458-1465, 2015. (Original article)
  12. Tsuji M, Miyagawa K, Takeda H. Epigenetic regulation of resistance to emotional stress: possible involvement of 5-HT1A receptor-mediated histone acetylation. J Pharmacol Sci 125, 347-354, 2014. (Review)

  13. Tsuji M, Takeuchi T, Miyagawa K, Ishii D, Imai T, Takeda K, Kitajima M, Takeda H. Yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, alleviates the emotional abnormality induced by maladaptation to stress in mice. Phytomedicine 21, 363-371, 2014. (Original article)

  14. Nakatani Y, Tsuji M, Amano T, Miyagawa K, Miyagishi H, Saito A, Imai T, Takeda K, Ishii D, Takeda H. Neuroprotective effect of yokukansan against cytotoxicity induced by corticosterone on mouse hippocampal neurons. Phytomedicine 21, 1458-1465, 2014. (Original article)
  15. Kato H, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda K, Takeda H. Repeated exposure to stress stimuli during ethanol consumption prolongs withdrawal-induced emotional abnormality in mice. Eur J Pharmacol 721, 29-34, 2013. (Original article)
  16. Arai I, Tsuji M, Takeda H, Akiyama N, Saito S. A single dose of interleukin-31 (IL-31) causes continuous itch-associated scratching behaviour in mice. Exp Dermatol 22, 669-671, 2013. (Original article)
  17. Tsuji M, Takeuchi T, Miyagawa K, Takeda H. Role of brain 5-HT7 receptors as a functional molecule involved in the development of stress adaptation. Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi 32, 187-93, 2012. (Review, Japanese)
  18. Miyagawa K, Tsuji M, Takeda H. Possible involvement of histone acetylation in the development of emotional resistance to stress stimuli in mice. Behav Brain Res 235, 318-25, 2012. (Original article)
  19. Nakatani Y, Amano T, Tsuji M, Takeda H. Corticosterone suppresses the proliferation of BV2 microglia cells via glucocorticoid, but not mineralocorticoid receptor. Life Sci 91, 761-770, 2012. (Original article)
  20. Miyagawa K, Tsuji M, Fujimori K, Saito Y, Takeda H. Prenatal stress induces anxiety-like behavior together with the disruption of central serotonin neurons in mice. Neurosci Res 70, 111-117, 2012. (Original article)
【高校生へのメッセージ】

私が担当する「薬理学」は、薬が病気を治す仕組みについて学んだり、薬を使って病気の成り立ちを研究したりする学問です。薬剤師として医療の現場で活躍するためには、様々な病気に使われている多くの薬について、確固たる知識を身につけることが大切です。患者様本位の医療に貢献できる薬剤師を目指して、皆さんと充実したキャンパスライフを楽しめることを心待ちにしています。

医薬品化学

藤井 幹雄(ふじい みきお)

薬学部准教授

● 研究テーマ:天然資源を利用する有機化学
【略歴】

京都大学大学院修士(理学)
京都大学大学院博士(理学)
昭和大学 薬学部助手
テキサス大学オースチン校 博士研究員
東京工業大学 生命理工学研究科 非常勤講師(平成23年)
東邦大学薬学部講師を経て現職

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0062482


  • Novel concept of enzymeselective nicotinamide adenine dinucleotide (NAD)-modified inhibitors based on enzyme taxonomy from the diphosphate conformation of NAD.
    M. Fujii,* Y. Kitagawa, S. Iida, K. Kato, M. Ono. (*Corresponding Author)
    Bioorg. Med. Chem. Lett., 2015, 32, 424-437.
  • Preparation of (S)-γ-cyclogeraniol by lipase-catalyzed transesterification and synthesis of (+)-trixagol and (+)-luffarin-P.
    M. Fujii,* Y. Morimoto, M. Ono, H. Akita.*
    J. Mol. Cat. B: Enzymatic, 2016, 123, 160-166.
  • Structural revision of a naphthodipyranodione from Gentian root and its degradation pathway from gentiopicroside.
    M. Fujii,* H. Ando, K. Konno, M. Fukumura, Y. Hori, Y. Hirai,* Y. Ida.
    Nat. Prod. Commun. 2017, 12 (3), 395-397
  • Introduction of Team-Based Learning (TBL) into Chemistry Class: training of problem solving ability through active learning.
    M. Fujii,* K. Konno, Y. Kato, Y. Tatano, H. Yagi, T. Watanabe, H. Takeda
    国際医療福祉大学学会誌(IUHW Journal), 2018, 23(1), 16-27.
  • Synthesis of gentianine N-oxide by enzymatic hydrolysis of swertiamarin in the presence of hydroxylamine and reaction pathway to gentianine and gentianol.
    M. Fujii,* T. Kuramochi, Y. Nakakuki, R. Hatazawa, K. Konno, T. Munakata, Y. Hirai
    Tetrahedron Lett. 2019, 60 (10), 721-725.
【著書】
  • 103回薬剤師国家試験問題解答・解説 薬学教育センター編 分担執筆,2018
  • 104回薬剤師国家試験問題解答・解説 薬学教育センター編 分担執筆,2019
  • キーワードで学ぶ機器分析問題集 評言社 分担執筆,編集2019

医療薬学

前澤 佳代子(まえざわ かよこ)

薬学部准教授

● 研究テーマ:薬物治療における医薬品の適正使用に関する研究
【略歴】

明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業,同大学院薬学研究科修士課程修了,信州大学大学院医学研究科博士課程修了,博士(医学).がん研究会がん化学療法センター,東京医科歯科大学医学部附属病院,長野県薬剤師会医薬品情報室、北里大学東洋医学研究所,信州大学医学部附属病院,慶應義塾大学薬学部などを経て現職.

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/phkm


主な論文
  • Maezawa K, Yajima R, Terajima T, Kizu J, Hori S:Dissolution profile of 24 levofloxacin (100 mg) tablets. J Infect Chemother;19, 996-998, 2013
  • Asakura A, Nishimura N, Maezawa K, Terajima T, Kizu J, Chohnabayashi N.:Effect of Switching Tiotropium HandiHaler to Respimat Soft Mist Inhaler in Patients with COPD: The Difference of Adverse Events and Usability Between Inhaler Devices. J Aerosol  Med Pulm Drug Deliv ; 25, 1-5, 2012
  • 鈴木佳奈子, 前澤佳代子, 寺島朝子, 堀 誠治, 木津 純子:抗菌薬・抗真菌薬のTDM実施に関する実態調査. 日本環境感染学会誌; 24(5), 353-357, 2009
  • Maezawa K, Matsunaga T, Takezawa T, Kanai M, Ohira S, Ohmori S.:Cytochrome P450 3As Gene Expression and Testosterone 6b-Hydroxylase Activity in Human Fetal Membranes and Placenta at Full Term. Biol Pharm Bull ; 33(2), 249-254, 2010
  • 前澤 佳代子, 百瀬 泰行, 宮尾 素子, 小泉 玲, 藤本 圭作, 山口 伸二, 久保 恵嗣, 太田 伸, 全田 浩, 大森 栄:フルタイドを適切に使用するための患者モニタリング第1報 操作性評価と患者満足度. 医療薬学; 28,347-352, 2002
著書など
  • ハリエットレーンハンドブック第2版, ジョンズ・ホプキンス病院小児科レジデントマニュアル日本語版(分担翻訳)メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2013
  • 最新薬剤学第10版(分担執筆)廣川書店, 2012
  • NEW医薬品情報(分担執筆)廣川書店, 2007
  • 吸入ステロイド薬〜服薬指導のためのQ&A〜(分担執筆)フジメディカル出版, 2004
  • 薬剤管理指導のためのプロブレムリスト作成の手引き(分担執筆)じほう, 2004
【高校生へのメッセージ】

薬学部卒業後の進路は薬剤師だけではありませんが、医療現場でのニーズは高まるばかりです。病院ではがんや感染症、栄養管理など色々な領域の専門薬剤師が育成され、街の薬局では“かかりつけ”が重要視され、在宅医療の分野でも活躍しています。2020年東京オリンピックを控え“スポーツファーマシスト”の存在も注目されています。私達と一緒にチーム医療の一員として学び、自分の可能性を∞に拡げて行きましょう。

化学療法学・分子生物学

小川 拓哉(おがわ たくや)

薬学部講師

● 研究テーマ:アミノ酸を介した細胞間応答制御の解明と細胞機能制御への展開
【略歴】

東北大学薬学部製薬化学科卒業、同大学院薬学研究科博士課程前期二年の課程修了(修士(薬学))、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士前期課程修了、同博士後期課程修了(博士(バイオサイエンス))。奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科博士研究員、米国ローレンスバークレー国立研究所博士研究員、奈良先端科学技術大学院大学助教等を経て現職。

【学会活動】

日本分子生物学会会員、日本骨代謝学会会員、日本アミノ酸学会会員、日本栄養・食糧学会会員

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0155401


Biol Pharm Bull. 42(6), 929-936 (2019).
FEBS open bio 8(6), 914-922 (2018).
Oncotarget 8(67), 111535-111550 (2017).
FEBS open bio 6(4), 303-316 (2016).
J. Biol. Chem. 290(23), 14595-14609 (2015).
ACS Med. Chem. Lett. 4(8), 752-756 (2013).
PLoS One 8(3), e58555 (2013).
J. Biol. Chem. 287(21), 17493-17502 (2012).
Chem. Asian J. 7(3), 605-613 (2012).
Biochem. J. 441(3), 889-899 (2012).
Histochem. Cell Biol. 137(1), 53-65 (2012).
Pharmacol. Res. 64(3), 203-209 (2011).
J. Dairy Sci. 94(5), 2270-2279.
FEBS Lett. 585(6), 834-840 (2011).
Biochem. Biophys. Res. Commun. 405(4), 533-537 (2011).
アミノ酸研究. 4(2):167-169 (2010).
J. Anim. Sci. 88(10), 3269-3279 (2010).
ACS Med. Chem. Lett. 1(3), 115-119 (2010).
Cell Struct. Funct. 35(1), 53-61 (2010).
アミノ酸研究. 3(1):63-65(2009).
J. Biol. Chem. 284(49), 34157-34166 (2009).
Chem Commun (Camb). 1547-1549 (2009).
Chem. Asian J. 4(1), 199-205 (2009).
Chemistry 14(29), 8892-8897 (2008).
Org. Biomol. Chem. 6(6), 1015-1019 (2008).
Org. Biomol. Chem. 5, 1158-1160 (2007).
J. Bone Miner. Metab. 24(5), 373-379 (2006).
J. Reprod. Dev. 52(3), 321-328 (2006).
Biochem. Biophys. Res. Commun. 335(4), 1264-1271 (2005).
Org. Biomol. Chem. 3(16), 2907-2909 (2005).
Cell Cycle 4(8), 1099-1106 (2005).
Preclinica 2(1), 1–10 (2004).
Mol Cell Endocrinol. 210(1-2), 31-38 (2003).
Animal Frontier Sciences –Life Science Updates in Animal Sciences- Eds. Sato, E., Miyamoto, H., Manabe, N., Hakuto Shobo. ISBN: 4-89467-056-9 (2003).
FEBS Lett. 531(2), 132-136 (2002).
J. Biol. Chem. 277(43), 41147-41156 (2002).

Biochem. Biophys. Res. Commun. 282(1), 278-283 (2001).
【高校生へのメッセージ】

大学に行くメリットとは何でしょう?学問は絶えず進歩しており、「最先端の知識」もすぐに時代遅れになります。学んだことを将来の糧とするには、受け身でなく、好奇心をもって探究する姿勢をもち、学びに「深み」を出すことが大切ではないでしょうか。どうぞ学生時代には色々なことにチャレンジし、学生の特権である「まとまった自由な時間」を最大限利用し、大きく成長して下さい。微力ながらみなさんの成長に関われることを楽しみにしております。

神坐 美弥子(かみざ みやこ)

薬学部講師

【略歴】

東北薬科大学 学士(薬学)
国際医療福祉大学病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 講師

【学会活動】

黒ア隆・杉山奈津子・井上龍亮・鈴木健太・橋本竜・吉成宏顕・神坐美弥子・前澤佳代子・内田克紀、百瀬泰行、SJSの被疑薬同定に難渋した一例、日本病院薬剤師会、第49回関東ブロック学術大会 2019・8

池田 賢二(いけだ けんじ)

薬学部准教授

● 研究テーマ:Phrmacometricsのリアルタイム臨床応用
iPS細胞を用いたin vitro包括的胎盤薬物透過性評価モデルの構築
がんバイオマーカーとしてのmicroRNAの可能性探索
【略歴】

大阪大学薬学部薬学科 卒業 学士(薬学)
大阪大学大学院薬学研究科応用薬学専攻薬剤学分野 修士(薬学)
大阪大学 博士(薬学)
大阪大学医学部附属病院薬剤部
大阪大谷大学薬学部薬学科臨床薬剤学講座
兼任非常勤薬剤師:関西電力病院、八尾市立病院
研究助手、助教、講師(実践医療薬学講座)、准教授を経て現職

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0132715/


1. Approach for differentiating trophoblast cell lineage from human induced pluripotent stem cells with retinoic acid in the absence of bone morphogenetic protein 4, Kenji Ikeda, Yuka Kawasaki, Hitomi Matsuda, Saho Kishida, Arina Iwasaki, Sayaka Ohata, Yoko Urashima, Yoshihiko Hirotani, Placenta, (71) , pp24-30, 2018.
2. Pharmacokinetics of loxoprofen and cefcapene following a single combined dose in healthy volunteers before, during or immediately after 120-min enteral tube feeding of 400 mL Ensure Liquid?, Mikiko Ueda, Kazuo Harada, Kenji Ikeda, Minako Ohishi, Maria Kitamura, Hiroko Ueda, Katsumi Azenishi, Setsu Inatsuki, Kazunori Niki, Chisato Okajima, Mamoru Tempaku, Yuki Fukuda, Saki Yoshida, Kazumasa Hirata, Shinichiro Suna, Kazusaburo Kataoka, Mikihiko Kogo, Etsuko Uejima, Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics, (48) , pp185-193, 2017.
3. Carrier-mediated placental transport of cimetidine and valproic acid across differentiating JEG-3 cell layers, K. Ikeda, K. Ikeda, C. Ueda, K. Yamada, A. Nakamura, Y. Hatsuda, S. Kawanishi, S. Nishii, M. Ogawa, Pharmazie, (70) , pp471-476, 2015.
4. Postmortem analyses of drugs in pericardial fluid and bone marrow aspirate, Mariko Tominaga, Mariko Tominaga, Tomomi Michiue, Tomomi Michiue, Takaki Ishikawa, Takaki Ishikawa, Osamu Kawamoto, Osamu Kawamoto, Shigeki Oritani, Kenji Ikeda, Masafumi Ogawa, Masafumi Ogawa, Hitoshi Maeda, Hitoshi Maeda, Journal of Analytical Toxicology, (37) , pp423-429, 2013.
5. Efflux transporter mRNA expression profiles in differentiating JEG-3 human choriocarcinoma cells as a placental transport model, Kenji Ikeda, Kenji Ikeda, K. Yamasaki, M. Homemoto, S. Yamaue, M. Ogawa, E. Nakao, Y. Fukunaga, T. Nakanishi, N. Utoguchi, M. Myotoku, Y. Hirotani, Pharmazie, (67) , pp86-90, 2012.
6. In Vitro Approaches to Evaluate Placental Drug Transport by Using Differentiating JEG-3 Human Choriocarcinoma Cells, Kenji Ikeda, Naoki Utoguchi, Hidenobu Tsutsui, Satoko Yamaue, Manami Homemoto, Erina Nakao, Yumi Hukunaga, Kyohei Yamasaki, Michiaki Myotoku, Yoshihiko Hirotani, Basic and Clinical Pharmacology and Toxicology, (108) , pp138-145, 2011.
7. 「Best Poster Prize in Clinical toxicology」, Effect of pH Gradient on Valproic acid Transport Across Trophoblasts using the High-Throughput Method with Differentiating Human Choriocarcinoma JEG-3 Cells, 11th International Congress of TDM & Clinical Toxicology, Montreal.
8. Characterization of multidrug resistance-associated protein mRNAs expression profiles in Caco-2 and HT-1080 cell lines induced by methotrexate , Kenji Ikeda, M. Myotoku, Y. Hirotani, Pharmazie, (63) 12, pp883-889, 2008.
9. Efforts to Ensure Safety of Hospital Pharmacy Personnel Occupationally Exposed to Antineoplastic Drugs During a Preparation Task, Kenji Ikeda, Kenji Ikeda, Yuriko Yagi, Manabu Takegami, Yuquan Lu, Kanehisa Morimoto, Nobuo Kurokawa, Hospital Pharmacy, (42) 3, pp209-218, 2007.

【高校生へのメッセージ】

「お薬を使って患者さんの病を治す」時、最適な方法は患者さん個人毎に少し異なりますが、臨床薬剤師はその最適な方法を見つけ出すプロです。薬学部では、そのために必要な知識力、研究力、臨床力を修得できます。少し長い道のりですが、自身の助力で良い方向に変化が起こった患者さんの顔を見るために、ひとりでも多く臨床薬剤師を目指して欲しいと思います。

衛生化学

加藤 英明(かとう ひであき)

薬学部准教授

● 研究テーマ:アルコールおよび薬物依存に関与する病態解析・薬物治療法の開発
【略歴】

埼玉県立松山高等学校出身。星薬科大学薬学部薬学科卒業、同大学院薬学研究科博士前期課程修了後、同大学院にて麻薬性鎮痛薬モルヒネの依存性・鎮痛作用に関する研究で博士(薬学)の学位取得。製薬企業にて鎮痛薬、抗がん剤などの新薬開発研究に従事した後、京都府立医科大学医学部助教を経て平成22年4月より現職。専門は医薬品安全性学。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0146561


加藤英明.依存症への鍼灸治療.鍼灸Osaka 33(1), 53-58, 2017.
Kato H, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda K, Takeda H. Ethanol withdrawal-induced impaired recognition is reversed by chronic exposure to stress and the acute administration of corticosterone in mice. Biological and Pharmaceutical Bulletin 39(10), 1631-1637, 2016.
Kato H, Tsuji M, Miyagawa K, Takeda K, Takeda H. Repeated exposure to stress stimuli during ethanol consumption prolongs withdrawal-induced emotional abnormality in mice. European Journal of  Pharmacology 721(1-3), 29-34, 2013.
Kato H, Yoshimoto K, Kobayashi M, Sakabe M, Funaki H, Ikegaya H. Oral administration of ethanol with aspirin increases the concentration of salicylic acid in plasma and organs, especially the brain, in mice. Eur J Pharmacol 635, 184-187, 2010.
Kato H, Yoshimoto K, Ikegaya H. Two cases of oral aspirin overdose. J Forensic Leg Med 17(5), 280-282, 2010.
加藤英明.アルコール中毒症における内因性オピオイド作用系とドパミン作用系の相互作用.生体の科学60(5), 472-473, 2009.
加藤英明.胎児に朗報となるか?-胎盤関門透過に関与する病原因子の作用-.ファルマシア 45(8), 817-818, 2009.
加藤英明.アルコール依存症における麻薬拮抗薬ナルトレキソンの作用.日本アルコール・薬物医学会雑誌 43(5), 697-704, 2008.
Kato H, Narita M, Suzuki M, Yoshimoto M, Yasuhara M, Suzuki T. Role of Tyrosine Kinase-dependent Phosphorylation of NR2B Subunit-containing NMDA Receptor in Morphine Reward. Jpn J Alcohol & Drug Dependence 42(1), 13-20, 2007.
加藤英明,成田 年,鈴木雅美,宮竹真由美,吉本寛司,安原正博,鈴木 勉.神経‐グリア相互作用における NR2B サブユニット構築型 NMDA 受容体の機能的役割.アルコールと医学生物学 27, 24-28, 2007.
Kato H, Narita M, Miyatake M, Yajima Y, Suzuki T. Role of neuronal NR2B subunit-containing NMDA receptor-mediated Ca2+ influx and astrocytic activation in cultured mouse cortical neurons and astrocytes. Synapse 59(1), 10-17, 2006.
Kato H, Narita M, Miyoshi K, Narita M, Asato M, Hareyama N, Nozaki H, Takagi T, Suzuki M, Suzuki T. Implication of Src family kinase-dependent phosphorylation of NR2B subunit-containing NMDA receptor in the Rewarding effect of morphine. Jpn J Neuropsychopharmacol 26, 119-124, 2006.
図解 薬害・副作用学改訂2版.(分担執筆)南山堂.

【高校生へのメッセージ】

薬学はたいへん魅力ある学問です。生命の尊さ、健康の大切さについて学び、地域・国際社会の医療福祉に貢献できることも薬学の魅力です。医療人としての薬剤師になるための環境はすべて、ここ大田原にあると言っても過言ではありません。先生方、先輩方、地域の方々は、面倒見の良いやさしい方が多く、とても交流が盛んです。大田原キャンパスでは、熱く、高い志を持った仲間たちが待っています。一緒に意義ある、楽しいキャンパスライフを送りましょう!

芳香植物療法学

佐藤 忠章(さとう ただあき)

薬学部准教授

● アロマセラピーの科学的解明に向けた基礎研究
【略歴】

東京薬科大学薬学部卒業、東京薬科大学薬学部大学院修士課程修了、博士(薬学)東邦大学。東邦大学薬学部准教授を経て現職。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0051386


【過去5年間の論文】
Flavour and Fragrance Journal (2018), 33(3), 230-234.
Flavour and Fragrance Journal (2018), 33(2), 191-195.
Flavour and Fragrance Journal (2017), 32(1), 36-39.
Natural product communications (2016), 11(4), 511-513.
Flavour and Fragrance Journal (2016), 31(5), 395-399.
Natural product communications (2015), 10(8), 1479-1482.
Phytotherapy Research (2015), 29(8), 1246-1250.
Phytotherapy Research (2015), 29(1), 43-47.
Phytotherapy Research (2014), 28(11), 1710-1712.
Phytotherapy Research (2014), 28(9), 1284-1287.
Natural Product Communications (2014), 9(7), 1023-1026.
Flavour and Fragrance Journal (2014), 29(1), 35-38.
【著書】
  1. 資源天然物化学 改訂版、共立出版、2017年(分担執筆)
  2. 植物療法学、京都廣川書店、2016年(分担執筆)
【外部資金獲得状況】
  1. 科学研究補助金(基盤研究(C))「植物精油の吸入投与がアルツハイマー型認知症に及ぼす影響」代表、平成29年〜31年度
  2. 科学研究補助金(基盤研究(B))「柑橘類果皮成分ノビレチンの認知症改善・予防への活用を目指した基礎研究」分担、平成28年〜30年度
【高校生へのメッセージ】

私は、生薬学、天然物化学、漢方医学の講義を担当しています。これらの元となっているのは植物、動物、鉱物などの自然のもの(天然物)です。天然物に興味のあるみなさん、一緒に薬学を学んでいきましょう。

医療薬学

加藤 芳徳(かとう よしのり)

薬学部准教授

● 研究テーマ:ミニ抗体ライブラリーを用いる新規抗体医薬品候補の探索
【略歴】

東北大学薬学部卒業、同大学院薬学研究科博士課程前期二年の課程修了。 新潟県保健環境科学研究所上級研究員、神戸薬科大学助手、ツルハホールディングス(薬局薬剤師)を経て現職。 博士(薬学)。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0212715


【原著論文】
  • Kato Y, Tateai Y, Ohkubo M, Saito Y, Amagai SY, Kimura YS, Iimura N, Okada M, Matsumoto A, Mano Y, Hirosawa I, Ohuchi K, Tajima M, Asahi M, Kotaki H, Yamada H, Gosha-jinki-gan reduced oxaliplatin-induced hypersensitivity to cold sensation and its effect would be related to suppression of the expression of TRPM8 and TRPA1 in rats, Anticancer Drugs 2014; 25:39-43.
  • 真野泰成, 加藤芳徳, 衛藤祐子, 齊藤重光, 今成得恵, 大内かおり, 廣澤伊織, 田島正教, 生野 登, 山田治美, 植木充, 小瀧一, 旭満里子, 処方せんおよび文献調査からみた小児耳鼻科領域におけるマクロライド療法の実態調査―服用期間と休薬期間の関係性の解析―, 医薬品情報学 2013; 15: 71-77.
  • 加藤芳徳, 衛藤祐子, 真野泰成, 齋藤重光, 今成得恵, 小野村直紀, 田島正教, 大内かおり, 廣澤伊織, 植木充, 生野登, 山田治美, 小瀧一, 旭満里子, 小児急性中耳炎再発防止のための治療後の抗菌薬使用およびその他関連因子の調査, 医療薬学 2013; 39: 140-147.

  • 真野泰成, 原島大輔, 柳橋翔, 大内かおり, 加藤芳徳, 田島正教, 山田治美, 小瀧一, 武田弘志, 旭満里子, 病院・薬局実務実習における緩和医療教育の実態調査とその教育効果, 日本緩和医療薬学雑誌 2013; 6: 23-28
  • 原田桂作, 大内かおり, 真野泰成, 竹内有花, 増渕真友美, 廣澤伊織, 加藤芳徳, 田島正教, 山田治美, 小瀧一, 長井惠子, 旭満里子, がん化学療法施行患者の不安・抑うつ変化に対する薬剤管理指導の評価, 日本病院薬剤師会雑誌2012; 48: 1348-1351.
  • 中島輝一, 真野泰成, 大内かおり, 佐藤大輔, 岩田杏子, 樋口安耶, 江原邦明, 加藤芳徳, 廣澤伊織, 田島正教, 土屋文人, 山田治美, 小瀧一, 旭満里子, 外来がん患者に対する薬剤師外来の役割とその評価, 医療薬学2012; 38: 599-608.
  • 廣澤伊織, 荻野未央, 真野泰成, 田島正教, 大内かおり, 加藤芳徳, 小瀧一, 旭満里子, 山田治美, 統合失調症外来患者への対面式アンケートによる抗精神病薬の併用及び副作用発現の調査, Yakugaku Zasshi 2011; 131: 1605-1611.
  • Kobayashi N, Odaka K, Uehara T, Imanaka-Yoshida K, Kato Y, Oyama H, Tadokoro H, Akizawa H, Tanada S, Hiroe M, Fukumura T, Komuro I, Arano Y, Yoshida T, Irie T, Toward in vivo imaging of heart disease using a radiolabeled single-chain Fv fragment targeting tenascin-C, Anal Chem 2011; 83: 9123-9130.
  • Kobayashi N, Oyama H, Suzuki I, Kato Y, Umemura T, Goto J, Oligosaccharide-assisted direct immunosensing of small molecules, Anal Chem 2010; 82: 4333-4336.
【著書】
  • 加藤芳徳 (共著), パートナー薬剤学 改訂2版, 東京: 南江堂, 2013: 305-331.
【高校生へのメッセージ】

薬剤師は「くすり」を通して、「ひと」を支える重要な職業です。薬局や病院での仕事のみでなく、大気や水質などの環境衛生や、食品の安全性などについても薬剤師の知識が必要とされています。幅広い知識の習得は大変とは思いますが、薬剤師の多様性を実感できるよう、一緒に学んでみませんか。

薬物治療学

黒川 和宏(くろかわ かずひろ)

薬学部講師

●研究テーマ:ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略の開発
【略歴】
星薬科大学薬学部卒業
星薬科大学大学院薬学研究科 修士(薬学)
星薬科大学大学院薬学研究科 博士(薬学)
川崎医科大学薬理学教室助教、講師を経て現職
【学会活動】
日本薬理学会評議員、日本神経精神薬理学会評議員、日本アルコール・アディクション医学会評議員
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/30454846


  • Ohno R, Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Kurokawa K, Takeda H. Yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, enhances the anxiolytic effect of fluvoxamine and reduces cortical 5-HT2A receptor expression in mice. Journal of Ethnopharmacology. 査読有216, 89-96. 2018
  • Saito A, Miyagawa K, Miyagishi H, Kurokawa K et al. ,Possible involvement of monoamine neurons in the emotional abnormality in Kir6.2-deficient mice. Physiology and Behavior. 査読有188, 251-261. 2018
  • Mizuno K, Kurokawa K, Ohkuma S Nicotinic acetylcholine receptors regulate type 1 inositol 1,4,5-trisphosphate receptor expression via calmodulin kinase IV activation. J Neurosci Res 93,660-665. 2015
  • Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S: Increase of type 2 ryanodine receptors in mouse nucleus accumbens in the development and expression of morphine-induced place preference. J Pharmacol Sci. 査読有 126(3):285-290. 2014
  • Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S: Sensitization of ethanol-induced place preference as result of up-regulation of type 1 inositol 1,4,5-trisphosphate receptors in mouse nucleus accumbens. J Neurochem. 査読有 131(6):836-847. 2014
  • 黒川 和宏、水野晃治、大熊 誠太郎:アルコール依存症の中枢神経機能変化 精神科 24(5): 508-515. 2014
  • Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S: Dopamine D1 receptor signaling system regulates ryanodine receptor expression in ethanol physical dependence. Alcohol Clin Exp Res査読有37:771-783. 2013
  • Kurokawa K, Mizuno K, Ohkuma S: Possible involvement of type 1 inositol 1,4,5-trisphoshate receptors up-regulated by dopamine D1 and D2 receptors in mouse nucleus accumbens neurons in the development of methamphetamine-induced place preference. Neuroscience. 査読有 227:22-29. 2012.
  • 黒川 和宏、水野晃治、大熊 誠太郎:ベンゾジアゼピンとそのアゴニスト-睡眠薬の現状と課題- 睡眠医療 6:137-142. 2012.
  • Kurokawa K, Mizuno K, Kiyokage E, Shibasaki M, Toida K, Ohkuma S: Dopamine D1 receptor signaling system regulates ryanodine receptor expression after intermittent exposure to methamphetamine in primary cultures of midbrain and cerebral cortical neurons. J Neurochem. 査読有118:773-783. 2011.
  • Kurokawa K, Mizuno K, Shibasaki M, Ohkuma S:Regulation of ryanodine receptors by dopamine D1 receptors during methamphetamine-induced place conditioning. J Neurochem. 査読有 115: 1206-1214. 2010.
【高校生へのメッセージ】
私が担当する「薬物治療学」「疾病と病態生理学」では、疾患とその疾患に対する薬物療法について学びます。将来、薬剤師になって積極的に薬物治療に関わり、処方設計などを通して疾患治療に貢献できるようにトレーニングします。授業では、受身ではなく常に疑問を持って、その疑問を自ら解決出来る能力を身につけて下さい。また、大学生活はこれから社会人になる大切な時期でもあります。他の学部生とも積極的にコミュニケーションを図り、充実した生活を送られるよう、私もサポートしていきます。

下村 斉(しもむら いつき)

薬学部講師

●研究テーマ:結核および非結核性抗酸菌症治療薬の薬物相互作用と適正使用に関する研究
【略歴】
東京理科大学 薬学部 薬学科 大学卒業
千葉大学大学院 薬学研究科 医療薬学専攻 大学院修士(臨床薬学)
東京理科大学(論文博士) 博士(薬学)
国際医療福祉大学市川病院 薬剤室 係長
国際医療福祉大学 薬学部薬学科 講師
【研究業績】
  • Hitoshi Shimomura, Airi Ono, Keiko Imanaka, Toru Mjima, Hidenori Masuyama,Tsugumichi Sato, Takao Aoyama.Retrospective Investigation of Combination Therapy with Clarithromaycin and Levofloxacin or Pulmonary Mycobacterium Avium Complex Disease. Journal Pharmaceutical Health Care and Sciences,1(4),2015
  • Hitoshi Shimomura, Sena Andachi, Takahiro Aono, Akira Kigure, Yosuke Yamamoto, Atsushi Miyajima, Takashi Hirota, Keiko Imanaka, Toru Majima, Hidenori Masuyama, Koichiro Tatsumi, Takao Aoyama. Serum Concentrations of Clarithromycin and Rifampicin in Pulmonary Mycobacterium Avium Complex Disease: Long-term Changes due to Drug Interactions and thier Association with Clinical Outcpmes. Journal Pharmaceutical Health Care and Sciences,1(32),2015
  • Hitoshi Shimomura, Rina Nogami, Ayako Shigeno, Syuji Shimada, Takao Aoyama.Influence of Food on Rifampicin Pharmacokinetics in Rats.BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN,39(1),2016
  • 下村斉・青山隆夫、肺Mycobacterium avium complex症治療薬の薬物相互作用と適正使用、医療薬学Vol.36 No.2、2016
  • 赤木祐貴・荒井碧・下村斉・山本康次郎・青山隆夫、非ステロイド性抗炎症薬の抗血小板作用に関するPK/PD解析、医療薬学、Vol.41 No.6、2015
  • Akihisa Itoh, Yuuki Akagi, Hitoshi Shimomura, Takao Aoyama.Interaction between bisphosphonates and mineral water: Study of oral risedronate absorption in rats.BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN,39(3),2016
  • Kenta Shibata, Yuuki Akagi, Naofumi Nozawa, Hitoshi Shimomura, Takao Aoyama.Influence of nonsteroidal anti-inflammatory drugs on aspirin's antiplatelet effects and determination of the most suitable time for administration of both agents without resulting in interaction.Journal Pharmaceutical Health Care and Sciences,3(9),2017
  • Iimura Y, Shimomura H, Yasu T, Imanaka K, Ogawa R, Ito A, Suzuki K, Yamaguchi G, Kawasaki N, Konaka C.NSAIDs may prevent EGFR-TKI-related skin rash in non-small cell lung cancer patients.International journal of clinical pharmacology and therapeutics,56(11),2018
  • Chikara Kikuchi, Mifuyu Ohno, Takafumi Izumo, Satoru Takahashi, Masayuki Aoki, Hitoshi Shimomura, Yohei Kawano, Shuji Shimada, Takao Aoyama.Investigation of approval trends and benefits of new fixed-dose combination drugs in Japan.Therapeutic Innovation & Regulatory Science,53(1),2019
  • Chikara Kikuchi, Murakami Miyako, Hitoshi Shimomura, Shuji Shimada, Takao Aoyama.Influence of drug lag on new drug label revisions.Therapeutic Innovation & Regulatory Science,53(1),2019
【高校生へのメッセージ】
薬物療法の重要性が飛躍的に増大した現在の医療において、薬剤師は医師や看護師、その他医療従事者や患者さんから頼られる存在です。皆さんを待っている患者さんのために薬学部で学びませんか。私は現場での実習担当講師として充実した実習生活を送れるようサポートします。

衛生化学

石 雅樹(たかいし まさき)

薬学部講師

● 研究テーマ:環境有害因子の毒性評価と生態防御因子の機能解析
【略歴】

名城大学薬学部薬学科卒業
岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士後期課程修了
博士(薬学)
専門は環境衛生学、毒性学

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/gluck


【 論文 】
  1. M. Takaishi, A. Shimada, J.S. Suzuki, M. Satoh and H. Nagase. Involvement of metallothionein as a biological protective factor against carcinogenesis induced by benzo[a]pyrene. J. Toxicol. Sci., 35, 225-30, 2010.
  2. M. Takaishi, J.S. Suzuki, M. Satoh and H. Nagase. Preventive effect of metallothionein on mutagenicity caused by benzo[a]pyrene. J. Health. Sci., 56, 65-71, 2010.
  3. M. Takaishi, M. Sawada, A. Shimada, J.S. Suzuki, M. Satoh and H. Nagase. Protective role of metallothionein in benzo[a]pyrene-induced DNA damage. J. Toxicol. Sci., 34, 449-458, 2009.
  4. 千葉百子, 石雅樹, タリウム, 労働の科学, 63, 544-7, 2008.

【 著書 】
  1. 千葉百子, 石雅樹, 足立吟也 編, レアメタルと生態系・健康, レアメタル便覧, V-587〜641, 丸善, 2011.
【高校生へのメッセージ】

薬剤師に必要なものは、薬の知識と調剤の技術だけであると思っていませんか?病気の元となる環境中の有害因子による毒性とこれらの毒性に対する予防方法を学び、病気の予防について情報提供できることも必要です。みなさんが、ひとびとの病気の予防について貢献できる薬剤師となる手助けをします。

微生物学

多田納 豊(たたの ゆたか)

薬学部講師

● 研究テーマ:非結核性抗酸菌に対する宿主の感染防御機構の解明、および非結核性抗酸菌症に対する予防法・治療法の開発
【略歴】

徳島大学薬学部卒業
徳島大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
徳島大学大学院薬学研究科博士後期課程修了、博士(薬学)
島根大学医学部微生物・免疫学講座(微生物学) 助手、助教、学内講師を経て現職

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0153449


  1. Tanaka N, Tatano Y, Kashiwada Y, et al. (5番目) Phloroglucinol derivatives and a chromone glucoside from the leaves of Myrtus communis. Tetrahedron, 74(1): 117-123 (2018).
  2. Tatano Y, Tomioka H, et al. (1番目). Anti-Mycobacterium avium complex activity of clarithromycin, rifampin, rifabutin, and ethambutol in combination with adenosine 5'-triphosphate. Diagn Microbiol Infect Dis, 88:241-246 (2017).
  3. Shimizu T, Tatano Y, Tomioka H.Aldose reductase participates in the downregulation of T cell functions due to suppressor macrophages. Sci Rep, 6: 21093 (2016).
  4. Tanaka N, Yano Y, Tatano Y, Kashiwada Y.Hypatulins A and B, Meroterpenes from Hypericum patulum. Org Lett, 18:5360-5363 (2016).
  5. Tatano Y, Tomioka H, et al. (1番目) ATP exhibits antimicrobial action by inhibiting bacterial utilization of ferric Ions. Sci Rep, 5: 8610 (2015).
  6. Gallat FX, Tatano Y, Itoh K, et al.(8番目)In vivo crystallography at X-ray free-electron lasers: the next generation of structural biology? Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci , 369: 20130497 (2014).
  7.  Tatano Y, Shimizu T, Tomioka H.Unique macrophages different from M1/M2 macrophages inhibit T cell mitogenesis while upregulating Th17 polarization. Sci Rep, 4: 4146 (2014).
  8. Tatano Y, Tomioka H, et al. (1番目) Correlation between variable-number tandem-repeat-based genotypes and drug susceptibility in Mycobacterium avium isolates. Eur J Clin Microbiol Infect Dis, 31: 445-454 (2012).
  9. Sano C, Tatano Y, Tomioka H, et al. (2番目) Comparative in vitro and in vivo antimicrobial activities of sitafloxacin, gatifloxacin and moxifloxacin against Mycobacterium avium. Int J Antimicrob Agents, 37: 296-301 (2011).
  10. Tatano Y, Shimizu T, Tomioka H.Properties of immunosuppressive macrophages generated by Mycobacterium intracellulare infection in M. intracellulare- susceptible and -resistant mice. New Microbiol, 33: 87-91 (2010). など
【高校生へのメッセージ】

「薬学」は、幅広い分野を奥深く学べる、非常に魅力のある学問領域です。また、医療が日進月歩で発展しているなか、薬剤師においても多くの知識と専門性が求められます。さらに薬学は、薬剤師のみならず、修学した後の活躍の場が多岐に亘ることも大きな特徴だと思います。多くの事柄に興味を持ち、学び、「薬学」の知識や技術の習得に向けて一緒に取り組んでいきましょう。

【研究室HP】
http://sites.google.com/site/immunobiologyiuhw/

薬理学

宮川 和也 (みやがわ かずや)

薬学部講師

● 研究テーマ:ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略の開発

【略歴】

星薬科大学薬学部衛生薬学科卒業、同大学大学院薬学研究科博士課程前期(修士)修了、同大学大学院博士課程後期(博士)修了後、国際医療福祉大学薬学部助教を経て現職。博士(薬学)。日本薬理学会学術評議員・次世代の会委員、日本神経精神薬理学会評議員、日本緩和医療薬学会評議員、日本ストレス学会評議員。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/KZYMYGW


【代表著書・論文など】
@ Memory impairment associated with a dysfunction of the hippocampal cholinergic system induced by prenatal and neonatal exposures to bisphenol-A. Neurosci. Lett. 2007. A 臨床緩和医療薬学. 真興交易, 2008, 共著(著書) B ストレス性精神疾患の病態研究とエピジェネティクス制御. 日本神経精神薬理学雑誌. 2010(総説) C Prenatal stress induces anxiety-like behavior together with the disruption of central serotonin neurons in mice. Neurosci Res. 2011. D Possible involvement of histone acetylation in development of emotional resistance to stress. Behav Brain Res. 2012. E Prenatal stress induces vulnerability to stress together with the disruption of central serotonin neurons in mice. Behav Brain Res. 2014. F 胎生期ストレス刺激が惹起する不安感受性の亢進に対する抑肝散の効果. ストレス科学. 2014. G 胎生期ストレス刺激が惹起するストレス脆弱性と脳内5-HT神経機能異常. 日本薬理学雑誌. 2016(総説) H Facilitating Resilience after PTSD: A Translational Approach. Nova Science Publishers. 2018. 共著(著書) I Possible involvement of monoamine neurons in the emotional abnormality in Kir6.2-deficient mice. Physiol Behav. 2018(他56編)

【受賞暦】
@ 生体機能と創薬シンポジウム2008 優秀ポスター賞  A 平成21年度学内研究費若手研究者奨励賞 優秀賞 B 平成24年度学内研究費若手研究者奨励賞 優良賞 C 平成27年度学内研究費若手研究者奨励賞 優良賞 D 第8回国際医療福祉大学学術大会 優秀発表賞 E 第34回日本ストレス学会学術総会 奨励賞(高田賞) 
【高校生へのメッセージ】

薬はなんで効くのでしょう?薬が体内に取り込まれてから、どこに、どのように作用して、その効果を発揮するのでしょう?そんな、薬の"なんで?どうして?"を詳しく知っているのが薬剤師です。私の専門である「薬理学」は、薬がなぜ効くのか、そのエビデンスをきちんと理解する学問です。薬の作用メカニズムを理解し、効果的かつ安全な薬物治療を提供できる薬剤師を共に目指しましょう。

宗像 千恵(むなかた ちえ)

薬学部講師

● 研究テーマ:・緩和医療における薬剤の適正使用
・後発品注射剤における配合変化の検討
【略歴】
京都大学薬学部卒業
長崎大学大学院博士(薬学)
NTT西日本京都病院薬剤部
東邦薬局
長崎大学病院薬剤部
を経て、現職
【研究業績】

【論文】

  • 積極的ながん治療期のオキシコドン導入における予防的制吐薬の使用状況調査と評価 橋詰 淳哉, 龍 恵美, 宗像 千恵, 能勢 誠一, 角川 貴美代, 宮永 圭, 岸川 礼子, 石井 浩二, 中村 忠博, 北原 隆志, 佐々木 均, 室 高広 日本緩和医療薬学雑誌 11(4) 119-125 2018
  • Evaluation of the targeted delivery of 5-fluorouracil and ascorbic acid into the brain with ultrasound-responsive nanobubbles. Miura Y, Fuchigami Y, Hagimori M, Sato H, Ogawa K, Munakata C, Wada M, Maruyama K, Kawakami S Journal of drug targeting 26(8) 684-691 2018.
  • Effect of pH and Additives on the Compatibility between Vancomycin and Furosemide Injections. Munakata C, Fuchigami Y, Makizoe T, Miura Y, Yamaoka M, Sasahara S, Hata K, Tachiki H, Sasaki H, Hagimori M, Kawakami S Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan 138(6) 853-860 2018
  • Evaluation of miR-122 to Predict High Dose Acetaminophen-Induced Liver Injury in Mice: The Combination Uses of 5-Fluorouracil. Munakata C, Fuchigami Y, Hiroishi S, Haraguchi A, Hagimori M, Enomoto H, Tachiki H, Kodama Y, Sasaki H, Kawakami S Biological & pharmaceutical bulletin 41(11) 1732-1735 2018
  • PDAによる注射薬鑑査システムの導入とアンケート調査による評価 橋詰 淳哉, 原澤 仁美, 宗像 千恵, 稲岡 奈津子, 今村 政信, 中村 忠博, 北原 隆志, 佐々木 均, 室 高広 九州薬学会会報 (70) 37-40 2017
  • オキシコドン注射剤により末期心不全患者の呼吸困難を良好にコントロールできた症例 石井 浩二, 松尾 久美, 大野 麻紀, 武藤 成紀, 森下 暁, 永石 恵美, 宗像 千恵, 池田 津奈子, 中嶋 由紀子, 木下 裕久, 龍 恵美, 北條 美能留, 原 哲也 Palliative Care Research 11(2) 529-533 2016
  • 徐放性オキシコドン導入時の嘔気・嘔吐における患者リスク因子に関する検討 有吉 貴美代, 北原 隆志, 龍 恵美, 高田 正史, 宗像 千恵, 能勢 誠一, 宮永 圭, 樋口 則英, 北條 美能留, 佐々木 均 医療薬学 39(3) 134-139 2013
  • メディカルリスクマネジメントにおける散薬分包紙への成分量印字の有用性 病棟看護師へのアンケート調査結果報告 野下 智代, 宗像 千恵, 山口 健太郎, 土井 健志, 嶺 豊春, 龍 恵美, 上島 泰二, 一川 暢宏, 佐々木 均 日本病院薬剤師会雑誌 43(5) 638-640 2007
  • Novel galactosylated liposomes for hepatocyte-selective targeting of lipophilic drugs. Kawakami S, Munakata C, Fumoto S, Yamashita F, Hashida M Journal of pharmaceutical sciences 90(2) 105-113 2001
  • Targeted delivery of prostaglandin E1 to hepatocytes using galactosylated liposomes. Kawakami S, Munakata C, Fumoto S, Yamashita F, Hashida M Journal of drug targeting 8(3) 137-142 2000

【著書】

  • 基本的知識と症例から学ぶがん緩和ケアの薬の使い方
    (分担執筆, Lesson1 軽度の痛みに対応する)
【高校生へのメッセージ】
薬剤師の仕事のやりがいをたくさんの人に伝えたいと思い、今の仕事につきました。自分が持っている知識とコミュニケーション力をフル動員して患者さんの役に立つ、そんな薬剤師に将来みなさんがなれることを祈って、たくさんサポートをしたいと思います。

薬品物理化学

宗像 達夫(むなかた たつお)

薬学部講師

● 研究テーマ:天然物及び色素の物性・反応性を基にした有効利用性に関する研究
【略歴】
徳島文理大学薬学部薬学科卒業、徳島大学大学院薬学科博士課程前期修了。博士(薬学)。東和大学東洋学研究所助手、同大学工学部工業化学科助手、同講師などを経て現職。
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/tatsuo_munakata


  1. A Simple Preparation of 17(R)-Hydroxyeicosatetraenoic and Eicosapentaenoic Acids from the Eicosanoylphloroglucinols, Components of the Brown Alga, Zonaria diesingiana
    Munakata, T.; Ooi, T.; Kusumi, T. Tetrahedron Lett. 1997, 38, 249-250
  2. α-Tocopheryl Succinate Activates Protein Kinase C in Cellular and Cell-Free System
    Kogure, K.; Hama, S.; Goto, S.; Munakata, T.; Tokumura, A.; Fukuzawa, K. J. Nutr. Sci. Vitaminol. 2003, 49, 310-314
  3. Two lignan dimers from banboo stems (phyllostachys edulis)
    Suga, A.; Takaishi, Y.; Goto, S.; Munakata, T.; Yamauchi, I.; Kogure. K. Phytochemistry, 2003, 64, 991-996
  4. Unusual Transannular Cyclization Products of Sarcophytoxide, a 14-Membered Marine Cembranoid: Anomalous Stereochemistry of Epoxide-Ketone Rearrangement
    Nii K.; Tagami K; Matsuoka K.; Munakata T.; Ooi T.; Kusumi T.
    Org. Lett. 2006, 8(14), 2957 – 2960
  5. Conformational flexibility effect of one configuration difference
    T. Munakata; S. Goto; K. Komatsu
    J. Pharm. Soc. Jpn. 2006, 126 Suppl. 5, 270-273
  6. Pharmacoinformatical and mathematical study for the diversity of three-dimensional structures and the conformational interconversion of macrocyclic compound
    S. Goto; T. Munakata; K. Komatsu
    J. Pharm. Soc. Jpn. 2006, 126 Suppl. 5, 266-269
  7. Acid-catalyzed Reactions of Sarcophytoxide, a Marine Cembranoid: An Apparently Enantio-directive Reaction, Unusual Products and Stereochemical Reconsideration of Epoxide-Ketone Rearrangement
    Nii K.; Tagami K.; Kijima M.; Munakata T.; Ooi T.; Kusumi T.
    Bull. Chem. Soc. Jpn. 2008, 81(5), 562-573
  8. ベンズ[ f ]インドール?2?カルボン酸エチルの求電子置換反応における反応性と位置選択性, SWE Nyo Mi; T. Munakata; T. Watanabe, 国際医療福祉大学学会誌, 2019, 22(2), 46-52
  9. Mexiletine block of voltage-gated sodium channels: Isoform- and state-dependent drug-pore interactions, H. Nakagawa; T. Munakata;A. Sunami, Molecular Pharmacology, 2019, 95(3), 236-244
  10. Synthesis of gentianine N-oxide by enzymatic hydrolysis of swertiamarin in the presence of hydroxylamine and reaction pathway to gentianine and gentianol, M. Fujii; T. Kuramochi; Y. Nakakuki; R. Hatazawa; K. Konno; T. Munakata; Y. Hirai, Tetrahedron Lett., 2019, 60(10), 721-725
【高校生へのメッセージ】
薬学部で学ぶ学問は、一つ一つを見るとかけ離れているようですが、全ての海がつながっているように、どこかで必ず繋がっています。この壮大な世界観を感じられるよう、一緒に学んでみませんか。

分子生物学

山中 将敬(やまなか まさひろ)

薬学部講師

● 研究テーマ:生体内異物に対する糖鎖を介した認識除去機構の解明
【略歴】

東京薬科大学薬学部薬学科卒業、同大学院薬学研究科博士前期課程修了、同大学院薬学研究科博士後期課程修了後、産業技術総合研究所博士研究員を経て現職。
博士(薬学)。
専門は糖鎖生物学、細胞生物学。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/3413


【論文】
  • Takashi Yamaguchi, Masahiro Yamanaka, Sanae Ikehara, Katsuya Kida, Noritaka Kuboki, Daisuke Mizuno, Naoaki Yokoyama, Hisashi Narimatsu, Yuzuru Ikehara
    Generation of IFN-r-producing cells that recognize the major piroplasm surface protein in Theileria orientalis-infected bovines
    Veterinary Parasitology 2010,171:207-215
  • Masahiro Yamanaka, Yukinari Kato, Takashi Angata, Hisashi Narimatsu
    Deletion polymorphism of SIGLEC14 and its functional implications Glycobiology 2009,19(8):841-846

【総説・著書】
  • Hiroaki Sakaue, Hiroko Ohide, Masahiro Yamanaka, Ryuichi Konno
    Behaviors of Mutant Mice Lacking D-Amino-Acid Oxidase Activity ISBN:978-4-431-56075-3, 2016
  • Hiroko Ohide, Masahiro Yamanaka, Ryuichi Konno
    D-Amino-acid oxidase in rodents
    Advances in Zoology Research 2014, 6: 105-112
  • Masahiro Yamanaka, Yurika Miyoshi, Hiroko Ohide, Kenji Hamase,
    Ryuichi Konno
    D-Amino acid in the brain and mutant rodents lacking D-amino-acid oxidase activity
    Amino Acids 2012, 43(5): 1811-1821
  • Yuzuru Ikehara, Masahiro Yamanaka, Takashi Yamaguchi
    Recent advancements in cytotoxic T lymphocyte generation methods using carbohydrate-coated liposomes
    Journal of Biomedicine and Biotechnology 2010, Article ID 242539

【特許】
  • 池原 譲, 山中 将敬, 山口 高志
    免疫性を有するペプチド 特許第5822252号 (2015)
  • 池原 譲, 山口 高志, 山中 将敬
    ウシタイレリア症の病態評価を可能とする方法 特許第5656209号 (2014)
  • 山中 将敬, 安形 高志, 成松 久
    シグレック14 遺伝子の多型に基づく対立遺伝子型の検出試薬
    特開2010-035551(2010)
  • Masahiro Yamanaka,  Takashi Angata,  Narimatsu Hisashi
    Reagent for detecting type of allele based on polymorphism of SIGLEC14
    PCT/JP2009/0625572(2009)
【高校生へのメッセージ】

薬剤師を目指した初心を忘れず、有意義な学生生活を過ごしながら貴重な知識と経験を得て下さい。大田原キャンパスで一緒に学んでいきましょう。

医療薬学

伊東 岳(いとう たけし)

薬学部助教

●研究テーマ:医薬品情報を活用した医薬品適正使用への取り組み
【略歴】
星薬科大学薬学部卒業
星薬科大学大学院薬学研究科 修士(薬品分析化学)
信州大学医学部附属病院薬剤部、有限会社鈴木薬局、足立区介護認定審査会審査委員(嘱託)を経て現職
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/takeshi-ito


【論文・総説】

  • 伊東 岳, 橋本 麻衣子, 大森 栄,救命救急における薬剤師の関わり, 薬事新報 , 2782: 9- 13(2013)
  • 伊東 岳, 丸山 順也, 百瀬 泰行, 大森 栄, 【新薬展望2013】 (第III部)治療における最 近の新薬の位置付け <薬効別> 新薬の広場 眼科治療薬, 医薬ジャーナル, , 49増刊: 504-513(2013)
  • 岩崎 雄介, 伊東 岳, 北村 渉, 加藤 美穂子, 小平 司, 堀江 正一, 伊藤 里恵, 斉藤 貢一, 中澤 裕之, 酵素免疫測定法及び高速液体クロマトグラフィーによる食肉中のキノロン系 抗菌剤の分析, 分析化学, 55(12): 943-948(2006)

【学会発表】

  • 伊東 岳, 橋本 麻衣子, 矢澤 薫美, 神田 博仁, 大森 栄, 患者限定採用医薬品の購入が薬 剤部業務に及ぼす影響, 日本医薬品情報学会 第16年会(2013)
  • 伊東 岳, 橋本 麻衣子, 松本 路生, 百瀬 泰行, 大森 栄, 高度救命救急センターにおける薬剤師のかかわり 薬物治療の質の向上と効率化, 日本薬学会 第130年会(2010)
  • 伊東 岳, 湧井 宣行, 川口 研, 加藤 美穂子, 小平 司, 堀江 正一, 岩崎 雄介, 伊藤 里恵, 斉藤 貢一, 中澤 裕之, ELISAによる河川水中に残留するニューキノロン系抗菌剤の測 定, 日本薬学会 第126年会 (2006)
  • 伊東 岳, 湧井 宣行, 川口 研, 岩崎 雄介, 伊藤 里恵, 堀江 正一, 斉藤 貢一, 中澤 裕之, 環境水中の抗菌活性物質測定法の開発, 日本分析化学会 第54年会(2005)
【高校生へのメッセージ】
医療が高度化・専門化している現在、現場の薬剤師には薬だけではなく幅広い知識・役割が求められています。薬学部の6年間で、社会に出て必要となる基礎知識をしっかりと身につけられるよう、皆さんのお手伝いをしていけたらと思います。

大矢 智則(おおや とものり)

薬学部助教

【略歴】
城西大学 薬学部 製薬学科 大学卒業
国際医療福祉大学大学院 薬学研究科 生命薬学専攻 大学院修士(薬科学)
埼玉医科大学総合医療センター 薬剤部
国際医療福祉大学病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 助教
【研究業績】
  • 大矢浩之・牧野麻衣子・松村隆・大矢智則・粂野貴子・長谷川まゆみ・寺内祐恵 岸野亨、入院患者における健康食品摂取の実態と解析、第37回関東ブロック学術大会 2007・8
  • 井上尚彦・篠原克典・澤田唯美・大矢智則・原井賢秀・佐野元彦・岸野亨・木村昌行、埼玉医科大学総合医療センターにおける急性中毒患者の傾向、第18回日本医療薬学会 2008・9
  • 篠原克典・澤田唯美・大矢智則・原井賢秀・関 俊暢・岸野亨、救命救急センターにおける薬剤管理指導業務実施に影響を及ぼす要因の解析、第19回日本医療薬学会 2009・10
  • 大矢智則・篠原克典・澤田唯美・原竜也・鍵山智樹・間藤卓・堤晴彦・岸野亨、高度救命救急センター医療スタッフに対する薬剤情報提供の解析、第42回関東ブロック学術大会 2012・8
  • 村井いずみ・天野永生・大矢浩之・下田将司・長岡裕樹・松村隆・大矢智則・林麻衣子・米丸明子・篠原克典・鍵山智樹・大澤雄一郎・岸野亨、病棟薬剤業務における入院時持参薬の薬学的評価、第43回関東ブロック学術大会 2013.8
  • 玉井一也・伊東岳・大矢智則・橋本竜・増澤稜太・杉山奈津子・加藤芳徳・前澤佳代子・倉本敬二・百瀬泰行、高齢者のポリファーマシーを適切に管理するための検討、第48回関東ブロック学術大会 2018・8
  • 深井克則・大矢智則・大石朋奈・守田侑真・宮田桃誉・池澤恵美子・杉山奈津子・前澤佳代子・大竹孝明・百瀬泰行、薬剤耐性対策アクションプランに基づく国際医療福祉大学病院における取り組みの評価、第49回関東ブロック学術大会 2019・8

創薬有機化学

金谷 貴行(かなや たかゆき)

薬学部助教

● 研究テーマ:下等生物由来糖鎖の合成とその機能の解明
【略歴】

共立薬科大学薬学部薬学科卒業
共立薬科大学大学院薬学研究科前期博士課程修了
慶應義塾大学大学院薬学研究科後期博士課程修了
博士 (薬学)

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/kanata


Kanaya, T.; Schweizer, F.; Takeda, T.; Kiuchi, F. and Hada, N. Carbohydr. Res. 361(1) 55—72 (2012).
H.; Sonoda, Y.; Kato, S.; Suzuki, E.; Matsuoka, R.; Kanaya, T.; Kiuchi, F.; Hada, N. and  Kasahara, T. Biol. Pharm. Bull. 35(11) 2054—2058 (2012).
Kanaya, T.; Yagi, S.; Schweizer, F.; Takeda, T.; Kiuchi, F. and Hada, N. Chem. Pharm. Bull. 58(6) 811—817 (2010).

平成26年度笹川科学研究助成採択
【高校生へのメッセージ】

薬学、薬の基本は有機化学・天然物化学だと思います。時代の流れか、有機化学・天然物化学が医療系の科目に比べ軽視されがちですが、薬の化学的な構造を詳しく勉強するのは、薬学部だけです。化学的にも薬を考えることのできる薬剤師を目指して、楽しく有機化学・天然物化学を勉強していきましょう。

医薬品化学

紺野 奇重(こんの きじゅう)

薬学部助教

● 研究テーマ:ウイルス・細菌感染症をターゲットとした感染症治療薬の創製
【略歴】
昭和大学卒業
昭和大学大学院修士(薬学)

職歴
H29.04 ヤマサ醤油株式会社 医薬・化成品事業部 薬品化学研究室配属
配属後、抗ウイルス剤の創薬研究、医薬品製造における不純物同定などの支援業務、新薬原薬の製造法改良検討、醤油成分の分析業務など、会社での化学業務全般に従事した。
H23.10 岡山大学薬学部派遣
永松研究室により在籍し、複素環合成研究に従事した。
H24.10 ヤマサ醤油株式会社 医薬・化成品事業部 薬品化学研究室配属
H28.04 ヤマサ醤油株式会社 医薬・化成品事業部 医薬品課(兼務)
H29.04 国際医療福祉大学薬学部薬学科 助教
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/kijukonno


【主な著書、論文】
  • Mikio Fujii, Taiki Kuramochi, Yuhi Nakakuki, Rina Hatazawa, Kiju Konno, Tatsuo Munakata, Yasuaki Hirai, Synthesis of gentianine N-oxide by enzymatic hydrolysis of swertiamarin in the presence of hydroxylamine and reaction pathway to gentianine and gentianol. Tetrahedron Letters 2019, 60, 721-725.
  • Takuya Kobayakawa, Kiju Konno, Nami Ohashi, Kohei Takahashi, Ami Masuda, Kazuhisa Yoshimura, Shigeyoshi Harada & Hirokazu Tamamura, Soluble-type Small-molecule CD4 Mimics as HIV Entry Inhibitors. Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters 2019, 29, 719-723.
  • Kazuhiro Haraguchi, Hiroki Kumamoto, Kiju Konno, Hideki Yagi, Yutaka Tatano, Yuki Odanaka, Satoko Shimbara Matsubayashi, Robert Snoeck, Graciela Andrei, Synthesis of 4’-substituted 2’-deoxy-4’-thiocytidines and its evaluation for antineoplastic and antiviral activities. Tetrahedron 2019, 75, 4542-4555.
  • Kazuhiro Haraguchi, Kiju Konno, Kaori Yamada, Yasuyuki Kitagawa, Kazuo T Nakamura and Hiromichi Tanaka, Electrophilic glycosidation employing 3,5-O-(di-tert-butylsilylene)-erythro-furanoid glycal leads to exclusive formation of the ?-anomer: synthesis of 2’-deoxynucleosides and its 1’-branched analogues.
    Tetrahedron 2010, 66, 4587-4600.(査読付、原著)
  • Mikio Fujii, Hidehiro Ando, Kiju Konno, Motonori Fukumura, Yumiko Hori, Yasuaki hirai and Yoshiteru Ida, Structural Revision of a Naphthodipyranodione from Gentian Root and its Degradation Pathway from Gentiopicroside.
    Natural Product Communications 2017, 12, 395-397. (査読付、原著)
【産業財産権】
  • 特許出願(2017年) ヌクレオシド誘導体又はその塩、およびそれを含む医薬組成物
    発明者:満屋裕明、紺野奇重、杉原匠
    出願人:ヤマサ醤油株式会社、国立研究開発法人国立国際医療研究センター
  • 特許出願(2016年) 抗アデノウイルス剤
    発明者:中川原康介、紺野奇重
    出願人:ヤマサ醤油株式会社
【学会発表】
  • 紺野奇重、石田有祐、原田恵嘉、大橋南美、小谷みさと、苛原優、山田裕子、水口貴章、野村渉、松下修三、吉村和久、玉村啓和、HIV-1 gp120をターゲットとしたCD4 mimicの構造活性相関研究
    抗ウイルス療法学会学術総会 抄録集(一般演題23)
  • Kiju Konno, Yusuke Ishida, Shigeyoshi Harada, Nami Ohashi, Misato Kotani, Yu Irahara, Yuko Yamada, Takaaki Mizuguchi, Wataru Nomura, Shuzo Matsushita, Kazuhisa Yoshimura and Hirokazu Tamamura: “Structure-Activity Relationship of Small CD4 Mimics Targeting HIV-1 gp120.”
    17th Kumamoto AIDS Seminar要旨集
  • 紺野奇重、原口一広、田中博道、m-CPBAによるエリスロフラノイドグリカールのタンデム型エポキシ化/m-クロロベンゾイルオキシ化反応: psicofuranose誘導体の新規合成法の開発と糖供与体としての利用
    日本薬学会第130回年会要旨集(29P-am052)
  • 紺野奇重、原口一広、田中博道、フラノイドグリカールを利用する面選択的なグリコシル化反応: アノマー位が分枝したチミジン誘導体の合成研究.
    日本薬学会第129回年会 要旨集(26H-pm013).
【外部資金獲得】
  • 日本医療研究開発機構 肝炎等克服実用化研究事業 「野生型と薬剤耐性B型肝炎ウイルスに強力な活性を発揮する新規治療薬の研究・開発」(2018〜)
  • 科学研究費 若手研究 「新規アッセイ法を利用した炭素環ヌクレオシドによる抗アデノウイルス剤の創製」(2019〜2022)
【高校生へのメッセージ】

今まで治療薬がなかった病気や、手術しか選択肢がない病気に対して治療薬が開発されており、優れた医薬品が世の中にどんどん出てきます。研究者になりたい学生はもちろん、臨床の現場で活躍する薬剤師も最先端の薬物治療に対応すべく、研究活動を通して最先端の科学を学ぶ必要があります。どのステージでも皆様が薬剤師として活躍できるための礎を築けるよう、お手伝いいたします。東京から新幹線で約1時間20分、那須連山が眺められる素晴らしいロケーションで皆様をお待ちしております。

坂井 崇亮(さかい たかあき)

薬学部助教

●研究テーマ:有機分子触媒による環境調和型反応の開発
【略歴】
東京薬科大学 薬学部 医療薬物薬学科 学士(薬学)
東京薬科大学大学院 薬学研究科 博士(薬学)
【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/takaakisakai


【主な原著論文】

  • Sakai T, *Hirashima S, Matsushima Y, Nakano T, Ishii D, Yamashita Y, Nakashima K, Koseki Y, *Miura T, “Synthesis of Chiral γ,γ-Disubstituted γ-Butenolides via Direct Vinylogous Aldol Reaction of Substituted Furanone Derivatives with Aldehydes”, Org. Lett. 2019, 21(8), 2606-2609.
  • Sakai T, *Hirashima S, Yamashita Y, Arai R, Nakashima K, Yoshida A, Koseki Y, *Miura T, “Squaramide?Sulfonamide Organocatalyst for Asymmetric Direct Vinylogous Aldol Reactions”, J. Org Chem. 2017, 82(9), 4661-4667.
  • Sakai T, Hirashima S, Nakashima K, Maeda C, Yoshida A, Koseki Y, *Miura T, “Asymmetric Chlorination of β-Keto Esters Using Diaminomethylenemalononitrile Organocatalyst”, Chem. Pharm. Bull. 64, 1781-1784.
  • Hirashima S, Nakashima N, Fujino Y, Arai R, Sakai T, Kawada M, Koseki Y, Murahashi M, Tada N, Itoh A, *Miura T, “Cinchona?diaminomethylenemalononitrile organocatalyst for asymmetric conjugate addition of 1,3-diketone to nitroalkene”, Tetrahedron Lett. 2014, 55(33), 4619-4622.
  • Hirashima S, Sakai T, Nakashima K, Watanabe N, Koseki Y, Mukai K, Kanada Y, Tada N, Itoh A, *Miura T, “Solvent-free asymmetric conjugate addition of malonates to enones using a diaminomethylenemalononitrile organocatalyst”, Tetrahedron Lett. 2014, 55(31), 4334-4337.

【資格】

  • 薬剤師
  • 甲種危険物取扱者

題府 由吏(だいふ ゆり)

薬学部助教

【略歴】

東北薬科大学 薬学部薬学科卒業
金沢大学大学院 自然科学研究科 薬品分析学専攻 大学院博士(薬学)
国際医療福祉大学三田病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 助教

【研究業績】

【論文】

  • 題府由吏、東 達也、島田和武 脳内ステロイドホルモン分析法の開発 XII
    抗dehydroepiandrosterone sulfate抗体の調製と諸性質 2000 年 3 月
  • 題府由吏、東 達也、島田和武 脳内ステロイドホルモン分析法の開発 XIV
    ELISAによるラット脳内dehydroepiandrosterone sulfateの定量 2001 年 3 月
  • Studies on neurosteroids XIV. Levels of dehydroepiandrosterone sulfatein rat brain and serum determined with newly developed enzyme-linked immunosorbent assay
  • Tatsuya Higashi¬, Yuri Daifu, Kazutake Shimada 2001年 12 月
  • Studies on neurosteroids XV. Development of enzyme-linked immunosorbent assay for examining whether pregnenolonesulfate is averitable neurosteroid
  • Tatsuya Higashi¬, Yuri Daifu, Takehiro Ikeshima, Takako Yagi, Kazutake Shimada 2003 年 1 月

高橋 彩花(たかはし あやか)

薬学部助教

【略歴】

国際医療福祉大学 薬学部薬学科卒業 学士 (薬学)
国際医療福祉大学塩谷病院 薬剤室
国際医療福祉大学病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 助教

【研究業績】

【論文】

  • 加藤芳徳・高橋彩花・市山一樹・勝山繁佳・倉永勇希・本木絵梨奈・渡邉理基・杉山奈津子・伊東岳・前澤佳代子・鈴木雅史・橋本秀雄・生野登・旭満里子・百瀬泰行、小児中耳炎の発症および治療に及ぼす季節変動値の影響に関する調査第26回医療薬学会年会 2016・9
  • 高橋彩花・加藤芳徳・鈴木和磨・守田侑真・山根晃大・杉山奈津子・伊東岳・前澤佳代子・鈴木雅史・生野登・百瀬泰行、栃木県における小児中耳炎発症と寒暖差およびウイルス流行との関連性の解析、第27回医療薬学会年会 2017・11

薬理学

橋 浩平(たかはし こうへい)

薬学部助教

● ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略の開発
【略歴】

東北薬科大学薬学部卒業 学士 (薬学)
東北医科薬科大学大学院薬学研究科修了 博士(薬科学)

三菱化学メディエンス株式会社創薬支援事業部安全性研究部研究員、昭和大学医学部研究生、調剤薬局薬剤師を経て現職。

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/taka8922


【論文】
1. Odaira T, Nakagawasai O, Takahashi K, Nemoto W, Sakuma W, Jia-Rong L, Tan-No K. Mechanisms underpinning AMP-activated protein kinase-related effects on behavior and hippocampal neurogenesis in an animal model of depression. Neuropharmacology. 2019;150:121-133.
2. Takahashi K, Nakagawasai O, Sakuma W, Nemoto W, Odaira T, Jia-Rong L, Onogi H, Srivastava LK, Tan-No K. Prenatal treatment with methylazoxymethanol acetate as a neurodevelopmental disruption model of schizophrenia in mice. Neuropharmacology. 2019;150:1-14.
3. Takahashi K, Nakagawasai O, Nemoto W, Kadota S, Isono J, Odaira T, Sakuma W, Arai Y, Tadano T, Tan-No K. Memantine ameliorates depressive-like behaviors by regulating hippocampal cell proliferation and neuroprotection in olfactory bulbectomized mice. Neuropharmacology. 2018;137:141-155.
4. Takahashi K, Nakagawasai O, Nemoto W, Odaira T, Sakuma W, Tan-No K Antidepressant-like effect of aripiprazole via 5-HT1A, D1, and D2 receptors in the prefrontal cortex of olfactory bulbectomized mice. J Pharmacol Sci. 2018;137:241-247.
5. Takahashi K, Nakagawasai O, Sugawara M, Sato A, Nemoto W, Tadano T, Tan-No K Kappa Opioid Receptor Agonist Administration in Olfactory Bulbectomized Mice Restores Cognitive Impairment through Cholinergic Neuron Activation. Biol Pharm Bull. 2018;41:957-960.
6. Takahashi K, Nakagawasai O, Nemoto W, Odaira T, Arai Y, Hisamitsu T, Tan-No K Time-dependent role of prefrontal cortex and hippocampus on cognitive improvement by aripiprazole in olfactory bulbectomized mice. Eur Neuropsychopharmacol. 2017;27:1000-1010.
7. Takahashi K, Nakagawasai O, Nemoto W, Nakajima T, Arai Y, Hisamitsu T, Tan-No K Alterations in behavioral responses to dopamine agonists in olfactory bulbectomized mice: relationship to changes in the striatal dopaminergic system. Psychopharmacology (Berl). 2016;233:1311-1322.
8. Nakagawasai O, Yoshida A, Takahashi K, Nemoto W, Yaoita F, Tadano T, Tan-No K. Fluvoxamine ameliorates cognitive dysfunctions in olfactory bulbectomized mice. Journal of Tohoku Pharmaceutical University. 2014; 61:41-46.

【受賞歴】
第22回活性アミンに関するワークショップ 若手研究者奨励賞
【外部資金獲得状況(課題名、資金名、期間など)】
科学研究費補助金 (研究活動スタート支援) :脳腸相関の概念を基軸とした潰瘍性大腸炎によるうつ症状の発症メカニズムの解明 (2019年度〜2020年度)

【高校生へのメッセージ】

最近の医療技術の目まぐるしい進歩に伴い、多くの新薬が開発され、薬剤師という『薬のエキスパート』としての役割の重要性・必要性が高まってきています。最近では、臨床の現場における薬剤師の地位が明らかに向上しており、それに伴い責任も重くなってきているのが現状です。
 実際に臨床の現場での経験もございますので、その経験を活かして臨床で活躍できる薬剤師を育成していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

直井 雅典(なおい まさのり)

薬学部助教

【略歴】

昭和薬科大学 薬学部薬学科卒業 学士(薬学)
国際医療福祉大学塩谷病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 助教

【研究業績】
  1. 原因菌が特定できず治療に難渋した脳膿瘍の一例、日本薬剤師会関東ブロック第48回学術大会 2018・8
  2. 感染対策加算2取得病院におけるASTの試み、第10回J感染性制御ネットワーク 2018・9

薬物治療学

中谷 善彦(なかたに よしひこ)

薬学部助教

● 研究テーマ:ストレス刺激により影響を受ける脳内微小環境の可塑性に関する研究
【略歴】

昭和薬科大学 薬学部 生物薬学科 卒業
昭和薬科大学 薬学研究科 薬学専攻 修士課程修了
昭和薬科大学 薬学研究科 薬学専攻 博士課程修了(薬学博士)
Medical College of Georgia, Postdoctoral Fellow

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/yoshihinaka


  1. Nakatani Y, Amano T. Functional Modulation of Nav1.2 Voltage-Gated Sodium Channels Induced by Escitalopram. Biol Pharm Bull. 2018. 41: 1471-1474.
  2. Nakatani Y, Kobe A, Kuriya M, Hiroki Y, Yahagi T, Sakakibara I, Matsuzaki K, Amano T. Neuroprotective effect of liquiritin as an antioxidant via an increase in glucose-6-phosphate dehydrogenase expression on B65 neuroblastoma cells. Eur J Pharmacol. 2017. 815: 381-390.
  3. Nakatani Y,Amano T, Yamamoto H, Sakai N, Tsuji M, Takeda H. Yokukansan enhances the proliferation of B65 neuroblastoma. J Tradit Complement Med. 2016. 7: 34-44.
  4.    
  5. Nakatani Y, Amano T, Takeda H. Corticosterone Inhibits the Proliferation of C6 Glioma Cells via the Translocation of Unphosphorylated Glucocorticoid Receptor. Biol Pharm Bull. 2016. 39: 1121-1129.
  6. Yamamoto K, Tsuboi M, Kambe T, Abe K, Nakatani Y, Kawakami K, Utsunomiya I, Taguchi K. Oxaliplatin administration increases expression of the voltage-dependent calcium channel α2δ-1 subunit in the rat spinal cord. J Pharmacol Sci. 2016. 130: 117-122
  7. Hotta S, Nakatani Y, Kambe T, Abe K, Masuda Y, Utsumomiya I, Taguchi K. Effects of IgG anti-GM1 monoclonal antibodies on neuromuscular transmission and calcium channel binding in rat neuromuscular junctions. Exp Ther Med. 2015. 10: 535-540.
  8. Nakatani Y, Tsuji M, Amano T, Miyagawa K, Miyagishi H, Saito A, Imai T, Takeda K, Ishii D, Takeda H. Neuroprotective Effect of Yokukansan against Cytotoxicity Induced by Corticosterone on Mouse Hippocampal Neurons. Phytomedicine 2014. 21: 1458-1465.
  9. Itokazu Y, Kato-Negishi M, Nakatani Y, Ariga T, Yu RK. Effects of amyloid β-peptides and gangliosides on mouse neural stem cells. Neurochem Res. 2013. 38:2019-2027.
  10. Hotta S, Nagaoka T, Taguchi K, Nakatani Y, Utsnomiya I, Masuda Y, Abe K, Yuki N. Neurophysiological and immunohistochemical studies of IgG anti-GM1 monoclonal antibody on neuromuscular transmission: effects in rat neuromuscular junctions. Neurol Sci. 2014. 35:205-213.
  11. Nakatani Y, Masuko H, Amano T.Effect of lamotrigine on Na(v)1.4 voltage-gated sodium channels. J Pharmacol Sci. 2013. 123:203-206.
  12. Nakatani Y, Amano T, Takeda H. Corticosterone suppresses the proliferation of RAW264.7 macrophage cells via glucocorticoid, but not mineralocorticoid, receptor. Biol Pharm Bull. 2013. 36:592-601.
  13. Nakatani Y, Amano T, Tsuji M, Takeda H. Corticosterone suppresses the proliferation of BV2 microglia cells via glucocorticoid, but not mineralocorticoid receptor. Life Sci. 2012. 22:761-770.
  14. Yagi H, Yanagisawa M, Suzuki Y, Nakatani Y, Ariga T, Kato K, Yu RK. HNK-1 epitope-carrying tenascin-C spliced variant regulates the proliferation of mouse embryonic neural stem cells. J Biol Chem. 2010. 285:37293-37301.
  15. Suzuki Y, Yanagisawa M, Yagi H, Nakatani Y, Yu RK. J Biol Chem. Involvement of beta1-integrin up-regulation in basic fibroblast growth factor- and epidermal growth factor-induced proliferation of mouse neuroepithelial cells. 2010. 285:18443-18451.
  16. Nakatani Y, Yanagisawa M, Suzuki Y, Yu RK. Characterization of GD3 ganglioside as a novel biomarker of mouse neural stem cells. Glycobiology. 2010. 20:78-86.
  17. Nakatani Y, Murata M, Shibata K, Nagaoka T, Utsunomiya I, Usuki S, Miyatake T, Hoshi K, Taguchi K. IgM anti-GQ1b monoclonal antibody inhibits voltage-dependent calcium current in cerebellar granule cells. Exp Neurol. 2009. 219:74-80.
【高校生へのメッセージ】

医療技術の高度化に伴い、今まで以上に薬剤師に求められるハードルが高くなり、常に新しい知識を求められます。また、それらの環境はより一層のチーム医療を進めることとなり、薬剤師同士だけでなく、他の医療専門従事者との幅広いコミュニケーションを求められます。
薬学で学ぶことの出来る幅広い専門性を生かし、チーム医療の中核を担うことの出来る薬剤師の育成を目指します。

橋本 竜(はしもと りゅう)

薬学部助教

【略歴】

国際医療福祉大学薬学部薬学科 卒業 学士(薬学)
国際医療福祉大学病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 助教

【研究業績】
【主な著書・論文】
  • 橋本竜・華井明子・石黒洋、がん化学療法に伴う末梢神経障害の特徴と評価、腫瘍内科 Vol23 No.4
  • 橋本竜・前澤佳代子・玉井一也・石井大輔・本多珠里都・石井裕太・小林俊喜・渡邊鷹志・杉山奈津子・加藤芳徳・伊東岳・百瀬泰行、自動車運転に影響を及ぼす医薬品に対する医師の認識調査、第27回医療薬学会年会 2017・11
  • 玉井一也・伊東岳・大矢智則・橋本竜・増澤稜太・杉山奈津子・加藤芳徳・前澤佳代子・倉本敬二・百瀬泰行、高齢者のポリファーマシーを適切に管理するための検討、日本病院薬剤師会関東ブロック第48回学術大会 2018・8
  • 黒ア隆・杉山奈津子・井上龍亮・鈴木健太・橋本竜・吉成宏顕・神坐美弥子・前澤佳代子・内田克紀・百瀬泰、SJSの被疑薬同定に難渋した一例、日本病院薬剤師会関東ブロック第49回学術大会 2019 8

臨床薬物動態学

平尾 卓也(ひらお たくや)

薬学部助教

● 研究テーマ:がん細胞内エネルギー代謝適応を標的とした新規がん治療戦略の探索
【略歴】

国際医療福祉大学薬学部薬学科 卒業
千葉大学薬学部・薬学研究院 4年制博士課程 早期修了(薬学博士)
東京大学附属病院薬剤部 研修生として入職
帝京大学附属病院薬剤部 薬剤師

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/19850606.th


【主な著書・論文】
  • Hirosawa I, Ishikawa M, Ogino M, Ito H, Hirao T, Yamada H, Asai M, Kotaki H, Sai Y, and Miyamoto K. “Enantioselective disposition of clenbuterol in rats” BIOPHARMACETICS & DRUG DISPOSITION; 2014 May;35(4):207-17.
  • Kawaguchi M, Aoki S, Hirao T, Morita M, and Ito K. “Autophagy is an important metabolic pathway to determine leukemia cell survival following suppression of the glycolytic pathway.” Biochem Biophys Res Commun. 2016; May 20;474(1):188-192.
  • Aoki S, Morita M, Hirao T, Yamaguchi M, Shiratori R, Kikuya M, Chibana H, and Ito K. “Shift in energy metabolism caused by glucocorticoids enhances the effect of cytotoxic anti-cancer drugs against acute lymphoblastic leukemia cells.” Oncotarget. 2017 Oct 9;8(55):94271-94285.
  • Hirao T, Yamaguchi M, Kikuya M, Chibana H, Ito K, and Aoki S. “Altered intracellular signaling by imatinib increases the anti-cancer effects of tyrosine kinase inhibitors in chronic myelogenous leukemia cells.” Cancer Sci. 2018 Jan;109(1):121-131.
【業績】
  • 第1回黒潮カンファレンス 最優秀発表賞受賞(2016)
【高校生へのメッセージ】

薬学教育6年制がスタートし、薬剤師が求められる知識・技能は一層高まっています。その中で、薬剤師は薬物療法の有効性や安全性に対し責任を持ち、医療に貢献するという高い意識と専門性が求められます。
本学の充実したプログラムで『薬学』を学び、この那須の大地で『学生生活』を楽しむことで、薬剤師としての幅広い『専門性』と医療従事者としての『人間性』を培っていきましょう。皆さんが理想とする薬剤師として将来活躍できるよう全力でサポートいたします。

深井 克則(ふかい かつのり)

薬学部助教

【略歴】

国際医療福祉大学薬学部薬学科 卒業 学士(薬学)
国際医療福祉大学病院 薬剤部
国際医療福祉大学 薬学部 薬学科 助教

【研究業績】
【学会発表】
  • 坂口貴大・杉山奈津子・井上龍亮・吉成宏顕・梅田鈴香・入野真紀・鈴木健太・橋本竜・玉井一也・深井克則・前澤佳代子・谷口隆志・石黒洋・百瀬泰行、免疫チェックポイント阻害薬による皮膚障害への取り組み、第48回関東ブロック学術大会、2018・8
  • 坂口貴大・杉山奈津子・井上龍亮・吉成宏顕・梅田鈴香・入野真紀・鈴木健太・橋本 竜・玉井一也・深井克則・前澤佳代子・谷口隆志・石黒洋・百瀬泰行、薬剤耐性対策アクションプランに基づく国際医療福祉大学病院における取り組みの評価、第49回関東ブロック学術大会、2019・8

薬理学

持田 淳美(もちだ あつみ)

薬学部助教

● 研究テーマ:ストレス性精神疾患の病態解明と新規治療戦略の開発
【略歴】

国際医療福祉大学薬学部薬学科卒業 学士(薬学)
国際医療福祉大学大学院薬学研究科 博士(薬学)

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/asm80709022


【論文・総説】
  1. 持田(齋藤)淳美、宮川和也、宮岸寛子、黒川和宏、君島秀尚、辻 稔、武田弘志.スコポラミン誘発健忘モデルマウスにおけるドコサヘキサエン酸-ホスファチジルセリン複合体製剤の学習記憶改善効果.国際医療福祉大学学会誌.24(1),33-44,2019.
  2. Tsuji M, Arai I, Miyagawa K, Miyagishi H, Saito A, Takeda K, Takeda H, Akiyama N, Saito S. Involvement of interleukin-31 receptor A in morphine-induced itching and antinociception in mice. Eur J Pain. 23(2), 378-388, 2019.
  3. Saito A, Miyagawa K, Miyagishi H, Kurokawa K, Umeda A, Okada Y, Tsuji M, Takeda H. Possible involvement of monoamine neurons in the emotional abnormality in Kir6.2-deficient mice. Physiol Behav. 188, 251-261, 2018.
  4. Ohno R. Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Kurokawa K, Takeda H. Yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, enhances the anxiolytic effect of fluvoxamine and reduces cortical 5-HT2A receptor expression in mice. J Ethnopharmacol. 216, 89-96, 2018.
  5. Ohno R, Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Kurokawa K, Takeda H. Repeated treatment with yokukansan, a traditional Japanese herbal medicine, suppresses the increase in the conditioned fear response induced by sigma1 (σ1) receptor agonist in mice. 国際医療福祉大学学会誌. 23(1), 37-43, 2018.
  6. 齋藤淳美、宮川和也、宮岸寛子、黒川和宏、梅田 啓、岡田泰昌、辻 稔、武田弘志. ATP 感受性カリウムチャネル Kir6.2 のストレス応答における役割. 国際医療福祉大学学会誌. 23(1), 44-51, 2018.
  7. Miyagishi H, Tsuji M, Saito A, Miyagawa K, Takeda H. Inhibitory effect of yokukansan on the decrease in the hippocampal excitatory amino acid transporter EAAT2 in stress-maladaptive mice. J Tradit Complement Med. 7(4), 371-374, 2017.
  8. 宮川和也、齋藤淳美、宮岸寛子、武田弘太郎、辻 稔、武田弘志. HDAC阻害薬とストレス反応の調節機構. 心身医学. 56(4), 322-327, 2016.
  9. 宮川和也、齋藤淳美、宮岸寛子、武田弘太郎、辻 稔、武田弘志. 胎生期ストレス刺激が惹起するストレス脆弱性と脳内5-HT神経機能異常. 日本薬理学雑誌. 147(4), 212-218, 2016.
  10. 石井大輔、齋藤淳美、宮川和也、辻 稔、武田弘志. 神経障害性慢性疼痛は受動的ストレスコーピングを障害する. 国際医療福祉大学学会誌. 21(1), 66-74, 2016.
  11. 石井大輔、宮川和也、齋藤淳美、辻 稔、武田弘志. 神経障害性慢性疼痛が惹起するストレス適応形成障害とパロキセチンの除痛効果. 国際医療福祉大学学会誌. 21(1), 75-81, 2016.
  12. Nakatani Y, Tsuji M, Amano T, Miyagawa K, Miyagishi H, Saito A, Imai T, Takeda K, Ishii D, Takeda H. Neuroprotective Effect of Yokukansan against Cytotoxicity Induced by Corticosterone on Mouse Hippocampal Neurons. Phytomedicine. 21, 1458-1465, 2014.
【高校生へのメッセージ】

薬学部が4年制から6年制になり、薬の専門家として薬剤師に対する期待も高まってきています。その分、より深く幅広い知識、考える力、コミュニケーション能力が必要とされており、常に学び、新しい知識を得ることで現代の医療の変化に対応していかなければなりません。みなさんが社会に出たときに、常に学び、考えて行動のできる、そして、向上心を持った薬剤師として医療の現場に貢献できるよう力になれたらと思っております。

医療薬学

杉山 奈津子(すぎやま なつこ)

薬学部研究助手

● 研究テーマ:乳癌における治療向上のための要因分析
【略歴】

明治薬科大学薬学部薬剤学科卒業 学士(薬剤学)
東京理科大学薬学部薬学研究科後期博士課程満期退学

【研究業績】

【researchmap】
https://researchmap.jp/_Natsuko.S


○論文
  1. 篠原紘子, 深田祐羽妃, 鈴木信世, 杉山奈津子, 内呂拓実, 齊藤光江, 小茂田昌代:東京理科大学とヒューストン大学の薬学部授業時間比較. 千葉県薬剤師雑誌.2014;60(10):3-11
  2. 天津 怜, 齋藤 隼, 大登 剛, 吉澤 一巳, 杉山 奈津子, 齋藤 光江, 小茂田昌代:外来臨床薬剤師支援システムの開発−乳がん治療における薬学的管理の質の向上を目指して−. 医薬品情報学.2014;16(3):17-22
  3. 石井 則久, 朝比奈昭彦, 天谷雅行,飯嶋 正文,石川 治, 今村英一,大江麻里子, 大滝 倫子, 加藤 安彦, 金澤伸雄,上出 良一, 神崎 保, 木花 光, 小茂田 昌代,杉山奈津子,関根万里, 竹崎 伸一郎, 田中勝、田村 陽子,永岡譲,南光 弘子,林正幸, 牧上 久仁子, 松田 知子, 吉住順子, 和田 康夫;疥癬診療ガイドライン,日本皮膚科学会雑誌, 2007;117(1), 1-3
  4. 杉山奈津子,増田光枝,橋本薫,越部しず江,小茂田昌代:目くばり気くばり思いやり 安全・安心ケア 第7回グループホームにおける薬剤師のセーフティーマネジメント, GPnet, 2005;52(7), 47-53
○受賞
平成16年 日本プライマリケア学会 心に残るポスター賞
【高校生へのメッセージ】

本大学は、多学科を有し、その特性を活かして他の大学にない独自のカリキュラムでチーム医療を推進しています。私も、薬剤師としてチーム医療を実践してきましたが、学生時代からチーム医療を学べるこのすばらしい環境に驚かされました。この大学で一緒に学びませんか?きっと将来、医療をリードする人材として成長していけることでしょう。

生化学

大出 浩子(おおいで ひろこ)

薬学部技術助手

● 研究テーマ:D-アミノ酸酸化酵素遺伝子のメチル化解析、放線菌代謝物における有用物質の探索研究
【略歴】

東海大学開発工学部卒業
国際医療福祉大学薬科学研究科卒業 (修士薬学)

【研究業績】
  1. Behaviors of Mutant Mice Lacking d-Amino-Acid Oxidase Activity
    Hiroaki Sakaue, Hiroko Ohide, Masahiro Yamanaka, Ryuichi Konno
    D-Amino acids: Physiology, Metabolism, and Application
    51-64, 2016
  2. Acute effects of caffeine on blood pressure and heart rate in habitual and non-habitual caffee consumers : a randomized, double-blind, placebo-controlled study
    Hara A, Ohide H, Miyagawa K, Takeuchi T, Nakatani Y, Yokoyama H, Amano T
    医療薬学(In press)
  3. D-Amino-acid oxidase in rodents
      Ohide H, Yamanaka Y and Konno R
      ADVANCE IN ZOOLOGY RESEARCH
      6, 105-112, 2014
  4. D-Amino acids in the brain and mutant rodents lacking D-amino acid oxidase activity
    Yamanaka M, Miyoshi Y, Ohide H, Hamase K, Konno R
    Amino acids
    43, 1811-1821,2012
  5. D-Amino acid metabolism in mammals:biosynthesis, degradation and analytical aspects of the metabolic study
    Yamanaka M, Miyoshi Y, Ohide H, Hamase K, Konno R
    Journal of Chromatography B
    879, 3162-3168, 2011
  6. セリンラセマーゼと疾患
    丸山林土, 大出浩子, 金野柳一
    国際医療福祉大学紀要, 16, 24-33, 2011

【高校生へのメッセージ】

今ひとつの大きな決断をするときです。希望も迷いも不安もたくさんあると思います。しかし、前に進むことを躊躇していては何もできません。失敗を恐れない強い気持ち、大きな夢が君たちの最大の武器です。自分を信じ、将来のビジョンをしっかり持って未来への一歩を踏み出しましょう! 可能性は無限です。