大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

教員情報

noimage

臺 有桂
(だい ゆか)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 東京赤坂キャンパス

略歴

〈学歴〉
聖路加看護大学卒業
聖路加看護大学大学院修士課程(地域看護学) 
国際医療福祉大学大学院博士課程(地域看護学) 
〈職歴〉
聖路加国際病院(看護師)
千葉県浦安市・習志野市役所(保健師)
千葉県習志野保健所(嘱託保健師)
順天堂医療短大・順天堂大学医療看護学部(助手)
東京大学地域看護学分野(特任助教)
横浜市立大学医学部看護学科(准教授)
鎌倉女子大学短期大学部初等教育学科(教授)
現在に至る
〈取得免許〉保健師・看護師・養護教諭・高校教諭(保健・看護)・防災士

学位

博士(看護学)

専門分野

公衆衛生看護学、在宅看護学

担当科目

公衆衛生看護学講義・演習・研究指導、在宅看護学講義・演習・研究指導、公衆衛生看護学概論、保健医療福祉行政論、公衆衛生看護学管理論、公衆衛生看護学実習、公衆衛生看護に関する課題研究

研究指導テーマ

公衆衛生看護、在宅看護、健康なまちづくり、保育保健、発達支援

大学院入学希望者に望むこと

公衆衛生看護学・在宅看護学は、地域で暮らす人々やコミュニティの健康やQOLに貢献する領域です。幅広く関心を持ち、自律的に研究に取り組まれることを期待します。

自身の研究テーマ

援助要請、発達支援、子ども子育て支援、ヘルスプロモーション、まちづくり、行政計画策定・評価、公衆衛生看護・在宅看護教育、健康危機管理

研究業績

●臺有桂・西村多寿子・国井由生子他:地域看護学教育におけるゲーミング・シミュレーションを活用した健康危機管理演習の試み,横浜看護学雑誌,2(1):p.25-32,2009.
●臺有桂・荒木田美香子・田髙悦子: 幼児の健康問題に関する保護者の「援助要請(Help-Seeking)」:概念分析,横浜看護学雑誌,3(1):p.1-7,2010.
●荒木田美香子・佐藤潤・臺有桂他:幼児を持つ母親の幼稚園および保育所の選好条件に関する調査,小児保健研究,69(4):p.525-533,2010.
●臺有桂・田髙悦子・今松友紀他:地域看護学教育における健康危機管理演習の試み-地域看護診断を基礎にした災害時要援護者への支援,横浜看護学雑誌,4(1):p.34-41,2011.
●臺有桂・木内いずみ・佐藤美樹他:ブラジル日系人コロニアにおける地域看護診断,横浜看護学雑誌,5(1):p.71-76,2012.
●Kono A, Tadaka E, Kanaya Y,Dai Y,et al.:Development of a Community Commitment Scale with Cross-・doi:10.1186/1471-2458-12-903,2012.
●臺有桂・田髙悦子・荒木田美香子:保育士のとらえる5歳児の健康上の気がかり,横浜看護学雑誌,6(1):p.47-52,2013.
●今松友紀・田髙悦子・有本梓・田口理恵・臺有桂他:自治体でのフィールドワークを用いた地域看護診断演習・実習プログラムの開発と評価,横浜看護学雑誌,6(1):p.29-34,2013.
●山辺智子・田髙悦子・臺有桂:都市部中学生における認知的ソーシャルキャピタルの実態とその関連要因-個人要因・環境要因に着目した検討,日本地域看護学会誌,16(2):p.7-14,2013.
●臺有桂・田髙悦子・田口理恵他:都市部におけるセーフスクール推進に向けた学童の傷害とリスク要因の検討,厚生の指標,62(12):p.9-14,2015.
●Tadaka E, Kono A, Ito E, Kanaya Y, Dai Y, et al.:Development of a community's self-efficacy scale for preventing social isolation among community-dwelling older people(Mimamori Scale),MC Public Health, nov.28 ;16(1):1198,2016.
●有本梓・田髙悦子・田口理恵・臺有桂他:都市在住幼児におけるセーフコミュニティ推進に向けた基礎的研究,保健師ジャーナル,73(10):p.846-853,2017.

連絡先

  • TEL:03-5574-3884
  • E-mail:
    dai.yuka@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )