大学院のご案内

教員紹介 TEACHING STAFF

  • HOME
  • 花田 妙子

教員情報

花田 妙子

花田 妙子
(はなだ たえこ)教授

保健医療学専攻 看護学分野
所属キャンパス: 福岡キャンパス

略歴

〔学歴〕熊本大学教育学部看護教員養成課程卒業、熊本大学大学院教育学研究科心理系(修士課程)修了、九州大学大学院人間環境学府行動システム専攻(心理学コース)博士後期課程単位修得退学後心理学博士取得。
〔職歴〕北里大学病院(看護師)、産業医科大学医療技術短期大学看護学科、熊本大学教育学部看護教員養成課程助教授、熊本大学大学院生命科学研究部看護学講座教授、2016年より現職。熊本大学名誉教授。

学位

心理学博士(九州大学)

専門分野

看護教育学、成人看護学

担当科目

看護教育学講義、看護教育学演習、看護教育学研究指導、成人看護学講義

研究指導テーマ

看護教育における自己調整学習、臨地実習や学内演習の指導、新人看護師の指導方法、自己管理の指導

自身の研究テーマ

看護教育における自己調整学習(self-regulated learning)の効果、患者主体の自己管理の指導

研究業績

1) Miki Fukuyama, Atsushi Asai, Taeko Hanada, Kenji Sakai, Yasuhiro Kadooka. Factor influencing the decision-making of elderly acute leukemia patients in Japan regarding their treatment, Eubios Journal of Asian and International Bioethics, 27(4), 106-113, 2017.
2) 西村摩里子、菅野訓子、宮下恵里、花田妙子、E(Education)-Nurse(教育ナ-ス)導入による新人看護師教育の効果. 看護人材教育、12(3), 128-134, 2015.
3) 花田妙子、心筋梗塞患者の生きる姿勢と自己教育力が自己管理行動に及ぼす影響、パ-ソナリティ研究,23(1), 42-45, 2014.
4) 花田妙子、心筋梗塞患者の自己管理(self-management)における自己調整学習の考察、九州大学心理学研究,13, 73-81, 2012.
5) 西村摩里子、宮下恵里、道端由美子、花田妙子、「人工呼吸器装着患者看護」新人看護師教育プログラム、看護人材教育, 9(1), 109-115, 2012.
6) 花田妙子、支援形成と自己教育力が心筋梗塞患者の自己管理行動に及ぼす影響、健康心理学研究, 23(2), 22-33, 2010.
7) 村上美華、梅木彰子、花田妙子、糖尿病患者の自己管理を促進及び阻害する要因、日本看護研究学会雑誌、32(4)、2009.

連絡先

  • TEL:092-407-1729
  • E-mail:
    hanada@iuhw.ac.jp

(メールを送る場合は、このアドレスを半角文字で入力しなおしてください。 )