大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 鳥本 靖子

教員情報

鳥本 靖子

鳥本 靖子
(とりもと やすこ)准教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

大阪大学医学部保健学科看護学専攻卒業、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻修士課程修了(保健学)、その後、東京都台東区保健所・保健相談センター (保健師)に勤務。渡米し、米国エモリ―大学公衆衛生大学院修士課程修了(公衆衛生学)、帰国後、東京慈恵会医科大学助教(地域看護学領域)、公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団研究員として勤務。東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科博士後期課程修了(看護学)の後、国際医療福祉大学小田原保健医療学部准教授(公衆衛生看護学領域)、2018年4月より本学大学院赤坂キャンパス(公衆衛生看護学領域)。

学位

博士(看護学)(東京医科歯科大学)

専門分野

公衆衛生看護学、高齢者保健

研究指導テーマ

高齢者保健・介護(高齢者の地域での健康と生活)、家族介護者について

大学院入学希望者に望むこと

研究は、想像以上に地道な作業と勉強が必要ですが、最後は、想いの強さによるのかもしれません。

自身の研究テーマ

高齢者保健・介護(高齢者の地域での健康と生活)、家族介護者について

研究業績

<原著論文>
・Yasuko Torimoto-Sasai, Ayumi Igarashi, Takashi Wada, Yasuko Ogata and Noriko Yamamoto-Mitani, Female family caregivers face a higher risk of hypertension and lowered estimated glomerular filtration rates: a cross-sectional, comparative study, BMC Public Health 2015, 15:177,  Published: 22 February 2015 doi:10.1186/s12889-015-1519-6, (IF:2.32)
・Takai, Y., Abe, A., Torimoto-Sasai, Y., Okamoto, Y., Kamiyama, M. and Yamamoto-Mitani, N. Compliance of urinary continence care for Japanese residents on short-stay respite services, International Journal of Urological Nursing, Volume 8, Issue 2, pages 90–96, July 2014. first published online: 26 APR 2014 
・Laura P. D’Arcy, Yasuko Sasai and Sally C. Stearns, Do assistive devices, training, and workload affect injury incidence? Prevention efforts by nursing and back injuries among nursing assistants, Journal of Advanced Nursing, Volume 68, Issue 4, pages 836–845, April 2012, first published online: 24 July 2011 (IF:1.685)

<学会発表>(過去3年分)
・保母 恵,荒木田 美香子,谷山 牧,山下 留理子,鳥本 靖子、地域包括支援センター保健師による住民主体の組織育成活動に関する認識、第76回日本公衆衛生学会総会、鹿児島県・鹿児島市、2017年10月31日-11月2日
・鳥本靖子、山下留理子、保母恵、藤田千春、竹中香名子、荒木田美香子、家族が介護を担うべきとする保健医療福祉職の認識に関連する要因、第76回日本公衆衛生学会総会、鹿児島県・鹿児島市、2017年10月31日-11月2日
・鳥本靖子、保母恵、山下留理子、家族介護者の課題・ニーズと関連する地域の社会・生活環境要因の探索的検討、第7回国際医療福祉大学学会学術大会、栃木県・大田原市、2017年8月27日
・保母 恵,荒木田 美香子,谷山 牧,山下 留理子,鳥本 靖子、地域包括支援センターにおける社会福祉士からみた保健師の相談支援活動、第20回日本地域看護学会、大分県・別府市、2017年8月5-6日
・Yasuko Torimoto-Sasai, Ayumi Igarashi, Takashi Wada, Mikako Arakida, Noriko Yamamoto-Mitani, Changes in Subjective Body Pain of Family Caregivers: A Comparative Longitudinal Study, The 21th IAGG World Congress of Gerontology & Geriatrics, San Francisco, California, USA, July 23-27, 2017
・Yasuko Torimoto-Sasai, Ayumi Igarashi, Takashi Wada, Mikako Arakida, Noriko Yamamoto-Mitani, The Impact of Caregiving on Subjective Health of Family Caregivers:A Comparative, Longitudinal Study, The 69th Gerontological Society of America, 2016 annual scientific meeting, New Orleans, Louisiana, USA, November 16-20, 2016
・鳥本靖子、山下瑠璃子、竹中香代子、荒木田美香子、介護サービス提供事業所別の家族介護者に対する関わりと認識、第75回日本公衆衛生学会総会、大阪市・大阪府、2016年10月26-28日
・藤田千春、荒木田美香子、山下留理子、鳥本靖子、子育て支援センターにおける災害時の支援準備に対する認識、第6回国際医療福祉大学学会学術大会、栃木県・大田原市、2016年8月28日
・鳥本靖子、石橋智昭、地域支援事業への移行に向けた介護予防通所介護と通所リハビリテーションの効果検証、第74回日本公衆衛生学会総会、長崎市・長崎県、2015年11月5日4-6日
・鳥本靖子、石橋智昭、予防給付の地域支援事業への移行に向けた課題 -訪問介護・通所介護の利用者は、他のサービス利用者より軽度なのか?-、第29回日本老年学会総会 合同大会、横浜市・神奈川県 2015年12-14日
・Yasuko Torimoto-Sasai, Ayumi Igarashi, Takashi Wada, Yasuko Ogata, Noriko Yamamoto-Mitani, Changes in the physical health condition of family caregivers caring for the elderly at home, The 18th East Asian Forum of Nursing Scholars, Taipei, Taiwan, February 5-6, 2015
・Yasuko Torimoto-Sasai, Tomoaki Ishibashi, Japan’s Long Term Care Insurance (LTCI) Reform Related to Lowest Eligibility Level: Examining the Evidence upon which the Reform is Based Before its Implementation, The 67th Gerontological Society of America, 2014 annual scientific meeting, Washington DC, USA, November 5-9, 2014, Late Breaker Session

連絡先

  • TEL:03-5574-3959
  • E-mail:
    torimoto@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )