大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 茶園 美香

教員情報

茶園 美香

茶園 美香
(ちゃえん みか)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 成田キャンパス

略歴

<職歴>
慶應義塾大学病院(一般内科、消化器外科内科、呼吸循環器)
慶應義塾大学医学部附属厚生女子学院教員(成人看護学)
慶應義塾看護短期大学専任講師(成人看護学:慢性期看護学・終末期看護学)
慶應義塾大学 看護医療学部 准教授 (臨床看護:終末期看護)
慶應義塾大学健康マネージメント研究科 看護専修(兼担)がんプロフェッショナル教育(緩和ケア演習)
国際医療福祉大学成田看護学部開設委員会(委員・教授)
国際医療福祉大学成田看護学部 教授

<学会>
日本看護科学学会、日本緩和医療学会、日本死の臨床研究会
日本看護研究学会、日本家族看護学会

<社会的活動>
日本死の臨床研究会における世話人、編集委員
NPO法人 Hope tree(がんの親を持つ子どもへの支援活動)
SKIP(慶應義塾大学病院 がんの親を持つ子どもへの支援活動)

学位

青山学院大学文学部2部教育学科 卒業 学士(文学)
聖路加看護大学大学院看護学研究科看護学専攻修士課程 修了 修士(看護学)
聖路加看護大学大学院看護学研究科看護学専攻博士後期課程 修了 博士(看護学)

専門分野

<教育分野>
ライフステージ発達看護学分野、成人看護学(終末期看護学)領域
基盤・先駆的看護開発分野 看護キャリア創造学領域
<研究分野>
がん看護分野(緩和ケア、終末期看護)

担当科目

がん看護学

研究指導テーマ

①緩和ケアに関する研究
②終末期ケアに関する研究
③がん患者家族のグリーフワークに関する研究

自身の研究テーマ

緩和ケアに関する研究
終末期看護に関する研究
がんの親を持つ子どもに対する支援に関する研究
潜在看護師への支援に関する研究
いのちの教育と人間多様性理解教育に関する研究

研究業績

<論文>
  • 新藤悦子 、茶園美香、近藤咲子他、大学病院に勤務する看護師への「生きる意味を問うがん患者」とのコミュニケーションスキル向上プログラムの効果の検討─ 介入前と介入後6 カ月間の態度比較─、Palliative Care Research 9(3) pp.124-131 、2014
  • 茶園美香、子どもに伝えることを支援するための看護師の役割, がん看護18巻4号 別冊, p463-467,2013
<学会発表>
  • Shindo E、Nomura A、Chaen M、Nitamizu A、Shimizu S, The Current Status of Health Education at Elementary and Junior High Schools in City A in Japan, ICN Congress 2017, Convention center, Barcelona Spain, 2017
  • Mika Chaen,E.Shindo ,M.Senba, Nurses'Awareness and Supporter Cancer Patients Explaining Their Disease to Their Children, 18TH International Conference on Cancer Nursing, Panama, 2014
  • Mika Chaen ,Etsuko Shindo ,Naoko Yamagishi, Miki Kubo, Masahiro Kobayashi, Takako Sugaya, Sumiko Fukui.
  • Feasibility, Study of an Exercise Program for Cancer Patients Undergoing Chemotherapy 17th International Coufetence on Cancer Nursing(ICCN)、2012.
  • 茶園美香、小松浩子、がん疼痛緩和ケアを受けている患者の「痛みが和らぐ」体験の意味-他者とのかかわりから-、第25回日本がん看護学会学術集会、2011.
<社会的活動>
  • 日本死の臨床研究会 世話人、編集委員
  • NPO HOPE TREEメンバー:がんの親を持つ子どもへの支援に関する啓発活動
  • SKIP活動:大学病衣におけるがんの親を持つ子どもへの支援に関する活動

連絡先

  • TEL:0476-20-7763
  • E-mail:
    cmika@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )