大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 田代 順子

教員情報

田代 順子

田代 順子
(たしろ じゅんこ)特任教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

〈学暦〉
聖路加看護大学衛生看護学部、衛生看護学科 卒
立教大学大学院 社会学研究科応用社会学専攻 修士課程 修了
イリノイ大学シカゴ校大学院 看護科学研究科 博士課程 修了

〈職歴〉
昭和50年 筑波大学附属病院創設準備室
昭和51年 筑波大学附属病院看護婦長 (集中治療室、中症・軽症棟、周産期棟)
昭和55年 筑波大学医療技術短期大学部看護学科助手
昭和56年 同上講師(小児看護学担当)
昭和59年 聖マリア病院国際保健センター保健婦長 (久留米市)
昭和60年 聖マリア看護専門学校 保健学科専任教員
昭和61年 聖マリア学院短期大学 助教授 (母性看護学担当)
昭和62年 国際協力事業団 パキスタン看護教育プロジェクト専門家
平成08年 筑波大学医療技術短期大学部 教授 (地域看護学・基礎看護学担当)
平成11年 聖路加看護大学 教授 基礎系看護学(研究法・理論担当)
平成17年 国際看護学 開講 教授 
平成26年 聖路加看護大学から聖路加国際大学へ名称変更
平成27年 聖路加国際大学大学院 看護学研究科 特任教授 
令和02年 国際医療福祉大学 特任教授

学位

博士看護科学博士(イリノイ大学)
社会学修士(立教大学)
衛生看護学士(聖路加看護大学)

専門分野

看護学:国際看護学

担当科目

国際看護学:講義、演習、研究指導

研究指導テーマ

開発途上国の看護・医療人材育成
日本の国際看護専門職人材育成

大学院入学希望者に望むこと

グローバルな視点での看護専門職としての学びの探究

研究業績

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0060128
https://researchmap.jp/read0060128/committee_memberships


〈原著〉
  • Learning experiences and identify development of Japanese nursing students through study abroad: a qualitative analysis. (2020). Huffman, J., & Committee of International Partnership. https://dx.doi.org/10.5116/ijme.5e47.cf1b)
  • Toward Advanced Nursing Practice along with People-Centered Care Partnership Model for Sustainable Universal Health Coverage and Universal Access to Health. T. Kamia, K. Takahashi, J. Omori, N. Arimori, H. Hishinuma, K. Asahara, y. Shimpuku, K. Ohashi, J. Tashiro . Rev. Latino-Am. Enfermagem. 2017; 25:e2839.www.eerup.usp.br/raise
  • Concept analysis of reflection in nursing professional development. (2012). Japan Journal of / Nursing Science. Doi:10.1111/j.1742-7942. 2012.00222.x
  • Stakeholder’s perception of the desired Master’s program for Kenya in community health nursing: Areas of competency. (2008). Japan Journal of Nursing Science Vol.5(1) 61-67.

〈著書〉
  • 教科書: 健康支援と社会保障② 公衆衛生 7章 2、3、4節 分担 メディカア出版 2021年
  • ナーシング・グラフィカ 健康支援と社会保障① 健康と社会・生活. 平野かよ子 編集 メディカ出版 2018.
  • ワークブック 国際保健・看護基礎論 監修 田代順子、編集 堀土美由紀、岩佐真也. 2016. PILAR press
  • 看護の統合と実践. 国際看護学. 柳澤理子編集 日本放射線技師会出版会.ピラールプレス2015.

〈総説〉
  • 焦点:研究の枠組みと研究方法のクリティーク 大学院教育における看護学研究法としてのアウトカムモデルとサブストラクションの意義と活用、看護研究、33(5) 51-57,2000

〈講演〉
  • Tashiro, J: Graduate Education for Advanced Practice Nursing in Japan: Roles of APN, and Development of Program. The 4th International Nursing Conference in Mongolia. 2017. 9-11,12. Ulaanbaatar, Mongolia
  • ”Broken Workd”: Health Disparities and Our Roles as Nurse Christian from Global Health Nursing Perspective. The 2016 NCFI Congress in Tagaytay, Philippines. 2016. 6-08
  • 保健人材育成をとうしての国際保健への貢献(会長講演)、第28回日本国際保健医療学会東日本地方会、2013. 03-23. 東京
  • グローバルヘルスニーズの変遷と日本の国際看護の発展(大会長講演)、第16回聖路加看護学会学術大会、2011,9-24, 東京

連絡先

  • TEL:03-5574-3900(代)
  • E-mail:
    jtashiro@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )