大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 野村 明美

教員情報

noimage

野村 明美
(のむら あけみ)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 成田キャンパス

略歴

<学歴>
国立療養所宇多野病院附属高等看護学院
放送大学教養学部 発達と教育専攻 卒業(教養学士)
東洋大学大学院文学研究科教育学専攻  修了 修士(教育学)
横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程  修了 博士(工学)

<職歴>
国立療養所宇多野病院看護師
信州大学医学部附属病院看護師
横浜市立大学医学部附属高等看護学校専任教員
横浜市立大学看護短期大学部講師
横浜市立大学看護短期大学部助教授
横浜市立大学医学部看護学科准教授
横浜市立大学医学専攻科看護学専攻(修士課程)准教授
国際医療福祉大学教授/成田看護学部開設準備委員会委員
現在に至る

学位

横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程 修了 博士(工学)

専門分野

基礎看護学・看護技術

担当科目

修士/博士課程講義・演習・研究指導(看護実践基礎・援助学)

研究指導テーマ

①看護技術に関する研究
②看護実践・援助学に関する研究
③看護教育学に関する研究
④ブラジル日系高齢者の健康支援活動に関する研究

大学院入学希望者に望むこと

看護実践基礎・援助学は、地域で暮らす人々の健康や日常生活行動支援に貢献できる領域です。
市井の人々の暮らしに深い関心をもち、その方たちの健康の維持・向上に資する研究に自律的に取り組まれることを期待します。

自身の研究テーマ

•看護における移動動作支援時の介助者・被介助者双方の最適動作支援技術の開発
•健康教育に関する研究
•看護教育に関する研究
•在伯日系高齢者の心理・社会的発達に関する縦断的研究

研究業績

<著書>
  • Akemi Nomura, Yasuko Ando, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Takako Sato, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa, Development of a Motion Capturing and Load Analyzing System for Caregivers Aiding a Patient to Sit Upright in Bed, Signal and Image Analysis for Biomedical and Life Sciences, Springer, pp.1-19,2014.
  • 野村明美,医療事故,体位変換,ボディメカニクス,ストレス科学辞典,61,587,951-952,2011.

<論文>
  • 塚本尚子,野村明美,舩木由香,平田明美,1970年代の看護師長の語りから知る,よい組織風土の形成と維持の仕組み,質的心理学研究,16(16),100-115,2017.
  • Akemi Nomura, Takako Sato, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Yasuko Ando, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa,Development of a Motion Capture System for Measuring Hidden Points on a Human body and Its Application to The Evaluation of Care Operation, International Symposium on Flexible Automation pp.1-6,2014.
  • Akemi Nomura, Yasuko Ando, Tomohiro Yano, Yosuke Takami, Shoichiro Ito, Takako Sato, Akinobu Nemoto, Hiroshi Arisawa, Development of a Motion Capture System for Measuring Hidden Points on a Human Model and Its Application to Aiding a Patient to Sit Upright in Bed, 2013 International Symposium on Computational models for Life Sciences pp.221-229,2013.

<学会発表>
  • 野村明美,松田真由美,保田江美,牧原由紀子,叶谷由香,立ち上がり動作を例題とした介助者・被介助者双方の「負荷評価測定器」の開発,2018,熊本.
  • 保田江美,松田真由美,野村明美,牧原由紀子,叶谷由香,「負荷評価測定器」を用いた立ち上がり介助における「良い介助動作」の検討,2018,熊本.
  • 野村明美,看護の本質について考える,第13回中国四国地区国立病院機構・国立療養所看護研究学会特別講演,2017,招待講演
  • Shindo E,Nomura A,Chaen M,Nitamizu A,Shimizu S, The Current Status of Health Education at Elementary and Junior High Schools in City A in Japan, ICN Congress 2017, Convention center, Barcelona Spain, 2017
  • 野村明美,服部紀子,菅野眞奈,叶谷由佳:在伯高齢者の日常生活動作回復過程の一事例,第19回一般社団法人日本看護研究学会東海地方会学術集会抄録集,浜松,2015年2月.
  • T.Iijima,S.Mizusima,T.Hino,S.Wakebe,A.Nemoto.M.kanno, A.Nomura,S.Sakamoto,N.Sugimoto,E,Echigoya,A.Sato,N.Sugaya,Y,Kanoya.E.H.Moriguchi,The prevalence of metabolic syndrome and contributing factors amang Japanese migrants in South Brazil, The25Th Annual Scientific Meeting of the Japan Epidemiological association,Jan.21-23,2015,Aichi,japan

連絡先

  • TEL:0476-20-7765
  • E-mail:
    gnomu@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )