大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 篠崎 雅江

教員情報

noimage

篠崎 雅江
(しのざき まさえ)准教授

保健医療学専攻 作業療法学分野/医療福祉教育・管理分野
所属キャンパス: 小田原キャンパス

略歴

<学歴>
国立仙台病院附属リハビリテーション学院 作業療法学科 卒業
放送大学 教養学部 生活と福祉専攻 卒業
東北大学大学院 医学系研究科 行動医学分野 博士後期課程修了
<職歴>
国見台病院

学位

博士(医学)(東北大学)

専門分野

精神疾患に対する作業療法

自身の研究テーマ

心身症診断・治療ガイドラインの標準化とその検証に関する研究

研究業績

<代表論文>
1.Tayama J, Nakaya N, Hamaguchi T, Tomiie T, Shinozaki M, Saigo T, Shirabe S, Fukudo S. Effects of personality traits on the manifestations of irritable bowel syndrome. Biopsychosoc Med. 2012; 6: 20.
2.Shinozaki M, Kanazawa M, Palsson OS, Sagami Y, Endo Y, Hongo M, Drossman DA, Whitehead WE, Fukudo S. Validation of the Japanese version of Comorbid Conditions Questionnaire (CCQ-J) and Recent Physical Symptoms Questionnaire (RPSQ-J). Internal Medicine. 2011; 50: 375-380.
3.Shinozaki M, Kanazawa M, Kano M, Endo Y, Hongo M, Fukudo S. Effect of Autogenic Training on General Improvement in Patients with Irritable Bowel Syndrome: Randomized Controlled Trial.
Journal of Psychophysiology & Biofeedback, 2010; 35: 189-198.
4.Shinozaki M, Fukudo S, Hongo M, Shimosegawa T, Sasaki D, Matsueda K, Harasawa S, Miura S, Mine T, Kaneko H, Arakawa T, Haruma K,Torii A, Azuma T, Miwa H, FukunagaM, Handa M, Kitamori S, Miwa T, and IBS Club. High Prevalence of Irritable Bowel Syndrome in Medical Out-patients in Japan. Journal of Clinical Gastroenterology 2008; 42 :1010-6.
5.Kanazawa M, Drossman DA, Shinozaki M, Sagami Y, Endo Y, Palsson OS, Hongo M, Whitehead WE, Fukudo S. Translation and validation of a Japanese version of the irritable bowel syndrome-quality of life measure (IBS-QOL-J). Biopsychosoc Med. 2007; 3:1-6.
6.Shinozaki M, Kanazawa M, Sagami Y, Endo Y, Hongo M, Drossman DA , Whitehead WE, Fukudo S. Validation of the Japanese Version of the Rome II Modular Questionnaire and Irritable Bowel Syndrome Severity Index. Journal of Gastroenterology, 2006; 41: 491-494.

<著書>
1.濱口豊太編集:日常生活行為学・社会生活行為学. 第2章 日常生活活動の障害領域別の支援, 精神機能のADL. 医学書院, 東京, 259-268, 2014. (分担執筆)
2.田川俊勝, 濱口豊太編集: 社会生活行為学.医学書院, 東京, 179-185, 2007. (分担執筆)
3.福土審,金澤素,篠崎雅江,遠藤由香,庄司知隆,相模泰宏,森下城,本郷道夫.過敏性腸症候群.小牧 元,久保千春,福土審 編: 心身症診断・治療ガイドライン2006.エビデンスに基づくストレス関連疾患へのアプローチ.協和企画, 東京, 11-40, 2006. (分担執筆)

<シンポジウム>
1.篠崎雅江, 金澤素, 鹿野理子, 遠藤由香, 中谷直樹, 本郷道夫, 福土審. 過敏性腸症候群に対する自律訓練法のエビデンス. 日本自律訓練学会第36回大会, 横浜, 2013.
2.金澤 素、篠崎雅江、福土 審. 過敏性腸症候群における重症度・疾患特異的 QOL の評価. – IBS severity index とIBS-QOL日本語版の信頼性・妥当性の検証 -. 第92回日本消化器病学会総会, 福岡, 2006.
3.金澤 素、篠崎雅江、相模泰宏、遠藤由香、本郷道夫、福土 審. 過敏性腸症候群 (IBS) における疾患特異的 QOL 評価の重要性. - IBS-QOL日本語版の信頼性・妥当性の検証 -. 第10回日本心療内科学会総会・学術大会, 東京, 2006.

連絡先

  • TEL:0465-21-6500(代表)
  • E-mail:
    daigakuin-nyushi@iuhw.ac.jp(東京赤坂キャンパス入試事務室)

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )