大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 和田 耕治

教員情報

和田 耕治

和田 耕治
(わだ こうじ)教授

医学研究科 医学専攻・公衆衛生学専攻
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

<教育内容に関するお問い合わせ>
E-mail:kwada@iuhw.ac.jp

略歴

福岡県北九州市出身。産業医科大学医学部卒業、臨床研修医、専属産業医(3年間)を経て、カナダ国McGill大学産業保健学修士・ポストドクトラルフェロー、北里大学大学院博士課程修了。北里大学医学部衛生学公衆衛生学助教、講師、北里大学医学部公衆衛生学准教授を経て、国立国際医療研究センター国際医療協力局、出向にてJICAミャンマー国主要感染症プロジェクトHIV専門家、JICAベトナム国チョーライ病院向け病院運営・管理能力向上支援プロジェクトチーフアドバイザーを歴任。
労働衛生コンサルタント(保健衛生)、日本産業衛生学会指導医、社会医学系専門医協会指導医、日本体育協会認定スポーツ医
2018年4月より国際医療福祉大学医学部公衆衛生学・医学研究科教授
指導可能領域:産業保健分野における疫学研究(特に医療機関での産業保健)、健康危機管理対応に関する研究、国際保健分野における疫学研究など

2012年 日本産業衛生学会奨励賞
2013年 日本公衆衛生学会奨励賞、森村豊明会奨励賞
2015年 日本医師会医学研究奨励賞

研究指導テーマ

産業保健分野における疫学研究(特に医療機関での産業保健)、健康危機管理対応に関する研究、国際保健分野における疫学研究など

大学院入学希望者に望むこと

現場の課題を言語化し、定量化し、そして解決へ向けて調整できるよう、共に学びましょう。

研究業績

最近の研究報告レポート「医療の質に関するカントリーレポート・モンゴル」(PDF)


<代表論文>

  1. 1. 相澤好治(監修),和田耕治(編集).医療機関における産業保健活動ハンドブック,産業医学振興財団,2018
  2. 2. 宮村達男(監修),和田耕治(編集).新型インフルエンザ(A/H1N1)わが国における対応と今後の課題,中央法規,2011
  3. 3. Wada K, Gilmour S. Inequality in mortality by occupation related to economic crisis from 1980 to 2010 among working-age Japanese males. Sci. Rep. 6, 22255
  4. 4. Wada K, Kondo N, Gilmour S, Ichida Y, Fujino Y, Satoh T, Shibuya K. Trends in the leading causes of death by occupations among men aged 30-59 years in Japan, 1980-2005.BMJ 2012;344:e1191

連絡先

  • <入試に関するお問い合わせ>
  • TEL:03-5574-3900(代表)
  • E-mail:
    dph@iuhw.ac.jp(医学専攻)、sph@iuhw.ac.jp(公衆衛生学専攻)(事務局宛メールアドレス)

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )