埴岡 健一
医療福祉・マネジメント学科 教授
埴岡 健一(はにおか けんいち)
略 歴
学士(美学)大阪大学
日経ビジネス副編集長、日本骨髄バンク事務局長、日本医療政策機構理事、東京大学公共政策大学院医療政策教育・研究ユニット特任教授などを経て、2016年4月より現職。
専門領域
ジャーナリズム論、医療福祉経営・政策論
現在の研究テーマ
地域医療計画、がん対策、政策評価と指標、データベースの政策立案への活用、政策決定プロセスへの患者住民参加、医療の質と情報、報道の質の評価など
学生に期待するもの
社会課題の解決に資するという意識と、虫の目と鳥の目を兼ね備えた思考
研究業績 <著書・論文>
  • 「P4Pは医療をどのように変えるか」(「P4Pのすべて」所収)(医療タイムス社、2007年)
  • 「わが国のがん対策の評価-新たな政策立案に向けて-」(公衆衛生、Vol.77)
  • 「患者・住民主体の医療」「医療の質と情報」「政策立案の実践プロセス」(「医療政策集中講義」所収)(医学書院、2015年)
  • 「医療計画は"本物"になるか」(「医療白書2015-2016年版」所収)(日本医療企画、2015年)
E-mail
hanioka@iuhw.ac.jp
(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください)