大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 飯長 喜一郎

教員情報

飯長 喜一郎

飯長 喜一郎
(いいなが きいちろう)特任教授

臨床心理学専攻
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

1975年 東京大学大学院教育学研究科教育心理学専門課程博士課程単位取得満期退学
1984年 お茶の水女子大学家政学部児童学科助教授
1993年 お茶の水女子大学生活科学部人間生活学科発達臨床学講座教授
1997年 日本女子大学人間社会学部心理学科教授
2003年 日本女子大学学園カウンセリングセンター所長
2010年 日本女子大学大学院人間社会研究科委員長
2011年 日本女子大学人間社会学部長(理事)
2014年 国際医療福祉大学大学院特任教授、現在に至る

学位

教育学修士 東京大学

専門分野

臨床心理学、カウンセリング、教育相談

担当科目

発達心理学特論、教育心理学特論、臨床心理実習、臨床心理面接特論Ⅱその他

研究指導テーマ

パーソン・センタード・セラピー(PCT)、親子関係、子育て支援、パーソナリティの発達

大学院入学希望者に望むこと

「臨床心理士」という資格を目指すのではなく、自分がどのように社会に貢献できるか、そして自分がどう生きていきたいのか、ということを目指してほしい。

自身の研究テーマ

カウンセリングにおける関係のあり方、パーソン・センタード・セラピー(PCT)、スーパービジョン、子育て支援、自己開示

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0008621


1983年 人間としての心理治療者―自己開示の適用と禁忌― (訳)M.F.Weiner著 有斐閣
1998年 実践カウンセリング初歩-若い人のために 垣内出版
2011年 ロジャーズ クライエント中心療法 新版 有斐閣

連絡先

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )