大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 飯野 矢住代

教員情報

飯野 矢住代

飯野 矢住代
(いいの やすよ)准教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 福岡キャンパス

略歴

<学歴>
富山県立総合衛生学院卒業
健和会臨床看護学研究所研究生
金沢大学大学院医学系研究科保健学専攻(修士課程)修了
日本赤十字看護大学看護学研究科(看護管理・老年看護学領域)研究生
久留米大学大学院医学研究科社会医学系基礎放射線学専攻(博士課程)修了

<職歴>
富山県立中央病院 看護師
久留米大学医学部看護学科 助教 講師
久留米大学大学院がん看護専門看護師教育課程 兼担
岐阜大学医学部看護学科 准教授

学位

博士(医学)久留米大学
修士(保健学)金沢大学

専門分野

看護学分野:看護実践基礎・援助学領域
看護学分野:成人看護学領域

担当科目

成人看護学(修士)Ⅰ 基礎理論

研究指導テーマ

看護技術 
がん看護
糖尿病看護

大学院入学希望者に望むこと

ご自身の経験を一緒にことば化にしましょう

自身の研究テーマ

看護技術 
がん看護
糖尿病看護

研究業績

<論文>
飯野矢住代、井上浩義:糖尿病診断後の網膜症治療状況の実態調査-糖尿病網膜症患者の受診行動に影響を及ぼす要因-、日本糖尿病教育・看護学会誌、Vol.11No.2 150-156 2007
飯野矢住代:トリメチルヒドロキシプロピルアンモニウム基保有濾紙膜を用いた放射性ヨウ素廃水の濃縮処理に関する基礎的検討、RADIOISOTOPES、Vol.60 No.3 99-107 2011
飯野矢住代、クローズ幸子:ミシガン州立サギノウヴァレー大学看護学科・修士課程NPコース研修:“ハイブリッド型”の実践と評価、インターナショナルナーシングレビューAutumn 92-96 2009
飯野矢住代、荒巻初子:訪問看護ステーションで大学教員が研修することの意義、看護展望Vol.36 81頁-87頁 2011
北島万裕子、加悦美恵、飯野矢住代: マスクを着用した看護師の声は患者にどのような音として聞こえているのか、日本看護技術学会誌、Vol.11 No.2 48-54 2012
有森葉子、飯野矢住代:終末期における難治性小児がんの子どもをもつ母親への看護師の関わり-窮地に陥った母親を支えた関わりを検討して-、日本がん看護学会誌、Vol.26 No.2 93-97 2012
神崎瑞奈、飯野矢住代、加悦美恵:電動足浴器とベースンによる足浴の生体に与える違い、看護実践学会誌 Vol.25 No.1 67-72 2013
梶原真由美、飯野矢住代:婦人科がん術後患者のリンパ浮腫予防-セルフケア促進に向けたパンフレット(試案)作成と患者指導のあり方-、日本がん看護学会誌、第27巻1号 67-72 2013

<翻訳協力>
小島操子、佐藤禮子翻訳:がん看護コアカリキュラム、医学書院、2007

連絡先

  • TEL:092-407-1463
  • E-mail:
    yasuyo@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )